カテゴリー : 2016年 12月

【幻】モーニン・ブルーズ 2016/12/31

mb161231

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。大晦日のアサー、ここ想像都架空区の

午前中憂鬱劇場には、ソウーチョーにもかかわらず満員のお客さまが昨晩から詰め

掛けています。

2016年「モーブル幸薄歌合戦」の始まりです。事前の一部報道では「紅白『幻』

歌合戦」となっていましたが、「幸薄歌合戦」コーハクです。ハッコ−ではありません。

ケーハクとも違います。お間違えなきよう。

ワタクシ、総合司会のワトゥーシアイザオです。今年一杯、よろしくお願い致しはすは

12月31日、オーット四次元殺法だあっ。

さあ今年もたくさんの出来事がありました。そんな中でも年末の話題をさ

らった大事件の主役が、先攻め幸い組から早くも登場です。

紅白出場記録停止の、和田アキ子です。本人もまだ疑問が解決していないよ

うです。楽屋でもこんな事を言っていました。

「その時わたしに何が起こったの」。

 

M01.その時わたしに何が起こったの(3’04”)和田アキ子

-Y.Aku, F.Taguchi-

 

はい、ありがとうございます。お疲れさまでした。紅白落選でも、こちら

のコーハクにはトップバッターで登場。1970年のヒット曲を、まるで当時と同じ、クリソツに

唄ってくれました。和田アキ子は、自分自身で表明したように「フメツ」です。

1970年3月、大切な高校受験を控えて、総合司会ワトゥーシアイザオは不覚の入院

と相成りまして、起きている間は毎日AMラヂオを聞いておりました。その頃

売り出し中だったんでしょうね、毎日3回は聞いたかなあ。R&B歌謡曲の傑

作、と当時から決めていましたが、あんまり人気のない曲のようです。しか

し2016年の幸薄歌合戦では、まるで発表当時、1970年そのままに唄ってく

れました。和田アキ子、「その時わたしに何が起こったの」でした。

さて、薄い組の先頭打者は、涙の初出場です。アメリカはオクラホマ、優れた録音エンジ

ニアを輩出している州からの参加です。そう、オクラホマ・ミキサーです。

ヴィンス・ギル、今年春のスマッシュ・ヒット、という呼び名が相応しいこの1曲。

「俺の涙にゃワケがある」、どうぞ。

 

M02.Reasons For The Tears I Cry(3’56”)Vince Gill

-V.GilL-   サンビーニャ・インポート WRSI-23159

 

N  幸い組は和田アキ子「その時わたしに何が起こったの」、薄い組はヴィンス・ギル、

負けてなかったですねえ、「俺の涙にゃワケがある」で幕を明けた2016年「モー

ブル幸薄歌合戦」、早くも火花を散らすツバ競り合いが始まっております。

幸い組、次は大柄な黒人女性です。あーっ、先のエミルー・ハリス記念公演「ザ・

ライフ・アンド・ソングズ・オヴ・エミルー・ハリス」にも出演した、メイヴィス・ステイプルズです。

今年はわたしも知らない間にアルバム『リヴィン・オン・ア・ハイ・ノート』を発表する

など、なかなかやってくれました。今朝はゴスペルの定番中、定番を披露しま

す。「ファミリー・サークル〜家族の絆」という題名でも知られますね。

「ウィル・ザ・サークル・ビ・アンブロークン」。

メイヴィス・ステイプル、堂々たる熱唱です。

 

M03. Family Circle(4’15”)Mavis Staples

-P.D.-  Rounder 0888072009103

 

N  ハイ、大変結構でした。メイヴィス・ステイプル「ウィル・ザ・サークル・ビ・アンブロークン」。昨

今は音楽の世界も女性上位が続いて久しく、男は肩身が狭くなりつつありま

す。特にルーツ的な音楽に於いて女性の進出が目覚ましくなっております。その

「祖」とも言えるメイヴィス・ステイプル、幼少時より家族のゴスペル・グループで唄い

出して、今年で77歳。その力量は全く衰えを知らないどころか、増々の貫禄

を感じさせる存在となりつつあります。

彼女が出て来ていしまいますと、薄い組は対抗に困ってしまうのではない

でしょうか・・・、それでも1本を取られる覚悟で、二人の男性が舞台に上

がって来ました。カントリーのカントリー、音楽郷テネシー州出身のT.G.シェパードが、ジョン・

レノンにハモニカを教えたという、そのせいでジョンはあまり上手くならなかったとも

言われるデルバート・マクリントンを従えております。

始まりました。このイントロ、そうです。「夕べはテキーラ・ホセ・クエルボ15杯」です。

 

M04.Fifteen Round With Jose Cuervo(3’21”)T.G.Shappard

-Kostas, D.Knutson, T.Curry-  Goldenlane  GLO 0077

 

N  薄い組、重量級のメイヴィスに対し、アル中ふたりで肩透かしを食わせましたねえ。

正面からぶつからずにフェイントをかけて躱しました。「また男がずるく見えて来

た」薄い組応援団の河島英五が自嘲気味に唄っております。これで致命傷は

回避。

ところが、幸い組は次もまた本格派です。歳は若く、未だ20歳か21

歳、年明け早々には今年のブルーズ・キャラヴァンの実況録音盤の発売が予定され、

その真価が露わになる、イナ・フォルスマンです。今年の幸い組は強力ですね。層が

厚い。

ではお願いしましょう。「疫病神が今夜、踊るカモ」、イナ・フォルスマンです。

 

M05.Devil May Dance Tonight(4’52”)イナ・フォルスマン

-unknown-   BSMF 2490

 

N  これまた堂々たるイナ・フォルスマン、「疫病神が今夜、踊るカモ」でした。場内のお

客さんたちも度肝を抜かれたようですね。願わくはヒット曲を飛ばして、より広

い人たちに知ってもらい、今より大きな世界での活躍をというのが、来たる

2017年ファンの祈りでしょう。イナ・フォルスマン、来年もここ想像都架空区の午前中

憂鬱劇場でお会い出来ますように。

さあ彼女に対抗する薄い組、誰が出て来ますでしょうか。今年、天才少年

歌手は、出て来ませんでしたね。将棋の世界では年末に14歳が62歳を破っ

たという出来事がありました。同様に歌の世界でも、新しい力の台頭が求め

られます。さあ、薄い組は誰でしょうか。

あ、またイヒョーを突く唄い手です。イギリスからヴェテラン俳優のヒュー・ローリーです。

やられました。なるほど、これは上手い順番組みです。決して本格的な唄い

手ではないけれども、謙虚にブルーズ系音楽に取り組む姿勢は高く評価されて

います。彼の地では大きなブルーズ・フェスティヴァルにも出演経験を持ちます。

極東の島国に多数寄生する自称「ミュージシャン」たちに聞いて貰いたいですね。

あ、総合司会者の分際で、出過ぎたひと言でした。

良心的なプロデューサー