カテゴリー : Recommend

PERIPHERY meets FLORENCE + THE MACHINE

Florence + The Sphinx_ Sumerian Ceremonials - A Tribute to

Periphery, Born of Osirisなどテクニックばりばりのメタルバンドを多数擁するスメリアン・レコーズ。
sumerian

そのスメリアンに所属するアーティストたちによる
Florence + the Machineのトリビュートアルバムを5月13日にリリースするようです。

Main
タイトルは、「Sumerian Ceremonials (Florence + The Sphinx)」

3曲が公開されていますが、特筆すべきは
ペリフェリーですね。
正直、Only if for a Nightのカヴァーとなると、退屈なものか過激過ぎるものにしか仕上がらないと予想しましたが、
見事なバランス感覚で絶妙なカヴァーに仕上げています。
スペンサーのボーカルのキレも抜群。


PERIPHERY – Only If For A Night


Only if for a Night – Florence + the Machine
「Sumerian Ceremonials (Florence + The Sphinx)」
01. Periphery – Only If For A Night
02. Stick To Your Guns – Dog Days Are Over
03. Ben Bruce (of Asking Alexandria) – Shake It Out
04. Darkest Hour – Spectrum
05. Miss Fortune – No Light, No Light
06. Fever Dreamer – Leave My Body
07. Born of Osiris – Seven Devils
08. Come The Dawn – What The Water Gave Me
09. Upon A Burning Body – Lover To Lover
10. Mike Semesky (of Intervals) – Hearlines
11. Dead Letter Circus – Remain Nameless
12. City In The Sea – All This And Heaven Too

Cosmic Loveがないのが、残念。
よくぞ、難易度高そうなF+TMのトリビュートなんて作ってくれました。

絶対、買います!

Architectsの新作が強力な予感


Architects – “Naysayer”

UKのArchitectsの新曲が公開されました。
キレっキレで、ヘヴィかつ叙情的なメロディも混在していて、強力です!

samarch
新作『Lost Forever // Lost Together』は3月11日、Epitaphからリリースされるようです。

プロデューサーはスウェーデンの名プロデューサーFredrik Nordström(フレドリック・ノルドストローム)。

今年、最高にゴキゲンなクリスマスアルバムは

bvdd
AL「It Feels Like Christmas Time」 Big Bad Voodoo Daddy

2013年、最高にゴキゲンなクリスマスアルバムは、南カリフォルニアのジャズ・ビッグバンドの1枚です。


Big bad Voodoo Daddy / All I Want For Christmas is My two Front Teeth (前歯のない子のクリスマス)

アレンジも素ん晴らしい。


Big Bad Voodoo Daddy / Rudolph The Red-Nosed Reindeer

パーティー仕様でもあり、独り聴きでも全然OKな良作です。

Twelve Foot Ninja


Twelve Foot Ninja – Coming For You

ミクスチャー度がものすごい1曲です。
オーストラリア、メルボルンのバンド。来年訪れる予定があるので、ライブとかやっててくんないかしら。
アルバムも素晴らしいごった煮&変態度高いです。

Twelve Foot Ninja
AL 「Silent Machine」 / Twelve Foot Ninja

はっきり言ってクリスマスとは全く関係ないです(笑)

カッケーバンド発見:The Temperance Movement

The Temperance Movement

The Temperance Movement : Only Friend (Rehearsal Session)
ギターは元Roosterのメンバーです!


The Temperance Movement : Don’t Call It (Rehearsal Session)

Born of Osiris – Tomorrow We Die ∆live (Album Preview)

プログレッシブ・デスメタルシーンの重量級バンド=Born of Osiris

Born of Osiris – Tomorrow We Die ∆live (Album Preview)

BORN-O~1

8月20日発売(日本盤は9/25発売)のアルバム『Tomorrow We Die Alive』のプレビューが公開となりました。

実に強力なトラック満載で内容は『The Discovery』を軽く凌駕しています。

 

 

Snakadaktal スナカダクタル

snakaaa
プカプカ、、、
Snakadaktal(スナカダクタル) AL「Sleep In the Water」

8月2日に発売となりました、オーストラリアの若き才能!スナカダクタル。


Snakadaktal – Hung On Tight

この一曲を聴いてから、ずーーーーーーーーーっと夢中です。

他の曲もいい曲多々有り!
日本では、CDの入手が困難ですのでiTunesが手っ取り早いかとおもいます。
わたしはオーストラリアのサイトでCDも注文しました。届くのが楽しみです。

番組などでも紹介していきます。

BEST of 2012

澤田修的ベストオブ2012!

悩みぬいた結果、なんかまとまりのないベスト選出になってしまいました。
あえて順位はつけていません。
多分、【あ、忘れてた!】という作品もあるとおもいます。


Babel / Mumford & Sons

リリース前からすごい勢いを感じた作品。実際に全米・全英チャートを制覇!
内容も文句なし。


Gnosis /  Monuments

ロンドン発!将来を期待されるジェント系バンドのデビュー盤!
収録曲”DOXA”は鼓膜が破れるまで聴きました!w


Periphery II  /  Periphery

ジェント系で最も完成度が高かった作品。何かにくじけそうになったとき”Make Total Destroy”を何度聴いたことか(涙)
Dream Theaterのジョンが参加!


Forever I Can Purr  /  The Dodoz

フランス産のロックンロールバンド。”Happy Soldier”、”Dum Dum”はパーティー・キラーチューン!


Night Visions  /  Imagine Dragons

ラスベガスのバンド。
今年一番美しいイントロを持つ一曲”Amsterdam”収録!  ←澤田の独断です
EPを出し続けファンベースを築き、アルバムのリリースタイミングを図っていた彼ら、デビュー作となる本作は全米初登場2位を記録!


SOME NIGHTS  /  Fun.

世界的ブレイクを果たしたセカンドアルバム。ファーストも良い、セカンドよりも音楽の幅がある作品です。


Remembering You  /  POEMA

ニューメキシコ出身の美人姉妹ポエマのファーストAL。優しいメロディ、美しいハーモニーに癒されました。


How To Shoot Lasers From Your Eyes  /  CAGE9

一曲目の大キラーチューン”Drugstore Cowboy”から、Cage9節炸裂。


World from the Side of the Moon / Phillip Phillips

アメリカン・アイドル出身のボーカリスト。
”Home”はColdplay + Dave Matthews Bandの理想的なカタチ!


All Or Nothing / Pennywise

彼らは変わらない、、、そして中心人物のボーカリスト=ジムが抜けても変わらなかったことがすごかった。
パンクロック好きなら必聴の一枚!


TRANSFORNATION / Fail Emotions

ロシアから現れたトランスとメタルを大胆に融合させてしまったバンド。
番組でOAしても反響ありました!


Ground Dweller / Hands Like Houses

Closure In Moscow好きな私としては、アルバム内の1曲”Don’t Look Now, I’m Being Followed. Act Normal”、これだけでやられました。
無駄な絶叫咆哮なしの曲勝負の良盤!

 

個人的に【アルバム】として一枚通して聴ける作品が少なかったなーー。
あと、チープな宅録したようなシューゲイザー作品が台頭してきて、豪快な音を鳴らすロックを欲していた一年でした。

来年2013年、Ozz Fest Japanの開催など、ヘビーな一年になる予感がしています。
個人的に注目しているのは、Heaven’s Basementのデビューアルバム「Filthy Empire」!
発売は2月!

それでは、みなさん来年もよろしくお願いします!

Heaven’s Basementの新作がいよいよ2月4日に、、、出る!

今年の前半は、このバンドに首ったけ(なんか表現古っ)!
この時代にこの音!?しかし、ドキャッチーなサビとコーラスにあんたのハートはヤツラのもの!
そんなゴキゲンなバンドがこいつらだ!

Heaven’s Basement!

とにかく勢い感じるったらありゃしません。

Heaven’s Basement – Nothing Left To Lose (Official)


Heaven’s Basement – Fire, Fire (Official) なんだ、このサビ!

 

2月4日にアルバム「Filthy Empire」が出ます!
私は既に予約済!

Diamond Rings!!


Diamond Rings!!
カナダ出身のアーティスト。
今月、2枚目のアルバムFree Dimensionalを出したのですが、なかなか素敵なエレクトロポップを奏でていて耳にこびり付いちゃって大変です。
ニューウェーブ、グラムロック好きは注耳っす。


Diamond Rings performing “Runaway Love” on KCRW