TOTO 最終公演@パシフィコ横浜

9月29日、、、パシフィコ横浜

この日、アメリカン・ロックの元祖!LAが生んだ超良質ロックバンドTOTOの歴史に幕を下ろす最終公演がありました。

TOTOは元スタジオミュージシャンという職人が集まったスゴ腕のバンドです。
“アフリカ”、“ロザンナ”、“ジョージー・ポージー”が日本で有名でラジオでもたまに耳にしますが、

結成は1977年ということで、他にもいい曲がたくさんあるバンドです。

TOTOの大ファンのキムラッチョと雑司が谷駅で待ち合わせして、みなとみらい駅へGO!

TOTOはアメリカのバンドということで、やはりアメリカンフードで腹ごしらえ、

たったの825(kcal)!!

完全に会場は熟女&熟男だらけとおもったら、制服を着た高校生や親子の姿も!
さすが活動歴は34年間!世代を越えてファンがいるわけです…。

7時の開演予定時間から5分程遅れて、ライブスタート!
暗転のステージから浮かび上がるメンバー!
『とにかく俺達の演奏を聴いてくれ!』
そう言っているかのような全く飾り気のないセットが彼ららしい!

メンバーの脱退、そして中心メンバーの死、さらにマイク・ポーカロさんの病(筋萎縮性側索硬化症=ALS)、、、度重なる困難を乗り越えてきたバンドの終わり、すなわち伝説の終わりを目の当たりにして、この時点で目に涙を浮かべるファンの姿も多々みかけました。きっと、涙の奥にはいろいろな記憶が蘇っているのでしょう、こっちまでグッと来てしまいます。
3曲くらい演奏して、スーパーギタリストにして歌もうまい、MC担当のスティーブ・ルカサーがマイクの前に立ち、

簡単に挨拶してくれました、、、

スティーブ:「今日は来てくれてありがとう!今夜が最後のステージだ!みんな準備はいいかぁぁぁ!?」
観客:「いぇ~~~~~~~~~~~~~~!」

スティーブ:「今回のツアーはものすごく上手くいってるんだ!だから来年も戻ってくるよ!」
観客:「YEAHHHHHHHHHHHHHHHHHH!」

ちょっと待て!!!!
最後のライブっていってたじゃないか!!!
それなのに、3曲くらいしかやってない状況で、復活宣言かぃ!!!!

正直、いきなり面食らいましたが、いいものは良い!
最後までシビれるライブでした。
特に、秀逸だったのが機材トラブルの対処!
明らかに機材に何か問題が発生しているのに、演奏は全く問題ないように聴かせてしまう。何度かトラブルがあったようですが、メンバー各々が助けあい観ている側には気付かせない。。。
それこそがバンド、それこそが結束力。。。そういった部分もなんだかとても感動しました。

噂によると、、、2012年にTOTOはツアーを行うようです(笑)

 いい夜をありがとう!

この記事へのコメントは閉じられています。