カテゴリー : 2017年 8月

Real Rocks 【8/26 O.A.】Playlist

Real Rocks【8/26 O.A.】Playlist

8月26日の番組は、

Summer Sonicを振り返りました!

なんだかんだで、充実した二日間でした。

Sundara Karma。印象的なメロディを作り出すのが巧みなバンドです!


Bombay Bicycle Clubのフロントマン、Jack Steadman(ジャック・ステッドマン)によるソロ・プロジェクト=MR Jukes


Foo Fightersのテイラー・ホーキンスによる特別ナビゲーターは9月23日の番組で紹介!

——————————————————–

M01: The Pretender  /  Foo Fighters

M02: Resound  /  Cold Black

M03: These Boys Light Fires  /  Ocean Grove

<コーナー: RockAroundTheWorld >

M04: Homemade Dynamite  /  Lorde

M05: Feel It Still  /  Portugal. The Man

M06: Stressed Out  /  Twenty One Pilots

M07: A Place For My Head  /  Linkin Park

M08: Something Just Like This (Tokyo Remix)  /  Coldplay

M09: Everything Now  /  Arcade Fire

M10: Battle Symphony  /  Linkin Park

M11: Cherry  /  Lana Del Rey

M12: Believer  /  Imagine Dragons

<コーナー: RockAroundTheWorld>終わり

M13: Mudshovel  /  Staind

M14: It’s Been Awhile  /  Staind

M15: Where Did We Lose Each Other  /  Your Favorite Enemies

<コーナー: RockSteadyGo>

M16: Run  /  Foo Fighters

M17: Explore  /  Sundara Karma

M18: Olympia  /  Sundara Karma

M19: Grant Green (Featuring Charles Bradley)  /  Mr Jukes

M20: From Golden Stars Comes Silver Dew (Featuring Lalah Hathaway)  /  Mr Jukes

<コーナー: RockSteadyGo >終わり

M21: Beers  /  Ocean Grove

M22: Sleep Walk  /  Joe Satriani

M23: Truth Is a Beautiful Thing  /  London Grammar

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M24: Miror Miror (Live)  /  Blind Guardian

おしまい!

——————————————


今月のリアルロックス・セレクションに選ばれたOCEAN GROVE。
アグレッシヴなライヴ・パフォーマンスは、是非生で見てみたい!

REAL ROCKS SELECTION 2005.04 – 2017.08

realrocks_20141118B

ZIP-FM REAL ROCKSでは2005年4月から毎月、一か月間にわたって番組がプッシュしていくアーティストを紹介しています。それをREAL ROCKS SELECTIONと呼んでいます。

なんと12年の歴史があります!選ばれたアーティストのリストを忘備録として挙げておきます。
すでに解散しているバンドもいますが思い出深い作品、楽曲ばかりです。

 

2005年当初は、アーティスト並びにオシ楽曲も選んでいました。

【2005年度】

04月 Trust Company「Stronger」

05月 Waking Ashland「I AM FOR YOU」

06月 NINE BLACK ALPS「COSMOPOLITAN」

07月 Bullet For My Valentine「Cries In Vain」

08月 MAE「Anything」

09月 MEW「Special」

10月 Hard-Fi「Hard To Beat」

11月 Towers Of London「FUCK IT UP」

12月 DOVER「KING GEORGE」

01月 Arctic Monkeys「When The Sun Goes Down」

02月 Bleeding Through「Kill To Believe」

03月 SOFT 「Higher」

 

【2006年度】

04月 Jack’s Mannequin「Dark Blue」

05月 The Futureheads 「Skip To The End」

06月 Johnny Boy「You Are The Generation That Bought More Shoes And Get What You Deserve」

07月 Razorlight「In The Morning」

08月 Red Jumpsuit Apparatus 「Face Down」

09月 POP Shuvit 「Let Sleeping Dogs Lie」

10月 TRIVIUM 「Ignition」

11月 Mutemath 「Chaos」

12月 My Chemical Romance 「Welcome to the Black Parade」

01月 Blondelle 「Started When You Were Young」

02月 The Heights 「Night Relay」

03月 Enter Shikari 「Sorry You’re Not A Winner」

 

【2007年度】

04月 Northern Room 「Galaxy」

05月 Melee 「Stand Up」

06月 Shellshock 「Insight」

07月 Dover 「Let Me Out」

08月 Strung Out 「The King Has Left The Building」

09月 Motion City Soundtrack 「Broken Heart」

10月 Sunshine 「Top!Top!The Radio」

11月 We Shot The Moon 「Waters Edge」

12月 Operator Please 「Just A Song About Ping Pong」

 

<<2008年1月からアーティストと作品単位に変更>>

01月 Mutemath “Mutemath” 解説:澤田修!

02月 48May “Streetlights&Shadows”

03月 Skindred “Roots Rock Riot”

 

【2008年度】

04月 Flogging Molly “Float”

05月 Violence To Vegas  “Princess to Poison”

06月 Forever the Sickest Kids  “Underdog Alma Mater”

07月 The Cab  “Whisper War”

08月 Mike Viola “Lurch”

09月 PARKA “Attack of the Hundred Yardman”

10月 The Script “The Script”

11月 Runner Runner “Your Greatest Hits”

12月 Copeland “You Are My Sunshine”

01月 Rise Against “Appeal to Reason”

02月 Bring Me The Horizon “Suicide Season”

03月 THE VIRGINS “The Virgins”

 

【2009年度】

04月 Fleet Foxes “Fleet Foxes”

05月 Lacuna Coil “Shallow Life”

06月 Phoenix “Wolfgang Amadeus Phoenix”

07月 Cut Off Your Hands “You & I”

08月 Steel Panther “Feel the Steel”

09月 Dead By April “Dead By April”

10月 Girls “Album”

11月 Blessthefall “Witness”

12月 First Signs of Frost “Atlantic”

01月 The Yeah You’s “Looking Through You” 現在はMadfoxに改名

02月 Vampire Weekend “Contra”

03月 FLOBOTS “Survival Story”

 

【2010年度】

04月 Paper Tongues “Paper Tongues”

05月 Heaven Shall Burn “Invictus”

06月 SOMA Jewel & the Orchestra

07月 Automatic Loveletter “Truth or Dare”

08月 The Reign of Kindo This Is What Happens

09月 YOUNG GUNS “All Our Kings Are Dead”

10月 The Devil Wears Prada “Zombie EP”

11月 Carpark North “Lost”

12月 Chunk! No, Captain Chunk!”Something For Nothing”

01月 Glamour Of The Kill ”The Summoning”

02月 Funeral Party “The Golden Age Of Knowhere”

03月 Dropkick Murpheys “Going Out in Style”

 

【2011年度】

04月 Slaves To Gravity ” UNDERWATEROUTERSPACE ”

05月 Amaranthe “Amaranthe”

06月 La Vida Boheme “Nuestra”

07月 Rival Sons “Pressure And Time”

08月 Stephen Jerzak “Miles And Miles”

09月 Born of Osiris “TheDiscovery” 解説:澤田修!

10月 Rise To Remain “CityOfVultures”

11月 Team Me “Team Me EP”

12月 Transit “Listen & Forgive”

01月 Blessed by a Broken Heart “Feel the Power”

02月 Skrillex “Bangarang EP”

03月 Team ME “To The Treetops!”

 

【2012年度】

04月 Fun. “Some Nights”

05月 Scars on 45 “Scars on 45”

06月 The HEARTBREAKS “Funtimes”

07月 Fail Emotions “Transfornation”

08月 The Dodoz “Forever I Can Purr”

09月 Periphery “Periphery II” 解説:澤田修!

10月 Poema “Remembering You”

11月 Jake Bug “Jake Bug”

12月 The Amity Affliction “Chasing Ghosts”

01月 Beyond All Recognition “Drop=Dead”

02月 Downtown Struts “Victoria!”

03月 Heaven’s Basement “Filthy Empire”

 

【2013年度】

04月 Daughter “If You Leave”

05月 The Neighbourhood” I Love You ”

06月 Glass Towers” Collarbone Jungle ”

07月 Chvrches” EP ”

08月 Asking Alexandria” From Death to Destiny “ 解説:澤田修!

09月 Born of Osiris ” Tomorrow We Die Alive “ 解説:澤田修!

10月 The 1975 ” The 1975 ”

11月 Divided Friday ” Modern Memories ”

12月 Satellite Stories ” Pine Trails ”

01月 Periphery “Clear “ 解説:澤田修!

02月 A Great Big World ” Is There Anybody Out There? ”

03月 Architects “Lost Forever // Lost Together”

【2014年度】
04月 American Authors ” Oh, What A Life ”

05月 The Vamps ” Meet The Vamps ”

06月 VA ” Sumerian Ceremonials ”

07月 KONGOS ” Lunatic ”

08月 HEARTIST ” Feeding Fiction ”

09月 MAGIC! “Don’t Kill the Magic”

10月 Catfish And The Bottlemen “The Balcony”

11月 Andrew Mcmahon in the Wilderness “Andrew Mcmahon in the Wilderness”

12月 Vinyl Theatre “Electrogram”

01月 RISE OF THE NORTHSTAR ” Welcame ”

02月 ATTILA ” Guilty Pleasure “ 解説:澤田修!

03月 New Empire ” In a Breath ”

【2015年度】
04月 We Are Harlot ” We Are Harlot ”

05月 CHON ” GROW ”

06月 Say Lou Lou ” Lucid Dreaming ”

07月 August Burns Red ” Found in Far Away Places” 解説:澤田修!祝グラミーノミネート!

08月 Saint Raymond ” Young Blood ”

09月 Destiny Potato “Lun”

10月 Press To Meco “Good Intent”おそらく日本初OA

11月 Nothing But Thieves “Nothing But Thieves”

12月 Jamie Lawson “Jamie Lawson”

01月 The Slackers “TheSlackers”

02月 BuryTomorrow “Earthbound” 解説:澤田修!

03月 HighHighs “The Cascades”

【2016年度】

04月 YASHIN “The Renegades” 解説:澤田修!

05月 Andy Black ” The Shadow Side ”

06月 Issues ” Headspace”

07月 Huaska” ボサノヴァ・メタル教典” 解説:澤田修!

08月 CrownTheEmpire ” Retrograde “ 解説:澤田修!

09月 The Struts ” Everybody Wants ”

10月 ToTheRatsAndWolves ” Dethroned “ 解説:澤田修!

11月 Any Given Day”Everlasting”

12月 Tigercub ” Abstract Figures in the Dark ”

01月 Strawberry Girls “American Graffiti”

02月 Galactic Empire “Galactic Empire”

03月 Youth in Revolt “The Broken”

04月 Aquilo ”Silhouettes”

05月 Slaughter To Prevail “Misery Sermon”

06月 MISS MAY I “Shadows Inside” 解説:澤田修!

07月 Andrew McMahon “ファイア・エスケイプ”

08月 Ocean Grove “The Rhapsody Tapes”おそらく日本初OA

MR JUKES(ミスター・ジュークス)の直筆サイン ご進呈!

8月26日のZIP-FM REAL ROCKSは、

Summer Sonicを振り返ります。

なんだかんだで行ったら楽しい音楽フェス、行けば魅力に気づきます。
まだ未体験の方、来年こそは是非!
オススメはアウトドアもインドアも充実しまくっている東京会場です。

さて、Bombay Bicycle Clubのフロントマンであるジャックの別プロジェクト

MR JUKESの直筆サインをいただきました!2名様に差し上げます!


MR JUKESはもちろん、番組ではFoo Fightersのテイラー、Sundara Karmaとのインタビューの模様もお届けします!

直筆サインが欲しいという方は、
郵便番号、住所、お名前、電話番号、メッセージをご記入のうえ、

メール、またはZIP-FMのwebsiteメッセージにアクセスしてください。

メール・アドレスは realrocks@zip-fm.co.jp

websiteは zip-fm.co.jp です。

応募締切は、9月01日(金曜)午後23時59分までとさせていただきます。

みなさんのご応募お待ちしています!

 

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/08/26

mb170826

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。以前リクエストで「サマタイム」をお送りし

た時に「決定的なヴァージョンを教えて欲しい」と言いました。まだどなたから

もお答えは頂いて居りません。で、この歌をなぜよく知っているのかなと考

えてみました。おそらく世界で最も有名な歌50曲に入るでしょうから常識の

範囲内ですが、言葉も大体は諳んじる事が出来ます。

そして思い当たったのがこの人でした。

サム・クックです。「サマタイム」。

 

M01.Summertime(Part1)(2’25”)Sam Cooke

-I.&G. Gershwin, Heywood-  MCPS NOT 3CD089

 

N  「サマタイム」、サム・クックでした。彼の歌なら長い事ずっと聞いていまして、それ

で憶えていたのでしょう。ただし、今のヴァ—ジョンではありません。これは自

分で立ち上げたレコード・レイベル「キーン」からのシングル盤として出ていた物で、そ

れほど知られていないと思います。わたしもいま何種類も出ている多曲安売

りの組み物の中で出会いました。しかも「パート1」とあります。では「パート2」

は、・・・すぐ次ぎのトラックとして収録されていました。

 

M02.Summertime(Part2)(2’21”)Sam Cooke 

-I.&G. Gershwin, Heywood-  MCPS NOT 3CD089

 

N  当初は同一録音の一部、二部ではないか、とも思いましたが、こうして聞く

と全く違うアレンヂ、セッションですね。曲の知名度を借りて何とかヒットを、と再度

試みたのでしょうか。まだ白人市場で黒人の唄い手が一般的でない頃、こう

した定評を持ったスタンダ—ド曲をリパトゥワにするのは、極く当然の事でした。逆

にサムはその度合いがどちらかと言えば少ない方でしたが、こうやって吹き込

んでいる訳です。「サマタイム」自体が、南部黒人の日常を描いたオペラのアリアですか

ら、サムの黒人意識を傷つけるものではなかったでしょう。このように再度吹

き込むのも分ります。

ただわたしがずっと聞いていたのはこれら二つとは更に違う仕様でした。

黄色いジャケットのRCA盤ベストのスロウ・テムポ−版です。この収録時間の極めて短い

LPはカセット・テイプに入れて一日3回は聞き続けた時期がありますから、その頃

脳味噌に刷り込まれたのでしょう。

わたしにとっての決定的な「サマタイム」はこれでした。

 

M03.サマ—タイム (2’23”)サム・クック 

-I.&G. Gershwin, Heywood- ユニバーサル UIGY-7044

 

M04.Sweet Leilani(2’29”)Sam Cooke 3-14

-trad.-  Sony RCA Victor LSP-2221

 

N  「サマタイム」に続いてサム・クックの唯一のハワイアン楽曲「スウィート・レイラニ」、大手RCA

からの第一作『クックズ・トゥアー』からお届けしました。これは世界中のポップソング

を唄って地球を一周する企画性の強いLPで、パリ、ブラジル、南太平洋、メキシコ、

ロ—マ、ジャメカなどを回ります。「サヨナラ」を連呼する「日本の別れ歌 ジャパニーズ・

ファウェル・ソング」も収録されています。これが中国風でね。当時のアメリカ人の日本

文化認識を象徴しています。このようにサムを一般市場へ売り出そうという

並々ならぬ意欲が伺えますね。サム自身にも迷いはなく、これまで疎遠だった

分野で自分を試す事に積極的に取り組んでいます。「サマタイム」でした。

さて、今日はもう8月26日、晩夏です。そろそろ去り行く2017年の夏、

皆さんは如何お過ごしになりましたか。楽しい思い出だらけの人も、暑さに

苦しんだ人も、月末の二日間は踊り狂って逝く夏を締めくくりましょう。音

楽は、これです。

 

M05.旅立て俊徳丸(4’53”)初音家賢次

-trd.-  歌舞音曲 KB-1001

 

N  故初音家賢次名人で「旅立て俊徳丸」ラジオ用短尺モノ仕様でした。オリヂナルは、

無伴奏で20分という長さに亘り続きます。その冒頭部に追加録音をして仕上

げたラジオ用短尺モノ仕様、どこかパンクな雰囲気が漂いますね。これも河内音頭

の大きな特徴でしょう。

「月末の二日間は踊り狂って逝く夏を締めくく」るのは、毎年この時期に

「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」が大々的に開催されるからです。この盆

踊りは今年で36回目となります。結構な歴史です。特にここ数年参加者が激

増していまして、会場は飽和状態。櫓提灯の申し込み状況などを見ると、今

回も相当な混雑が予想されます。8月11日に行なった事前強化講習、踊りの

練習会には百人を超える参加者が集まりました。それも若い人たち、男性が

増えている状況が目立ちます。来週の水曜日、木曜日、観るだけ聴くだけで

も結構、ぜひ錦糸町にお越し下さい。

 

M06.大阪人情町歩き(7’24”)堺家小利貴丸

-S.Sakai-  SRS-001

 

N  練習会などで使うと必ず問い合わせのある「大阪人情町歩き」、堺家小利貴

丸でした。昨年は堺会を率いて「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」に参加し

てくれました。若さと興奮のあまり舞台で鼻血を出してしまいまして、血止

めのティシューを鼻の穴に突っ込んで初日を務めた姿が印象に残っている人も多

いでしょう。これは35年間の歴史で初めての事でした。今年の二月に会主の

利貴丸師が突然亡くなりまして、彼が中心になる時代が始まりました。ワツシイサ

ヲは更なる健闘を祈ります。

さてこの36回を迎えるこの盆踊り、これまで数えきれないほどの音頭取り

が錦糸町の櫓に昇っています。ただ年に1回だけであるため、なかなかその

名前、顔、芸風を覚えてえてもらう事が難しいのも事実。そんな中で彼女は

別格的に定評を持っています。そして、今回滑り込みで参加が確定しました。

月乃家小菊です。キングストン・ミクスの決定的なこの一音頭をどうぞ。

「気持ちヨホホイホイ」。

 

M07.気持ちヨホホイホイ(4’46”)月乃家小菊

-K.Tsukinoya, I.Washizu-  歌舞音曲 KB-1001

 

M08.ヤミン・シェル・コカヴァイム シーズ・オヴ・スターズ(4’03”)イエメン・ブルース

-unknown-  Pヴァイン PCD25233

 

N  ディ・アザ・サイド・オヴ・カワチ・コンテムポラリー・トラディショナル・サマタイム・アウトドア・ダンス・

ミュージック、ゴーシュー音頭「気持ちヨホホイホイ」、月乃家小菊でした。「すみだ錦糸町河

内音頭大盆踊り」の開催詳細は後ほど詳しくお伝えいたします。お楽しみに。

それにうまく繋がったアラビア語の、これも踊りを伴う音楽でしょう。イエメン・

ブルーズというグル—プの「ヤミン・シェル・コカヴァイム~シーズ・オヴ・スターズ」でした。今

月日本でも発売された新譜です。新しい音楽集団ですが、中心人物は既に相

当なカリアを持ち多方面で活躍中のヴェテラン揃い。彼らをあのビル・ラズウェルがプロデ

ュースしたのが今回の新譜です。誰でも思いつきそうな非常に素朴で小さなモチ—フ

を力強く繰り返すうちにそれが核、柱、梁となって大きな構造物に姿を変え

て行く、こんな印象を受けます。ラズウェルも自分が出しゃばってなくて、良い

まとまりを見せています。この9月1日から3日間東京公演もあります。音

頭で精気を全て奪われなかったら、ぜひ観たいですね。

ではイエメン・ブルーズでもう1曲。

「サティスファクション」。

 

M09.サティスファクション(3’41”)イエメン・ブルース

-unknown-  Pヴァイン PCD25233

 

M10.Leftovers(4’26”)ジェイ・ジェイ・テムズ   

-unknown-  BSMF 2529

 

N  打って変わって暖かく豊かな包容力を感じさせてくれる女性の唄声です。ジ

ェイ・ジェイ・テムズという南部のR&Bシンガ—、昨年の秋に日本でも紹介されてい

ましたが、わたしはうっかりしていました。ほぼ一年遅れでの「幻」登場で

す。後期スタックス、ハイ、そして マイアミのTKなど70年代のソウル・ミュ—ジックに共通

する落ち着いた手触りを持った仕上がり、ジーンと来ますね。別に往年の大物

が関わっている訳ではなく、また意図してあの頃の響きを再現しているので

はないと思いますが、わたしには妙にしっくり来ます。

やはり何よりもジェイ・ジェイ・テムズ自身の唄声ではないでしょうか。それを

活かそうとするなら、この編曲、演奏でしょう。アルバムにはもっと力で押しま

くるスタイルの歌も多くありますが、わたしはこのような南部のカントリー・ソウルに期

待をします。ひょっとたら、白人女性かも知れません。

今のは「レフトーヴァーズ」、そしてもう1曲、「ホ—ルド・ミー」。

 

M11.Hold Me(4’33”) ジェイ・ジェイ・テムズ   

-unknown-  BSMF 2529

 

M12.Move Something(3’35”)グレイデイ・チャンピオン  

-unknown-  BSMF 2528

 

N  ジェイ・ジェイ・テムズの「ホ—ルド・ミー」に合わせるように続いたのはやはりミシシッ

ピはジャクスンに本拠を構えるマラコのフレッシュ・マン、グレイデイ・チャンピオン。彼も1年前

に本邦に登場しています。その前にお届けしたジェイ・ジェイ・テムズのアルバム『ロウ・

シュガー』の制作も手伝っていて、重なるところの多い音楽面はその為でしょう

か。南部の黒人男ですとやはり力強いシャウター的要素が求められるので、アルバム

にはそう言った唄い方で吹き込まれたトラックが多いのですが、わたしはこのよ

うな包み込む節回しの作品に好感を持ちました。彼はハ—モニカも吹きます。

80年代に入って南部のR&Bやソウルが力を失って行く中で孤立しながらもそ

の灯りを点し続けたレイベル、マラコ。その頃に較べるとサウンドがだいぶこなれて来

たようです。当時はステューディオ・ミュージシャン全員がカントリ—部門と共通する白人だっ

た、という話もあります。今はどうなんでしょうか。

ではグレイデイ・チャンピオン、「ムーヴ・サムシング」に続いてもう1曲。

アルバム表題曲です。「ワン・オヴ・ア・カインド」。

 

M13.One Of A Kind(4’41”)グレイデイ・チャンピオン 

-unknown-  BSMF 2528

 

M14.エクスペリエンス(4’49”)マイク・チャンピオン

-unknown-  PCD-24647

 

N  こちらは同じチャムピオンでもオ—ストラリアの選手、マイク・チャムピオン。以前も聞いてもら

った「イクスピアリアンス」です。実にスムースな流れで何の引っ掛かりもなく最後まで

進みます。黒人達がこういう傾向を好むのは昔からの事ですから驚く事では

ありませんが、ジャクスン・ミシシッピのチャムピオンとはちょっと質が異なりますね。グレイデイ

もきっとスムースな流れを求めている筈で、それは先の2曲が成功例でしょう。

でもマイクとは明らかに違う。録音技術との関わり合い方かな、とも思います。

さて、最近には珍しくR&B、ソウル調の「幻」、次はヴォ—カル・グル—プのライヴで

す。レイ、グドマン、アンド・ブラウンと言えば80年初頭に活躍したヌー・ジャージ−のヴ

ォ—カル・トリオ。その前はモーメンツという名前でスウィート・ソウル界に君臨していました。

彼らの実況録音盤をこの間レコ—ド店で見つけました。海賊盤ではないでしょう

が、独立レイベルからのリリ—スで細部の造りはあまり丁寧とは言えない商品です。

名義はレイ、グドマン、アンド・ブラウンで、ヒットした「ステイ」で始まります。途中で「黒檀と象牙」を唄うのですが、そこにこの歌の作者であるポール・マカートニが呼び

出されて飛び入りします。と言っても勿論本人ではなく、誰だろうねこれ、3

人と踊っている写真もあるのですが、全くの別人。「Paul McCartney」とは

っきり書き添えてありますけれど、少しも似ていない。場末の実演のおふざ

けでしょうか。

それにしてもなあ。あのポール・マカートニですよ。ビ—トルズの来日記者会見で交

わされた唯一の音楽的応答で、ポ—ルが「黒人の音楽はよく聞いている」と答

えていまして、この盤のクレジットを見た時に瞬時にそれを思い出し、「ああ、未

だにこういう場所を回って音楽を吸収してんのか」と邪推しましたが、簡単

に裏切られましたね。

録音も決して良くない。ただその粗雑な感じが、現場を連想させてくれる

のは事実。割と大きい会場ではないでしょうか。熟女の「キャーッ」なんて嬌声

もしばしば聞かれます。

レイ、グドマン、アンド・ブラウンの実演でのクライマクスは、やはりモ—メンツ時代のヒット曲で

す。フィナーレに持ち込む前にメドリーでたっぷり聞かせてくれます。流石だな、や

っぱりヴォーカル・グループだな、という納得が胸いっぱいに拡がります。

八王子60オーバさん、聞いて下さい。あなたの好きなモ—メンツですよ。

メドリーは

「ルック・アット・ミー、アイム・イン・ラーヴ」

「ラーヴ・オン・ア・トゥー・ウェイ・ストリート」

「ウィズ・ユー」

「ドント・クライ・アウト・ラウド」以上5曲です。

 

M15.Moments Medely(10’52”)Ray, Goodman And Brown  Paul McCartney

Look At Me I’m In Love  -Goodman, Harman-

Love On A Two Way Street  -S.Robinson, B.Keys-

With You  -K. Ascher, C.B.Sager-

I Don’t Want You To Go  -B.Roberts, C.B.Sager –

Don’t Cry Out Loud  -P.Allen, C.B.Sager-

Metropolitan Recording Corporation JBR 12008

 

M16.My Old Man(3’47”)Zac Brown Band

-Z.Brown, N.Moon, B.Simmonetti-  Elektra 756786620-3

 

N  圧巻とも言えるモーメンツ・メドリー、如何でしたか。最後は「ドント・クライ・アウト・ラ

ウド」。「あなたしか見えない」ともうひとつの邦題があったような・・・。リタ・

クーリヂで何かの音楽祭の優勝曲にならなかったかな。共に曖昧な記憶です。

モーメンツはキャロル・ベイヤー・セイガーの作品をよく採り上げていたのですね。知らなか

ったな。

それに続けたのはザク・ブラウン・バンドの最新盤から「マイ・オ—ルド・マン」でし

た。このアルバムは確かな手応えを感じさせてくれる出来で、彼らは安定期に入

ったかなとも思わせられます。発表直にすこし触れただけでその後は、なか

なか紹介出来ませんでしたが、今朝は中に収められている「マイ・オ—ルド・マン」

を聞いてもらいました。

さて水曜、木曜と踊って夏を送ると9月、次の季節がやって来ます。

 

M17.Try To Remember(3’59”)Singers Unlimited 

-Schmidt, Jones-  ユニバーサルUCCU-5125

 

M18.September In The Rain(1’42”)Julie London  2-1

-A.Dubbin, H.Warren-   EMI 0996 312129 2 5

 

後TM代わり:見た目が大事 / ランキン・タクシー

-T.Shirahama-  ワーナー WPC6-8504/5

 

N  「トライ・トゥ・リメムバ」シンガーズ・アンリミテッドでした。このテンプテイションズ版が良くて

探している、という事を以前お話しした事がありますが、まだ見つかってい

ません。昔のLP3枚組のアンソロジー買わなきゃダメかな。

そしてその次もこの季節の「幻」定番、「九月の雨」でしたが、今年は常任

歌唱者ダイナ・ワシントンではなくて、別の人です。彼女の名はジュリー・ロンドン。何故

か、その訳は来週のこの時間にお伝えいたしましょう。

ザ・バンチ・・・・

では第36回すみだ錦糸町河内音頭大盆踊りの開催詳細をお伝えします。

 2017年8月30日(水曜日)

   2017年8月31日(木曜日)

    両日とも午後5時開場 午後5時30分開演

   会場は、竪川親水公園内特設会場(首都高速道路7号線高架下)

    JR総武線錦糸町駅 東京メトロ半蔵門線錦糸町駅 から徒歩5分

    都営地下鉄新宿線/東京メトロ半蔵門線 住吉駅から徒歩10分

   お問い合わせは、03-3631-8506 関根楽器 午前10時から午後6時まで

   詳細は、盆踊り広場イヤコラセ東京     http://www.iyakorase.com/

出演者(両日共通)

ファミリー光博とそのファミリー会社中

ファミリー光博

ファミリー博美

ファミリー博夢

ファミリー博希

司家 貴嗣

月乃家 菊二

月乃家  小菊、その他

関西音頭連盟 羊の會四十二

生駒一久

生駒尚子

大道とおる

永田充康

河洲虎丸

久乃家夢太

八常大介

近江若三郎、その他

二日目8月31日には、特別ゲストとして若井ジェイムズぼんが登場します。

旧知の盟友、ランキン・タクシ—も乱入予定。後テ—マ代わりに今流れているのは「見た

目が大事」のクラブ・ミクスです。先ほどの「気持ちヨホホイホイ」とミキサーが同じスティーヴ

ン・スタンリ。時間までどうぞ。NHKの朝番組みたいですね。では「第36回すみだ

錦糸町河内音頭大盆踊り」会場でお会いしましょう。

 

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/4e2369840656673cb75d8101bc950d230bfb9f8e

  ダウンロードパスワードは、0qe2yq04です。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国9500万人のあなたにも、アサー。

 

 

Awesome Rock【8/25 O.A.】Playlist

Awesome Rock【8/25 O.A.】Playlist

329回目、8月25日の番組は、


サマーソニックを振り返りました!

カルヴィン・ハリス、観てきました。
あまり刺激を感じないのは、オッサンだからなのかわかりませんが、
個人的には生身の楽器で演奏し汗をまき散らすフー・ファイターズに軍配を上げます(競うものでもないんですけどね)。
ベストアクトは、ステージパフォーマンスの完成度が本当に高いPHOENIX。
別次元に誘ってくれるようなライヴでした、最後に会場を包み込んだ紙吹雪の演出もフェスならでは!

——————————————————————————

M01: All My Life  /  Foo Fighters ※新作が9月15日発売!

M02: Sweet Nothing Feat. Florence Welch  /  Calvin Harris

<コーナー: AwesomeRecommendation>

M03: Trying To Be Cool  /  Phoenix

M04: 1901  /  Phoenix

M05: Explore  /  Sundara Karma ※フロントマンのルルさんのカリスマ性ったらすごいんですから!

M06: From Golden Stars Comes Silver Dew (Featuring Lalah Hathaway)  /  Mr Jukes ※名曲です

<コーナー: AwesomeRecommendation>終わり

おしまい♪

中央エフエム Awesome Rock
澤田修の完全監修番組。選曲、編集、トーク、全て担当!
毎週金曜日21時~21時半。再放送:毎週土曜日23時~23時半

 


MR JUKES。Bombay Bicycle Clubのフロントマンのジャックによる別プロジェクト!
この作品、本当に名盤です。ジャズ、ファンク、ソウル音楽も愛するあなた、必聴です。


今年のサマソニのベストアクトはPHOENIX!

Real Rocks 【8/19 O.A.】Playlist

Real Rocks【8/19 O.A.】Playlist

8月19日の番組は、

先週、先々週と夏フェス特集が続いておりましたので、、、

Real Rocks Seletion特集をお届けしました

選ばれたのは、オーストラリアの超新星!

OCEAN GROVE(オーシャン・グローヴ)!


——————————————————–

M01: Breakout  /  Foo Fighters

M02: Underneath a Blooming Skylight  /  Your Favorite Enemies

M03: These Boys Light Fires  /  Ocean Grove ※今月のリアルロックス・セレクション

<コーナー: RockAroundTheWorld >

M04: One Foot Outta The Grave  /  Michael Monroe

M05: Good Girls  /  LANY

M06: Numb  /  Linkin Park

M07: Fires at Midnight  /  Blackmore’s Night

M08: Doing It For The Money  /  Foster The People

M09: The Rise of Chaos  /  Accept

M10: Everything Now  /  Arcade Fire

M11: Shape Of You  /  Ed Sheeran

M12: Battle Symphony  /  Linkin Park

M13: Something Just Like This (Tokyo Remix)  /  Coldplay

<コーナー: RockAroundTheWorld>終わり

M14: Look What You’ve Done (Live)  /  JET

<コーナー: RockSteadyGo>

M15: Anything  /  Mae

M16: These Boys Light Fires  /  Ocean Grove

M17: In Bloom  /  Nirvana

M18: What I Love About A Natural Woman  /  Ocean Grove

M19: Beers  /  Ocean Grove

M20: When You’re This High You Can Say What You Like  /  Ocean Grove

<コーナー: RockSteadyGo >終わり

M21: Over And Over Again (Lost And Found)  /  Clap Your Hands Say Yeah

M22: Bother  /  Stone Sour

M23: Boomtown  /  The One Hundred

M24: I.G.Y.  /  Donald Fagen

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M25: The Bard’s Song (In the Forest) (Live)  /  Blind Guardian

おしまい!

——————————————


今月のリアルロックス・セレクションに選ばれたOCEAN GROVE。
アグレッシヴなライヴ・パフォーマンスは、是非生で見てみたい!

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/08/19

mb170819

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。

おそらく何処でもやらない愚連キャムベル追悼を試みましたが、間違えて「カント

リー・ボーイ」を「ラインストーン・カウボーイ」と紹介していました。申し訳ない。全く気

付かなかったですね。ちょっと怖くなりました。おそらく「フィーニクス」の次に

この国で知られているグレンの「ラインストーン・カウボーイ」です。わたしも大好きな歌

のひとつなのに・・・。いやはや何とも言い訳すら浮かびませんです。改め

てお届けします。紹介は、先週と同じ事を言いましょう、以下。

この翌年に「ラインストーン・カウボーイ」を世界中でヒットさせて、グレンは大御所となり

ました。この歌も彼自身がラジオで聞いて気に入り、すぐに実演の場で唄い始

めたといいます。こういうところは実に好感の持てる音楽愛好家でした。日

本ではその後で何か のコマ—シャルに使われたような記憶があるのですが、思い

出せない。どなたかご存知ではないですか。

では聞いて下さい、「ラインストーン・カウボーイ」。

 

M01.Rhinestone Cowboy(3’16”)Glen Campbell

-L.Weiss-  Zonophone  7243 8 21834 2 6

 

N  「ラインストーン・カウボーイ」でした。当初は装飾の付いたダンガリ—・シャツを着ている

だけの似非西部牛追い男、シティ・サーファーのような人種の歌だと思っていたので

すが、違いました。「俺だって・・・」と明日の大成功をモーソーするウダツの上が

らない庶民の歌でした。グレンの丁寧で誠実な唄い方が心に残ります。

グレン・キャムベルではささきがくさんが動画を揚げてくれた「ゲス、アイム・ダム」、

これが良かったですね。モロにフィル・スペクター衝撃波を浴びたブライアン・ウイルスンの制

作で、コ—ラス担当のオネーサンたちの大雑把な振りが大変宜しい。観ながら一緒に合

わせました。1965年の作品ですからグレンのビ—チボ—イズ参加騒動の頃かな。

聞いて下さい。「ゲス、アイム・ダム」。

 

M02.Guess I’m Dumb(2’58”)Glen Campbell 

-Wilson, Titleman-  Zonophone  7243 8 21834 2 6

 

N  先週のグレン・キャムベル集に追加で二曲、「ラインストーン・カウボーイ」と「ゲス、アイム・ダ

ム」でした。

積み残しはまだあります。8月5日のホ—ソ—でお届けした、タージ・マハルとケブ・

モーの「ドント・リーヴ・ミー・ヒア」、そしてロバ—ト・クレイの「ザ・セイム・ラーヴ・ザット・

メイド・ミー・ラーフ」、更にはエアロン・ネヴィルの「ガッタ・サーヴ・サムバディ」ゴスペル・アルバ

ム『ビリーヴ』仕様、これらに共通する編曲発想の原点です。「ちょうど時間と

なりました。また来週」と翌週にもお届けするような事を言ってましたが、

まだでした。と言いますか調べたら「原点」の「原仕様」が手許になかった

のです。2種類の実況録音はありましたが、どちらも先の3仕様のオオモトとは

言い難い出来でした。それで町を歩いて探し出したのが、こちらです。

アル・グリーン1972年の発表作品、「ラーヴ・アンド・ハピネス」。

 

M03.Love And Happiness(5’01”)Al Green

-A.Green, T.Hodges-

 

N  名曲「ラーヴ・アンド・ハピネス」、アル・グリーンでした。「午前3時に電話があって、

物事は動き出した・・・」推理小説のような唄い出しです。愛の力を信じて

懸命に恋人を説得する内容で、演奏面でもとても優れた、南部R&Bの理想的

な成立ちを持っています。当初はシングル曲ではなかったのですが、評判が高く

なり1年後に改めて単独で発売されました。わたしにはその前後と大して変

わってないようにも聞こえますが、アル自身、このアルバム『アイム・スティル・イン・ラ

−ヴ・ウィズ・ユー』は初期の形に戻ろうと試みた、と語っていまして、特にこの「ラーヴ・アンド・ハピネス」では化学作用みたいに全てがうまくハマっている、と満足

げです。冒頭の語りから「1、2、3、4」とヘッドカウントが入って来るところが、

カッコ良い。これはギターのティーニー・メイボン・ホッヂズが足踏みで刻んでいるようです。

確かオーティス・クレイも来日した時、ほぼカーボン・コピーのような形でリパトゥワに入れて

ました。わたしは美しき20代の頃から親しんでいるのですが、先の3曲には

この残像が投影されているように聞こえてならないのです。如何でしょうか。

さて、エリス次の号は今月の終わりに公開されるのかな。わたしは今回も一番

最後になって原稿を入れました。故意ではありません。「締め切りはいつです

か」と訊ねたら「先週だよ」という返事が帰って来て、慌てて書き出したの

です。さすがに途中で怒られてね。「みんなもう揃ってるから、お前の字数

はこれだけだ」と指定も受けました。こちらが悪いのだから従うしかありま

せん。なんとか間に合わせましたが、出来はどうだろう。ご意見をお待ち致

します。

テ—マはチャック・ベリ—。彼の追悼で何種類か冊子が出ていたので、ついつい買っ

てしまい、読んだ後の感想文のつもりだったのですが、チャックだと沢山の思い

出がこぼれるように流れ出て、ヨユーであっという間に字数超過。泣く泣くでは

ありませんがかなり削りました。今朝はそこに載せられなかった事も含めて、

チャック・ベリ—の初盆です。旧暦にしても少々遅くなりましたが、関西では今が

地蔵盆の真っ盛りです。

まずはこの1曲から。

 

M04. ベイトーヴェンをぶっとばせ(2’37”) ヘレン・ディクソン    

-C.Berry-  Pヴァイン PCD-17762

 

N  ハイ、例のイントロが初めて世に出た「ロール・オーヴァ・ベイトーヴェン」、ヘレン・ディクスンで

す。この女性歌手、白人なんです。コロムビアの黒人レイベルのオーケイからもレコ—ド出

してるし、今のギタ—演奏はミッキー・ベイカーだと言うし、謎が多いなあ。黒人のロッ

クンロ—ル的R&Bを白人がカヴァしてポップ市場で売り出す形は1950年代前半には

よく見られました。ブレンダ・リ—などはその好例でしょう。この「ベイトーヴェン」

もそのひとつだったのですが、ヘレン側の目論みは外れました。チャックのオリヂナル盤

がヒットしてしまったからです。

また、このヘレンの吹き込みには大きな過ちがあります。それはこの楽曲を、

ノヴェルティ色の濃いジャムプ・ブルーズの延長で仕上げている点です。出来は決して

悪くはありませんが、チャックの音楽の持つ「永遠の十代感覚」が不在なのです。

オリヂナル仕様から沸き上がって来る生き生きとした若さの躍動がないのです。

ビ—トの解釈が、前時代のものですね。大人に「ベイトーヴェンをぶっとばそうぜ」

と呼びかけても、きっと相手にされないでしょう。ルードヴィヒ・ヴァン・ベイトーヴ

ェン自身が非常なユ—モア家だったとしてもです。

さて、今のヘレン・ディクスンは以前も紹介したイギリスのエイスの編集盤からお届けし

ました。これは何度も言うように、流石の出来映えです。実に多方面からの

収集が為されていて、やはりイギリスのロックンロ—ル通でしか作れない内容です。し

かも中途半端な出来のトラックが皆無、という点でも太鼓判。解説も実に詳しい。

日本の大いに誤解されたチャック・ベリ—・カヴァを集めて1枚というのも成立する

でしょうが、酷いだろうね、その質は。

次も同じ『ロックンロ—ル・ミュージック! ソングス・オヴ・チャック・ベリ—』からです。チャック

本人の事を「あんな嫌な奴はいない」、と本気で罵っていたジョン・ハモンド・ジュ

ニアが唄っています。

「ノー・マニ・ダウン」。

 

M05. ノー・マネー・ダウン(3’49”)ジョン・ハモンド

-C.Berry-  Pヴァイン PCD-17762

 

M06.ブラウン・アイド・ハンサム・マン (2’02”)バディ・ホリー  

-C.Berry-  Pヴァイン PCD-17762

 

N  ジョン・ハモンド・ジュニアがとても真面目に一生懸命唄っていた「ノー・マニ・ダウン」、

そしてバディ・ホリ−で「茶色い目玉の色男」でした。これはバディの死後、残っ

ていた録音にスタジオ・バンドの伴奏をオーヴァダブした物だそうです。ひょっとし

たら本人は発表するつもりがなくて吹き込んでいた物かも知れません。

冒頭では不法労働の罪で証言台に立っていた「茶色い目をした男」が、歌

が進むに連れて歴史的な騒動を引き起こして行きます。最後はミロのヴィーナスと

戦ったり、完全に抑えられていた試合でフルカウントからホ—ムランをかっ飛ばしたり

するので同一の人物の逸話ではなく、通して語られていたのは如何に「ブラウ

ン・アイド」、つまり黒人が優れているかという、明らかな人種論です。これを

そのまんま「ブラック・マン」と唄ったら当局から危険分子として目をつけられ、

早めのムショ入りをしていたかも知れません。バディ・ホリーはどういう思いだった

のでしょうかね。

次は1964年、出所後のヒット曲として有名な「ネイディーン」です。どこかで、こ

の曲は既にロックンロ—ルの次に来るロックのスタイルで作られているとも書かれていまし

たが、基本的にはギタ—伴奏を伴う語り物がチャックの基本である事に変りはなく、

自動車販売店頭でのやりとりを唄った先ほどの「ノー・マニ・ダウン」、「茶色い目

玉の色男」などと同じように、ここでもチャック・ベリ—劇場が展開して行きます。

このカヴァは、ザ・バンチというイギリスのフォーク系ミュージシャンの集まりの唄と演奏で、

フェアポート・コンヴェンションのメムバ—も参加しているそうです。

 

M07.Nadine(3’20”)The Bunch   

-C.Berry-  Pヴァイン PCD-17762

 

N  ザ・バンチで「ネイディーン」でした。チャックの歌は例えば「ジョニ—・ビ・グッド」な

どのように非常に分り易い反面、独得な観点、発想で書かれた難解な物語も

多く、沢山の解釈が成立します。この「ネイディーン」もどちらかと言うとそのひ

とつじゃないかな。バスに乗っていてイカした女を見つけて追いかける粗筋には、

何か他の例えが隠されているような気がします。

『ロックンロ—ル・ミュージック! ソングス・オヴ・チャック・ベリ—』からもう1曲聞きましょう。

ホリーズで「スウィート・リトル・シクスティーン」。

 

M08. スウィート・リトル・シックスティーン(2’21”) ホリーズ     

-C.Berry-  Pヴァイン PCD-17762

 

N  ホリーズらしい秀逸なカヴァでした「スウィート・リトル・シクスティーン」。60年代のイギリスの

ビート・グループらしい「イキがり」が随所で鳴っています。さて、今回出版され

たチャック・ベリ—関連の冊子のひとつに「ブルース & ソウル・レコーズ」誌8月号があり

ます。そこでわたしが絡んだ事件について、首都圏で9人、全国で9500万人

のあなただけには逸早くお伝えしました。それにはエリスの記事でも触れていま

すからお楽しみに。それはともかく、この号には特別付録としてチャック・ベリ—

のCDが付いていました。それも、1960年代半ばから70年代初頭までのあ

まり重要視されていない珍しい録音を集めた物で、なかなかに面白い1枚で

した。そこからも聞きましょう。

まずはあの印象的なイントロのリフの元ネタ曲を自身で礼儀正しくカヴァした、

「エイント・ザット・ジャスタ・ウーマン」です。

 

M09.Ain’t That Just Like A Woman(2’15”)Chuck Berry  

-C.Berry-  ブルース & ソウル BSR-136

 

M10.Johnny B. Goode(2’45”)Chuck Berry  

-C.Berry-  ブルース & ソウル BSR-136

 

N  20世紀後半の若者音楽を支配したあのイントロのリフの元ネタとなった「エイント・ザ

ット・ジャスタ・ウーマン」のチャック・ベリ—による感謝と表敬仕様、そして1966年再吹

き込みの「ジョニー・B・グーッド」でした。

かつては全く気にも留めなかった、二度目の録音ですが、オリヂナルとは比較

のしようもありませんが、粗雑なライヴに馴れたからでしょうか、この「J.B.D.」

にもそこそこに活気を感じました。

後年この歌は「ほぼ俺の事だ」と本人も言っていたそうです。ただし、「読

み書きゃ全然ダメだけど、ギタ—弾かせりゃ最高さ」という行りは明らかに彼自

身ではないですね。チャック・ベリーは決して文盲ではなく、多くの書物に親しん

でいて、何よりもこんな素晴らしい歌の言葉を編み出せたのですから。それ

とも、奴隷時代に黒人たちは読み書きを法律で禁じられていた歴史を揶揄し

ているのでしょうか。そのくらいチャックは「読んでいた」のです。

例のイントロも、時代によって微妙に変化しているのも分りましたね。その最

終型はこれでした。

 

M11.Lady B. Goode(2’55”)Chuck Berry       

-C.Berry-  Decca 00602557561241

 

N  チャック・ベリー、遺作となったアルバム『チャック』から「レイディ・B・グーッド」でした。

長く芸能活動を続けていると、自分の最も売れた頃、一般に認知されている

姿を自分で演じるようになります。パブリック・イメヂである自身のパロディをなぞ

れば大向こうも納得してくれる訳です。個性的である人ほど、そう成り易い。

たとえば、偉大なるサッチモ、ルイ・ア—ムストロングの晩年を思い出して下さい。受け手

がそれしか望まない、という状況もあるでしょうね。こういう事を終世一切

拒否したのはマイルズ・デイヴィスとボブ・ディランだけのようにも思えます。チャールズ・

エドワード・アンダスン・ベリ—の場合は、彼がチャック・ベリ—になった時点で、既にパロデ

ィだったとわたしは理解しています。

「分ったよ、あれを演りゃいいんだろ。演ってやるよ」と架空のロックンロ—ル・

スタ—、チャック・ベリ—をずっと演じていたのではないでしょうか。だからと言って

そこに欺瞞はなく、懐メロ感情とは無縁で、いつも現在進行形のチャック・ベリ—が

いて、「お仕事」と言い切りながらも、人格が滲み出ていた点が多くの人を惹

き付け続けたのだと、わたしは確信しています。

最後になってしまったアルバムでは、その突っ張りがちょっと緩んでいる、そ

んな印象を持ちました。そのひとつがこの「レイディ・B・グーッド」です。これ

は自分でアンサー・ソングを唄っていた「メムフィス」と「リトゥル・マリー」、あるいは「ジョニ

ー・B・グーッド」と「バイ・バイ・ジョニー」との関係とは少し違って聞こえません

か。今の録音は、彼の他に息子と孫のギタ—三本セッションとされていますが、間奏

の二番目に出て来るのは、かなりギャリー・クラ—ク・ジュニア風でしたね。

さて「ジョニー・B・グーッド」は、ピアノ弾きのジョニー・ジョンスンをモデルにして書か

れた、という説もあります。そもそもチャックはジョニーのトリオに入れて貰ってそこ

から職業音楽家として始まった訳です。それ以後は彼の独創性が爆発して恩

師よりも名が知られるようになってしまった訳です。義理堅いチャック・ベリ—は

ジョニ—を録音、舞台でもずっと専属として固定しましたが、長い時間が経つう

ち疎遠になって、本人も行方不明状態でした。映画「ヘイル、ヘイル、ロケンロー」の撮

影の前に故イアン・ スチュアートが音楽責任者のキース・リチャ—ズに「ジョニ—はまだ生きて

るぞ」と告げ、なんとか探し出して再び共演が出来た、という美談が残って

います。

映画の中でジョニ—は現役時代と変わらぬ演奏能力を発揮して存在を表明。そ

の結果、ソロ・アルバムも制作されました。ここで「恩師」のピアノを聞いてみまし

ょう。

まずは「ジョニー・B・バーッド」。

 

M12.Johnnie B.Bad(2’35”)Jonnie Johnson 

-unnkown-  Elektra 9 61149-2

 

N  ジョニー・ジョンスン、1991年のソロ・アルバム『ジョニー・B・バーッド』から、その表題

曲でした。この盤現物は、新宿三丁目で拾って来たCDプレイヤーに入っていた

もので、長い事再生不能でしたが、長い時間が経ってポリカ—ボネイトの変質でも

起こったのでしょうか、今はこのように聞く事が出来ます。ただ盤しかない

ので、収録曲名など周辺事項はネットで拾ってい書き加えてあります。

ジョニー以外の参加メムバーは以下の通り。

ギター:エリック・クラプトン

ギター:スティーヴ・ファーガスン

ベイス:ジョリー:スパムピナート

ドラムス:トム・アードルノ

この中でクラプトンとスパムピナートは映画でも付き合っていましたね。あの変な形

のベイスを弾いていたのがスパムピナート。ここでの彼の演奏は出色の出来映えです。

ブルーズ・ピアニストのソロ・アルバムですから全体も地味ですが、とても充実している

セッションで、気持ちの良い音が続きます。ジョニ—はチャックの録音では割とひとつの

スタイルに徹してたようですが、ここでは実に達者な腕前を存分に披露していま

す。早朝のゴミ捨て場に感謝。

次もとても良い演奏です。

「クリーク・マーッド」。

 

M13.Creek Mud(5’29”)Jonnie Johnson 

-unnkown-  Elektra 9 61149-2

 

N  「クリーク・マーッド」、ジョニー・ジョンスンでした。ジョニー、冴えてますね。例えば1950

年代だったらこの位の弾き手は、どこの黒人酒場にでもいたでしょう。彼ら

は放っておくと1曲をいつまでも続けます。即興演奏の霊感がずっと降り注

いでいる感じ、そんな情景がこのアルバムからも伝わって来ます。

次のは60年代前半のデッチ上げインストゥルメンタル曲を再現したかのような、ノヴェルテ

ィ感覚が愉快です。

「フォールト・ライン・トリーマー」。

 

M14.Fault Line Tremer(3’45”)Jonnie Johnson  

-unnkown-  Elektra 9 61149-2

 

M15.ユー・キャント・キャッチ・ミー (2’42”)チャック・ベリ—    

-C.Berry-  MCA MVCM-48001/3

 

N  「フォールト・ライン・トリーマー」。ジョニー・ジョンスンに続けたのはローリング・ストーンズもカヴァ

した「ユー・キャント・キャッチ・ミー」でした。ここでのピアノはジョニーではなく、チェスの

大御所、オーティス・スパンです。何らかの事情でジョニーが来れなかったのでしょう

か。スパンがチャックに付き合ったのはこの時だけだそうです。1956年の録音でし

た。

さて、LP時代に入ってからは、シングル盤の王様チャック・ベリ—も対応に迫られ

まして、ひとつの概念でまとめられた、と言えなくもないアルバム制作に取り組

みます。その代表作が1973年の『バイオ』でした。この表題曲ではスライドをエル

モア・ジェイムズ的に鳴らしながら、自分自身が音楽を志してからの半生を語って

います。「実録 ジョニー・B・グーッド」です。

 

M16.Bio(4’24”)Chuck Berry 

-C.Berry-  ブルース & ソウル BSR-136

 

N  さて何気なく始めたチャック・ベリ—集、話が長いですね。どうしてもこうなって

しまう。エリスだってあの倍は行けた、あ、それはないですね。ここからまた1

曲毎に語っていると、タケ小山さんの時間を侵害してしまいます。ここから先

はわたしの今の気分でチャック・ベリ—・トップ9を紹介しましょう。ただ順不同で

す。まずは誰も知らないこの珍しい1曲からどうぞ。

 

M17.トゥー・ポップド・トゥ・ポップ (2’34”)チャック・ベリ— 

-C.Berry-  MCA MVCM-48001/3

 

M18.バック・イン・ザ・U.S.A.(2’27”)チャック・ベリ— 

-C.Berry-  MCA MVCM-48001/3

 

M19.ウィー・ウィー・アワ—ズ(5’24”)チャック・ベリ—

-C.Berry-  MCA  MVCM -22106

 

M20.バイ・バイ・ジョニー(2’04”)チャック・ベリ—

-C.Berry-  MCA MVCM-48001/3

 

M21.コンフェッション・ブルース(2’08”)チャック・ベリ—

-J.MacShan, W.Brown-  MCA MVCM-48001/3

 

M22.You Never Can Tell(2’40”)Chuck Berry 

-C.Berry-  Chess  CH-92521 JVC-473

 

M23.メムフィス・テネシー (2’12”)チャック・ベリ—

-C.Berry-   MCA MVCM-48001/3

 

M24リトゥル・マリー (2’38”) チャック・ベリ—

-C.Berry-  MCA MVCM-48001/3

 

M25.Come On(1’48”)Chuck Berry wt. Martha Berry 

-C.Berry-  Chess  CH-92521 JVC-473

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N   今の気分の「チャック・ベリ—・トップ9」如何でしたか。

まず「トゥー・ポップド・トゥ・ポップ」。これについて言及した文章をわたしは

読んだ事がないですね。「ハバナ・ムーン」同じくカリブ調のノヴェルティ曲です。16歳の

時に初めて聞いてからずっと好きです。

次は「バック・イン・ザ・U.S.A.」。最後に出て来る「ハンバーガーがジュウジュウと音

を立てて鉄板の上で焼かれてる」という行りが迫って来ます。これに感化さ

れ、しばらく立ち入るファミリ—・レストランを「シズル」だけに決めていた位です。

そして「ウィー・ウィー・アワ—ズ」。わたしの唯一好きなエリック・クラプトンのソロで、映

画「ヘイル、ヘイル、ロケンロー」サウンドトラックからでした。

ひねくれ者のわたしは「J.B.D.」より「バイ・バイ・ジョニー」の方が好きで、

これも「出稼ぎに出たジョニ—が一嫁さんを連れて帰って来て、線路の側に家を

立てて、汽笛が鳴ると台所の扉のところに立って手を振ってる」という最後

の章がたまらなくてね。一緒に唄ってると涙がこみ上げて来る事もありまし

た。こんな美しい情景を、あの人間不信男が唄うんですよ。

「コンフェッション・ブルース」これもストーンズ版で知りました。テムポーを少し落とした

そちらもなかなか良いですよ。よりブルーズ的です。

「ユー・ネヴァ・キャン・テル」、チャックの「そんなモノよ」という世界観がよく現れた

歌ですね。この思想に共鳴する多くの人間がカヴァしてます。これは珍しいスティ

ーリオ・ミクスでお届けしました。

そして「メムフィス」、その続編の「リトゥル・マリー」。わたしがチャック・ベリーに決定的

に打ちのめされた1曲は、これかも知れません。続編では娘さんと長距離通

話が出来たようで何よりでした。

最後の「カム・オン」は、チャックとしては異色とも言える程の「一般的性を持っ

た」ポップ曲です。これもちょっと珍しい、娘と唄った仕様で聞きました。

この盤ではクレジット「Martha Berry」とありますが、「イングリッド」ではないで

しょうか。マーサはチャックのおばあちゃんです。

今もチャック・ベリーのCD盤は、まだ店頭在庫で沢山手に入る筈です。チェスの初

期の物は紙ジャケットで殆どが発売されていました。最低でもベスト盤はいつでも

買えるでしょう。ぜひ自分の物として聞いて、自分なりのチャック・ベリーを創り

上げて下さい。16歳の時から約30年間、友達の2枚組ベストをずっと借りっ

放しにしていた男からのお願いです。

8月11日の中央エフエム放送をお聞き頂き、ありがとうございます。わたしも

想像ほど酷い出来ではなかった、という感想でした。ポークパイさん、喉の調子

をご心配下さって、ありがとうございます。多分ね蚊取り線香の副作用では

ないかな。わたしも最初に自分の声をきいて、「なんてしゃがれているんだ」

と驚きました。別に風邪等ではないですよ。歳を取ると鼻が詰まったような

声になってしまうようで、エミルー・ハリスにややその兆候が感じられます。NHK

土曜朝のDJも第二変声期を過ぎて久しいですね。わたしはまだそこまでは

行ってません。元々がこんな声ですからこれで鼻が詰まったら多分誰も聴き

取れなくなってしまうのではないでしょうか。気をつけます。

「DJはしゃべくり声と曲のピンポンだな~と、感じました」とクリやん。な

る程そう考えればいいか。今回のようにひとりだけだと、結構持て余す訳で

すよ、時間空間を。そんな時にお便り等があると、その人とお話が出来て順

調に進みます。それに突然ハコを用意されると、えらく構えてしまって挙げ句

に舞い上がって終わり、です。ト—シロはやっぱ生の方がいいな。

とりあえず無事終了しました。どうもありがとうございます。

さあ、今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/0b5084e639cdee22abe781e2ce67e49bb26adcbd

ダウンロードパスワードは、3duxm8v7です。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国9500万人のあなたにも、アサ—。

 

 

 

Awesome Rock【8/18 O.A.】Playlist

Awesome Rock【8/18 O.A.】Playlist

328回目、8月18日の番組は、


サマーソニックのヘッドライナー、カルヴィン・ハリスの楽曲を紹介しました。

ロック畑の人間としては、あまり深く触れることのないカルヴィンさんの楽曲をぎこちなくお届け。
ただ、カルヴィンさんはソングライターとしての才能豊かな方で、”SWEET NOTHING”なんてめちゃくちゃいい曲だとおもいますよ、あたし。もちろん、サマソニでも体感してまいります!
——————————————————————————

M01: Crooked Teeth  /  Papa Roach

M02: The Pretender  /  Foo Fighters

<コーナー: AwesomeRecommendation>

M03: I’m Not Alone (Radio Edit)  /  Calvin Harris

M04: Sweet Nothing Feat. Florence Welch  /  Calvin Harris

M05: Feels feat. Katy Perry, Pharrell Williams & Big Sean  /  Calvin Harris

M06: Grant Green (Featuring Charles Bradley)  /  Mr Jukes

M07: From Golden Stars Comes Silver Dew (Featuring Lalah Hathaway)  /  Mr Jukes

<コーナー: AwesomeRecommendation>終わり

おしまい♪

中央エフエム Awesome Rock
澤田修の完全監修番組。選曲、編集、トーク、全て担当!
毎週金曜日21時~21時半。再放送:毎週土曜日23時~23時半

 


緩めの楽曲が中心、もはやEDMというカテゴリーではありませんね。
EDMに拒否反応を示してしまうインドア派の私にも聴きやすい作品です。


あと外せないのがMR JUKES。Bombay Bicycle Clubのフロントマンのジャックによる別プロジェクト!
この作品、本当に名盤です。ジャズ、ファンク、ソウル音楽も愛するあなた、必聴です。

Real Rocks 【8/12 O.A.】Playlist

Real Rocks【8/12 O.A.】Playlist

8月12日の番組は、

先週のFuji Rock Festival特集に続いて、、、

Summer Sonic特集をお届けしました

今年は2日目にロック系が集中しております。

——————————————————–

M01: The Realest  /  Issues

M02: Fire Escape  /  Andrew McMahon

M03: These Boys Light Fires  /  Ocean Grove

<コーナー: RockSteadyGo Part 01 >

M04: Fat Lip  /  Sum 41

M05: All My Life  /  Foo Fighters

M06: Learn To Fly  /  Foo Fighters

M07: Sweet Nothing Feat. Florence Welch  /  Calvin Harris

M08: Kiss Me Kiss Me  /  5 Seconds Of Summer

M09: Club Foot  /  Kasabian

M10: Ill Ray (The King)  /  Kasabian

M11: Trying To Be Cool  /  Phoenix

M12: Olympia  /  Sundara Karma

M13: Little Monster  /  ROYAL BLOOD

M14: One Night Only  /  The Struts

M15: Kiss This  /  The Struts

M16: Violence Never Ending  /  PENNYWISE

M17: My Friends Over You  /  New Found Glory

<コーナー: RockSteadyGo Part 01 >終わり

<コーナー: RockSteadyGo Part 02 >

M18: Brazil  /  Declan McKenna

M19: Ashes To Ashes  /  David Bowie

M20: Under Attack  /  ABBA

M21: Stars & Shards  /  Loyle Carner

M22: I Know What I Know  /  Paul Simon

M23: Isombard  /  Declan McKenna

<コーナー: RockSteadyGo Part 02 >終わり

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M24: BABYMETAL DEATH (Live)  /  BABYMETAL

おしまい!

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/08/12

mb170812

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。先週は大変失礼いたしました。

みなさんのお楽しみを少々お預けにしてしまいましてここ改めてお詫び致し

ます。前回は必死の思いで間に合わせたのですが、それが災いしてか、公開

が遅くなりました。お許し下さい。

わたしの過失、重過失です。

「イッツ・マイ・オウン・フォールト」。

 

M01.It’s My Own Fault(3’32”)B.B.King

-King, Taub-  Blues Encore CD 52020

 

N  B.B.キングで「ワツシの誤り」でした。コムピ盤を使いましたが、これはリーガル

での実況盤テイクですね。この頃のB.B.はまだ黒人観客だけの前で歌っていまし

て、その後とだいぶ雰囲気が違います。とても落ち着いていますね。後期に

なると会場も大きくなって「不特定多数多民族」を相手にせざるを得ないよ

うなB.B.自身の存在に変わりましたから、本人もこんなリラックス状態とは少し違

いました。B.B.キング「わたしの誤り」でした。

さて、次の曲は奇しくも訃報と重なってしまいまして、大慌てで構成変更

をいたしました。それはともかく、まずはお聞き下さい。

「フィ−ニクスに着く頃までには」。

 

M02.By The Time I Get Phoenix(2’44”)Glen Campbell 

-J.Webb-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

N  2017年8月8日に亡くなったグレン・キャムベルで「バイ・ザ・タイム・アイ・ゲット・

フィーニクス」お聞き頂きました。81歳という年齢は、本人にとって充分だったの

か短かったのかわたしには分りませんが、ここ数年間はアルツハイマー病に悩まされ

ていました。

今の1曲、日本では「恋はフェニックス」でしたか。布施明じゃないですよ。こ

の歌で「by」が「(何時)までには」と憶えた人も多いでしょう。ワツシもそう

です。朝早く行き先も告げず恋人の眠っている部屋から旅立つ男、堺正章の

「さよなら恋人」、発想はひょっとして・・・。

 

   彼女は全然気にしないだろうね

   なぜならこれ迄にもこんな事が何度もあったから

   オクラホマに着く頃までには、もう眠っているだろう

   そして、俺が本当に去って行ったんじゃないか

   ひょっとしたら・・・、と思い始めるかもしれない

   俺はいつか出て行くぜ、とこれまで何度も言っていた

   でも気付かなかった、いつか本当に出て行くという事を

 

ジム・ウェブの大傑作のひとつです。聞き始めた時から見事な描写のこの物語

は、子供のわたしにもリアルな映像を伴って迫ってきました。置き手紙が貼付け

られているのは、灰色に塗られた無機質なドア−です。効果的な弦のアレンヂがと

ても印象に残りました。

恥ずかしながらこのような状況を実際に体験した事はこれまでにありませ

ん。今後味わうとしたら自分の死ぬ時でしょうかね。実はこれ、こんな風に

突然この「幻」が更新されなくなったら、君はどうするの、ここ迄にこんな

事はなかったから・・・、と脅かしのつもりで選んだ1曲なのです。「オオカミだ

—」、となると元も子もないのですがね。それがこのような不幸とつながって

しまいました。

この歌を、若くして死んだ福澤諭吉の曾孫の幸雄が袋井のヤマハのコースで事故

死する直前に、当時の恋人小川知子に聞かせて「こんな風に僕が去って行っ

たら、君はどうする」と訊ねたという余話がありまして、中学生の頃には信

じていました。ゲーノー週刊誌の記事からですから、マユツバですね。しかもサチオに

は別の「本命」がいたらしい。ますます真実味が・・・あ、グレン・キャムベルで

す。

この「フィ−ニクスに着く頃までには」が、わたしとグレン・キャムベルとの出逢いで

した。もう100%ポップ・シンガ—に転身した後で、この後のナムパなヒット曲は、何

故かよく聞いていましたね。それだけ流行っていたのでしょう。「生涯の1001

曲」に入る「夢を見るだけ」もグレンとボビ−・ジェントリ—で知った筈です。その

後、本来はギタ—の名手で、ビーチ・ボーイズにも一時的に正式メムバとして入って

いた事があるのを知り、だいぶ見る目が変わりました。尊敬の対象となった

のです。

日本に個人として紹介されたのはピンの歌手としてで、かなり商業的な存在

になってからですから、熱心な音楽ファンにはあまり真剣に聞かれていなかった

とも思います。本人も結構C調に唄ってましたしね。

わたしにはフィーニクスでの出会い以来、なぜかずっと気になる存在でした。カント

リ—音楽とちゃんと付き合う、遥か前です。何より、唄が上手いのですよ。聞

いて下さい。

「ジェントル・オン・マイ・マインド」。

 

M03.Gentle Of My Mind(2’59”)Glen Cambell

-J.Hartford-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

N  8日に亡くなったグレン・キャムベルで「ジェントル・オン・マイ・マインド」、真剣に唄って

いるのが伝わって来ます。まだ純な感じですね。これは本来デモ録音だったと

いいます。充分にリラックスしているのは、そのせいでしょうか。日雇いギタ—弾き

を卒業してソロの唄い手になるの決心してから、彼は熱心に良い歌の書き手を

探していたようです。初めてのヒット曲「ユニヴァーサル」・ソルジャーは、アメリカ先住民の血

を引くカナダ生まれのバフィ・セイント・メアリの作品でした。

その後、ジョニー・リヴァースのアルバムで自ら見つけた「フィ−ニクスに着く頃までには」

を吹き込んで大ヒットにつなげたのも、この熱心さがあっての事かも知れません。

勘も冴えていましたね。ジム・ウェッブとの出会いは、その後もヒット曲を生みまし

た。

 

M04.Wichita Lineman(3’06”)Glen Cambell    

-J.Webb-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

N  加藤和彦のソロ作品「僕のおもちゃ箱」の原曲、これは本人がそう言ってまし

たから本当でしょう、「ウイチタの保線工夫」グレン・キャムベルでした。ブルーズとかカン

トリ—によくある主題の楽曲ですね。トレモロの効いた間奏のギターが大変宜しい。ジ

ムはこの時代の寵児として大活躍していましたし、バカラック的な都会派作曲家の

イメヂがありましたが、元はオクラホマの田舎の教会の子ですからこういう環境を思

い浮べる事が出来たのでしょう。ここでもグレンの歌は見事です。どこにもぶ

つけられないやるせない想いを上手く節に載せています。想像力の賜物です。

グレン/キャムベルはヒットを連発したお陰もあって、70年代には「昼間のラジオの王

様」と呼ばれていました。しょっちゅう彼の歌が流れていたようです。声は

見た目より断然いいしね。微妙な低い倍音が奥様方のココロをシビレさせたのでし

ょう。流石「昼間のラジオの王様」です。「専業主婦の夢」なんて歌も出してま

した。その延長線にあるのでしょうか、女性関係でもなかなかの発展家で、3

回離婚再婚を繰り返しています。最後の奥さんはタニア・タカーじゃなかったかな。

その延長線上か、女性とのデューオも得意でして、アン・マレー、ボビ—・ジェントリー

などとはフル・アルバムも作っています。では先ほども出て来ました、わたしの「生

涯の1001曲」の1曲、

「夢を見るだけ」、ボビ—・ジェントリーとの二重唱でどうぞ。

 

M05.All I Have To Do Is Dream(2’33”)Glen Cambell wt.Bobbie Gentry 

-B.Bryant-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

M06.Southern Night(2’58”)Glen Cambell

-A.Tousaint-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

 

N  「夢を見るだけ」、そして「サザ−ン・ナイト」でした。こちらはもちろんアラン・ト

ゥーセイントの作品で、彼を有名にした1曲です。グレンの仕様はとても洗練されて

いて親しみ易く、異国情緒を伴った楽曲の良さが誰にも伝わった筈です。あ

のキョ—フのトレモロ・ヴォ—カルのオリヂナル版よりは。

さてグレン・キャムベル、先ほど元々は日雇いのギタ—弾きだった、と申しました。

ロスエインジェルズのステューディオでは数えきれないセッションに参加していた事でしょう。

かのレッキング・クルーの一員でもありました。その中でも大物との手合わせが記録

に残っています。本人の略歴にも誇らし気に記されています。そこから聞い

てもらいましょう。

まずエルヴィス・プレズリで「ラス・ヴェガス万歳」、

そしてフランク・シナトラとの「夜のストレインヂャーズ」、2曲続けてどうぞ。

 

M07.Viva Las Vegas(2’25”)エルヴィス・プレスリー

-D.Pomus, M.Shuman-  BMG BVCM-31223

 

M08.Strangers In The Night(2’45”)Frank Sinatra

-B.Kaempfert, C.Singleton- ワーナー WPCR-12892

 

N   エルヴィス・プレズリの「ラス・ヴェガス万歳」、フランク・シナトラで「夜のストレインジャーズ」、

2曲、グレン・キャムベルがギタ—を弾いているセッションでお送りしました。共に彼らし

くない曲調ですね。日雇いとしては何でも出来なきゃいけません。好きだの

嫌いだのは言っていられない世界ですから、ソツなくこなしたのでしょう。細

かなリズムカット、オブリガートに終始する「ヴェガス」が64年、ほとんど聞こえなか

った「ストレインヂャー」は65年。グレンがそろそろギタ—弾きから足を洗おうとして

いた頃です。カリアとしては円熟期ですね。

わたしの好きなジョージ・ベンスンも、歌うようになってからはあまりギタ—を弾

かなくなりました。今年のモントルーでも唄ってばかりいたらしいです。バッキング

なんかやらせると実にいい味出すんだけどなあ。やっぱ唄が一番なのかな。

分るような気がします。

グレンは自曲の録音ではどうか知りませんが、実演の場ではそこそこ弾いて

いたようです。日本だけで出ていた『ライブ・イン・ジャパン』でも中間部に、ほ

んの少しその腕前を披露します。聞いて下さい。

この時にアメリカから連れて来た4人のミュ—ジシャン達との器楽合奏です。

「ソング・フォ−・ヨール」

 

M09.Song For Y’all(2’04”)Glen Cambell   

-C.Jackson-  Real Gone Music RGM-0018

 

M10.Coming Home(2’30”)Glen Cambell   

-B.Wood-  Real Gone Music RGM-0018

 

N  1974年5月、新宿の東京厚生年金会館で収録されたグレン・キャムベルの来日公

演から「ソング・フォ−・ヨール」、そして「カミン・ホ−ム」でした。先の「ソング・フォ−・

ヨール」ではかなりブルーグラス的な演奏が聞かれましたが、グレンのギタ—・ソロは、オー

ヴァダビングのような気がします。バンジョ—やフィドルのパ—トでは当時のエレアコの頼

りない音色なのですが、ソロになると急に音が変わる、アクースティクも全然違う。お

そらく後で被せたトラックでしょう。ただ本番でも似たような事はやってたと思

います。この来日ライヴ・アルバムのすべての写真でグレンは新興勢力のオヴェイション・

ギタ—を使っていて、何らかの固有の契約下にあったと思われます。先の「頼

りない音色」は、この頃のオヴェイションの特徴でした。

「カミン・ホ—ム」は、本人が語っている通りコカ・コ—ラのコマ—シャルに使われて、その

後シングルになったもの。これを切っ掛けにグレンは日本でも認知度が大いに上昇

しました。「スカとサワヤカ、コカコ-ラ」の連発は、彼のサーヴィス精神旺盛な側面を見せて

くれます。多分ね、来日時は東芝やキョードーなどのカンケーシャがずーっとチヤホヤした

んでしょう。本人もだいぶ調子に乗ってます。

この翌年に「ラインストーン・カウボーイ」を世界中でヒットさせて、グレンは大御所となり

ました。この歌も彼自身がラジオで聞いて気に入り、すぐに実演の場で唄い始

めたといいます。こういうところは実に好感の持てる音楽愛好家でした。日

本ではその後で何か のコマ—シャルに使われたような記憶があるのですが、思い

出せない。どなたかご存知ではないですか。

では聞いて下さい、「ラインストーン・カウボーイ」。

 

M11.Rhinestone Cowboy(3’08”)Glen Campbell 

-L.Weiss-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

M12.Galveston(2’41”)Glen Campbell

-J.Webb-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

N  「ラインストーン・カウボーイ」、そして1969年の「ギャルヴェストーン」、これもジム・ウェブ

の作品でした。グレンは2011年からアルツハイマー病に悩まされていました。今回ご

家族が「長い勇気ある戦い」と表現した闘病生活の末に亡くなりました。大

勢いる子供たちが本人を助けて地方巡業をしたり、録音作品も死亡する直前

の2017年6月に発表したりしています。最後まで音楽愛好家でした。

「現」モーニン・ブルーズでも2013年に発表された『シー・ユー・ゼア』からお届け

したことがあります。今朝はそのアルバムから神様が自分の元にやって来るのを

待っている歌「ウェイティング・カミン・オヴ・マイ・ロード」を聞きましょう。

グレン・キャムベル 2017年8月8日没。81歳でした。

 

M13.ウェイティング・カミン・オヴ・ザ・ロード(3’12”)グレン・キャムベル 

-G.Campbell, J.Raymond-  ビクター  VICP-75110

 

M14.Reason To Believe (2’24”)Karen Dalton

-T. Hardin-  Delmore Recording Society DE 023

 

N  「ウェイティング・カミン・オヴ・ザ・ロード」、8日に亡くなったグレン・キャムベルでした。

先に吹き込まれていた唄を活かして、ほぼ全てを作り直したという録音です。

よくここまで自然に仕上げられたなあ、という思いがします。このころ既に

闘病中でした。

それに続けたのは「リーズン・トゥ・ビリーヴ」の最も素朴な仕様、カレン・ダルトンで

した。先日片付けをしていたら、このトラック収録のカレンのアルバム『カレン・ダルトン 1966』

が出て来まして、その1曲目がこれでした。特に目的も無いデモセッション、それ

も節約のためにテイプ速度を落としての録音。1966年の民生機ですから音は推

して知るべし、ですが不思議とその場の空気が伝わって来ます。数年前にわ

たしの6歳くらいの時の家庭録音が出て来た事がありまして、そうっとひと

りで再生してみたら見事な位にその時の情景が浮かび上がりました。そうい

う物なのですね、簡素な録音というものは。内容に関して詳しく申し上げら

れませんが、最後には家族全員にいじめられて、幼きワツシは泣き出しています。

酷い家です、最年少者を寄って集って。

それはともかく、聞き直してみたこの『カレン・ダルトン 1966』アルバムは面白か

った。で、同じこの歌をグレン・キャムベルも唄っています。そちらも聞いて下さ

い。

「リーズン・トゥ・ビリーヴ」。

 

M15.Reason To Believe(2’24”)Glen Campbell 

-T. Hardin-  Zonophone 7243 8 21834 2 6

 

N  グレン・キャムベル1968年の録音で「リーズン・トゥ・ビリーヴ」でした。作者のティム・

ハーディンは60年代に限られた周囲に対してはボブ・ディランと同じ位の影響力を

持っていたと言われますが、まだまだ無名な存在。この歌は1966年に発表さ

れた彼の一枚目のLPに収められていましたが、決してヒット曲ではありません。

先のカレンはその年に既に持ち歌にしていた訳ですから、音楽通の間でティム・ハーデ

ィンは、ぼつぼつ知られ始めていたようです。

グレン・キャムベルはまだジム・ウエブの作品を唄っている時代ですが、こういう処

に目を付ける辺りは流石です。たぶんその頃からシングル曲だけでなく他のLP

収録曲も対象とするフォ—マットが大学内のラジオ放送などで台頭して来ていました

から、グレンはそれを耳にしたのかも知れません。この放送形式が後に「A.O.R.

アルバム・オリエンテド・レイディオ」になって行きます。

ではそのティム・ハ—ディンの原仕様を聞いてみましょう。

「リーズン・トゥ・ビリーヴ」。

 

M16.Reason To Believet(2’00”)Tim Hardin

-T. Hardin-  Polydor  440 016 405-2

 

N  ティム・ハ—ディンのオリヂナル「リーズン・トゥ・ビリーヴ」でした。

 

   嘘をつかれて泣いている時

   目の前であんたに笑われた

   それでも信じられる訳を探してる・・・

 

「俺が落ちる込んでる時に、なんで笑えんだよ」というのはポール・マカートニの

「アイム・ダウン」ですが、今のティムの唄は過酷な事実を当事者に訴えているよう

な、真に迫る説得力がありますね。予算委員会の代表質問もこの位の真実味

が欲しいな。

それはともかく、この曲の前に「もしわたしが大工であなたが貴婦人でも、

結婚してもらえますか」とティムが唄った「イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター この小さ

な願い」がボビ—・ダーリンに採り上げられてヒットしていました。ここでもティムは

テッテ的に遜って謙虚な姿勢です。こういう男の弱さがビューチフォーなフラワー・ピーポ−

に支持されたのでしょうか。

さて、かつてアーサム・ビートで時折送り出していた「千本ノック」のようになって

きました、今朝のモーニン・ブルーズです。「もしも大工なら」と来たら、この二人

は外せませんね。カ—ペンタ—ズです。聞いてみましょう。

 

M17.Reason To Believe (3’05”)Carpenters

-T. Hardin- A&M B001322302

 

N  カ—ペンタ—ズで「リーズン・トゥ・ビリーヴ」でした。軽いポップ・カントリ—仕様、こちら

はあまり深刻な問題ではなかったようです。1970年のアルバム『遥かなる影』

に収録 されていました。

この歌、わたしはロッド・ステュアートで知りました。イギリス本国ではヒット・シングル「マ

ギー・メイ」のB面で、そちらもヒットしたそうです。まだ真剣に良い楽曲を探し、

真面目に音楽に取り組んで心をこめて唄っていた頃のロッドの名唱のひとつで

しょう。

最後の「リーズン・トゥ・ビリーヴ」、ロッド・ステュアートで聞いて下さい。

 

M18.Reason To Believe(4’10”)Rod Stewart 

-T. Hardin-  Mercury 558 060-2

 

M19.I Say A Little Prayer(3’37”)Aretha Franklin

-H.David, B.Bacharach-  Atlamtic SD 8186

 

N  ロッド・ステュアートの「リーズン・トゥ・ビリーヴ」に続いては、「アイ・セイ・ア・リトル・プレ

イヤー 小さな願い」、アリサ・フランクリンでした。日本で流行ったのはディオンヌ・ワーウィック

の方でしたか。

先ほどの「イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター」は「『この』小さな願い」、こちらは

「小さな願い」、これら2曲は日本で流行ったのがほぼ同じ時期だったので、

よく混乱していました。小山ルミがゴーゴ−・ガールで踊っていたテレビ番組の「ビー

ト・ポップス」で、司会の大橋巨泉がしつこく言及していたのを憶えています。

 

M20.Satisfaction(3’41”)インサニヤ

Pヴァイン PCD-25233

 

N 突然の中東言語音楽は、インサニヤという集団。ビル・ラズウェル企画制作のアルバム『イ

エメン・ブルーズ』がカッコ良くて、何度も聞いています。しばらくヘヴェィ・ローテイション

になるかな。またお届けするつもりです。お楽しみに。今朝は「サティスファクション」

でした。

 

M21.ワード・アップ(4’21”)キャメオ

-L.Blackmon, T.Jenkins-  ユニバーサルUICY-1191/2

 

N  突然のキャミオ、これも片付け中に出て来た2枚組ベスト盤からです。ファンク音楽

を今のスタイルに持ち込んだ貢献者、キャミオ。当初は「カメオ」と表記されていました。

もともとは管部門を含む大型ファンク楽団で、当時の成功者アース、ウインド・アンド・

ファイアの流れに従った王道を歩んでいました。それをディジタル器機でひっくり返

してファンクの新しいスタイルを打ち出したのが只今の「ワード・アップ」です。大幅な

人員削減は時代の先を見据えた方針だったのでしょうか。オハイオはデイトンのロジャ

ー・トラウトマン一族の動きも注視していたのかな。とにかくこの曲の刺激は強烈で

した。ファンクは今もこの延長線上にあります。

一方でこの2枚組ベスト盤にも収録されている1978年の作品、「ウイ・オール・ノ

ウ・フー・ウイ・ア−」には、まだその他大勢的大編成集団の姿、マジな黒人意識が

強く感じられて、これも面白い。聞いてみて下さい。

 

M22. ウイ・オール・ノウ・フー・ウイ・ア−(5’51”) キャメオ

-L.Blackmon-  ユニバーサルUICY-1191/2

 

M23.シーズ・ストレンジ(7’10”)キャメオ

-L.Blackmon, T.Jenkins-  ユニバーサルUICY-1191/2

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N  わたしは転換期のキャメオにしばらく付き合ったことがあります。正直言って

余りの大胆なディジタル移行には全面的な肯定が出来なくて、ヴィディオ・クリップ集

に一瞬だけ盛り込まれていた昔のツアー・バスに全員が乗り込んでワンナイト・スタンド

を続ける姿に安堵したりもしていました。でも「ワード・アップ」以降の路線は、

歴史的に証明された新機軸でした。最後は1984年の傑作「シーズ・ストレインヂ」

をお聞き頂きました。

先週お届けした自作楽器奏者エルサリー=サミュエルの動画が「幻」ツイターで揚げられ

ています。”火の”鳥さんありがとうございます。この人に間違いありません。

奏法はちょっとわたしの記憶が違っていたようですね。「割り箸」で弦を引っ

掻いてます。またどこかで会えるかなあ。

昨晩の「真夏特番」は如何でしたか。どうぞ忌憚のないご意見をお寄せ下

さい。正直なところ、あまりうまく出来なかった悔しい思いが残っています。

どうだったかな・・・。

さて今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/8989203e350595edd754463ddc085f574d17e32c

        ダウンロードパスワードは、9rk0vt3uです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国9500万人のあなたにも。