カテゴリー : 2019年 11月

【幻】モーニン・ブルーズ 2019/11/30

mb191130

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

N  おはようざいます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2019年11月30日を  

 始めましょう。寒いですね。23区最低気温記録保持を自称するこの仕事部屋

 では、手がかじかんで鍵盤操作が上手くいかず誤字脱字が頻発・・・あ、そ

 れはないですね。

  今月は西向くサムライで小の月、もう明日からは師走です。わたしはその昔、

 シワスイサオと呼ばれ・・・あ、これもないですね。

  さあ2019年11月の最後の最初はチャック・ベリーです。マイク・ジト企画制作の新

 譜『ロケンロー、ア・トリビュート・トゥ・チャック・ベリー』から、先週漏れてしまったこれ、

  「特に行くアテもないけれど」。

M01.No Patrticular Place To Go(2’50”)

Mike Zito and Friends feat. Jermiah Johnson

-C.Berry-   BSMF 2681

N  「ノー・パティキュラ・プレイス・トゥ・ゴウ」、マイク・ジトとジャミヤ・ジョンスンでした。「Jermiah

 Johnson」という有名な西部劇映画があるそうですが、このジャミヤ・ジョンスン

 は、同名のブルーズ・ギタリストです。歌も唄ってたようですね。ラフな仕上げ具合

 が大変宜しい。若い世代がディジタル録音でロケンローを演ろうとすると、美しくな

 り過ぎてしまいます。それじゃダメ。そこんとこがこのマイク・ジトの『ロケンロー、ア・

 トリビュート・トゥ・チャック・ベリー』は、いい感じでツボが抑えられています。

  今週、チャックの「『メムフィス』を探したら・・・」という投稿を頂きました。わ

 たしもその映像をすぐ観ました。投稿者ち冷えさんが仰る通り、カッコいい。グ

 ンバツです。また、これを観ていて、この人は世界で一番奇妙なギターの弾き方

 だ、という事実が明確になりました。いわゆる「ちゃんとした」奏法をしな

 いんですね。「分かってるけど、俺はこれでいいんだ」という感じです。真似

 をしようにも普通のギター弾きは憚かるでしょう。正しいメソッドと違い過ぎる。

 そんな思いと共に観たチャック・ベリーの「メムフィス」実演映像でした。

M02.Dream Baby(2’10”)Jerry & Reggie

-C.Walker- ACE  CDCHD 1537

N  殆ど同じ造りで、わたしはずっと先に例を挙げた「メムフィス」だと思っていた

 「ドリーム・ベイビー」、ジェリーとレヂーです。先週チャックの「キャロル」をお届けした『レヂ

 ー・ヤング~セッション・ギター・スター』から、こちらもビル・ブラックズ・コムボのジェリー・アー

 ノルドとレヂー・ヤングの演奏でした。その時には。ビル・ブラックがドラマーと申し上げ

 ましたが、彼はベイス奏者ですね。訂正します。ビル・ブラックズ・コムホのドラマーは、

 今のジェリー・アーノルドでした。

  さて「メムフィス」そっくりな「ドリーム・ベイビー」はロイ・オービスン1962年のヒット曲。

 チャックのは59年ですから、彼の方が早く世に出しています。ま、この際そんな

 事はどうでもいいですね。

  「ドリーム・ベイビー」、ロイ・オービスンです。

M03.Dream Baby(2’35”)Roy Orbison

-C.Walker-  Rhino R2 71493 

M04.Boys(2’11”)The Shirelles

-Dixon, Farrell-  One Day Music  DAY2CD154  

N  ち冷えさんは「メムフィス」の映像情報と共に「ガール・グループをガンガンやれえ」

 とゲキレーして下さいました。お応えしましょう、手元に『ウィル・ユー・ラヴ・ミー・

 トゥマロウ 〜 ガール・グループズ・オヴ・ザ・フィフティーズ・アンド・シクスティーズ』というコムピ

 があります。この間の片付けで出て来ました。3枚組だと思ってましたが、2

 枚組でした。

  まずはリンゴ・スターがリード・ヴォーカルを取った事で知られている「ボーイズ」、シュレ

 ルスでした。これはガール・グループに目がなかったジョン・レノンがリンゴに唄わせたん

 じゃないかな。1960年の録音です。

  さて次は 80年代後期にダイアナ・ロスがカヴァしてリヴァイヴァルしたこの歌です。

  ザ・ボベッツ、「ミスタ・リー」。

M05.Mr.Lee(2’16”)The Bobbetts

-Dixson, Pought-  One Day Music DAY2CD154 

M06.I Shot Mr.Lee(2’32”)The Bobbetts

-Pought, Pought, Dixon, Farrell-  One Day Music DAY2CD154 

N  ザ・ボベッツで、「ミスタ・リー」、そして「アイ・ショット・ミスタ・リー」でした。この「ア

 イ・ショット・ミスタ・リー」は、もちろん「ミスタ・リー」のアンサ・ソングです。ボベッツは自

 ら返事をしていました。

  ただし、今お聞き頂いた「ミスタ・リー」は、アンサ・ソングの「アイ・ショット・ミスタ・リー」

 が発売されて ヒットした後にボベッツが再び吹き込んでヒットさせた「ミスタ・リー」な

 んです。もちろん他のレイベルからですから揉めたらしいですよ。この時代の柳

 の下には、どぜうが何匹もいたようです。

  それにしても大好きな男性を、簡単に撃ち殺してしまう短絡な発想の恐ろ

 しさ。これも誰でも銃を手に入れられる国情の反映でしょうか。ただ関西の

 ヤクザは自動小銃を持っていますから、よその国の話だとも言えないようです。

  この「ミスタ・リー」は商業的な成立過程の前に、庶民、子供達の間で唄われて

 いた伝承的な戯れ歌ではないかな、という気がします。一応形をまとめた作

 者たちがいますけれどもね。子供達の歌う歌には結構残酷ですから良い人も 

 簡単に撃たれてしまうのでしょう。わたしたちも狸を鉄砲で撃って煮て焼い

 て喰ってしまう野生動物虐待の歌を大切にして来ました。

  さて50年代、60年代のガール・グループの歌は、このような奥は深いが表面

 上は他愛のない「キャー、あの子素敵。たまんない」という感じです。もちろん

 子供ならではの純で切実な思いを、夜更けの窓辺で唄い上げた名唱もありま

 す。

M07.There’s No Other Like My Baby(2’32”)The Crystals

-Spector, Bates-   One Day Music DAY2CD154  

M08.Maybe(2’51)The Chantels

-Barrett-  One Day Music DAY2CD154  

N  クリスタルズで「他にはもう誰も」、そしてカ