炊飯器からの洗礼。。。

なんちゃって家電DJの澤田です。

最近、炊飯器コーナーに通う日々であります。

 10年使っている私の炊飯器ちゃん、、、保温が実に弱いのです。

数時間立つと、ちょっと黄ばんできちゃって、ちょっとオイニ~(臭い)も発生します。

 

ちょっと、最新の炊飯器事情ってヤツをチェケラゥしてみるかって勢いで、いくつかの大手家電量販店に行ってきました。

 

そこで、どの販売員も口を揃えておっしゃるのが!

【 ZOJIRUSHI極め羽釜NP-SB10 】

象印 圧力IH炊飯器 IH炊飯ジャー極め炊き 5.5合です!

 

象印史上最高峰のおいしさを求めた作品なのです!

 

この釡のカタチ、、、

美味しい米が炊けそうでしょう?

 

 

実際に、昨日食べました。。。

5キロ2000円くらいの普通のお米なのに、、、冷めているのに、、、

美味い!めっちゃ美味い。

家の炊飯器はおろか、その辺りのお店で食べるお米よりも美味いんですわ、びっくり。

毎日、旅館で食べるような一粒一粒がピピンと立っていて、半端ない甘さの美味いメシが食えます。

 

保温性も抜群で24時間後でもほとんど硬くならないそうです(硬さは3%くらいしか変化せず、黄ばみもないとのこと)。

 

 

欲しい。

欲スィ。

7万円近くしますが、、、その価値は大いにある!!

 

 

でも、そこで終わらないのが象印さん。

なんと今月末に、

新たなる炊飯器が発売となるんです!

 

【 ZOJIRUSHI “南部鉄器”極め羽釜NP-SS10-BP 】

日本の伝統工芸による技の逸品 特別仕様「南部鉄器 極め羽釜」!

世界が認める岩手の伝統工芸「南部鉄器」と融合した特別仕様の極め羽釜なのです!

高い蓄熱性をもつ南部鉄器だからできた大火力で炊く絶品ご飯!

米の一粒一粒がふっくらと瑞々しく柔らかく炊きあがります!

釜の内側と外側は防錆加工なので、錆の心配もありません!

しかも!「かまど極め」メニューを選択すると、おこげもパリッと香ばしく仕上がります!

さらに、釜の内側にコーティングしたプラチナ・ナノ粒子の作用で、甘み成分が約45%アップします!!

 ボディーカラーは、「黒」のみ!

 

うげぇ~~~~~~~!

食べてみたい!

説明をしてくれた販売員さんは食べたそうなんですが、

甘味がさらに引き出されているそうです。

 

そして、再来週くらいにテレビ番組でこの炊飯器が大フィーチャーされるらしく、一気にブレイクするとの予報がでているそうです!

 

 

間違いないっすわ。

年末、、、もしくは年度末に向けて貯金を頑張ってみます。

 

この記事へのコメントは閉じられています。