カテゴリー : 2013年 2月

Natalie Duncan @ Billboard LIVE Tokyo


祝・日本盤リリース!

ついに、ナタリー・ダンカンの生声を聴くことができました!
場所は、六本木ビルボード・ライブ・東京!
普段、タバコ臭い、小汚いライブハウスにしか生息していない澤田、、、2回目のビルボード・ライブに緊張しましたが、ナタリーさんも緊張気味でした(笑)
噂によるとかなりシャイな24歳とのこと。。。

ですが、歌声は本物でした。
CDで聴いた声と同じくパワフルで、CDよりも若々しさがあって、引き寄せるパワーがあります。ソウル、ジャズ、ブルーズ・ファンはもちろん、ロックファンも呑み込まれます。

改めて24歳の若さであの表現力は驚きでした。
そしてCDジャケットなどで見た容姿よりもかなりデカかったのも驚きました。登場したとき、、、「あれ?ナタリーはどこ?」とおもった人は私だけではなかったはずです(笑)


本国UKでは、2011年発表の名盤

Scream Out Fest 2013 Second Day


今日もSOF2013!

伝説のすた丼食って、ニンニク臭全開で参戦だ!覚悟しろクアトロ!!

今日は、Of Mice & Men、Woe, Is Meをしっかり観ます!

が、しかし!
迷子の友達を入口で待っていたらWoe, Is Meが終わってしまったのでした。これもライブイベントにはあることです(涙)。

しかしながら、

Of Mice & Menのステージは圧巻でした。
ステージのみならず、フロアにも侵食しつつライブを盛り上げまくる超アメリカンスタイルのステージ。オースティンさんの咆哮はCD以上にすごいものがありました(唾吐きすぎ!)。

しばらく、轟爆音の虜になりそうです。

Scream Out Fest 2013 First Day


渋谷でバナナの自動販売機を発見!
サラリと買っている人もいました。そりゃそうだ!

今日は、渋谷クラブクアトロにて開催されたScream Out Fest2013を観ました。
会場内はパンパン、サウナ状態!

仕事のため途中参戦でしたが、

新作のEPがかなりすごいことになっているHer Name In Bloodのライブはやはり素晴らしかった。演奏力はもちろんのこと、メンバー各々に個性があってステージに華やかさがあります。

明日も参戦します!

Funeral For A Friendのマット・デイヴィスの直筆”巳年”サイン!

今週の洋楽ロック専門番組 ZIP-FM Good Speed Real Rocksは1月30日にアルバム「Conduit」をリリースしたFFAFを特集します!

先月1月15日の渋谷クラブクアトロ公演直前にマットに取材を敢行しました。
前回インタビューしたときも感じたのですが、マットは音楽に真摯に向き合う、素晴らしいミュージシャンでした。
どんな質問にも真剣に答えてくれます。

その模様をお届けしつつ、、、

プレゼントもあります!

それは、
マットの直筆サイン!


完全に2013年仕様です(笑)!

2名様にプレゼント!

欲しい方は、
ZIP-FM HPにアクセスしてリクエストをクリック!
または、emailでもOKです。
realrocks@zip-fm.co.jp  まで
住所、お名前、電話番号、熱苦しいメッセージも添えてアクセスしてください!

〆切は、1月18日23時59分までとさせていただきます!
1月15日の一夜限りの渋谷公演で披露してくれた、隠れた名曲Alvarez!切ないメロディーがたまらんです。
メタリックなギターフレーズとマットの哀愁ボーカルのメロディが最高の化学反応起こしてます。

Funeral For A Friend – Alvarez


名盤中の名盤

33Insanity’sVertebra 東京初ライブ@渋谷Chelsea Hotel

我らがクールビューティーアイドルNOZOMIがヴォーカルを務める

33Insanity’sVertebra(サーティースリーインサニティーズ バーテブレイ)、東京初ライブの日!

オトコとしては、忙しいフリをしなければならないヴァレンタインデイに【ライブ】という口実を与えてくださいました(笑)!
初の東京のステージでしたが30分間、実に堂々としてました。いい声してます。

グァーーーーっという勢いを感じるバンドです、彼らは。


音楽関係者の皆さん、唾つけるならいまのうちですよ!

 

お台場たこ焼きミュージアム

お台場に用事があったので、
デックス東京ビーチにある【お台場たこ焼きミュージアム】に行きました。


満面の笑みを浮かべ楽しそうな、わたし。

狙いはひとつ!
やまちゃんのたこ焼き!

しょうゆ+マヨネーズ!迷ワネーズラ!
大阪で大学時代を過ごした私にとって、このたこ焼きは青春の味です。
外も中も、全部んまい!20個以上食べて、帰りは胃痛に悩まされました。

そんな胃痛を和らげてくれたという名曲をここで、、、


MANI – Bang Bang
フランスで音楽制作などの裏方からキャリアをはじめ、歌声に注目が集まりバンドを結成!それがマニ!
自動車のCMにいつ使われてもおかしくない、オサレでポップな感覚にヤられちゃいます。

続いて、打って変わってボンジョヴィ好きは要チェックのバンド=Heaven’s Basement

Heaven’s Basement – Can’t Let Go (Audio)

Nickelback


昨日、名古屋から東京に帰ってきたわけですが、、、
巨肉の星の話、、、進んでおります♪


楽しみです。

話が変わって、
先日、音楽好き同士の会話の中で、ニッケルバックのビデオはとにかく金がかかっているという話題で盛り上がったのですが、、、
昨年のMV、

Nickelback – Trying Not To Love You

ちょっとした映画を一本見たあとのような満足感が得られます。
そして、オフィシャルじゃないビデオも発見。


Nickelback – Trying Not To Love You

素敵です。


Rooted
こちらはオリジナル。

ラジオは情熱!! 「ラジオのこちら側で」

ラジオと音楽を愛するDJ=ピーター・バラカンさんの新書「ラジオのこちら側で」を読みました。
読み始めたのが深夜1時くらいだったので、「1章だけ読んで続きは明日。。。」とおもっていたら、あっという間に読了。。。

音楽をとりまく環境の変化をバラカンさんの視点から書かれていて、とても面白かったです。
自分が信じてやっていることに対して、背中を押された気がする一冊でした。

自分の信念を貫くこと、それはとても大変なことだとおもいます。でも一番大切なことだと再認識しました。

久々に力が湧いた一冊です。

The 55th Grammy Awards 無責任予想

グラミー無責任予想!
親父好みという視点で選びました。

年間最優秀レコード
ザ・ブラック・キーズ

年間最優秀アルバム
バベル

年間最優秀楽曲
コールミーメイビー

最優秀新人賞
FUN.

—————————————
2月12日 おさらいのため加筆

結果、2部門正解!
最優秀レコード、、、ゴティエが来たか!
Stingに近い声質がやはり”親父好み”だったということか!!
最優秀楽曲も、カーリーちゃんが取るのでは!と色気を出したばっかりに。。。

■年間最優秀レコード ハズレ!
「Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)」Gotye

■年間最優秀アルバム アタリ!
「Babel」Mumford & Sons

■年間最優秀楽曲 ハズレ!
「We Are Young」Fun. feat.Janelle Monáe

■最優秀新人賞 アタリ!
Fun.

日本では、サラリと報道されてしまっているグラミーですが、これで洋楽シーンが少しでも活性してくれたらとおもいます。

ばあちゃんに会いに…

今日は半田市の病院にいるばあちゃんに会いに帰省してます。

赤くない名鉄に揺られること30分。

道中、いろんな懐かしい景色が流れていきます。今日は音楽はいりません。
20130209-172847.jpg
聚楽園の大仏さんが!
のどかです。

先月も会ったのに、久しぶり!と喜んでもらえました。
入院してますが、年齢サバよんだりして相変わらず元気でした(笑)。

ばあちゃんとは、ただ話しているだけで、教えてもらうことがいっぱいあります。

今夜もRealRocksでは、菊野ばあちゃんの安全運転メッセージが流れますよ!