最後の晩餐

今日は2月9日、肉の日でしたね。

肉大好き野郎=澤田にディナー肉のお誘いもありましたが、私、こういう日には、肉を食らうというより感謝したいとちょっと斜に構えて思っちゃったりするへそ曲がりです。

さっき、部屋片づけしていたら『最後の晩餐 久米宏対話集』という本が出てきました。
ずいぶん前に買った本で、
人生で最後に食べたいものってなんですか?という質問から人生を語るという本で以前ニュース・ステーションの1コーナーの内容をまとめたものです。

久米宏さんがホスト。
いかりや長介さんのお父さんの話や、樹木希林さんの死生観がよかった。
いかりやさんは、しらすを大根おろしと炊き立てのご飯、樹木希林さんは、死ぬんだから何もいらないだった気がします。

なんだろう。
パッと浮かぶのは、オニオンのポークカツ・カレー。


しかし、意外とロッテリアのフレンチフライポテトかもしれん。

でも、樹木希林さんのように最後の晩餐はいらないのかもしれない。
だから、今日の食事が最後になってもいいようにもうちょっと頑張っていこうと本を片手に考えてしまった澤田でした。
最後のことを意識する、、、それは、その最後に繋がっていく今を考えることなのでしょうね。

あっ、さっきの本をアマゾンで調べたら、、、中古価格1円でした。

 

今夜のBGM

ELUVEITIE – Meet The Enemy スイス産フォークメタル!

この記事へのコメントは閉じられています。