カテゴリー : 2018年 3月

【幻】モーニン・ブルーズ 2018/03/31

mb180331

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。えらく暖かいですね。この国で一

番過ごしやすい「春満開」、「初夏」が無くなって、冬から真夏へ直結です。

海外へ出ると、ああ自分たちには「四季」というものがあるんだなあ、と

思い知らされるものですが、こんな感覚も過去の物になって行くのでしょう

かね。

さて今朝の1曲めは季節のない国、セネガルのオルケスタ・バオバブです。新譜から

です。10年ぶり、そんな前でしたか。

アルバム冒頭曲の、「フーロ」。

 

M01.フーロ(4’14”)オーケストラ・バオバブ  

-trd.- World Circuit Production  WCDO92

 

N   オルケスタ・バオバブ10年ぶりの新譜『ンジュガ・ジェンに捧ぐ』から冒頭曲「フーロ」

でした。題名で分かるように、この作品はメムバで1昨年11月10日に亡くな

ったリード・シンガーのンジュガ・ジェンに捧げられています。享年69でした。グループ

自体は20世紀に一度解散してまして、2001年に復活したものの、07年以来、

新作の発表はありませんでした。1970年代からの歴史があるバオバブですか

ら、ここまで何度もメムバが入れ替わっていまして、今回も新しく参加した演

奏家がいます。

ただ独特の気持ち良さは不変で、それぞれの演奏者の能力と言うより、セネガ

ル音楽の底力ように感じられます。特に腰が浮くようなベイスのリズムは秀逸です。

単純なフレイズを正確に同じように繰り返しながらも、部分部分で微妙に異なっ

た色付けが施されているのは、演奏者チャーリー・ンディアニャが「感じて」いる証拠。

あす日曜日の午前中にでも、大きめのスピーカーで少し大きな音で鳴らしてみて

下さい。きっと虜になってしまいますよ。

そう言えば、今スピーカーで音楽を聞く人が少ないんだってね。以前音響専門

学校生の過半数以上がスピーカー持ってない、と言うショーゲキ的な調査結果に接し

て、呆然となった事がありました。殆どはケータイで聞くんだそうです。嗚呼。

今回のバオバブのアルバムの話題のひとつは、コラを使っている事です。実に意

外ですが彼らはこれまでこの楽器をアンサムブルに使った事が無かったとか。では

その象徴的な1曲、「アレクマ」を聞きましょう。10年ぶりの新譜は、これで終

わっています。

 

M02.Alekouma(2’43”)Orchesta Baobab  

-trd.-  World Circuit Production  WCDO92

 

N さてオルケスタ・バオバブに続いてもうひとつ別のオルケスタ、こちらケニヤはナイロビの

演奏集団です。その名もオルケストル・レ・マンゲレパ。バオバブと同じく長い経歴を

持っているヴェテランたちで、今も健全に活動中。音が若いですね。去年新譜を

発表。写真をみるとみんな相当のお歳のようですが、バオバブが年齢を超えた

円熟味を醸し出すのに較べて、こちらはまだ若い衆が面白がって演奏を楽し

んでいるような雰囲気を残しています。

新譜『ラスト・バンド・スタンディング』から聞きましょう。

「スザーナ」、オルケストル・レ・マンゲレパです。

 

M03.Suzanna(7’36”)Orchesta Les Mangelepa  

-K.Nzaazi-  Strut 159CD

 

M04.Onye Nyame Nipa(4’01”)Kyekyeku 

-unknown-  nolabel nonumber

 

N  オルケストル・レ・マンゲレパの「スザーナ」に続けて、2016年のミュージック・マガジーンで

ワールド部門の第一位となったチェチェクの「オニニャメニーパ」でした。いつ聞いても気持

ち良いですね。先ほどのオルケストル・レ・マンゲレパの新譜『ラスト・バンド・スタンディング』

を紹介しているディスク・ユニオンの広告には、「よく晴れた日に窓を開けっぱなし

て聴きたいです!」とありました。このチェチェクも全くその通りです。もちろん

大きめのスピーカーで少し大きな音で鳴らしてみて下さい。夜が明けたらね。

この手のアフリカの音楽、私の場合は日常的に聞く事が稀なのですが、一旦始

めると、止まらなくなってしまう傾向にありまして、今朝もそんな感じです。

連鎖を恐れて普段聞かないようにしている、こんな姿勢も無きにしも非ず。

今朝はここまで来ましたから、もう1曲行きましょう。

以前も紹介しましたね。2015年発表、アフリカ西海岸の音楽王国マリの伝統を

集約したような音楽性で高く評価されたガムバリ・バンドです。

「ガムバリ」。

 

M05.Gambari(3’34”)Kokuma  

-Gambari-  membrane 233987

 

N  ガムバリ・バンドの「ガムバリ」でした。「ガムバリ」と言うのはマリの複合リズムの

総称のようです。広い大陸アフリカでは地域ごとに音楽に微妙な違いがあり、そ

れぞれかなり厳密な、はっきりした特性を持っているそうです。以前、ママドゥ・

ドゥムビアを中心としたセッションで「何人かセネガル人が入っているために、合わせに

気を遣う」と言う意見をマリ側の人間から聞いた事があります。わたしは全く

気付いていませんでしたが、そういうものか、と納得した覚えがあります。

ちなみに今朝のここまでの四つの演奏集団が披露してくれたのは、場所も成

立年代もみな違う音楽でした。

さてそれぞれに違う音楽は、当然それぞれに名前を持っていますが、一般

的には「ルムバ」ひとことでまとめられる事も多いようですね。今に繋がるアフリ

カ音楽が世界的になり始めた頃に持て囃されたコンゴの音楽を、中村とうよう周

辺が「リンガラ」と名付けましたが、「ありゃ、『ルムバ・ロック』って言うんだよ。

誰も『リンガラ』なんて呼ばないね」と、フランス人から聞いた事があります。

そうか、ルムバかあ・・・魅力的な名前だなあ。「ルムバ」「マムボ」「チャチャ」この

3つの違いが表現出来なければ、キャバレーのハコは務まらなかったそうです。極東

の昭和時代のお話ですが。

いずれにせよ「ルムバ」、非常にきになる響きです。わたし自身解釈が出来て

いないので申し訳ありませんが、やはりそのビートのおおもとはクーバではない

か、と睨んでおります。ベイスとボンゴ、そしてクラーベスの絡みから生まれてくる

ウネリが音楽全体を支配した時に、