カテゴリー : 2015年 11月

【幻】モーニン・ブルーズ 2015/11/28

mb151128

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

 

 

N  おはようございます。モーニング小僧。ワトゥーシ・アイザヲです。輪投師藍蔵王ですよ。

 

ちょっと遅きに失した感がありますが、この季節に相応しい1曲、と言いな

 

がらこれまでにも数回以上聞いて貰っているこの歌をどうぞ。

 

「癒し、安らぎ、田舎の名残り」

 

 

 

M01.Country Comfort(4’44”)Rod Stewart

 

-E.John, B.Toupin-  Mercury 558 059-2

 

 

 

N  冬がやって来る直前の風景を歌った「カントリー・カムフォート」、ロッド・スチュアートでした。

 

バーニー・トウピンが描いた英国の田舎のこの時期をわたしは実際には知りません。

 

それだからかも知れませんがこの歌を聞くと、自分の生まれ育った土地の情

 

景が浮かんできます。毎年、秋が深くなって行く頃には、この歌とその画像

 

が心に拡がるのです。そこは今、大きな幹線道路が通りましたが、まだ当時

 

の風情は充分に保たれていまして、「カントリー・カムフォート」に相応しい場所です。

 

この歌が収録されている1970年発表のアルバム『ガソリン・アレイ』はわたしの最

 

も好きなロッドのアルバムかな。全体に硬質な音で、今の「カントリー・コムフォート」も、

 

煉瓦の高い塀で囲まれた、舗装された石畳を思わせる楽器の響きなんですが、

 

ロッドが歌い出すと、枯れた色合いの田園地帯、草木が見えて来るのが不思議

 

です。これが言語を伴った音韻の力でしょうか。

 

さて、このアルバムの「硬質な音」を象徴するのは、最終トラックのこれでしょう。

 

「ヨー・マイ・ガール」。

 

 

 

M02.You’re My Girl(4’46”)Rod Stewart

 

-Cooper, Beaty, Sheiby-  Mercury 558 059-2

 

 

 

N  「ヨー・マイ・ガール」、カッコイイですね。ロッドのリズム感が素晴らしい。この頃の彼は、

 

自然にこんな節回しが溢れ出て来ていたんでしょう。スリルってのは、これだね。

 

毎日のように聞いていた十代の終わり頃を思い出しました。

 

さて、本当に久し振りにこの「ヨー・マイ・ガール」に針を落としたのには、訳

 

がありまして、今まで知らなかったこんなヴァ—ジョンに、先頃巡り会ったから

 

です。

 

 

 

M03. アイ・ドント・ヲント・トゥ・ディスカス・イト(2’34”) リトル・リチャード

 

-Cooper, Beaty, Sheiby-  ソニー MHCP 298

 

 

 

N  お分かりですね、モーニン・ブルーズでは何かにつけて登場する人気者、リトル・リチ

 

ャードです。この人の取り替えようのない傑作は、やはりスペシャルティ時代の物に

 

なってしまいますが、それ以外の時代にもいろいろと世の中を騒がせていま

 

して、彼がコロムビア系列のオーケイから1967年に発表したアルバム『イクスプルーシヴ・リト

 

ル・チャ−ド』は、この曲で始まっていました。表記タイトルは「アイ・ドント・ヲント・トゥ・

 

ディスカス・イト」で、ロッド版ではカッコ内の副題となっていた方です。造りもだいぶ

 

違いますが、あのリトル・リチャードはしっかり居ますね。

 

作品全体は時代を反映してか、かなりソウル的な響きになっています。割と安

 

易なカヴァもいくつかありまして、意図的にモータウン、それもノーマン・ウィットフィールドの

 

手法を模倣しているような部分もあります。また、妙にジェイムズ・ブラウン的だ

 

ったりもして、昨年公開された映画「最高の魂を持つ男」の中で、J.B.がリトル・

 

リチャードから業界について教えを受ける場面を思い出しました。

 

ではCD化に際しての追加楽曲、「ゲット・ダウン・ウィズ・イト」を聞いてみて下

 

さい。

 

 

 

M04.Get Down With It(3’17”)Little Richard

 

-R.Penniman-  ソニー MHCP 298

 

 

 

N  「ゲット・ダウン・ウィズ・イト」、リトル・リチャードでした。

 

実はこの制作担当が、ラリー・ウイリアムズなんです。この時期、彼はオーケイとプロデ

 

ュ—サ—契約があったんだそうです。わたしとしては少々意外です。ジョニー・ギター・

 

ワトスンを起用しているのも、ラリ—の発案だとか。そう言えば過去にこの二人が対

 

決したフル・アルバムがありました。

 

 

 

M05. Nobdy(2’34”) 

Johnny Guitar Watson & Larry Williams with The Kaleidoscope

 

-J.Zawinul,L.Williams,J.Watson-  Sony A 14122

 

 

 

N  お聞きいただいたのは、そのアルバムのCD化にあたり追加された楽曲のひと

 

つ、「ノ—バディ」というものです。ジョニーとラリーは変わりませんが、一緒に演奏

 

していたサイケな連中は、カレイドスコープという西海岸のバンドで、電気シタールを弾い

 

ていたのは、デイヴィド・リンドリーだと言いますから、驚くじゃア—リマセンカ。

 

では同じアルバムから、R&Bチャ—トでヒットしたこの曲を聞いて下さい。

 

ヴォ—カル版「マ—シ—、マ—シ—、マ—シ—」。

 

 

 

M06.Mercy,Mercy,Mercy(2’53”)Johnny Guitar Watson & Larry Williams

 

-J.Zawinul,L.Williams,J.Watson-  Sony A 14122

 

 

 

N  67年発表のアルバム『トゥー・フォ−・ザ・プライス・オヴ・ワン』から、キャノンボール・アダ

 

リーの「マ—シ—、マ—シ—、マ—シ—」でした。ジョー・ザヴィヌルの器楽曲に載せた詞(こと

 

ば)は、ジョニーとラリーによるものです。ジョン・レノンのアイドルだったロックンロール男、ラリ

 

—・ウイリアムズはノウ