BEST of 2012

澤田修的ベストオブ2012!

悩みぬいた結果、なんかまとまりのないベスト選出になってしまいました。
あえて順位はつけていません。
多分、【あ、忘れてた!】という作品もあるとおもいます。


Babel / Mumford & Sons

リリース前からすごい勢いを感じた作品。実際に全米・全英チャートを制覇!
内容も文句なし。


Gnosis /  Monuments

ロンドン発!将来を期待されるジェント系バンドのデビュー盤!
収録曲”DOXA”は鼓膜が破れるまで聴きました!w


Periphery II  /  Periphery

ジェント系で最も完成度が高かった作品。何かにくじけそうになったとき”Make Total Destroy”を何度聴いたことか(涙)
Dream Theaterのジョンが参加!


Forever I Can Purr  /  The Dodoz

フランス産のロックンロールバンド。”Happy Soldier”、”Dum Dum”はパーティー・キラーチューン!


Night Visions  /  Imagine Dragons

ラスベガスのバンド。
今年一番美しいイントロを持つ一曲”Amsterdam”収録!  ←澤田の独断です
EPを出し続けファンベースを築き、アルバムのリリースタイミングを図っていた彼ら、デビュー作となる本作は全米初登場2位を記録!


SOME NIGHTS  /  Fun.

世界的ブレイクを果たしたセカンドアルバム。ファーストも良い、セカンドよりも音楽の幅がある作品です。


Remembering You  /  POEMA

ニューメキシコ出身の美人姉妹ポエマのファーストAL。優しいメロディ、美しいハーモニーに癒されました。


How To Shoot Lasers From Your Eyes  /  CAGE9

一曲目の大キラーチューン”Drugstore Cowboy”から、Cage9節炸裂。


World from the Side of the Moon / Phillip Phillips

アメリカン・アイドル出身のボーカリスト。
”Home”はColdplay + Dave Matthews Bandの理想的なカタチ!


All Or Nothing / Pennywise

彼らは変わらない、、、そして中心人物のボーカリスト=ジムが抜けても変わらなかったことがすごかった。
パンクロック好きなら必聴の一枚!


TRANSFORNATION / Fail Emotions

ロシアから現れたトランスとメタルを大胆に融合させてしまったバンド。
番組でOAしても反響ありました!


Ground Dweller / Hands Like Houses

Closure In Moscow好きな私としては、アルバム内の1曲”Don’t Look Now, I’m Being Followed. Act Normal”、これだけでやられました。
無駄な絶叫咆哮なしの曲勝負の良盤!

 

個人的に【アルバム】として一枚通して聴ける作品が少なかったなーー。
あと、チープな宅録したようなシューゲイザー作品が台頭してきて、豪快な音を鳴らすロックを欲していた一年でした。

来年2013年、Ozz Fest Japanの開催など、ヘビーな一年になる予感がしています。
個人的に注目しているのは、Heaven’s Basementのデビューアルバム「Filthy Empire」!
発売は2月!

それでは、みなさん来年もよろしくお願いします!

この記事へのコメントは閉じられています。