DarvishとSuzuki

    

ダルビッシュのメジャー初先発!
気になってしまい、テレビなどでちょくちょく観てしまいました。

結果は、
レンジャーズ11-5マリナーズ

ダルビッシュは8被安打5四死球5失点ながらも打線の援護があり、見事に勝ち投手!モッテますね!

ただ、イチローの凄さを改めて知った試合でもありました。

ダルビッシュが降板する時、、、ファンのスタンディング・オヴェーションに対して応えることなく“シカト”するカタチでベンチに戻っていきました。

これは(あくまで個人的な意見としてですが)、ファンやメディアに悪印象を与えかねない失礼な行為になりかねなかったとおもいます。

 

そこで、イチローさんの試合後のコメント、、、

「(ダルビッシュが)ダッグアウトに下がっていくとき(ファンに向かって)帽子を取らなかった姿がすごくよかった。この内容では…というプライドが見えた」。

「あれだけ歓声を浴びて、グッと何か内に秘めているものがあったはず」

と、コメントしたことによって、

ファン、メディアは

なるほど!自分自身のふがいなさに納得できないという気持ちが帽子を取らなかったという行為に結び付いたんだ!

と、納得できたとおもいます。

 

あくまで憶測ですけど、イチローがそこまで考えてコメントしたのだとしたら、すごい後輩想いの愛情ある言葉だとおもいました。

 

仕事に身が入りませんでしたが、試合を観た価値ありました(笑)

この記事へのコメントは閉じられています。