MUTEMATH、新作PVも斬新!

ミュートマス担当のワーナー道島番長から届いたナイス情報

2007年のグラミー賞で「ベスト・ショート・フォーム・ミュージック・ビデオ」にノミネートされた「ティピカル」の”逆再生だけどちゃんと演奏している”ビデオで世界をあっと言わせたミュートマス。

10/5に待望のニュー・アルバム『オッド・ソウル』をリリースする彼らが、世界を再び驚かすべく1stシングル「ブラッド・プレッシャー」のビデオを以下で公開した。
http://www.mutemath.com/

今回の撮影場所は彼らが所属するレーベル、ワーナー・ブラザーズ・レコードの屋上の駐車場。監督にはバンドのドラマーであるダレン・スミスとクレア・ボーゲルが務め、たったの一日で制作されたというこのビデオは、ミュートマスの十八番ともいえるストップモーション・ピクチャーを利用。

トランポリンと紙吹雪が飛び出すキャノンがこのビデオに花を添え、なんとも遊び心の溢れたビデオが完成いたしました。実際にどうやってこのビデオを作ったのかは近日公開されるであろうメイキング・ビデオが公開されるまでのお楽しみ。

監督の一人、クレア・ボーゲルは以下のように語っている。
”バンドは「Odd Soul」や「Drums Plus Bass」などのプロモーション・ビデオで用いたのと同じようなストップ・モーションを使用したビデオのアイディアを提示してきました。これはスチール画像を使った典型的なストップ・モーションでなく、動画を使用して制作するというものでした。動画を使用することによって、ストップモーションに無秩序な、ジャンプカット風効果を与えることができるのです。
バンドが翌日午後にはツアーに出ることになっていたため、ビデオのコンセプトをまとめ、制作し、撮影するのに1日しかありませんでした。日中一杯をかけて、私たちはこの手のストップモーションを使用して、どれだけの奇妙な映像ができるかのアイディアを書き出していました。私たちは午後10時ぐらいからレコード会社の駐車場で撮影をはじめ、ビデオを実際に見ていただければわかるように、全てが終了したのは日が昇る時間でした。映像効果のほとんどは、何枚かのマットレスと紙吹雪の大砲、そしてエアロビ用のトランポリンによって作り出されたものです。さらに言うまでもありませんが、ダレンの素晴らしい編集技術がこれらの効果に命を吹き込んだのです。”

 ————————————-

いやはや、相変わらずの職人魂に感服です!

彼らの新作リリースが迫ってます!
<ミュートマス ニュー・アルバム>『オッド・ソウル』10月5日発売!
WPCR-14237 ¥2,180(税込)

解説は澤田修!(紙吹雪!)

そして、<最強のライヴ集団、ミュートマス単独公演決定!!>
大 阪 11/ 8(火) BIG CAT
名古屋 11/ 9(水) CLUB QUATTRO
東 京 11/10(木) SHIBUYA-AX
(問)SMASH http://smash-jpn.com
名古屋は、、、クアトロだぁぁぁぁぁ!!

行くしかありませんな、カッカッカー。

ミュートマス アーティスト・ページ:http://www.wmg.jp/artist/mutemath/
日本公式ツイッター: @MUTEMATHJP(http://twitter.com/#!/MUTEMATHJP

この記事へのコメントは閉じられています。