投稿者のアーカイブ

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/10/21

mb171021

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。ゴダイゴミナトノヨーコさん、「カンザス・シテ

ィ」いいですね、師走に取っときます。もうしばらく待ってね。さあ、今朝は

ライヴ・マヂックの朝です。民クル、ソウライヴと魅力的な顔触れですね、初日は。それ

に負けずに、「幻」も景気付けて行きましょう。ご存知かな、憶えてるかな、

ヲルター・トラウトです。

「ドゥ・ユー・スティル・シー・ミー・アト・オール」。

 

M01.Do You Still See Me At All(4’22”)Walter Trout feat. Jon Trout

-W. Trout-  Provogue PRD75282  Jon Has My Musical DNA  in the womb

 

N  ヲルター・トラウト、イギリスのブルーズ系ギタリストです。まだ「現」時代にロンドンで発行さ

れているギター雑誌の特別付録CDで、お届けした事があります。秋だったな。

先日レコ—ド屋でこの新譜『ウィ・ア−・オール・トゥゲザー』を見つけました。

全曲でケニー・ウェイン・シェパード、サニー・科学者・ランドレス、エリック・ゲイルズ、江戸川

ウインタ−などをフィーチュアしたブルーズ・ロック・アルバムです。力作、という表現が当ては

まる、力一杯の演奏が詰め込まれています。

今の「ドゥ・ユー・スティル・シー・ミー・アト・オール」は息子のジョン・トラウトとの競演で

した。「母親のお腹の中に居る頃から俺のブルーズを聞いている息子は、俺の

音楽DNAを受け継いでいる」と語ってます。ほぼその通りですね。マイナー・キイ

のブルーズ、いい感じでした。

次はここのところ元気なチャーリー・マッセル・ホワイトのハーモニカが冴えます。

「ディ・アザ−・サイド・オヴ・ザ・ピロウ」。

 

M02.The Other Side Of The Pillow(4’55”)Walter Trout feat. Charlie Musselwhite

-W. Trout-  Provogue PRD75282

 

N  「不倫合戦」のような歌でしたね。「ディ・アザ−・サイド・オヴ・ザ・ピロウ〜枕

の向こう側」。ちょっとジミ・ヘンドリクスが演りそうなテムポ感です。こういうのを

カッコ良く仕上げるのは結構難しいんですが、チャーリー・マッセル・ホワイトのハーモニカも冴え

ていて良い出来でした。

このヲルター・トラウトは、弾きまくり型のギタリストですが、このアルバムでは競演者か

ら沢山の刺激、閃きを貰ってる感じです。その象徴的な1曲を聞いて下さい。

誰だか分らずに2枚組を買って、その後ずっと聞き続けている白人若手ギタリスト、

ジョ−・ボナマッサとの掛け合いが竜巻のように繰り拡げられる素晴らしい表題曲、

「ウィ・ア−・オール・トゥゲザー」、うるさいですよ、ご用心。

 

M03.We All In This Together(7’57”)Walter Trout feat. Joe Bonamassa

-W. Trout-  Provogue PRD75282

 

M04.You Can Have Watergate(3’19”)Sweet Pea Atkinson feat. Mindi Abair

-J.Brown- Blue Note 00602557810196  was not was

 

N  ジョ−・ボナマッサを迎えて、ヲルター・トラウトの最新アルバム『ウィ・ア−・オール・トゥゲザー』、

表題曲をお届けしました。これはテイク1、つまり初回の演奏で「これ以上必要

ないね」とオーケイが出たんだそうです。ふたりの凄い集中力と冷静な余裕を聴

き出す事が出来ます。同時に強く感じたのは、ジョ−・ボナマッサは物事を端正に

仕上げる男なんだな、という事です。みなさん如何でしょうか。

続けてお聞き頂いた「ヲーターゲイト」は、スウィート・ピ−・エイトキンスンという1945年生

まれの黒人歌手の新譜『ゲット・ワッチュ—・ディザーヴ』から。彼はヲズ・ノット・ヲズ

のリ—ド・シンガーだった男です。なーんて分ったような事を言ってますけど、

このヲズ・ノット・ヲズというグループを、わたしは全く知らない。もはや死語とも

なったテクノ・ポップのバンドだとずっと思ってました。かなり違うらしいですね。

名盤『リズム・カントリー・アンド・ブルーズ』以来素晴らしい仕事を残しているドン・

ヲズが在籍していたらしい、という話を聞いて驚き、去年かな、エミルー・ハリスの

ライヴ盤のクレジットを見て「ドン・ヲズって最近ベイス弾くの」と萩原健太に訊ねた

ら、「え、知らないの、ヲズ・ノット・ヲズで弾いてたじゃない」と軽くあしらわ

れた経験しかないのです。ヲズ・ノット・ヲズ、未だに一度も聞いた事がない。工

場の屋根に見えるジャケットだけは何故かずっと憶えているんですがね。

そのヲズ・ノット・ヲズでリード・ヴォ—カルだったという注釈付箋に惹かれて試聴し

たら「こりゃいい」となって手に入れたアルバムが、今回の『ゲット・ワッチュ—・ディ

ザーヴ』です。曲によって制作がドン・ヲズとケブ・モで分かれています。今の

「ヲーターゲイト」はドン・ヲズの責任制作、ベイスはもちろん、ドンが弾いていました。

ミンディ・エイベアという人気女性サクスフォーン奏者が一緒に吹いてます。

アルバムを通して聞いていて、「なんかヲマックぽいなあ」と感じ始めたその矢先、

流れ出て来た音楽が、なんとこれでした。

 

M05.You’re Welcome, Stop On By(4’09”)Sweet Pea Atkinson

-T.Thomas, B.Womack-  Blue Note 00602557810196

 

N  「ヨー・ウェルカム、ストッポン・バーイ」、ご存知ボビ−・ヲマックのヒット曲です。大昔、ロス・

エインジェルズのラジオのライヴ番組でシャカ・カーンとデューオでボビ−が唄ってたのを聞いた

事があります。本当にカッコ良かったよ。ひょっとしたらその時のドラムズは沼澤

尚だったかも。それはともかく、今のスウィート・ピ−・エイトキンスンのは、唄が完全に

ヲマック節でしたね。声がほんの少し軽いかな、エイトキンスンの方が。

アルバム全体がこのようなヴィンテイヂ・ソウルの味わいに満たされていて、ゴキゲン。

でも決して古臭い訳ではありません。それは今、貴方が感じてくれている通

りです。わたしが店頭試聴器で聞いた一曲目が次にお届けするこの「ア−・

ユー・ロンリー・フォ−・ミー」でした。多分どなたもノックアウトされてしまうでしょう。

どうぞ、スウィート・ピ−・エイトキンスンです。

 

M06.Are You Lonely For Me Baby(3’20”)Sweet Pea Atkinson

-B.Russel-  Blue Note 00602557810196

 

N  スウィート・ピ−・エイトキンスンで「アー・ユー・ロンリー・フォ−・ミー、ベイビイ」。いいでしょう。

これもヲズの制作です。ドラムズがジェイムズ・ギャドスン、ベイスはドン・ヲズ。典型的

なR&Bスタイルです。それもそのはず、イントロのドラムからして、これとクリソツなので

あります。

 

M07.Searchin’ For My Love(2’29”)Bobby More & The Rhythm Aces

-B.Moore-  Kent CDKENT 140

 

N  ボビ−・ムーアとリズム・エイシズ1966年のヒット曲「サーチン・フォ−・マイ・ラーヴ」、ボビ−・

ヲマックも80年代にビヴァリ−・グレンからのアルバムでカヴァしてましたね。わたしはお

そらくゴールデン・カップスで聞いたのが最初ではないかな。時坊、デイヴ平尾が「ノ

ウ、ノウ、ノウ、ノウ、ノウ、ノウ」とやるのがカッコ良くってね。ブラウン管を見つめていま

した。ボビ−・ムーアはヌー・オーリンズ生まれ、アラバマのモンゴメリーで音楽活動をしてい

ました。マスル・ショールズのフェイムで録音したこの曲にレナード・チェスが目を着けて自分

のチェッカー・レイベルから発売し、ヒットに繋がったという事です。

名著スタックス・レコード物語にボビ−・ムーアはちょこっと出て来ます。この伝説的

なヒット量産ステューディオへ録音に来たらしいですね。とても礼儀正しく、しっかり

と練習も済ませており、作業の段取りも的確で驚かされた、と誰かが言って

たかなあ。これは、普段そうでない人たちとばかり仕事をしていた事の証し

でしょう。

さて先のヲルター・トラウト、スウィート・ピ−・エイトキンスンと、今朝の「幻」は看板に偽り

なしの内容でお送りしています。次もまた素晴らしい新譜。ヴァン・モリスンです。

情報を知らなかったので、先々週かな、レコ—ド店で見た時には驚きましたが、

聞いて再びクリビツテンギャウ。

これまでヴァンの作品は、正直言いますと、わたしには高尚過ぎました。も

ちろん大好きですし何の不満もありませんが、聞く度にわたしの理解出来な

いところで、何か凄い事を唄っているような気がしてなりませんでした。時

には近寄り難いほどの高潔さも感じ、わたしは俗な輩なので、こういうのを

あまり得意としないのです。

今回のは扱っている素材がわたしもずっと馴染んで来たブルーズやR&Bだと

言う事もあって、とても親しみ易い。演奏も単純にごく当たり前の形です。

時々ジェフ・ベックがウロウロしますけど、それもご愛嬌。ジェフは素晴らしい唄い手

たちと一緒に居るのが嬉しくてたまらない、といった感じです。

まずはお聞き下さい。

「ゴーイング・トゥ・シカーゴ」、誰と一緒に唄っているでしょうか。

 

M08.Goin’ To Chicago(5’29”)Van Morrison feat. Georgie Fame 

-C.Basie, J.Rushing-  Caroline International  SRDM 5703574

 

N  「ゴーイング・トゥ・シカーゴ」、まず唄い出したのは、そう、ジョージ・フェイムです。

始まって2分過ぎからヴァンが出て来ます。ジョージがバックグラウンドに回ると、ヴォ

ーカリーズの鬼男、ジョン・ヘンドリクス的なフレイジングが聞かれます。これも乙ですね。

ジョージはもちろんハモンド・オルガンも弾いています。ヴァンはギタ—とハーモニカ、上手で

すね。ゆったりしたリズムがまたタエです。ウッド・ベイスはクリス・ヒル、ジェイムズ・パウ

ェルがドラムズでした。アルバムではこのふたりとは別のリズムも使っていますが、全

体の統一感は乱れていません。

それではロウレンス・クートゥルのベイス、メス・クロウのドラムスで聞いて下さい。こんどは

「ストーミー・マンデイ」と「ロンリー・アヴェヌ−」の素晴らしいメドリーです。

 

M09.Stormy Monday / Lonely Avenue(5’31”)   

Van Morrison feat. Jeff Beck & Chris Farlowe  

-A.Walker, D.Pomus-  Caroline International  SRDM 5703574

 

N  「ストーミー・マンデイ〜ロンリー・アヴェヌ−」これも素晴らしい出来。ヴァンのアヴァンギャ

ルドなハーモニカ、光ります。ここで一緒に唄っているのは、なんとクリス・ファーロウ。

彼も伝説的なイギリスのR&Bシンガ—です。スト—ンズの「アンダー・マイ・サム」を唄ったん

ですよね、確か。ちょっとトム・ジョーンズ的な唄い上げ方は、イギリスのR&B実力

派の伝統でしょうか。イングランドとウェールズの違いがあるか。ジョージといいクリスと

いい、そしてジェフ・ベックなど昔の仲間とこうやって旧交を温めつつ、前向き

な創造に挑戦している姿、羨ましいなあ。

ではクリス・ファーロウ1967年のシングル曲を聞いてみましょう。全英33位だからヒット

してますね。

「ハンドバッグと外出着」。

 

M10.Handbags & Gladrags(3’25”)Chris Farlowe      

-Mike D’Abo-  Charley CD IMM Box 4/3

 

N  「ハンドバッグと外出着」、クリス・ファーロウでした。これを聞いて、おや、と思っ

た方も多いでしょう。ロッド・ステュアートが1969年のソロ・デビュ−・アルバムで唄ってま

した。わたしもほとんどおんなじだあ、と直感しました。では確認してみま

しょう。

 

M11.ハンドバッグと外出着(4’30”)ロッド・スチュワ—ト

-Mike D’Abo- ユニバーサル UICV-20027

 

N  あー、失礼。クリソツではなかったですね。印象的なピアノのリフが同じなので、つ

い似ていると連想してしまいましたが、大分違います。でも、ちょっと考え

させられる歌の内容とその表現、これには同じ物が流れています。まあ、こ

の頃のロッドは何を唄っても素晴らしい説得力があったのですけれどもね。

「ハンドバッグと外出着」、クリス・ファーロウとロッド・ステュアートで聞いてもらいました。

さて、今朝も「幻」電鉄、運行を開始します。あの後も次から次へと汽車

列車鉄道関連の歌が心に浮かんで来ましてね。人間がこの乗り物に馳せた想

いの深さに感心している次第です。ドキュメントの四枚組『トレインズ・アンド・カーズ』

からの発想でお送りして来ましたが、やはり自動車よりも汽車や列車の方が

想像力を刺激するのでしょうかね。スウィート・ピ−・エイトキンスンの「アー・ユー・ロンリー・

フォ−・ミー、ベイビイ」でも「ジャクスンヴィル行き最終列車」と唄っていましたね。汽

車列車から人間がもらったインスピレイション、これは古い時代に限らないようです。

マサチューセッツ州ウースターのまだ若いギター弾き語り男、デイヴ・ケラーも今年のアルバムで唄

ってます。

「鈍行列車」、今朝の始発です。シュッパーツシンコー。

 

M12.Slow Train(4’01”)Dave Keller     

-D.Keller-  Tastee Tone TT-3043

 

N  デイヴ・ケラー運転手の「鈍行列車」に続きまして、2番線を快速急行が通過致

します。危険ですので黄色い線まで下がって下さい。通過します。

 

M13.トレイン(2’41”)1910フルーツガム・カンパニー   

C.Ritchie/K.Jerry, K. Jeffry –  テイチク CD5-1

 

N  1910フルーツガム・カンパニーで「トレイン」でした。それまで「サイモン・セズ」とか「1,2,3,

レッドライト」などの童謡に毛の生えたような健全で分り易い歌を唄っていた1910

フルーツガム・カンパニーが大変身、マイナー・キイで求愛を絶叫したから、そもそもデッチ上

げの実体のない存在だと云う事を知らない日本のファンは大慌てでこの変節を

見守ったのでした。でもこの「トレイン」は大ヒット。その年の本邦初の国際的野外

ロックフェスティヴァル、箱根アフロディーテに来日した時は、肩までの長髪にタンクトップ・シャツ、

フリンヂ付きベストにレス・ポールを弾いていて、「あ、ロックだ」と誰もが驚愕しました。

果たして誰が1910フルーツガム・カンパニーの名で日本に来たのでしょうか。

この快速急行トレインは、去って行った恋人を連れ戻してくれるらしいのです

が、逆に恋人から逃げ出す時に汽車を使う男もいるようです。

ビッグ・ジョ−・ターナーが唄います。

「夜更けの弾丸特急便」。

 

M14.Midtnight Cannonball(2’32”)Big Joe Turner 

-J.Turner-  Rhino R2 72968

 

N  「誰かテケツを買ってくれ、お前から逃げ出すんだ、夜更けの弾丸特急便でさ」、

ジョー・ターナー1955の逃避行でした。ビッグ・ジョ−はどうやら深夜便専門のようで

すね。こんな「オリヂナル」曲も唄っています。

「ミドナイト・スペシャル・トレイン」。

 

M.15Midtnight Special Train(2’36”)Big Joe Turner 

-A.Ertegun, J.Wexler-  Rhino R2 72968

 

N  ア—メット・アーティガンもジェリー植草ラーも、これを「オリヂナル」曲登録するのは、遺憾

ですね。懲役刑で投獄された囚人たちがその光りを浴びると脱走に成功する

と奉られた列車を唄った「ミドナイト・スペシャル」と同じじゃないですか。ビッグ・

ジョ−のその前のヒット曲「コリナ、コリナ」そっくりな部分もあったりして、笑わせて

くれます。このC調さ、たまりませんね。

さて、全ての夜汽車はがヂョーヂア行きに決まっているという説があります。

1973年以来、43年間ずっと走り続けている古い車両ですが、まだまだ現役で

真夜中を突き進みます。

グラディス・ナイト女車掌ほか5人の男性乗務員が今夜も貴方をヂョーヂアにお連れ

致します。シュッパーツシンコー。

「夜汽車よ、ヂョーヂアへ」。

 

M16.Midnight Train To Georgia(4’36”)Gladys Knight & The Pips 

-J.Weatherly-  Music Club Deluxe MCDLX061

 

M17.Soul Tarin(5’19”)Bim Bam Orchestra   

-Bim Bam Orchestra-  Mud Club  MCBBOCD2

 

N  アフロ・ビートですね、「ソウル・トレイン」。トロムボーンのソロがアフリカの大草原を走る蒸気

機関車を連想させてくれました。ビムバム・オーケストラはフランスのグル—プですから、

フランス領のアフリカ大陸かな。「ゲット・オン・ザ・ボード」としきりに勧めます。料金

は後払いなのでしょうか。

さて「ソウル・トレイン」と言えば、フィラデルフィア発でしょう。もちろんこれです。

 

M18.T.S.O.P.(5’48”)MFSB  

-K.Gamble, L.Huff-  Legacy/Epic ZK 66689

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ 「アサー」入り P.B.B.B.

 

N  今朝の「幻」電鉄は、だいぶあちこちを走り回りました。ビムバム・オーケストラ

の「ソウル・トレイン」で連呼される「ゲット・オン・ザ・ボード」でまた某有名曲が閃

いちゃった。この電鉄、期間限定の運行でしたが、まだ続けましょうか。皆

さんの反応も大変宜しい。やはり汽車列車の持つ魅力なのでしょうね。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/07bc17ce3dcb0c94a6786995d85069b4a22522cb

  ダウンロードパスワードは、1ingrke4です。 

今日、明日とライヴ・マヂック開催。わたしも行きます。会場でお会いしましょ

う。そして明日の衆議院選挙、こちらもお忘れなく。あなたの意見を、一票

に。わたしは既に期日前投票を済ませております。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 

 

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/10/14

mb171014

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。今朝は先週の最後に思い出して悔

しかった1曲で始めます。10月の4日は、中秋の名月でした。しかし、満月

の二日前。雲が多くてよく見えませんでしたが確かに満月じゃなかった。そ

れはともかく、この歌です。

ザ・ビートルズ、「オッツキサーン」。

 

M01.Mr.Moonlight(2’37”)The Beatles

-R.L.Johnson- Parlophone CDP 7 46438 2

 

N  ザ・ビートルズ、「ミスタ・ムーンライト」でした。ジョンの唄が素晴らしい1曲です。発

表当時の解説ではポ−ルがハモンド・オルガンを弾いて、リンゴがアフリカン・ドラムを叩いた

との事ですから、彼等にとっては変則的楽器編成です。しかもオーヴァ・ダブで

はなくて、全員の同時演奏で吹き込まれています。彼らの柔軟性をもった演

奏能力の証明です。

ところでこれはガヴァ仕様。オリヂナルはこちらです。

 

M02.Mr.Moonlight(2’39”)Dr.Feelgood & The interns

-R.L.Johnson- Varese Sarabande  302 066 334 2

 

N  『ザ・アメリカン・ルーツ・オヴ・ザ・ブリティッシュ・インヴェイジョン〜英国勢興隆のアメリカ・

ネタ』というわたしの大好きなアルバムから、快感センセと研修生たちで「ミスタ・ムーンラ

イト」でした。この僅かな1例をとっても、ビートルズの咀嚼能力の高さが分りま

すね。しかもこれは1962年の「ダクタ・フィールグッド」というシングル盤のB面曲だ

ったと言いますから、名曲発掘嗅覚の鋭さにも脱帽です。

さて満月ではないチューシューの名月、みなさんはご覧になりましたか。先ほど

も言いましたように、雲間に見え隠れするお月さんは確かに左上の方が欠け

ていました。それを見ているうちに、月は真円形なのか、という今までに抱

いた事のない疑問が涌いて来ました。地球だって経度方向に延びた楕円球で

しょ。段々不思議な気持ちになってきて、思い浮かんだ1曲が、これです。

 

M03.Moonlight Sonata(5’01”)Brian Pezzone

-L.V.Beethoven-  Compass Productions  L532-188-2

 

M04.今宵の君は(2’21”)ザ・ジャガーズ

-J.Kern, D.Fields-  東芝 CP32-5817

 

N  ご存知ベイトーヴェンのムーンライト・ソナタ、そしてそのリフを上手に取り込んだザ・ジャ

ガーズ「今宵の君は」でした。「月光の曲」は作られた後で「あたかも水面に

映った月が微かな波で揺れ動いているような」雰囲気からの連想でこう呼ば

れるようになったそうなので、創作の契機と月は無関係ですが、昼間の太陽

よりも人の心にさまざまな想いを呼び起こす存在ですね、お月さんは。

そしてその光りは大判千枚にも値します。

 

M05.月光価千金(2’24”)榎本健一

-L.Shay, W.Jerorme, C.Tobias, S.Namijima-  東芝 TOCT-6019/20

Get Out And Get Under The Moon

 

N  榎本健一の「月光価千金」、唄い出しから「美しいシ−トに」です。「両手」

の巻き舌もカッコいい。「R」の発音は合格です。ひとり芝居のように繰り拡げ

られるエノケン劇場、聞き惚れてしまいます。ただ唄われている内容にはお月さ

んは全く出て来ません。題名に偽りあり、ですね。この他に偽りのない訳詞

もあるそうですが、わたしは未だ聞いた事がありません。誰がどんな風に唄

ってるんだろう、興味ありますね。

さて、先日のチューオーエフエム生放送の時に兵庫県豊岡市石坪慎一郎さんのリクエスト

でお送りした水前寺清子の「だめでもともと」、その時によく似た題名で「だ

めでもともと音頭」というのがあるらしい、とお話ししました。その時は楽

曲確認が出来ていなかったのですが、辿り着きましたよ。

まずはお聞き下さい。

「だめでもともと音頭」、水前寺清子です。

 

M06.だめでもともと音頭(4’05”)水前寺清子

-T.Hoshino, S.Kitajima- クラウン CRCN-41124

 

N  「だめでもともと音頭」、水前寺清子でした。当初は同じ歌を音頭調に再編

曲した物ではないかと考えていましたが、まったくの別モノでしたね。唄われ

ている主題にはそれほど大きな違いはありません。この頃「だめでもともと」

という言葉が流行ったのかな。シングルのA面にはなっていませんね。

水前寺清子はクラウン・レコードの自社番、花王石鹸提供「歌う王冠」で、デビュ—

の時から知ってます。「365歩のマーチ」に代表される前向き努力推奨歌で高度

成長期を風靡しましたが、早々にキャラクタ—を固定されてしまった感がありまし

て、正直なところ本人は辛かったんじゃないかな、このパブリック・イメヂが。

心中お察しいたします。

それではもう一度「だめでもともと」を聞いて下さい。1970年10月の発表

です。

 

M07.だめでもともと(3’34”)水前寺清子

-T.Hoshino, M.Yoneyama- クラウン CRMEG-10387

 

N  「だめでもともと」水前寺清子でした。さてその時にお送りしたもう1曲の

珍品歌謡、坂本スミ子の「メロンの心」、「気持ち」ではなく「ココロ」でしたね。訂

正のココロ。

その後、「『日本民謡とラテン・リズムの融合』って『ドドンパ』じゃんか。ん

なもん、とっくにやってる人達がいるんだよ~って話。だからおスミの『メロンの

心』は重要なんだよなぁ~~」という投稿を頂きました。送信者は、あの「さ

さきがく」という人です。

これ民謡クルセイダーズの「ホ—ハイ節」の事を言ってるのかなあ。改めて聴き直し

てみましたら、確かに「ドドンパ」に聞こえない事もないですね。ただ彼らに

その認識があったかどうか、不詳です。「ドドンパ」ねえ。だったらもう少し

軽薄さを意識的に強調すると思うんですが。

その代表例をどうぞ。

 

M08.お座敷小唄(2’13”)和田弘とマヒナスタ—ズ  

-pd.,A,Mutsu-  キング KICX 2725

 

N  和田弘とマヒナスタ—ズで「お座敷小唄」でした。これ、オリヂナルじゃないですね。

レイベルがキングで、安倍律子とのデューオになってます。図書館で借りて来たんだ

けど、歌謡曲の世界では本人が平気で吹き込み直すから、よく調べなくては

いけませんでした。失礼。近々正式な原ヴァージョンをお届けしましょう。ただ、

原仕様とそれ程の違いはないと思いますよ。「ドドンパ」のリズムはむしろこち

らの方が強調されているでしょう。

この「お座敷小唄」は、その成立にかなり複雑な背景をもっていますが、

簡単に言うと「作者不詳の俗謡歌」となるんでしょうか。この頃は忘年会が

始まる12月になると決まってこの種の「小唄歌謡曲」が流行りました。それ

に「ドドンパ」のリズムは最適だったのです。

 

M09.東京ドドンパ娘(3’28”)渡辺マリ

-T.Miyagawa, Y.Suzuki-  ビクター VICL-5109

 

N  これは カッコいいですね。渡辺マリの「東京ドドンパ娘」です。1961年にヒット

したのを朧げながら憶えているなあ。その頃わたしはこの手のイカレた音楽に

惹かれ始めていたのですが、カテーのジジョ−でなかなか親しむところまでは辿り

着けませんでした。よく同じ学級の不良が「ドドンッパ、ドドンッパ、ワッタシの

ムーネーに」と唄っていましたね。小学校1年生で、既に不良。どんな奴だ。

「ドドンパ」はどうやら国産のビ—トらしいのですが、「フィリピン・マムボ」とも

呼ばれていた事があるそうです。フィリピンのダンス・ビートが土台になってるよう

ですね。ノヴェルティ風味満載、きわめて安易で脳天気、こんなビ—トも世界に珍し

い。スウィングからエイト・ビートへ移って行く間に、この国にはこんな素敵なリズムが

生まれていたのです。

 

M10.松の木小唄(2’53”)三島敏夫

-pd. M.Nishizawa, arr.by T.Mishima –  コロムビア 2CD-457(GES-14)

 

N   これも年の瀬小唄として流行ったかな。三島敏夫「松の木小唄」です。彼

は不思議な、魔力と言った方がいいような雰囲気の唄い手で、子供のわたし

は気持ち悪くて仕方なかった。この嫌らしさは、別格ですね。今の1曲でその

「味」は充分に伝わります。ここでも控え目な「ドドンパ」ビートが全体を支

えています。洋風のナイトクラブでもお座敷でも通用する万能リズム、「ドドンパ」。

大変ケッコ—です。結構なことね、ジョン。本当に結構なことよ。

 

M11.Eghit Days A Week(2’46”)The Beatles  

-J.Lennon, P.McCartney-  Parlophone CDP 7 46438 2

 

N 再びザ・ビートルズ、先ほど同じアルバム『売り出し中』から「エイト・デイズ・ア・

ウィーク」でした。突然これが出て来たのにはワケがあります。

「お座敷小唄」や「松の木小唄」などは国産ゲテモノ歌謡曲のコムピ盤に収録さ

れている事が多く、またこういう盤には非常に珍しい一発曲が入っていたり

するので、わたしも見つけた時には手に入れるようにしています。殆ど1回限

りの発売で廃盤になってしまう運命です。今回「松の木小唄」を日本コロムビア

のサブ・チャンネルから発売された『宴会・お座敷艶歌』という2枚組で探していた

時に、発見したのですよ。今の「エイト・デイズ・ア・ウィーク」創作の基になった

歌謡曲を。

これです。五月みどり「一週間に十日来い」。

 

M12.一週間に十日来い(3’21”)五月みどり

-K.Kojima, M.Endo-  コロムビア 2CD-457(GES-14)

 

M13.I Stand Alone(3’39”)Al Kooper

-A.Kooper-  Columbia  88875099072

 

N  五月みどり「テン・デイズ・ア・ウイーク」でした。それに続けたのはアル・クーパー

3週連続で、「アイ・スタンド・アローン」でした。「ソフト・クリームを持っている」自由の

女神に扮したジャケット画で知られる、あのソロ作『アイ・スタンド・アローン』の表題作で

す。「アイ・スタンド・アローン~わたしは一人で立っている」、ここでアル・クーパーはヌー・

ヨ—ク港に立つ自由の女神になって、行き来する人々の営みをじっと見て、さま

ざまな事を思い浮べる。このアルバムは全編に沢山の具体音/効果音が含まれて

いて、それがアメリカ合衆国の音楽であるかのように構成されています。自由の

女神の耳にも、沢山の会話、騒音が入って来ることでしょう。マイケル・ブルームフィ

ールドがイレクトリッック・フラッグを結成して、あらゆる雑音の集合として「アメリカン・ミュー

ジック・バンド」を提唱した発想も実はここにあったのではないか、とも思えま

す。「アイ・スタンド・アローン」はアルバムを象徴する1曲です。

一方、わたしはこの表題曲を聞く度に「幸福の王子」を思い出します。ツバ

メに自分の身体を覆う純金板を剥がさせて恵まれない人間に届けさせ、最後に

は自分が崩れ落ちてしまうというオスカー・ワイルドの短編です。アルの意図はもう少

し別の所にあったかも知れませんが、先週「ケンタキーの青い月」を聞いた後、妙

に想いが昂って、今朝お届けしました。ブラッド、スウェット、アンド・ティアーズそっく

りな管楽器のリフが出て来ましたね。

早朝労働に勤しむ女性のリクエストで聞き始めたアル・クーパーの世界、正直これま

で疎遠でした。時間をかけて、もうちょっと探索してみます。

今朝は昔の音楽ばかりですね。最も古いのは1801年ベイトーヴェン作のピアノソ

ナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2「幻想曲風ソナタ」です。凄いなあ。そこで新

譜から、と言っても原曲はマイケル・フランクス1976年の作品です。

「マンキ・シー、マンキ・ドゥ」、ティム・トリファズ。

 

M14. モンキ−・シー、モンキ−・ドゥ(3’29”)ティム・トレファーズ  

-M.Franks- Pヴァイン PCD-24673

 

N  コ—ダ部分で出て来る女性のバック・グラウンド・ヴォーカルが魅力的でしたね。何と

いう人だろう。ティム・トリファズでマイケル・フランクスの「マンキ・シー、マンキ・ドゥ」でした。

日本でマンキ・ダンスが流行ったのは1967年から68年、メイジャー・ランスの「満期」

が63年ですから、発祥の地アメリカではもっとずっと前でした。わたしは「マンキ」

といえばミラクルズの「ミッキーズ・マンキ」をすぐに連想します。タミ・ショウのあのエクサイテ

ィングなダンス場面が忘れられません。

では「ミッキーズ・マンキ」ミラクルズ、「マキです。安全運転お願いします」意味不明。

 

M15.Mickey’s Monky(2’44”)The Miracles   

-W.Robinson- Motown 31453-0420-2

 

N  カッコいいね、「ミッキーズ・マンキ」ミラクルズ。タミ・ショウではスモ—キ—と他のメムバが向き合

って振りの掛け合いをするんです。わたしは二十歳を過ぎてから観ましたが、

性的に興奮しました。密林の奥に住む民族の祈祷儀式のようにも見えました。

さて同じモータウンのレイベル・メイト、フォートップス。以前「松笠公園」のフル・ヴァ—ジョン

がCDになっていないからと、ひどく音の悪いLPで聞いてもらったことがあり

ます。この間の片付けの時に出て来たごく初期の2枚組に、なんと6分31秒で

しっかり入っていました。今朝はあらためてその長尺でお聞き頂きます。冒

頭部分がほんの少し切れているような気もしないようではないのですけれど、

リーヴァイ・スタブスの泣き節、ご堪能下さい。

フォートップス、「マッカーサー・パーク」。

 

M16.MacArthur Park(6’31”)Four Tops 

-J.Webb- Motown 530 190-2

 

M17.男が女を愛する時(2’55”)パーシー・スレッジ 

-C.Lewis, A.Wright-  ワーナー 20P2-2368

 

N  フォートップス「マッカーサー・パーク」に続けましては、缶コーヒーのコマーシャルでしきりテレビ

から流れているパーシー・スレッジの名唱「男が女を愛する時」です。印象的なイント

ロからハイトーンの唄が始まる瞬間までのほんの僅かな時間です。ベタついたナレイション

も許してあげましょう。このコ—ヒ—は十年ほど前の発売時にスティーヴィー・ワンダーに

オリヂナルのコマ—シャルソングを唄わせてましたね。次は何をするのだろう。

さて同じアトランティックからのソウル・ミュージックで、この時季にとてもしっくり来る1

曲をお届けしましょう。

マージ・ジョセフ、ご存知でしょうか。彼女のアトランティックでの第一弾アルバムから、

アル・グリ—ンの名作「レッツ・ステイ・トゥゲザー」。

 

M18.レッツ・ステイ・トゥゲザー(3’25”)マージ・ジョセフ

-A.Green-  ワーナー WPCR-27535

 

M19.スタンド・バイ・ミー(2’59”)ベン・E・キング

-J.Leiber, M.Stoller, P.Spector-  ユニバーサル UICZ-1055/6

 

N  今朝、聞いてよかった、そんな気がするマージ・ジョセフの「レッツ・ステイ・トゥゲザ

ー」、如何でしたでしょうか。彼女はアリサ・フランクリンの後継者としてスタックス/ヴォル

トからアトランティックに引き抜かれました。このアルバムは当時新進気鋭のアリフ・マーディン

がアリサとほぼ同じ制作環境で仕上げた物です。弦が秋を感じさせますね。聞い

てよかったな、本当に。

その次は言わずもがなの「スタンド・バイ・ミー」、ベン・E・キングです。これは

図書館で借り出した、ヒット映画の主題歌を集めたアルバムにたまたま入っていた

トラックで、アトランティックR&Bの流れでお届けしました。同名映画の主題歌でしたね。

先週「ドリーム」という映画を観ました。アメリカ合衆国の黒人差別を背景に航空

宇宙局で働く勇敢な女性3人の物語。いい作品でしたよ。挿入されている音楽

も最初の方は60年代のR&B中心で文句なしでしたが、終了部分で有人衛星の

発射に成功し、帰還するまでの長いシークエンスで流れている音楽が、どうにもこ

うにもある既存の映画音楽に聞こえてしまって仕方なかったので、確認の意

味でもう一度、そちらを聞いてみる事にしました。それで図書館に行ったの

ですよ。

これです、ヴァンゲリス「炎のランナ—」。どうぞ。

 

M20.炎のランナ—(3’40”)ヴァンゲリス    

-Vangelis-  ユニバーサル UICZ-1055/6

 

M21.ヴェジョ(2’41”)アルヴァーロ・ランセッチ

-unknown-  Pヴァイン PCD 25243

 

N  懐かしいでしょう、ヴァンゲリス「炎のランナ—」。わたしは昔日曜日の深夜に放送

されていたラジオ番組「ナガオカ・ワールド・ミュージック」でかなり長い間続けて流れて

たのを思い出しました。キャッシュ・ボックスのチャ—トでずっと好成績だったのでしょ

うね。

かなり話題になった映画は観てまいせん。あら筋も未だに知りません。長

距離走者の成功物語なんでしょうか。

「ドリ—ム」ではハピー・エンドの場面で今のメロディに酷似した音楽が鳴り続ける

もので、気になって気になって、クライマクスに没頭出来ませんでした。スコアはハービ

ー・ハンコックがバイト的にやってたみたいです。サントラ盤は2種類が出てまして、ファレル・

ウイリアムズが全編に絡んでますね。「ドリーム」、いい映画ですよ。まだ公開中。

お早めにご覧下さい。

その次のポルトガル語の歌は「ヴェジョ」、アルヴァーロ・ランセッチというブラジル人。彼

の地ではかなりの売れっ子のようです。短いながら一瞬の涼気を吹き込んで

くれました。最新アルバムは11月上旬の発売。通して聞いてみるつもりです。

さて先週の「幻」電鉄、「定刻通り運行中」と申し上げておりましたが、

発車を忘れた運転手がいました。臨時ダイヤで今朝の始発便とします。

本来は「サンフランド行き最終便」、ジョニ—・ダンカンとブル—・グラス・ボーイズです。

 

M22.Last Train To San Ferando(2’26”)

Johnny Duncan & The Blue Grass Boys

-S.Devere,R.Padmore-  ACE CDCHD 1450

 

M23.The Train From Kansas City(3’18”)Shangri-Las

-J.Barry, E.Greenwitch-  ACE CDCHD 1450

 

M24.Kansas City~Hey,Hey,Hey(2’33”)The Beatles 

– J.Leiber, M.Stoller, R.Peniman-  Parlophone CDP 7 46438 2

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ 「アサー」入り P.B.B.B.

 

N  ジョニ—・ダンカンとブル—・グラス・ボーイズで「サンフランド行き最終便」、次発は

シャングリ・ラーズが乗った「カンザス・シティからの列車」、そして折り返し運転で、

三度ザ・ビートルズ、また同一アルバム『売り出し中』から連結車両で「カンザス・シテ

ィ〜ヘイ、ヘイ、ヘイ」でした。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/df932f8ec573beb429d729779182d81b1fbd9778

   ダウンロードパスワードは、nyx391fbです。

夏のように暑い日のあと急に冷えて来ました。もう午後6時で真っ暗です。

今朝の日の出は午前5時45分。昼間は12時間を割り込んでいます。月日は

風のように去って行きますね。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 

 

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/10/07

mb171007

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

N おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。生放送直後の日程がちょいとばか
りキツかったので時間がかかりましたが、体調も復活してまいりました。生の
余波はまだ続いております。
「俺は生きる証しを見つけたんだ。一人きりで死んでなるものか」、同感。
ル−カス・ネルスンです。「ダイ・アローン」

M01.Die Alone(2’39”)Lukas Nelson
-L.Nelson- Universal Fantasy 0888072033481

N 唄い出しからして声が父親ウイリーにクリソツでした、ル−カス・ネルスン「ダイ・アローン」。先々
週に引き続き登場です。このアルバム、良く出来てますね。まず何よりも、言葉
をうまく音楽に絡ませる能力が流石です。ちょっとエレキを弾きまくり過ぎかな。
確かに上手いですが。全体の音も重過ぎ、これは性格の反映かな。いずれに
せよ手応え充分な1枚です。今の「ダイ・アローン」では4人を配した女性バック・グ
ラウンド・ヴォーカルが効果的でしたね。9月2日にサム・シェパ—ドの死去に捧げてお届
けしたボブ・ディランの「ブラウンズヴィル・ガ—ル」を思い出しました。
さてわたしが勝手にロドニー・クロウェルと間違えていたクリス・ステイプルトン、あの「ケン
タキ・ウイスキー」男です、彼の新作もなかなかの物でした。独特な節回しが随所に
感じられて、北米カントリ—の健全な成長を目の当たりにする思いです。完全にロッ
ク以降の音楽です。
今朝はその中から、非常にジョン・フォガティ調のこいつをどうぞ。
「セカンド・ワン・トゥ・ノウ」。

M02.Second One To Know(2’57”)Chris Stapleton
-C.Stapleton, M.Henderson- Mercury 0060255742069

N 「セカンド・ワン・トゥ・ノウ」、クリス・ステイプルトンでした。ブロック・コ—ドでイントロを造って
行くのが、正にジョン・フォガティでした。彼もギタ—の腕は確かですね。表に出な
い細かいところの大切さをちゃんと分ってる、そんな感じです。
さて男性新興勢力の次は女王さま、カントリ—皇后の登場です。数年前の実況録
音が出たばかり、と思ったら今度は1991年初夏にナッシュヴィルで行なわれた実演
の記録が発表されました。ナッシュ・ラムブラーズという男五人組と一緒の演奏は、
とても高品質。音楽も音質もちっとも古くない。エミルーの声は可愛いですね。
91年というと頂点に近づいてはいましたが、まだ今のように君臨してはいな
い頃です。
まずはお聞き下さい。ブルース・スプリングスティ—ンの書いた曲で、
「マンション・オン・ザ・ヒル」。

M03.Mansion On The Hill(4’25”)Emmylou Harris
-B.Springsteen- Nonsuch 7559-79390-7

N 「マンション・オン・ザ・ヒル」でした。多分スプリングスティ—ンは生まれ育ったヌー・ジャー
ジ−の工業地帯を唄ったのでしょうが、エミルーの唄からは野原が見えて来ました。
このアルバムでは、バックを付けているナッシュ・ラムブラーズのアンサムブルがとても良くて、
過剰ではない演奏がエミルーを引き立てます。アップライトのウッド・ベイスが功を奏して
いますね。
では彼らとの演奏で、ハンク・ウイリアムズを唄った「ローリン・アンド・ラムブリン」をど
うぞ。

M04. Rollin’ And Rumblin’(The Death Of Hank Willims)(3’34”)
Emmylou Harris
-R.Williams, L.Williams, R.Huskey- Nonsuch 7559-79390-7

N 「ローリン・アンド・ラムブリン~ハンク・ウイリアムズの死」でした。この実演収録の時の映
像がユーチューブに揚がっていまして、そこには「1992年」となっていますが、演
者の衣装がアルバム・ジャケット見開きの舞台写真と同じなので、この時、91年の撮
影でしょう。
ジャケットと言えば、昨今のCDは、紙製の昔のLPなら「二つ折り」と呼ばれた
形がかなり一般的になって来ました。片側の袖に盤、もう片方に解説書と収
まりも良いし、厚みがないので収納空間も稼げます。強度がないから、あま
り積み重ねられないけどね。
これ迄のPケースと呼ばれる汎用形は、盤そのものの出し入れがし易くて便利
なのですが、材料も紙だけだからこっちの方が環境的にも宜しいのではない
か、とも思われます。輸入品の場合は袖に剥き出しで盤が入っているのに抵
抗がありまして、わたしは薄手のビニール袋に入れ直しております。国内だと値
段の面でまだ汎用形が優勢ですが、生産量の問題ではないでしょうか。
いわゆる「紙ジャケ」は縦横比の関係でサイズが一回り大きくなってしまいま
す。この「紙製二つ折り」が普及して欲しいですね。今朝使用したカントリ—音楽
の新譜はすべてこの形でした。
さて、先ほどの「マンション・オン・ザ・ヒル」、これは同名の歌がハンク・ウイリアムズに
もあります。スプリングスティ—ンも当然それを知っていて、先の自作曲に同じ題名
を付けたのではないでしょうか。ひょっとしたら創作のきっかけだったかも。
ではそちらも聞いてみましょう。
ハンク自身の唄で「マンション・オン・ザ・ヒル」。

M05.Mansion On The Hill(2’34”)Hank Williams
-Williams, Rose- ポリドール POOP 29001/7

N かつてソデにされた恋人が暮らす丘の上に建つ邸宅を眺めながら谷底のアバラ
屋で暮らす日々、どういう心持ちでしょうか。間柄が幼馴染みだったら実際
にある話かも知れません。毎日が嫌だろうなあ。それ以上は考えない事にし
ましょう。ハンク・ウイリアムズ、「マンション・オン・ザ・ヒル」でした。
ここで突然、音楽が変わります。

M06.Do You Hear Me Talking’ To You(4’04”)ピープルズ・プレジャー
-K.Yhomas- Pヴァイン PCD-24661

N なんとアナログのオリヂナル盤には40万円という値段が付いたというピープルズ・プ
レジャーのアルバム『ドゥ・ユー・ヒア・ミー・トーキング・トゥ・ユー』から表題曲でした。
40万円ですよ、40万円。かの有名な静岡ロックンロ—ル組合のLP『永久保存盤』
ですら10万円なのに、その4倍です。セリでつり上がったのかなあ。競争となる
と人間は冷静な判断力を失いますからね。9曲入りなので、まず44,444円分お
聞き頂きました。
それはともかく、決して一流ではない、田舎のディスコ・バンドです。正式に
は「People’s Pleasure with L.A.’s No.1 band Alive And Well」となるらしく、
そもそもピープルズ・プレジャーというグル—プ自体がデッチ上げだったかも知れませ
ん。母体はディスコの音楽形式が確立するちょっと前、まだ生演奏主体の飲食兼
遊び場に月単位で出ていたハコ・バンドでしょう。そこにテキト—な女性ヴォ—カルを注
して、「ゲット・ダウン」とか流行りの掛け声を繰り返させて、一丁上がり。当
時のディスコ曲は概ねこんな造りでした。この国だとビクタ—音楽産業が得意とし
ていましたね、こういうのは。
ただ40万円の値が付くだけあって、そこそこの面白さ。特にベイス・プレイヤー
はなかなかの才能と見ました。ヘンリ—・コックという、ここ以外では聞いた事のな
い名前ですが、フェンダ・ベイスがリズム音楽の核として表現領域を拡大して行く時
代を予言象徴するような演奏です。
次の44,444円分はインストゥルメンタルです。
「あの世みたい気分」。

M07.Heavenly Feelings(5’20”)ピープルズ・プレジャー
-K.Yhomas- Pヴァイン PCD-24661

M08.Got To Get You Off My Mind(2’21”)ニコ・ウェイン・トゥーサン
-J.S.McDonald- BSMF 2573

N ピープルズ・プレジャー・ウィズ・ナムバ・ワン・エルエイズ・バンド・アライヴ・アンド・ウェル
の「ヘヴンリー・フィーリングス」でした。ベイス、やるでしょう。考えようによっては、
彼の国ならばこの位の人はいくらでもいたのかも知れませんが、今この人、
何してんのかな、ちょっと気になります。
続いたR&Bはご存知「ガタ・ゲッチュ・オフ・マ・マイン」、ソロモン・バーク尊師の大ヒッ
ト曲です。カヴァしていたのはニコ・ウェイン・トゥーセイント、あトゥーサンかな。フランスのブル—ズ
狂、わたしは今回が初めての出会いです。13曲入りの新作『プレイズ・ジェイムズ・
コトン』からお届けしました。表題でお分かりの通り、今年3月16日、チャック・ベ
リ—の前に亡くなったブルーズ男、ジェイムズ・コトンに捧げられたアルバムです。
贔屓の引き倒し的に終ってしまうこの手の作品の中では、成功例でしょう。
コトン好きな思いはハ—モニカを聞けば充分に伝わって来ます。それ以上にわたしが
気に入ったのは、ヴォーカルです。下手な真似をしないで、自分流に咀嚼して唄
っているところに、とても共感出来ました。フランス人だというから発音にはど
こか問題があるのかも知れませんが、少なくともわたしには抵抗なかった。
黒人みたいに唄うんじゃなくて、そこから吸収した事を外さずに自然に唄う、
それでいてしっかりブルーズを感じさせる、心から良いなあ、という気分にな
りました。
次はあの名曲「コトン・クロップ・ブルーズ」です。

M09.Cotton Crop Blues(2’27”)ニコ・ウェイン・トゥーサン
-J.Cotton- BSMF 2573

M10.Rocket 88(1’58”)ニコ・ウェイン・トゥーサン
-J.Brenston- BSMF 2573

N ニコ・ウェイン・トゥーサンで「コトン・クロップ・ブルーズ」、そして「ロケット88」でした。ジ
ェイムズ・コトンもヴァンガードの3枚組『シカ−ゴ/ ブルーズ/ トゥデイ』でカヴァしてます。そ
れをお手本にしたようです。唄が良かったね。
さてこれは1951年型オールズモービル88クープを唄ったジャッキー・ブレンストンの決定的な
1曲ですね。ドキュメントの4枚組『トレインズ・アンド・カーズ』にもふたつの仕様で収め
られています。
先週、これと同等のコムピ盤があってここでも紹介した事を思い出しました。
『オール・アブロード』というエイスの鉄道唱歌集です。たしか武蔵小山で買ったな。
それを眺めていて、独自の鉄道路線を引いてみようと思い立ちました。
ではご乗車願います。ホ—ムと電車の隙き間にご注意下さい。
昨晩セントルイスを発車、夜通し走って参りました。鈍行夜汽車。当駅からその
まま「幻」電鉄、今朝の始発列車となります。運転手は、森慈英結。
ではシューウパーツシンコー。

M11.Night Train(2’58”)ジミー・フォレスト
-J.Forest- Pヴァイン PCD-4701

M12.Train Kept A Rollin’(2’47”)Tiny Bradshaw
-Bradshaw, Mann- Charly 43

M13.Stop That Train(3’13”)Keith & Tex
-T.Dixon,D.Harriott, W.Jones, K.Rowe- Ace CDCHD 1450

M14.むなしい恋 テイク2(2’24”)ロバート・ジョンソン
-R.Johnson- ソニー FCP 80046/7

M15.ザ・ミッドナイト・スペシャル (4’14”)クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル
-trd.- ビクターVICP-63514

M16.“武蔵と小次郎” part3 冒頭部 (0’44”)タモリ
-音楽著作物に非ず- ソニー MHCL 1238

M17.Psychedelic Train(2’05”)Derrick Harriott & The Chosen Few
-D.Harrio- Ace CDCHD 1450

M18.Blue Moon Of Kentucky(2’17”)Al Kooper
-B.Monroe- Columbia 88875099072

M19.The Last Train For Clarksville(2’45”)The Monkees
-T.Boyce, B.Hart- Music Club Deluxe MCDLX074

M21.One After 909(2’44”)The Beatles
-J.Lennon, P.McCartney- EMI 07243 595713 2 4

M22.Big Train(1’44”)Bobby Wayne
-B.W.Snyder- Ace CDCHD 1450

M23.Hell Train(2’37”)Billy Strange
-Strange- ドキュメント 222687-354

M24.Freedom Train(2’18”)James Carr
-S.Bogard, L.Rodgers,C. Wells- Ace CDCHD 1450

N 「幻」電鉄、運行状況は正常でございます。各車両のご案内を申し上げます。
まず「夜汽車」ジミ—・フォレスト
続きまして「恋人強奪終夜便」タイニー・ブラッドショウ
次発「あの列車を停めろ」キースとテクス
四番線から「むなしい恋」ロバ—ト・ジョンスン
南部特急は「真夜中の脱走列車」クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル
アフリカ大陸横断線車内放送「備前ナイロビ駅前」タモリ
以下「ラリッた暴走機関車」デリック・ハリオットとチョ—ズン・フュウ
「ケンタキー月見号」アル・クーパー
「恋の終列車」ザ・マンキズ
「彼女は909号の次の便」ザ・ビートルズ
「大型列車」ボビ−・ウエイン
「地獄急行」ビリー・ストレインヂ
そして「幻」電鉄、今朝の最終便は「耶蘇会解放線」ジェイムズ・カーでした。
皆さんは何処まで行かれましたか。途中鉄道のない邪賣珈を二度通過しま
したが脱線転覆などありませんでしたでしょうか。てんぷくトリオ三波信介がご
案内いたしました。
さて、「現」に戻って、ドブロの名手ジェリー・ダグラス率いる彼の楽団の新譜
から目玉の1曲です。
ジミ・ヘンドリクスでお馴染みの「ヘイ・ジョ−」。目も眩むような超高等演奏技術
の応酬にお気をつけ下さい。

M23.Hey Joe(4’19”)Jerry Douglas Band
-B.Roberts- Rounder 1166100259

M24.Sympathy For The Devil(6’29”)The Rolling Stones
-M.Jagger, K.Richards- ポリドール P25L 25043

後TM:ボーン・イン・シカゴ 「アサー」入り P.B.B.B.

N 最後はご存知「悪魔に寄せる同情」、ザ・ローリング・ストーンズでした。いつ聞い
ても素晴らしいですね。これはビ—トルズにも出来ないね。躍動感溢れるベイスは
キース・リチャードが弾いているという話をずっと昔に耳にした事があります。本当
かも知れません。ミック・ジャガーは、ジーザス・クライストの処刑に関わったピラト、悲
劇のロシア皇帝アナステイシア姫など歴史上の有名人を引き合いに出して、自分が如何
に縁起の悪い男であるかを訴え続けます。
そして中盤に突然、
「俺は叫んだ、ケネディ一家を殺したのは誰なんだと」
という行りが出て来ます。ジョン・フィッツジェラルドに続いて弟のロバート・フランシス・
ケネディが暗殺されたのは1968年の6月。正にこのアルバム『乞食の晩餐会』録音
中の出来事でした。多分ミックはその報道を聞いて閃いたんでしょう。如何にも
彼らしい。
今朝この傑作をお聞き頂いたのは、その次に来る言葉を確かめるためです。
ミックはこう唄うのです。
「今となっては結局、その犯人は俺とあんた達だろう」
ここです。すべては自分たちのしでかした事なんだ。因果応報、自業自得
ですか。レゲの「アイ・アンド・アイ」とも繋がる考え方のようにも思えます。ミック
がそこまで考えていたかどうかは不明ですが、十代の頃からわたしは妙な納
得がありました。
さて、お立ち会い。強引な解散の後、愚かな議席対策、権力闘争に明け暮
れて自滅しかねない野党勢力。既に危機を脱したかのようなヨユーの独裁与党。
この茶番劇は毎日のテレビ・ショウで長い時間報道されています。正に恰好の題材
ですね。その前までは品行の怪しい代議士たちの話題で持ち切りでした。そ
こに毎朝出て来て得意満面で喋ってる男女たち・・・。
しかし、あらゆる特権で固められた地位に、これらの、お話しにならない
頭が悪く下品な人間たちを選び送り出したのも「俺とあんた達」なんです。
この選挙民不在の政争への怒りから「投票しない」運動も起こりつつある、
と聞きました。でもそれじゃダメ。はっきりと意思表示しましょう。わたした
ちの権利はこれだけです。そしてその後も何をしているか、追っかけましょ
う。頼むね。
トム・ペティ、三条正人と訃報が入っています。安らかにお休み下さい。合掌。
今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。
http://firestorage.jp/download/f14469f1f68ff59adeb42e890a8bccde86192013
ダウンロードパスワードは、27skje95です。
今朝もちょうど時間となりました。
こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/
「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。
そして全国で9500万人のあなたにも、アサー
今月の合言葉、「再放送するくらいなら生一回」。
あ、思い出しました。そうだった。忘れた。悔しい。来週はその1曲から
始めます。果たして・・・。アサー。

 

 

Real Rocks 【9/30 O.A.】Playlist

Real Rocks【9/30 O.A.】Playlist

 

9月30日の番組は、

THE KILLERSの新作『Wonderful Wonderful』特集。

さらに、美メロ・ラヴソングの洋楽オムニバス作品
Sweet Melodies ~Best Love Songs!を紹介!


 


Sweet Melodies ~Best Love Songs!

作品の選曲、担当は、我らが道島番長!

——————————————————–

M01: Run For Cover  /  The Killers

M02: The Sky Is A Neighborhood  /  Foo Fighters

M03: Dream Catcher  /  Faces Of Eve

<コーナー: RockAroundTheWorld >

M04: War  /  Mute Math

M05: Pain  /  The War On Drugs

M06: In Undertow  /  Alvvays

M07: Head Like A Haunted House  /       Queens Of The Stone Age

M08: Tonite  /  LCD Soundsystem

M09: Feel It Still    /  Portugal. The Man

M10: Chocolate Song  /  Tori Amos

M11: Believer  /  Imagine Dragons

M12: The System Only Dreams in Total Darkness  /  The National

<コーナー: RockAroundTheWorld>終わり

M13: The Pretender  /  Foo Fighters

M14: Suda  /  CHON

<コーナー: RockSteadyGo>

M15: Wheels  /  Foo Fighters

M16: Rope  /  Foo Fighters

M17: Tokyo No No  /  Taylor Hawkins

M18: Pure Comedy  /  Father John Misty

M19: Dragon Attack  /  Queen

M20: The Way You Used to Do  /  Queens Of The Stone Age

<コーナー: RockSteadyGo >終わり

M21: Rail/Grit/Line  /  Faces Of Eve

M22: Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)  /  Mr. Big

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M23: Another Day (2007 Remix)  /  Dream Theater

<Ending>

おしまい!

 

今月のリアルロックス・セレクション!UKのテクニカル・プログレバンド、FACES OF EVE!
https://itunes.apple.com/jp/album/faces-of-eve/id1272738346
FACES OF EVE 『Faces Of Eve』
※現在配信のみで発売中。

2015年発売のEPはbandcampのサイトで無料ダウンロードできます(”Feed”オススメ)。
https://facesofeveuk.bandcamp.com/



なぜ、そんなにカメラ目線!

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/09/30

mb170930

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。心のサムバです。アーサム・ビーツに引き

続き、一夜限りの「オールナイト・ギンザ・ナウ」第二部「モーニン・ブルーズ」でお楽しみ

下さい。

こう始まる筈が、ちゃんと予定したようにはならなかった生放送でしたが、

お楽しみ頂けましたか。開始前に応援に来てくれた人たちもいて、クリビツテンギ

ャウでした。たくさんの差し入れや、鋭い反応の数々、どうもありがとうござ

います。

今朝はその時のプレイリストでご容赦下さい。翌日が新潟出張ではないにしても

忙しく動きのある1日だったので、翌金曜日は午前中死んでいました。今は

大丈夫ですが、振り返ってみれば、よく毎朝やってたなあ、という思い頻り。

そして「あの時オレも若かった」ではなくて、みなさんとのやりとりがわた

しを支えていたんだ、と気付きました。重ねてオン礼申しあげまする。

では中央エフエム84.0 2017年9月28日3時からの使用曲目表をご覧下さい。

 

01.I Can Hear Music(3’15”)The Ronnettes  

-P.Spector, J.Barry-  Lgacy 88697612862

 

02.だめでもともと(3’34”)水前寺清子

-T.Hoshino,M.Yoneyama- CRMEG-10387

 

03.Where Were You When I Needed You(3’12”)Al Kooper   

-A.Kooper/I.Levine-  Sony 88875099072

 

  1. Talk to me Talk to me(2’42”) Little Willie John

-Seneca- Real Gone Music  RGM-0046

 

05.She Loves You(2’10”)The Chipmunks   

-J.Lennnon, P.McCartney-  EMI-Manhttan CDP 7 48379 2

 

06.メロンの気持ち(2’14”)坂本スミ子

-C.Regual-  unknown  熱烈聴取者から贈与のCDRを使用。

 

07.Country Comfort(4’48”)Rod Stewart   

-B.Toupin, E.John- Mercury 558 059-2

 

08.At Last(2’59”)Etta James 

-Warren, Gordon-  MCPS NOT3CD093

09.I Love You Yes, I Do(2’47”)James Brown  

-S.Nix, H.Glover-  BSMF 7534

 

10.One September Day(2’49”)Nina Simone

-R.Stevenson-  Mercury  846 543-2

 

11.Will You Love Me Tomorrow(2’27”)Linda Ronsutatte

-J.Goffin, C.King-  アマゾンからMP3ファイルで購入。

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ 「アサー」入り P.B.B.B. 

 

N  わたしだけの部分は以上です。M01とM09以外はすべてリクエストでお届けし

ました。こういう1回だけの時には、このやり方が良かったと思ってますが、

如何でしたでしょうか。「レギュラーでないとリズムが摑めない」なんてかつては

さも上手に進行させていたような事を言ったらば、「帯でも週1ハコでもオタオタし

ていたのは変わりないぞ」と鋭く指摘されました。その通りですね。失礼。

これ以外は、後日確認してお知らせ致します。なにしろ客演選曲者がその日

新潟出張でしたので。あの場で控えときゃ良かったのですが、オタオタしていて

それどころではありませんでした。

後半のライヴ・マヂック予告特集はわたしの発案です。一度くらいあの伝説的な

「スタジオ・テクノポリス27」の時間帯でピーターと生の放送をしなきゃ、という考えが

ずっとありましたので、この話が持ち上がった時に「ライヴ・マヂックの告知を

ガンガンやっていいから」と誘い出しました。一部ではまずそれがあっての企

画ではなかったか、という誤解を生んだようですが、そうではありません。

ピーター・バラカンをあの時間帯に呼び出せるのは、ワツシイサヲしかいませんよ。まあ、

高額の出演料、あるいは多大なる利点があれば話は別ですが、首都圏で9人

の方々の為にですからね。

当日立ち合ってくれた中央エフエムの方々も、みなさんの凄まじい反応に驚い

ていました。当然だぜ。聴取者から「再放送を」という要望もあったそうで

すが、それは「もう一回ならまた生で」と、お断りいたしました。みなさん

もその方がいいでしょ。同録分をいつもの特別付録のように揚げるのも今回

はナシです。空間に消えて行くハカナキサダメのラヂオホーソーです。音楽も本来なら同じ

でしょう。固定されたレコ—ドやCD使っていますけれどね。今度は、必ずう

まくやるぞ。待っててね。あ、グリ子、ビス子、リス子それぞれの方々はすべて

別人なのですね。勝手に混乱しておりました。これもラヂオならでは。わたし

はみなさんにとっての「アシナガオジサン」になってるかな・・・。

今日は日帰りで大阪シュッチョーです。忙しそうで、カッコいいでしょ。来週からは

いつも通りに続けます。お楽しみに。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 

 

 

Awesome Rock【9/29 O.A.】Playlist

Awesome Rock【9/29 O.A.】Playlist

334回目、9月29日の番組は、


山奥の臆病なリスさんのTwitterから拝借

9月27日にお届けしたAwesome Beatsの生放送にいただいたリクエストにお応えしました。

やはり、深夜ですよ!やはり生放送ですよ!!
生放送に備えて楽曲はがっつり持っていったので、リクエストには余裕で対応はできるはずだったのですが、
不慣れな機材、ミキサー卓に不慣れでそんな余裕がありませんでした、申し訳ありません。
鷲巣さんとも話しまして、またやろう!という話になりましたので、今後もどうぞご期待ください!
全て持ち出しの番組ですので毎週は厳しいですが、不定期で続けたいです。

みなさんからのメッセージやツイートに元気をもらいました。感謝いたします!!
鷲巣さんの無茶な出演依頼を快諾してくださった我が心の上司、ピーター・バラカンさん、
そしてスタジオと放送時間を提供していただき、ド深夜にお付き合いいただいた中央エフエムの皆さまにも感謝いたします。

当日のプレイリストは後日、アップしたいとおもいます。

——————————————————————————

M01: Long Road To Ruin  /  Foo Fighters ※復活Awesome Beatsはこの曲でスタートしました

<コーナー: AwesomeRecommendation>

M02: Uprising  /  MUSE ※リクエスト

M03: Soundboy Killa  /  P.O.D. ※リクエスト

M04: Somewhere Only We Know (Cover)  /  Lily Allen ※リクエスト

M05: New York, New York  /  Frank Sinatra & Tony Bennett ※リクエスト

M06: シンコペーション  /  BABYMETAL ※リクエスト

<コーナー: AwesomeRecommendation>終わり

おしまい♪

中央エフエム Awesome Rock
澤田修の完全監修番組。選曲、編集、トーク、全て担当!
毎週金曜日21時~21時半。再放送:毎週土曜日23時~23時半

 

復活!Awesome Beats 【9/27 O.A.】Playlist

復活!Awesome Beats 【9/27 O.A.】Playlist

00:00:00              M01: Long Road To Ruin  /  Foo Fighters

00:11:29         M02: These Boys Light Fires  /  Ocean Grove

00:14:50              M03. Majoring In The Minors  /  August Burns Red

00:29:33              M04: The Way You Used to Do  /  Queens Of The Stone Age

00:33:49              M05. Head Like A Haunted House  /  Queens Of The Stone Age

00:43:21              M06: Run  /  Foo Fighters

00:51:33              M07: I.G.Y.  /  Donald Fagen

00:57:27              M08. 石巻ブルース  /  チャダ

01:07:51              M09. Buttery (Live at SummerSonic’13)  /  METALLICA

01:12:49              夜食のコーナー(紺のきつね)    

01:16:38              M10. Take Me  /  KoRn

01:25:22              M11. Sober  /  Lorde

01:28:52              M12. Sober  /  Selena Gomez

01:33:09              チャートのコーナー(ワールド)

01:33:59              M13: Believer  /  Imagine Dragons

01:39:45              M14. Tokyo  /  Imagine Dragons

01:43:26              M15. Everybody Dies in Their Nightmares  /  XXXTENTACION

01:45:53              M16. My Mind Is For Sale  /  Jack Johnson

01:52:23              M17. A Moment Apart  /  ODESZA

01:57:21              M18. The Way Life Goes  /  Lil Uzi Vert

02:05:22              M19. 2033  /  Indochine

02:12:05              M21. Shape of You  /  Ed Sheeran

02:17:30              M22. No Scrubs (オマージュ・コーナー)  /  TLC

02:23:28              M23. Unforgettable  /  Thomas Rhett

02:29:13              M24. The System Only Dreams in Total Darkness  /  The National

02:33:28              M25. Ko Ko Bop  /  EXO

02:39:53              M26. Cadaver Pouch Conveyor System バラバラ死体梱包運搬システム  /  Carcass

02:43:54              M27. The Hangman’s Body Count  /  Volbeat

02:49:05              M28. Beyond The Flames  /  Killswitch Engage

02:53:14              M29. Constipation Blues  /  Screamin’ Jay Hawkins

03:00:00              終了

 

復活!Mornin’ Blues @中央エフエム84.0

2017年9月28日3時からの使用曲目表をご覧下さい。


01.I Can Hear Music(3’15”)The Ronnettes  

-P.Spector, J.Barry-  Lgacy 88697612862

 

02.だめでもともと(3’34”)水前寺清子

-T.Hoshino,M.Yoneyama- CRMEG-10387

 

03.Where Were You When I Needed You(3’12”)Al Kooper   

-A.Kooper/I.Levine-  Sony 88875099072

 

04.Talk to me Talk to me(2’42”) Little Willie John

-Seneca- Real Gone Music  RGM-0046

 

05.She Loves You(2’10”)The Chipmunks   

-J.Lennnon, P.McCartney-  EMI-Manhttan CDP 7 48379 2

 

06.メロンの気持ち(2’14”)坂本スミ子

-C.Regual-  unknown  熱烈聴取者から贈与のCDRを使用。

 

07.Country Comfort(4’48”)Rod Stewart   

-B.Toupin, E.John- Mercury 558 059-2

 

08.At Last(2’59”)Etta James 

-Warren, Gordon-  MCPS NOT3CD093

09.I Love You Yes, I Do(2’47”)James Brown  

-S.Nix, H.Glover-  BSMF 7534

 

10.One September Day(2’49”)Nina Simone

-R.Stevenson-  Mercury  846 543-2

 

11.Will You Love Me Tomorrow(2’27”)Linda Ronsutatte

-J.Goffin, C.King-  アマゾンからMP3ファイルで購入。

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ 「アサー」入り P.B.B.B.

Real Rocks 【9/23 O.A.】Playlist

Real Rocks【9/23 O.A.】Playlist


9月23日の番組は、

新作『Concrete and Gold』をリリースした。
Foo Fightersのテイラー・ホーキンスが特別ナビゲーターに就任!


特別ナビゲーターを担当してくれた、テイラーさん。
少し丸くなったのか落ち着いたクール&ワイルドな人でした。

——————————————————–

M01: Run For Cover  /  The Killers

M02: The Sky Is A Neighborhood  /  Foo Fighters

M03: Dream Catcher  /  Faces Of Eve

<コーナー: RockAroundTheWorld >

M04: War  /  Mute Math

M05: Pain  /  The War On Drugs

M06: In Undertow  /  Alvvays

M07: Head Like A Haunted House  /       Queens Of The Stone Age

M08: Tonite  /  LCD Soundsystem

M09: Feel It Still    /  Portugal. The Man

M10: Chocolate Song  /  Tori Amos

M11: Believer  /  Imagine Dragons

M12: The System Only Dreams in Total Darkness  /  The National

<コーナー: RockAroundTheWorld>終わり

M13: The Pretender  /  Foo Fighters

M14: Suda  /  CHON

<コーナー: RockSteadyGo>

M15: Wheels  /  Foo Fighters

M16: Rope  /  Foo Fighters

M17: Tokyo No No  /  Taylor Hawkins

M18: Pure Comedy  /  Father John Misty

M19: Dragon Attack  /  Queen

M20: The Way You Used to Do  /  Queens Of The Stone Age

<コーナー: RockSteadyGo >終わり

M21: Rail/Grit/Line  /  Faces Of Eve

M22: Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)  /  Mr. Big

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M23: Another Day (2007 Remix)  /  Dream Theater

<Ending>

おしまい!

 

今月のリアルロックス・セレクション!UKのテクニカル・プログレバンド、FACES OF EVE!
https://itunes.apple.com/jp/album/faces-of-eve/id1272738346
FACES OF EVE 『Faces Of Eve』
※現在配信のみで発売中。

2015年発売のEPはbandcampのサイトで無料ダウンロードできます(”Feed”オススメ)。
https://facesofeveuk.bandcamp.com/



なぜ、そんなにカメラ目線!

Foo FightersのTシャツをプレゼント!

 

9月23日のZIP-FM REAL ROCKSは、

FOO FIGHTERSを特集!

4時台は、ドラマー、テイラー・ホーキンスが特別にミュージックナビゲーター就任!

彼のワイルド&セクシーなトーク、選曲でお楽しみにいただきます!!

さらに

FOO FIGHTERSのTシャツをプレゼント!!

こ、これは街で着れる!!!!

2名様に差し上げます!

欲しいという方は、
郵便番号、住所、お名前、電話番号、希望のサイズ、メッセージご記入のうえ、

メール、またはZIP-FMのwebsiteメッセージにアクセスしてください。

メール・アドレスは realrocks@zip-fm.co.jp

websiteは zip-fm.co.jp です。

応募締切は、9月28日(木曜日)午後23時59分までとさせていただきます。

みなさんのご応募お待ちしています!

※Tシャツのサイズは、まだ手元にないためご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください!

 

【幻】モーニン・ブルーズ 2017/09/23

mb170923

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。

まゆりんからお便りを貰いました。「九月ももう半分、音楽と一緒にゴキゲン

にいきましょう」、そうです。今朝はもう23日、彼岸の中日ドラゴンズです。

「この八月は知らない間に始まって気が付いたら終ってた」なんて言って

ましたが、「夏が終るまでに」ジュリ—・ロンドンの「夏の日の恋」が間に合って聞

けたのは、今年の夏の大きな収穫でした。

九月も同じでようで、@いう間に過ぎて行ってしまいます。そして今月中に

何とか聞きたかった1曲があります。

それはテムプテイションズの「トライ・トゥ・リメムバー」、見つけました。聞きましょう。

 

M01.想い出の9月 (3’02”)テンプテーションズ  

-T,Jones, H.Scmidt- ユニバーサル  UICY-77403

 

N  シンガ—ズ・アンリミテドのヴァージョンをお届けした8月26日に「LP3枚組を探さなき

ゃダメかな」と言ったらハチオ—ジーさんが「2枚組で持ってる」とのお答えだった

ので折りに触れて探していましたら、何と国内盤で出会いました。それも廉

価1,000円シリ—ズです。『イン・ア・メロー・ムード』というスタンダードを集めたアルバムに

入っていました。

まだ学校へ通っていた頃かなあ、モータウンのオリジナルと見れば買っていまして、

このLPも確か持っていました。その頃はこれらの楽曲を味わうには年功、経

験が不足していたようで、ろくに聞かなかったですね。「トライ・トゥ・リメムバー」

は当時の子分が3枚組のアンソロジーを持っていて、それで聞いて覚えていたよう

です。

本当に久し振りに聞いて、エディ・ケンドリクスのファルセトゥ・リ—ドだったのが意外で

した。記憶と違うなあ。皆様ご存知の通り、頻繁に起こる出来事なのですが。

先ほども言いましたように、このアルバムはテムプスのオリヂナル・ヒットの入っていな

い北米歌謡界定番曲集です。これ以前のゲーノー界では、こういうのを上手に唄

うのが是とされていまして、モ—タウンはそれと違う新しさ、「ザ・サウンド・オヴ・

ヤング・アメリカ」で全米を席巻した訳ですが、ベリー・ゴーディー・ジュニア自身はかな

り保守的な感覚の持ち主で、成功した唄い手には結構この手のスタンダード物を

吹き込みさせてますね。

ではテムプテイションズ、『イン・ア・メロウ・ムード』 からまた聞きましょう。

「ハロー・ヤング・ラヴァーズ」。

 

M02.ハロー・ヤング・ラヴァーズ(3’01”)テンプテーションズ  

-O.Hammerstain II, R.Rodgers- ユニバーサル  UICY-77403

 

N  「ハロー・ヤング・ラヴァーズ」でした。今のは全員のハ—モニ—で終始するこの頃でも

古い白人ヴォ—カル・グル—プのスタイル。フォ−・フレッシュメンみたいなね。でも後半エディケン

が絡んで来る辺りは、流石テムプスです。燃え上がったドゥーワップの後にソウル・ミュ—

ジック界でのヴォ—カル・グル—プを牽引したのは紛れもなくテムプテイションズですが、多

分ね最初のうち、つまり「ザ・サウンド・オヴ・ヤング・アメリカ」でやって行けるま

では、クラブなどでこの種のスタンダード曲を多くリパトゥワにしていたんでしょう。

同じくモータウンでオリヂナルのヴォ—カル・グル—プ・スタイルを確立したフォー・トップスも、ホラ

ンド・ドジャ−・ホランドと出会うまでは、まるでフツ—のジャズ・コ—ラス・スタイルで遣っ

てまして、驚かされます。モ—タウン以前の方が「芸能界の大人歌」なんですよ。

フォー・トップスにはH=D=H、そしてテムプスにはスモーキー、それぞれの企画制作責任

者の存在、大きいですね。ちなみにこのアルバムはフランク・ウイルスンとジェフリー・ボウン

のプロデュースで、編曲者には、オリヴァ・ネルスンやドン・コスタなどが名を連ねています。

さてこのアルバムでは各曲リード・シンガーを替えて配しているのも特徴のひとつ。

メルヴィン・フランクリンやポール・ウイリアムスも前面に出て来ます。おそらく昔の持ち歌な

んでしょう。しかし、このアルバムではどちらかというと控え目にしている、世

界の恋人デイヴィド・ラフィンがやはり光ります。次は正にデイヴィドのための歌の

ようにも聞こえます。

「見果てぬ夢」。

 

M03見果てぬ夢 (3’32”) テンプテーションズ  

-J.Darion, M. Leigh- ユニバーサル  UICY-77403

 

M04.Fool Me Once(3’50”)Lukas Nelson    

-L.Nelson- Fantasy Universal 0888072033481

 

N  突然のファンキーなカントリ—曲は、ルーク・ネルスンの「フール・ミー・ワンス」。実にいいアンサムブ

ルですね。わたしには初めての男ですが、なんとウイリー・ネルスンの息子で、既に相

当なカリアを持っています。このアルバム『ルーク・ネルスン・アンド・プロミス・オヴ・ザ・リア

ル』の録音セッションには、御大ウイリ—の他「ミカ・ネルスン」という女性も参加していて、

彼女も親族のひとりではないでしょうか。ウイリ—はてっきり天涯孤独だと思っ

てたのですが、またまた意外です。

この夏に発表されたこのアルバム、わたしは例によって何の事前知識もなく、

某レコ—ド店で「あと1枚お買い上げになると、ポイント10倍ですよ」とそそのかさ

れて手に取ったのですが、良かった。一筋縄では行きそうもない頑固さと屈

折のない素直さが入れ替わりに顔を出す、深い味は時間をかけて楽しめそう

です。重苦しく始まりますが、充分な面白さを持っています。

次は素直なルークの横顔をどうぞ。ウイリーの声も聞こえます。

「ジャスト・アウトサイド・オヴ・オースティン」。

 

M05.Just Outside Of Austin(4’44”)Lukas Nelson 

-L.Nelson- Fantasy Universal 0888072033481

 

M06.Plan B(3’32”)Randall Bramlett  

-R.Blamlett-  New West NW6398

 

N  前時代的なアブストラクトなソロが続いたこの曲は「代案 プラン・ビ−」です。店頭試

聴器で冒頭の妙なリズムに惹かれ、レイベルがヌー・ウエスト・レコーズだったので信用し

て買ってみたランドール・ブラムレットという男の、『この世の果ての溜まり場 ジューク・

ジョイント・アット・ディ・エッヂ・オヴ・ザ・ワールド』というアルバムです。ランドールは鍵盤

を弾き唄います。サクスフォーンも吹いてますね。これまで相当な数多くの録音、実

演でカリアを持っていて、結構複雑な造りを持った響きの中に彼の歴史が見え隠

れします。この盤もわたしには未知との遭遇でして、聞いていたら60年代後

半からの50年近いロック音楽の歩みみたいのを強く感じました。それでランドール・

ブラムレットを調べたら、やっぱりね、となった次第です。彼にとってはここが行

き尽いた『この世の果ての溜まり場』なのでしょうか。

あなたも時折、出くわすでしょ、古臭くい調度で、捨てられない昔のおも

ちゃみたいのが積み重ねてあって、清潔感のない店主が座っているだけの、

客が来ないバ—。そんな感じかな、アルバム全体は。『この世の果てのたまり場』

そのものです。

ではその店主が気に入っている曲をもうひとつお聞き下さい。

「ドゥ・ユー・ヲント・ビ・フリー」。

 

M07.Do You Want To Be Free(3’53”)Randall Bramlett 

-R.Blamlett-  New West NW6398

 

M08.Slippery Hip(3’40”)Ben Sidran  

-P.Upchurch-  ユニバーサル  UICY-76186

 

N  はい、先週お話ししたベン・シドランの「スリパリー・ヒップ」です。彼のごく初期の

アルバム『アイ・リード・ア・ライフ』からです。今世紀に入って国内盤も出ていたので

すね。思い出したら急に聞きたくなって、探しました。

今のご機嫌な1曲は、ベイスがフィル・アップチャーチ、ドラムスはクライド・スタボ−フィールドと

いう強力なふたり、ピアノ、電気ピアノ、ハモンド・オルガンはベン・シドランです。こう

いうシムプルなモチ—フをここまでリズム的に面白く、おそらくは殆どを即興で仕上げ

てしまえる能力をベンは持っています。カッコいいね、ほんと。

そう言えば先週のベンに触れた大事な部分に間違いがありまして、ここに正

しく記し直しておきます。彼の学位論文「ブラック・トーク」の確信に触れたとこ

ろですので。以下。

「リズムと社会は非常に密接な関係があり、同じ瞬間にそれぞれは突然新しく

変わって行く」以上です。他の場所にも2箇所間違いがあるのに気付きまし

たが、許してね。4枚組『トレインズ・アンド・カーズ』の解説に「要再校正」なんて

言ってたら、自分の文章が「要再読」でした。

ベン・シドランのアルバム『アイ・リード・ア・ライフ』からもう1曲聞きましょう。

「エリヤフ」。

 

M09.Eliyahu(3’06”)Ben Sidran   

-P.Upchurch-  ユニバーサル  UICY-76186

 

N  聞き覚えのないことば、風変わりな響きの「エリヤフ」。これはヘブライ語で唄われ

ていて、ユダヤの古い言い伝えを元に楽曲化した物らしいですね。エリヤフは予言

者イーライジャの事で、ジーザス・クライストの出現を告げるためにこの世に現れた人間

だそうです。世界最大のベストセラー聖書すら読んでいないわたしには理解が届き

ませんが、ベンは自分の出自であるユダヤ文化を大切にしていて、先週お話しし

た日本で立ち上げたレイベルのゴージャズでもユダヤ音楽のアルバムを作っていた筈で

す。ファンキ—なベンのシーリアスな側面を、ほんの少しお目にかけました。

さて先週何気なく口にした「ジャムに毛の生えたようなセッション」というのがコヒ

さんに気に入って貰えたようです。どうもありがとう。今週もベン・シドランで

行きましょう。「バック・ダウン・オン・ザ・ステイト・ストリート」。

これも「ジャムに毛の生えたようなセッション」の正規楽曲化ですね。

 

M10.Back Down On State Street(6’20”)Ben Sidran 

-P.Upchurch-  ユニバーサル  UICY-76186

 

M11.Sweet Little Rock’n’Roller(3’49”)The Bunch 

-C.Berry-  Talking Elephant TECD227

 

N  8月にチャック・ベリーをちょこっとまとめて聞いてもらった時に、マロンさんから

感激のお便りを頂いたバンチという集まりのアルバム『ロック・オン』、手に入りました。

これは「ジャムに毛の生えたようなセッション」ではなくて、ちゃんと楽曲を決めて、

事前に誰が何を演るか決めて、はい本番で演奏したものですね。サンデイ・デ

ニー、リチャード・トムプスンというフェアポ—ト・コンヴェンション在籍者を中心に集まったメムバ—、

1972年の録音です。

楽曲は殆どが古いロックンーロール・ヒッツ。お馴染みの歌ばかりです。そういった楽

曲と、みんな結構真面目に取り組んでいるのですよ。この国でこういう事を

やろうとすると、ありもしなかった「懐かしのオールディーズ」とか言われて、選

曲も編曲も非常に安易なゲーノー界色に染まってしまうでしょ。そうじゃないん

だな。

今のは「ネイディーン」と同じくチャック作の「スウィート・リル・ロケンローラー」、ロド・ステュアー

トのカヴァが有名ですね。

さて、こんな渋い歌もしっかり入ってるのが偉いところです。どうぞ。

 

M12.Willie And Hand Jive(3’36”)The Bunch  

-J.Otis-  Talking Elephant TECD227

 

M13.Jambalaya(On The Bayou)(3’26”)The Bunch  

-H.Williams-  Talking Elephant TECD227

 

N  バンチのアルバム『ロック・オン』から「ウイリーと手淫」、そして「ザリガニ入り南部炊き

込みご飯」でした。リズムの重みが時代背景を感じさせますね。ハ—ドロックの悪影

響ですか。先ほども言いましたように、メムバ—の真剣味が普通じゃないですね。

もう少しC調さがあっても・・・あ、無理は言いません。みんな真面目な人た

ちばかりです。

このアルバムを通して聞いていて、フェアポート世代に北米ロックンロ−ル曲の影響は、実

際にどのようなものがあったのか、興味が沸きました。ビ—トルズ、ローリング・

ストーンズ共に同じところから多大とは言えない位の刺激を受けて音楽に狂って

しまった訳ですが、それとは少し違うんじゃないかな、そんな気がします。

ではバンチ、もう1曲行きましょう。これです、決定的です。

「ザ・ロコモーション」。

 

M13.The Locomotion(3’00”)The Bunch    

-G.Goffin, C.King-  Talking Elephant TECD227

 

M14.Choo-Choo Ch’ Boogie(2’53”)Kenny Roberts 

-Horton, Darling, Gabler-  ドキュメント 222687-354

 

N  はい、機関車関連で繋がりました。ドキュメントの4枚組『トレインズ・アンド・カーズ』

からですよ。聞く程に味が出るコムピュレイションですね、この組み物は。特にカントリ—

系の楽曲は知らない物が多いので、とても面白い。多くの音楽家たちに汽車

の存在が、実に様々な発想、連想を促したか、という事の証明でしょう。

わたしが十代の頃、夜更けに自分の部屋から汽笛がよく聞こえました。ち

ょっと離れた所にあった国鉄の操車場からの鳴き声です。その瞬間、ある種

の感慨が湧くのですが、歌には出来なかったなあ。サイノーの違いですね。

さあ今朝も、夜明けの列車、出発ですよ。ロンドン発蒸気機関車に続きまして

アーカンソー発テネシー経由の「チュー・チュー・チ・ブーギ−」でした。これは先週もお聞き頂

きましたルイ・ジョーダンの代表的なヒット曲ですが、カントリーの世界でももはや定番で

すね。多くの、特にカントリー・スイングの楽団は必ずリパトゥワに入れてます。スティールギ

タ—、フィドルが効果的で、のんびりしてますね。オチの「テイク・ミー・ライト・バック・トゥ・

ザ・トラック」の「ジャック」は意図的に外してるんでしょうか。ルイのヴァ—ジョンでは、

そこで韻が完結するような気もするのですけれど。

4枚組『トレインズ・アンド・カーズ』から、今朝は汽車だけに限ってお届けしまし

ょう。

次はミラ—兄弟で「田舎列車」。

 

M15.Local Choo Choo(2’16”)Miller Brothers    

-Smith, McGrew-  ドキュメント 222687-354

 

M16.Lonesome Train Blues(2’50”)Hank Penny

-Smith-  ドキュメント 222687-354

 

N  時刻通り運行中ですが、何とも頼りない「ロ—カル・チューチュー」、ミラー・ブラザーズ。

そしてこちらは「明日までに着きゃいいや」というような感じの「ロンサム・トレイ

ン・ブルーズ」、ハンク・ペニーでした。アコーディオンがいい味出してます。

さて先ほどカントリ—・スウィング楽団の話が出ました。その代表格、老舗、大御所

ボブ・ウィルスが、エリントンの「A列車」に乗車です。これは確かヌー・ヨークの黒人街行

きの地下鉄ではなかったでしょうか。

 

M17.Take The “A” Train(3’08”)Bob Wills 

-Strayhorn-  ドキュメント 222687-354

 

M18.Train Whistle Nightmare(2’42”)Joe Lewis

-Lewis-  ドキュメント 222687-354

 

N  ボブ・ウィルス「テイク・エイ・トレイン」でした。ヌー・ヨ—クの地下鉄はどれも騒音が酷く

て、妙な緊張を迫られます。はやく目的の駅に着かないかな、そんな事ばか

り考えます。ボブ・ウィルス運転手の方はずっと乗っていたくなるような、のん

びりしたA列車でした。そして「汽笛、夜更けの妄想」ジョ−・ルイスは1954年の

録音です。まだしっかり起きて意識が確かなままに考え事をしているようで、

あまり淋しさ、恐怖のないナイトメアですね。

さて予言者ワトゥーシ・アイザオ、また大当たり。この4枚組『トレインズ・アンド・カーズ』

を聞いていたら、快速夜汽車の発車に出くわしました。運転手は紀見田では

なくて、ジェイムズ・ブラウン、車掌は朴田ではなくて、ボビ−・バードです。

 

M19.Night Train(3’30”)James Brown  

-J.Forrest-  BSMF 7535

 

N  ジェイムズ・ブラウンで快速「ナイト・トレイン」でした。このトラックを含むJ.B.の器楽曲

集が来月再発売されます。唄入りファンク曲が殆どの彼の作品の中で、演奏だけ

のトラックには結構面白い物が多く、今の「ナイト・トレイン」はその代表です。先ほど

の「A列車」ボブ・ウイルスと同じく掛け声がジェイムズの役割で、大陸横断夜汽車

の行き先案内をしていました。

これはジミー・フォレストのヴァ—ジョンがオリヂナルとされていますから、速度をあげた

てはいますが、カヴァ−です。次の1曲は、「ロコモ—ション」のヒットにあやかって作ら

れたデッチ上げ便乗曲でしょう。ジャングル的管楽器群とストップ・ブレイクのギター・コー

ドが聞き物です。

「チュー・チュー」。

 

M20.Choo-Choo(Locomotion)(2’54”)James Brown 

-J.Brown-  BSMF 7535

 

M21.A Walk In The Black Forest(2’32”)Horst Jankowski   

-H.Jankowski –  Universal 06024 9837762

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N  最後は汽車と関係なく、森林散歩の歌「森を歩こう」、作者のホルスト・ヤンコフス

キでした。イージ−・リスニングとは別の、ジャズ・コムボ仕様でお送りしました。

先週最後の1曲だった「ビリー・ボーイ」のレッド・ガーランドを 聞いた瞬間にピア

ノの音色からホルスト・ヤンコフスキを連想しました。楽器はどれもそうですが、演奏者

の技、略歴、性格を映し出します。本来は音色調整の出来ない筈のピアノが正

にそのショーチョー。人によって出る音は千差万別です。そんな事を連想しました。

遠い昔に一緒に働いていた仲間と再開する機会があり、沢山の話をしまし

た。その時に彼の同僚が「ウツツ」モ—ニン・ブルーズを熱心に聞いてくれていた、と

いう話題が出ました。「大田区の方の建築設計士で・・・」、覚えています。

いつも明け方まで起きていて、凝ったリクエストをくれた人ですね。「ワツシイサヲとい

うのが・・・」とわたしの仲間に話して「その人知ってるよ」となったよう

です。これが電波の面白いトコロです。

奇しくもその話をした直後に、その建築設計士が送ってくれたメイルの紙出し

を見つけました。放送中は全てを保管していましたが、番組完了後は裏が白

紙だったので貰って帰って、コピ—用紙として使っていたのです。なんせ人気

番組だったのでその量が多くて、まだ残っているのですよ。この情報を流用

をしてはいけないのですが、仲間経由で来週の臨時特別「ウツツ」、教えられる

かなあ。

電波ではなくて、パースナル・コムピュータで伝説復活を聴くには、次の手順です。

サイマルラジオのサイト (http://www.simulradio.info) から「中央エフエム」を探して(関

東の左から三列目、上から五段目)、そこの「放送を聴く」をクリックすれば、

それだけで聴取出来ます。ただマッキントッシュ・コムピュータだと、音声アプリケイションが

更に必要な場合があります。

PC巧者の澤田修からも、以下のような指導がありました(全文ママ)。

1.本サイト(鷲巣注 http://www.simulradio.info)の閲覧環境について

本サイトは下記のブラウザを利用してご覧ください。

Internet Explorer 6以降

Netscape 7以降

Opera 7以降

Safari 1.2以降

Firefox1.5以降

2.視聴の推奨環境について

  • Windowsでの視聴

OS : Windows XP , Windows Vista

ソフトウェア : Windows Media Player 9以降

  • Macでの視聴(※1)

OS : Mac OS 10.3.9以降

ソフトウェア : QuickTime 6.5以降

  • 1 : Macでの視聴の際には下記のソフトウェアのインストールが必要です。→ Flip4Mac

とあります。Flip4Macというソフトウェアをインストールしないと再生できないのか

もしれません。ただ、Macで聴いている人はいるので、最新のOSなどであ

れば問題なく聴けるのかもしれません。

みなさん、お分かりでしょうか。わたしは、ソフトウェアのインストールでつまづきま

した。OSが「10.9.5」なのにね。

 

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/263401f7dc43707e00eff7e30f362d6d86f28523

  ダウンロードパスワードは、exq1pqp6です。

さあ、今朝もちょうど時間となりました。来週は生放送の使用曲リストで許し

てね。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週は首都圏で9人のあなただけに、

中央エフエムから生音声でお届けします。

もちろん全国で9500万人のあなたにも、アサー。聞いてね。

 

 

東京都中央区にある中央エフエムからの生放送です!
※当日はド深夜の放送になりますので、スタジオ前からの観覧はできません。サテライトスタジオからの無観客放送になります。