カテゴリー : 2012年 2月

認めない…

某天才子役ちゃん、某戦場カメラマンさんは認めても…

某サッカー選手だけは、認められないぜ、こりゃ。

20120220-225359.jpg

都内某所で発見。

Scream Out Fest 2012後記

2月18日、19日と、すさまじい轟音まみれの2日間でした。
DJをやらせてもらえて本当にいい経験になりました。Triple Visionのヨシカワさん、マナベちゃんを始めスタッフの皆さんありがとうございました。
メタルばっかりかけてしまいまして『DJだけラウドパーク状態』と言われましたが、ステージからはScreamoがわんさか聴けるんだからという配慮だったんですが、ちとやりすぎた感あります。

Screamoというジャンルに括られたイベントとして、これだけ動員できるというのは驚きでした!
一日6組のバンドが登場したわけですが、正直“個性”という面では課題が残るなぁとおもいました。
どのバンドも同じ方向に向かっている感じが勿体ない。。。
ギャーギャーギャホギャホな咆哮絶叫を聴きながら、、、昔、Linkin Parkのチェスターが自分のボーカルについて「俺は叫ぶ必要がない部分では絶対に叫ばない、ハッピーなパートを叫ぶなんておかしいだろ?」って語っていたことを思い出しました(とはいえ、いまのLPのスタイルもどうかとおもいますけど)。
そんななか、
個性が光りまくりのキバオブアキバ、そして”ジャグ”の超ハイトーンボーカルが際立っていたA Skylit Driveが印象に残りました。
ブレイク・ダウンとか、ウォール・オブ・デスもいいけど、もっとウヘ~~、こんなの観たことね~~~と鳥肌がたつライブを観たいっす、あたしは!

ScreamOutFest2012 2日目

ScreamOutFest2012、本日もクアトロは採掘現場のような凄まじい轟爆音です。
現在、HerNameInBlood!
これから、
Dream on, Dreamer
A Skylit Drive
We Came As Romans
と続きます。

昨夜は、終電でまさかの立ったまま爆睡をしてしまい、終点まで行ってしまったので気を付けます。

20120219-182608.jpg

Good Speed Real Rocks 02/18 OA


M01: White Limo / Foo Fighters
M02: Guerrilla Radio / rage against the machine
M03: Bangarang (feat. Sirah) / Skrillex
コーナー: RockAroundTheWorld
M04: WALK / Foo Fighters
M05: Bottoms Up / Nickelback
M06: Little Black Submarines / The Black Keys
M07: Video Games / Lana Del Rey
コーナー:RockAroundTheWorld終わり
M08: First Of The Gang To Die / MORRISSEY
M09: Heartbeat / The Fray
M10: Don’t You Wanna Stay Feat. Kelly Clarkson / Jason Aldean
時報
M11: Never Be Lonely / The Feeling
コーナー: RockSteadyGo
M12: Tattoo / Van Halen
M13: Dreams / Van Halen
M14: Right Now / Van Halen
M15: She’s The Woman / Van Halen
M16: China Town / Van Halen
M17: Blood and Fire / Van Halen
コーナー:RockSteadyGo終わり
M18: Right In / Skrillex
M19: Drunken Lullabies / Flogging Molly
M20: Sweet Child O Mine / Guns N’ Roses
コーナー:メタルの光
M21: The Somatic Defilement / Whitechapel
M22: Meet The Enemy / Eluveitie

ZIP-FM Good Speed RealRocks

毎週土曜日深夜 25:00-27:00OA

http://www.zip-fm.co.jp/program/real_rocks/

アルバム「21」

ダサかっこいいの象徴的ジャンル=ジャーマン・メタル

青春時代、そのジャーマン・メタルに魅せられてしまった澤田です。

 

最近、アデルの「21」がグラミー賞効果で再びチャートを席巻していますが、この「21」も忘れてはいけません!

ジャーマン・メタル歴26年、前進のバンドAvenger時代を含めたら28年というゲルマン鋼鉄時代の生き証人ピーヴィーさん率いるRageの21枚目のアルバム「21」!

相変わらず機械がプレイしているかのような正確かつ重厚なリズム隊は健在です!


テクノロジーの進化による音質向上の恩恵を受けているのは、ジャーマン・メタルなのかもしれません。
昔から暑苦しさ全開でしたが、それに輪をかけて熱波です、これは。

手作り感のあるホームページはコチラ!
http://www.rage-on.de/

 

あと、ジャーマン・メタル界の重鎮!ジャーマン・メタル界の桃太郎飴ことRunning
Wildも復活しました(解散時期はわずか2年!笑)。

ロックン・ロルフ先生も帰ってくることですし、是非2組で来日してほしいものです。

Awesome Rock 2/17 OA

M01: Walk / Foo Fighters
M02: Video Games / Lana Del Rey
コーナー: AwesomeRecommendation
M03: Calgary / Bon Iver
M04: Blindsided / Bon Iver
M05: Holocene / Bon Iver
コーナー: AwesomeRecommendation 終わり
M06: Rolling In The Deep (Live) / Adele

ロックバカ澤田修の責任監修編集選曲番組!
Awesome Rock!

毎週金曜日21:00-21:30OA中

http://fm840.jp/

ブライアン・アダムス最終日


ブライアン・アダムス来日公演最終日。
粉雪が舞うなか、日本武道館に行ってきました!

ブライアンにとって22回目の武道館。2時間以上にわたるパフォーマンス。
全盛を極めた80年代から変わらない彼の渋声に魅了され、ファンへの愛を感じるMCに笑い、名曲に酔いしれました。

それにしても、”When You’re Gone”でステージに上がりブライアンとデュエットした女性のお客さん、すごかった。

ほとんどの曲で大合唱、腕を振り上げるスーツ姿のサラリーマン、
彼らの人生のなかには、きっと常にブライアン・アダムスの曲があって、つらいときや悲しいときに彼らに寄り添い励ましてきたんだろうなーと勝手に妄想し、萌えるわたし。

ブライアンの顔には皺が増え、きっと同じようにファンも年を取っているけど、その長い時間を音楽が繋いできたことを証明していた武道館公演でした。
って、ちょっと大げさっすかね。汗
18 Till I Die、Back to You、Summer of ’69、(Everything I Do) I Do It for You、
Heaven、Cloud Number Nine、本当に名曲だらけでした。
Run To YouはジョギングするときのBGMにします!

アンコール終了後、ファンからの花束を全部抱えて笑顔のブライアン。曲もいいけど素晴らしい人間性も垣間見えた瞬間でした。
また是非観たいとおもわせるライブでした。
いいライブといい映画を観た後の家路ほど幸せなひとときはありません。

後日、チケットの売れ行きがかなりよくなかったと聞きました。勿体ない。。。
ライブに足を運ぶということは、またいい音楽に出会えるチャンスを広げるということです。可能な限り行こうじゃありませんか!
以上!

いまんとこ世界一美味いケーキ(2012年2月15日現在)

温泉で育てた糖度14度以上の極上マスクメロンをふんだんに使用したという、激ウマメロンケーキ、、、
その名も、スーパーメロンショートケーキ
この小学生が名づけたような、誰もがスゴイケーキなのだとわかるケーキ!

後ろ姿も素敵

お値段
1個で!
¥1,575 !
ホテルニューオータニで買えるんです。


ペロリ。

ランチを3回我慢したら買えます!
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p_satsuki/menu/super/index.html

雑誌の記事用の撮影

先日、我らがZIP-FM本社にて写真撮影を行いました。

オサレな雑誌「チョキチョキ4月号(2/24発売)」の“職熱大陸!!”というコーナーに出させていただくのですが、その記事用の撮影です。

カメラの設定、構図は澤田。

シャッターは我らがおしゅんにお願いします。

三脚立てて、、、パシャリ。


ついついふざけてしまいます。

こちらがおしゅん。

Sonic Fun Radioなどのスタッフを日々頑張っているはんなりした青年です。

 

第54回グラミー賞

第54回グラミー賞。
ホイットニー・ヒューストンの急逝のニュースでさらに話題を集めた形になった今回のグラミー。
いいパフォーマンスがたくさんありました。

ボン・イヴェール新人賞!
取るとはおもってましたが、日本の新聞に載るなるなんて事件ですよ、これは。

一番こころに残ったのは、4部門受賞したFoo Fightersのデイヴ・グロールがベストロック・パフォーマンスを受賞した際のスピーチでした。
感謝の言葉を述べてからのメッセージには本当に胸が熱くなりました。

“It’s not about being perfect, it’s not about sounding absolutely correct, it’s not about what goes on in a computer. It’s about what goes on in here (your heart) and what goes on in here (your head).”

「Wasting Light」はバンドにとって特別なアルバムなんだ。
ハリウッドにある世界最高のスタジオで作ったものより、コンピューターを駆使して作ったものよりもね。
「Wasting Light」は、俺のガレージでマイクとテープだけで作ったアルバムだ。

俺はこのアルバムで、
人間が音楽を作る音楽で一番大切なことは(コンピューターじゃなくて)マイクに向かって歌って、楽器を弾いて、技術を磨くことなんだってことを示したかった。
だから、今回のグラミー受賞はとても名誉だし意味がある。

音楽にとって大切なのは、完璧に作るってことじゃない。絶対的に正しい音でもない。コンピューターでもない。
人間の頭と心から生まれる音楽が一番大切なんだ。

ロックンロール!!!!

http://goo.gl/w9Jpz

 

最後に今週のリアルロックスですごい企画の発表がありますのでFFファンのかたはお聴き逃しなく!