PERIPHERY meets FLORENCE + THE MACHINE

Florence + The Sphinx_ Sumerian Ceremonials - A Tribute to

Periphery, Born of Osirisなどテクニックばりばりのメタルバンドを多数擁するスメリアン・レコーズ。
sumerian

そのスメリアンに所属するアーティストたちによる
Florence + the Machineのトリビュートアルバムを5月13日にリリースするようです。

Main
タイトルは、「Sumerian Ceremonials (Florence + The Sphinx)」

3曲が公開されていますが、特筆すべきは
ペリフェリーですね。
正直、Only if for a Nightのカヴァーとなると、退屈なものか過激過ぎるものにしか仕上がらないと予想しましたが、
見事なバランス感覚で絶妙なカヴァーに仕上げています。
スペンサーのボーカルのキレも抜群。


PERIPHERY – Only If For A Night


Only if for a Night – Florence + the Machine
「Sumerian Ceremonials (Florence + The Sphinx)」
01. Periphery – Only If For A Night
02. Stick To Your Guns – Dog Days Are Over
03. Ben Bruce (of Asking Alexandria) – Shake It Out
04. Darkest Hour – Spectrum
05. Miss Fortune – No Light, No Light
06. Fever Dreamer – Leave My Body
07. Born of Osiris – Seven Devils
08. Come The Dawn – What The Water Gave Me
09. Upon A Burning Body – Lover To Lover
10. Mike Semesky (of Intervals) – Hearlines
11. Dead Letter Circus – Remain Nameless
12. City In The Sea – All This And Heaven Too

Cosmic Loveがないのが、残念。
よくぞ、難易度高そうなF+TMのトリビュートなんて作ってくれました。

絶対、買います!

この記事へのコメントは閉じられています。