TPPはビートルズ?

———————————————————-
首相「TPPはビートルズ」=参加の意義、独自解釈で説明

時事通信 3月24日(土)18時4分配信

「環太平洋連携協定(TPP)はビートルズだ」。野田佳彦首相は24日の都内での講演で、TPP交渉参加を検討している日本の立場を、英人気ロックバンドのメンバーに例えて説明、政府の方針に理解を求めた。
首相は「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない」と強調。その上で「米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」と述べ、日本の交渉参加への決意を重ねて示した。
———————————————————-

この例えで「なるほどネ!」と思った人はどれくらいいるんでしょうか。
なんでしょう、この釈然としない気分は(笑)。

・なぜ、ビートルズを例えに出してしまったのか!
もう解散しとるやないかい!

・なぜ、ポールが日本でジョンは米国なのか!
どっちかというと虐げられていたジョージでは、、、いや、そういう問題ではないか。

・なぜ、米国を意識した発言なのか!
とりあえず、俺たちを納得させてくれよ!とおもってしまいますね。

なんだかビートルズに対して失礼じゃないかとおもってしまう自分は、愛国心がないんでしょうか…。
“今後、日本はジョン(米国)と決別するんだぜ”ってことを匂わせているんだとしたら野田さんはすごい。。。いや怖い。HELPですな。

はい、座布団全部持ってってください!!

この記事へのコメントは閉じられています。