カテゴリー : Recommend

Elegy / Trust (1997年)


ELEGY / TRUST

今日、何度もリピートして聴いていた曲。
オランダのELEGYの1997年の名曲“TRUST”。
プログレッシヴな要素を持つメタルバンドとして90年代ちょっぴり人気を博したバンドです。
イントロからエンディングまで荘厳かつ劇的、疾走感にあふれた名曲!
初めて聴いたときから忘れられない、不思議な力が湧いてくる一曲です。

全編で、加入したばかりのイアン・パリーのエモーショナルなボーカル!
そして、ヘンクのあふれる才能が開花しまくっています。
自分の元祖は臭メロなハードロックなのだと再認識させられます(笑)

さっき、アルバム「State of Mind」をamazonで調べたら中古で90円で売ってました。泣ける。

めっちゃダッサイけど、人の良さが伝わってくるところも素敵度が上がります。


Elegy – Destiny Calling
この曲の激情っぷりもたまらん!


Invisible Titans – I Am Abomination
個人的な勝手な解釈ですが、現代のI AM Abominationは彼らのDNAを受け継いでいるとおもっています!
(ただ、以前インタビューで触れましたがスルーされたのでエレジーのことは知らないとおもわれます)。

TheAll-AmericanRejectの新作「Kids In The Street」が良い

今月下旬(米国26日、日本28日)に発売となる
TAARの通算4枚目の新作「Kids In The Street」が痛快なロックアルバムなんです。

名曲だらけの大傑作「Move Along」、“Breakin’” 収録の3rd「When The World Comes Down」から3年!
新作は“来たぜ”という気持ちです!

今作は、リラックスした雰囲気で音を出しているスタジオの空気が伝わってきます。
『俺たちロックが好きなんすよ!』という想いが伝わってきます。

タイトル曲は、かなり胸キュンです。
リード曲“Beekeeper’s Daughter”も彼ららしさを持った曲です。

楽しみだ!


The All-American Rejects – Beekeeper’s Daughter(新曲)


The All-American Rejects – Move Along (名盤からの一曲)


The All-American Rejects – It Ends Tonight(名盤からの泣きの一曲)

木田ゆきのちゃん、映画『キリン』に出演中

学生時代はZIP-FMを聴きながら勉強していたという、
名古屋出身の女優=木田ゆきのちゃんが、現在公開中の映画『キリン』に出演中です。


て、天使みたいじゃん!

役どころは、主演の真木蔵人さんの元妻!
劇中所々出演しているそうです。

東京では現在公開中!名古屋公開は4月から!
劇場で観られる方は、注目です!!

◆詳細
『キリン POINT OF NO-RETURN!』
監督:大鶴義丹
主演:真木蔵人

原作:少年画報社ヤングキングにて現在も連載中の漫画
キリン」作者:東本昌平さん
2012年3月3日(土)から池袋シネマ・ロサにて公開中。
■映画『キリン』HP
http://www.kirin-movie.com/

■上映場所
池袋シネマ・ロサ
http://www.cinemarosa.net/nextschedule.htm
■時間
3月4日(日)~9日(金)の上映時間は
16:30/18:30/20:30
■アクセス
http://www.cinemarosa.net/annai.htm

■各地域上映詳細
東京都 池袋シネマ・ロサ 3/3(土)~終了未定
愛知県 半田コロナシネマワールド 4/14(土)~
愛知県 豊川コロナシネマワールド 4/14(土)~

福井県 福井コロナシネマワールド 4/14(土)~
岐阜県 大垣コロナシネマワールド 4/14(土)~
広島県 福山コロナシネマワールド 4/14(土)~
石川県 金沢コロナシネマワールド 4/14(土)~


ひとつ、ヨロシク!

SKRILLEX “Bangarang” New Video!!


SKRILLEX – Bangarang [Official Music Video]
早く来日してほしい。
FujiRockFesに出演してレッドマーキーの深夜だったら素敵すぎます。

話が変わりますけど、この映像シュール過ぎません?

Sepultura – Convicted In Life
すげー、観客とバンドの温度差(笑)

しかし、

Music Stationにlamb of godが出てもアリなのかもしれないと希望を持てる映像でした。

高級リムジンに乗ってFooFighters名古屋公演に行こう!!

現在、澤田修が担当しているロック番組『リアルロックス』ではスーパー・グレイト企画が話題となっています。
質素・堅実・エコ・コンパクトな番組リアルロックスとはおもえないくらい内容が豪華なんです!!!

『Good Speed Real Rocks × Foo Fightersコラボ企画
ホワイト・リモ・クルージング
~リムジンに乗ってFoo Fightersのライブに行こう!』

3月9日金曜日に行われるFooFightersのライブ会場に高級リムジンで乗りつけるというロックで素敵なツアーに合計2組4名のリアルロッカーズをご招待します。
さらに1組2名様には即ソールドアウトしてしまったプレミアチケットを付けてご招待!!
ライブ当日、16時にZIP-FM前に集合して名古屋市内をリムジン・クルージングしてから18時到着を目指してZEPP名古屋に向かいます(開演時間は19時半です)!

応募先は、
ZIP-FM ホームページ( zip-fm.co.jp) にあるエントリーにアクセスしてご覧ください!
※メッセージは「行きたい!」というコンパクトでシンプルな思いより、熱苦しい思いを書いたほうが当選確率は上がります!FFに対する想いなど爆発させてください!

 

興味あるかたは是非ご応募くださいませ!

アルバム「21」

ダサかっこいいの象徴的ジャンル=ジャーマン・メタル

青春時代、そのジャーマン・メタルに魅せられてしまった澤田です。

 

最近、アデルの「21」がグラミー賞効果で再びチャートを席巻していますが、この「21」も忘れてはいけません!

ジャーマン・メタル歴26年、前進のバンドAvenger時代を含めたら28年というゲルマン鋼鉄時代の生き証人ピーヴィーさん率いるRageの21枚目のアルバム「21」!

相変わらず機械がプレイしているかのような正確かつ重厚なリズム隊は健在です!


テクノロジーの進化による音質向上の恩恵を受けているのは、ジャーマン・メタルなのかもしれません。
昔から暑苦しさ全開でしたが、それに輪をかけて熱波です、これは。

手作り感のあるホームページはコチラ!
http://www.rage-on.de/

 

あと、ジャーマン・メタル界の重鎮!ジャーマン・メタル界の桃太郎飴ことRunning
Wildも復活しました(解散時期はわずか2年!笑)。

ロックン・ロルフ先生も帰ってくることですし、是非2組で来日してほしいものです。

DJヤります!SCREAM OUT FEST 2012

いよいよ、今週末開催のメタルフェスに出ます!
TRIPLE VISION Presents SCREAM OUT FEST 2012
http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/02scream/

転換DJとして絶叫マシーン・ロン先生と一緒に頑張ります。
私が尊敬する、私にとってのロックスターが遊びにくる予定です。
ラインナップもすごいことになっていますので、皆様ひとつよろしくです。

公演日 2/18(土) – 2/19(日)
会場:東京 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 15:30 / START 16:30

Acts
<2/18>
A SKYLIT DRIVE
WE CAME AS ROMANS
DREAM ON, DREAMER
CROSSFAITH
NEW BREED
ASHLEY SCARED THE SKY

<2/19>
WE CAME AS ROMANS
A SKYLIT DRIVE
DREAM ON, DREAMER
HER NAME IN BLOOD
FEAR FROM THE HATE
キバオブアキバ

DJ/MC

DJ SAWADA and RON

TICKET 1日券¥6,000-(税込/All Standing/1Drink別)
2日券¥11,000-(税込/All Standing/1Drink別/特典付)
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:1日券154-762/2日券 780-106
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:78710
イープラス:eplus.jp
※0570で始まる電話番号は、一部携帯・PHS不可

INFO クリエイティブマンTEL:03-3462-6969
主催・企画:TRIPLE VISION entertainment 協力:クリエイティブマン

頭振りたいならコレだ! BLEEDING THROUGH / 「The Great Fire」

もう7枚目なんですねーー。
米国オレンジカウンティー産のブリーディング・スルー!
今回も期待を裏切らない内容に仕上がっています!さらに、ライブ映像満載のDVD付きの2枚組でおよそ1500円というファンにはうれしい充実の内容です!

音楽性の変化といった心配事は無用のバンドです。
1分台~3分台のコンパクトな曲がメインで、攻撃性十分なスラッシュメタル~メタルコア~ブラックメタル~メロデスを縦横無尽に行き来するサウンド、突如として現れる不思議なキーボードといい今回も最高です。

最近は日本盤化されなくなりましたが、いいバンドです。
頭を振るにはもってこいの一枚!

 

★★★★★★☆

麺屋一八

先日、このブログに麺屋一八に行ったと書いたところ、ごく少数の方から「麺屋一八って何?」という問い合わせをいただいたので紹介しましょうじゃあーりませんか!!

麺屋一八とは、我が故郷=武豊町が誇るラーメン店のことです。

いつも、私が実家に帰ると食べたくなる味、それがここ『麺屋一八』の特製燻製玉子入り”燻しおらぁ麺”なのです。

“燻しおらぁ麺”

いつ食べても本当においしい。

この感動の一杯を食べれば身も心もお腹も幸せな気分に満たされます(チャーハンも最高)。

あの“ラーメンの鬼”佐野実氏も一目置くラーメン職人=渡辺さんは、なんと昔はスゴ腕・美容師さんだったという異色の経歴を持つ人なのです!私が高校生の頃に髪を切ってもらっていました。
それが縁で、仲良くさせてもらっています。武豊の兄貴です!

ラーメンが好きというアナタ!
知多半島に行く機会があるというアナタ!
なんでもいいから感動したいアナタ!

麺屋一八、強くオススメします。

 

麺屋一八ホームページ(兄貴のブログ付き!)
http://menya-ippachi.com

Foo Fighters 「Back & Forth」

Foo Fighters 「Back & Forth」

ついに2月8日DVD発売となるFoo Fightersのドキュメンタリー「バック・アンド・フォース」!
来月には来日公演が待っているFF!
劇場公開時にも観ましたが、改めてDVDで鑑賞しました。

The Nicest Guy in Rock(ロック界で一番ナイスな男)と言われるデイヴ兄貴。
バンドのためには厳しく冷徹な決断も下してきたに決まっているわけですが、、、そういったバンドの泥臭い内情までを赤裸々に語っています。そこがいい!
さすがはデイヴ兄貴です。

Nirvanaがものすごいスピードで崩壊していくまでの話、たった一人で始めたFoo Fightersがどんどん巨大なバンドに変貌していくまでの20年がデイヴ・グロールの口で語られています。

昨年リリースされたアルバム「Wasting Light」まで触れられているので3月の来日公演のチケットを持っている人は必見です。
個人的には、デイヴの想いが詰まったファースト・アルバム「Foo Fighters」の聴こえかたが変わりました。「FF」はデイヴが自分自身を癒すために作った作品なんだって気付けて良かったとおもえる一枚です。

 


FOO FIGHTERS 「BACK AND FORTH」 TRAILER
 


Foo Fighters / Big Me


Foo Fighters / Big Me (Live)