特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技


館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
を観てきました。

細部に渡る職人たちのこだわりと技に圧倒されました。


巨神兵が東京を壊滅させる短編映画も素晴らしかった。


現代美術館(東京都江東区)

 

デジタル技術の進歩によって、追いやられている特撮。
確かにリアリティーな表現を求めるのならデジタル、CGなのかもしれません。
ですが、何か魂がこもっている気持ちがこもっている特撮のほうが、映像からもグッとくるのはなぜでしょう。

映像を何度もみていると、実際にはあり得ないことやモノまで映ってしまっていたりします。
でも、それも含めて人間が想いをこめた手作りの世界があるからなんでしょうか、、、ズ~ンと伝わってくるものがありました。

いまやラジオの番組編集なども、デジタル化されています。
しかし!いつまでもアナログの良い部分をココロに留めておきたいなっておもいながら現代美術館を後にしたのでした。

不器用でもいいんです。でも、魂がしっかりこもったモノを作っていきたいです。

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
【まもなく終了!】7/10(火)-10/8(月・祝)

この記事へのコメントは閉じられています。