堕国論 Ⅲ

週刊・上杉隆
http://diamond.jp/articles/-/15455

読後、なんともいえない恥ずかしくて情けない気持ちになります。
腐敗、、、国のために覚悟を決めた人が現れない限りなくならないんでしょうかね。

人生を考えたとき、どうやって死ぬかより、人間は死ぬまでに何ができるかを考えるだけで、変われると信じております。

この記事へのコメントは閉じられています。