カテゴリー : 2013年 2月

2月28日@池袋アダム

レジオキング、今夜は尋オメガが大流血!

燃えました!

無限放送という二人組がとてもインパクトありました。

 

チキンラーメン@居酒屋


先日、経堂にある先輩の友人の居酒屋で食べたチキンラーメン。

の写真を携帯でみつけました。

食べた記憶はあるものの、写真を撮った記憶がないのは酔っ払っていたということでしょう。

3月2日のGood Speed REAL ROCKSでは月始め恒例、RealRocksSelection特集です!


今月は、Downtown Struts!

ZIP-FM Good Speed REAL ROCKSを担当して早9年、、、
番組2年目の2005年から毎月強力にプッシュしていくバンドを選んで紹介してきました。

いまも活躍しているバンドから、解散してしまったバンドまで、実に数多くのバンドを紹介してきました。

早8年が経とうとしています。

次回、3月2日の放送では月始め恒例となったRealRocksSelection特集です!
今月オススメのバンドは一体誰なんでしょうかっ!!

過去のセレクションはコチラ↓

当初は、アーティスト並びにオシ楽曲も選んでいました。
【2005年度】
04月 Trust Company「Stronger」
05月 Waking Ashland「I AM FOR YOU」
06月 NINE BLACK ALPS「COSMOPOLITAN」
07月 Bullet For My Valentine「Cries In Vain」
08月 MAE「Anything」
09月 MEW「Special」
10月 Hard-Fi「Hard To Beat」
11月 Towers Of London「FUCK IT UP」
12月 DOVER「KING GEORGE」
01月 Arctic Monkeys「When The Sun Goes Down」
02月 Bleeding Through「Kill To Believe」
03月 SOFT 「Higher」

【2006年度】
04月 Jack’s Mannequin「Dark Blue」
05月 The Futureheads 「Skip To The End」
06月 Johnny Boy「You Are The Generation That Bought More Shoes And Get What You Deserve」
07月 Razorlight「In The Morning」
08月 Red Jumpsuit Apparatus 「Face Down」
09月 POP Shuvit 「Let Sleeping Dogs Lie」
10月 TRIVIUM 「Ignition」
11月 Mutemath 「Chaos」
12月 My Chemical Romance 「Welcome to the Black Parade」
01月 Blondelle 「Started When You Were Young」
02月 The Heights 「Night Relay」
03月 Enter Shikari 「Sorry You’re Not A Winner」

【2007年度】
04月 Northern Room 「Galaxy」
05月 Melee 「Stand Up」
06月 Shellshock 「Insight」
07月 Dover 「Let Me Out」
08月 Strung Out 「The King Has Left The Building」
09月 Motion City Soundtrack 「Broken Heart」
10月 Sunshine 「Top!Top!The Radio」
11月 We Shot The Moon 「Waters Edge」
12月 Operator Please 「Just A Song About Ping Pong」

↓これより 1曲単位ではなく アーティスト単位でセレクションに
01月 Mutemath
02月 48May
03月 Skindred

【2008年度】
04月 Flogging Molly
05月 Violence To Vegas
06月 Forever the Sickest Kids
07月 The Cab
08月 Mike Viola
09月 PARKA
10月 The Script
11月 Runner Runner
12月 Copeland
01月 Rise Against
02月 Bring Me The Horizon
03月 THE VIRGINS

【2009年度】
04月 Fleet Foxes
05月 Lacuna Coil
06月 Phoenix
07月 Cut Off Your Hands
08月 Steel Panther
09月 Dead By April
10月 Girls
11月 Blessthefall
12月 First Signs of Frost ”Atlantic”
01月 The Yeah You’s
02月 Vampire Weekend
03月 FLOBOTS

【2010年度】
04月 Paper Tongues “Survival Story”
05月 Heaven Shall Burn
06月 SOMA
07月 Automatic Loveletter “Truth or Dare”
08月 The Reign of Kindo
09月 YOUNG GUNS “All Our Kings Are Dead”
10月 The Devil Wears Prada “Zombie EP”
11月 Carpark North “Lost”
12月 Chunk! No, Captain Chunk!”Something For Nothing”
01月 Glamour Of The Kill ”The Summoning”
02月 Funeral Party “The Golden Age Of Knowhere”
03月 Dropkick Murpheys “Going Out in Style”

【2011年度】
04月 Slaves To Gravity ” UNDERWATEROUTERSPACE ”
05月 Amaranthe “Amaranthe”
06月 La Vida Boheme “Nuestra”
07月 Rival Sons “Pressure And Time”
08月 Stephen Jerzak “Miles And Miles”
09月 Born of Osiris “TheDiscovery”
10月 Rise To Remain “CityOfVultures”
11月 Team Me “Team Me EP”
12月 Transit “Listen & Forgive”
01月 Blessed by a Broken Heart “Feel the Power”
02月 Skrillex “Bangarang EP”
03月 Team ME “To The Treetops!”

【2012年度】
04月 Fun. “Some Nights”
05月 Scars on 45 “Scars on 45”
06月 The HEARTBREAKS “Funtimes”
07月 Fail Emotions “Transfornation”
08月 The Dodoz “Forever I Can Purr”
09月 Periphery “Periphery II”
10月 Poema “Remembering You”
11月 Jake Bug “Jake Bug”
12月 The Amity Affliction “Chasing Ghosts”
01月 Beyond All Recognition “Drop=Dead”
02月 Downtown Struts “Victoria!”

03月【3月2日の番組をチェック】

Atoms For Peace 「Amok」

聴いてます。聴きこんでます!!

トム・ヨークのソロ作THE ERASERを再現させるべく、結成されたプロジェクト?

Atoms For Peace

トムが、一緒に演りたいミュージシャンたちと作られた作品が「Amok」。
日本先行で20日にリリースされました。

とにかく、すごい人気!
という噂を聞きつけ、タワレコに調査へ行ってきました。

閉店が迫る22時台
実際、一曲目から試聴していると、後ろに2人待っているではありませんか!
ヘッドフォンが湿っていないか気にしつつ、2曲目で譲りました。。。
こんなこと、ここ最近ありませんでした。

噂は事実。

しかし、
radioheadを期待して買ったファンはどう感じるのだろう。。。

音楽雑誌などに目を通しても、
今年を代表する作品!的な賛辞ばっかり、
トム・ヨーク神格主義の人たちばかりで、参考にもならず。

感想としては、いまのところ1曲目がひっかかる程度です。


この曲、個人的にデラ燃えます。radiohead / 15 Step (in rainbows)

Brit Awards 2013 答え合わせ

2月20日に開催されたBrit Award 2013!
遅ればせながら、先日の予想の答え合わせをしてみました。

Mastercard British Album of the Year
昨年、新人賞をエド・シーランに奪われたエミリーにかけます!
alt-J
Emeli Sandé 受賞
Mumford & Sons
Paloma Faith
Plan B
エミリーにかけますと言っているのに、赤はマムフォードに入ってますが、ここは自分に甘い澤田。
正解としましょう(笑)

British Male Solo Artist
全然自信ありません
Ben Howard 受賞
Calvin Harris
Olly Murs
Richard Hawley
Plan B
受賞者はベン・ハワードでした。ハズレ。

British Breakthrough Act
バグくんでしょう!
alt-J
Ben Howard 受賞
Jake Bugg
Jessie Ware
Rita Ora
見事にはずし、ベン・ハワードでした。ハズレ。

British Female Solo Artist
難しいところですが、悩んだときのエミリー!
Amy Winehouse
Bat for Lashes
Emeli Sandé 受賞
Jessie Ware
Paloma Faith
正解!

British Group
マムフォードのような気がしてなりませんが、アイドルにも寛容なブリットアワードということで1D
alt-J
Mumford & Sons 受賞
Muse
One Direction
The xx
素直にマムフォードにしておけばよかったのに、、、受賞はマムフォード・アンド・サンズでした。

British Live Act
コールドプレイが取る気がしてなりませんが、ここはマムフォード!
Coldplay 受賞
Mumford & Sons
Rolling Stones
The Vaccines
Muse
素直にコールドプレイにしておけばよかったのに、、、悔しい。

International Female Solo Artist
アリシアが獲る気がしないでもありませんが、ここはネコ好きテイラー!
Alicia Keys
Cat Power
Lana Del Rey 受賞
Rihanna
Taylor Swift
2年連続のラナ・デル・レイ!歌が実は下手なのでは??という噂を跳ね返し受賞です。

International Group
グラミーに続くしかないとおもいます、ここは
Alabama Shakes
The Black Keys 受賞
FUN.
The Killers
The Script
ザ・ブラック・キーズが受賞!

British Producer of the Year
ここはまさに無責任予想!
Damon Albarn
Paul Epworth 受賞
Jake Gosling
なぜか正解!

International Male Solo Artist
ゴッチャンでしょう!ジャック・ホワイトって線もあるか!
Bruce Springsteen
Gotye
Jack White
Frank Ocean 受賞
Michael Buble
フランク・オーシャンが受賞!

British Single
一曲しか出してませんが、ブリットは昨年も受賞している常連アデルねーさんで!
Adele 受賞
Alex Clare
Coldplay & Rihanna
DJ Fresh
Emeli Sandé
Florence + The Machine
Jessie J
Olly Murs
Rita Ora
Rizzle Kicks
Robbie Williams
Rudimental
Stooshe
アデルが見事受賞!ここは正解。

 

ということで予想した11部門のうち、わずか3部門正解という悲惨な結果が待っていました。

ブリット・アワードは、変にひねらない方が当たるということですね。来年は半分は当てます!

Fuji Rock Fes早割販売に並ぶ。。。

終電を逃し、朝まで飲んでいた深夜に思い出しました。

フジロックの早割チケットの発売日が今日だということに、、、

ということで、酔った勢いもあり一人で並ぶことにしました。
渋谷パルコ1に早朝6時に着くと、すでに400人近くのフジロッカーズが整理券を求め、列を成しておりました!

負けられん!

とおもい最後尾に並ぶと、友達のイワッキーと偶然遭遇。
ということで二人で並びました。

待つこと、2時間半。

すき家で豚汁を飲むことだけを楽しみに寒さに耐え忍びました。

そして、フジロック「期間限定早割チケット」を入手!
(3日通し券の定価¥42,800が¥34,800は安い)

無事、すき家にありつけたのでした。

すき家のサラダドレッシング、なにげに好きです。

東京タワー!


近くを通りかかったので、一枚カシャッ。
東京タワーを眺めるとなぜか落ち着きます。実際はドエライ電磁波を出しているのかもしれませんが、落ち着くのです。

田舎者の自分にとって、東京タワーは子を見守る母のような存在に近いのかもしれません。

名古屋から新幹線に乗って新横浜を過ぎてしばらくすると、姿を現す東京タワー。
日本が希望に満ちていた時代に作られたからなのか、
「やってやるぜ、東京!!」
と、毎回モチベーション上がります。

東京スカイツリーに対しては、まだ思い入れも深い印象もありません。
来月、うちの両親が上京するついでに一緒に登ります。母は景色を観てなんて言うんだろうか既に楽しみです。

かわりモンにも連れていけたら素敵です。

 


Hadouken! – Bad Signal (Official Video)
ハドーケン!の新作「Everyweekend」
ダブステップもドラムンベースもガッツリ飲み込んでいて、耳に残る湿ったサビもツボです。

人を怒らせる方法



人を怒らせる方法30-1

久々に観ましたが、やはり腹がよじれます。4:00からの流れは最高。

アマゾンなどでは、200円台(送料別途)から中古で売ってました!

リンクに表示されるテキスト

Brit Awards 2013 無責任予想!


現地時間の今日2月20日開催されるBrit Award 2013!
1977年から毎年開催されている英国音楽における権威ある祭典式です!

が、グラミーよりは地味。

Mastercard British Album of the Year
昨年、新人賞をエド・シーランに奪われたエミリーにかけます!
alt-J
Emeli Sandé
Mumford & Sons
Paloma Faith
Plan B

British Male Solo Artist
全然自信ありません
Ben Howard
Calvin Harris
Olly Murs
Richard Hawley
Plan B

British Breakthrough Act
バグくんでしょう!
alt-J
Ben Howard
Jake Bugg
Jessie Ware
Rita Ora

British Female Solo Artist
難しいところですが、悩んだときのエミリー!
Amy Winehouse
Bat for Lashes
Emeli Sandé
Jessie Ware
Paloma Faith

British Group
マムフォードのような気がしてなりませんが、アイドルにも寛容なブリットアワードということで1D
alt-J
Mumford & Sons
Muse
One Direction
The xx

British Live Act
コールドプレイが取る気がしてなりませんが、ここはマムフォード!
Coldplay
Mumford & Sons
Rolling Stones
The Vaccines
Muse

International Female Solo Artist
アリシアが獲る気がしないでもありませんが、ここはネコ好きテイラー!
Alicia Keys
Cat Power
Lana Del Rey
Rihanna
Taylor Swift

International Group
グラミーに続くしかないとおもいます、ここは
Alabama Shakes
The Black Keys
FUN.
The Killers
The Script

British Producer of the Year
ここはまさに無責任予想!
Damon Albarn
Paul Epworth
Jake Gosling

International Male Solo Artist
ゴッチャンでしょう!ジャック・ホワイトって線もあるか!
Bruce Springsteen
Gotye
Jack White
Frank Ocean
Michael Buble

British Single
一曲しか出してませんが、ブリットは昨年も受賞している常連アデルねーさんで!
Adele
Alex Clare
Coldplay & Rihanna
DJ Fresh
Emeli Sandé
Florence + The Machine
Jessie J
Olly Murs
Rita Ora
Rizzle Kicks
Robbie Williams
Rudimental
Stooshe

 

答え合わせは、コチラ

『FUTURE NAGOYA』というアルバム

先週、2月14日で名古屋インディーズシーンを支え続け、数々の名バイヤー、スタッフを輩出してきたTOWER RECORDS熱田店が閉店しました。

残念です、本当に。

そんななか、熱田店にインディーズバンド8組が捧げたアルバムが話題になっています。
名古屋で活動中の美メロ&身近な歌詞を武器とする3ピースnothingmanが企画・監修したコンピレーションアルバム「FUTURE NAGOYA」!
TOWER RECORDS熱田店を愛して止まない名古屋のバンドたちによるアルバムです。

閉店まで熱田店のみで発売していましたが、今は愛知県内のタワーレコード全店で買えるそうです。

1枚500円という粋な価格です。
未来の名古屋のロックシーンを代表するバンドがこの中から出てくるのか、楽しみです!

■収録曲
01. nothingman / あと少し
02. Theキャンプ / アフターフェスティバル
03. Theキャンプ / susume
04. Half moon spiral / パレード
05. Half moon spiral / salsa
06. folt / WEEK
07. folt / I saw that light last day.
08. Platform / platform
09. Platform / デンファレ
10. sukida dramas / Kansas
11. sukida dramas / Fish & Chips
12. オズニッキ / にわか雨
13. オズニッキ / はるか はるか
14. GRANCH / 凛
15. GRANCH / AM 4:23
16. nothingman / 幸せの順番

価格:500円ぽっきり!