FALL OUT BOY 『American Beauty/American Psycho』

fall-out-boy-american-beauty-american-psycho

いよいよ1月21日に出ますFALL OUT BOYの新作!『American Beauty/American Psycho』。

聴きました!いまも聴きながらこのブログ書いてます。
まず最初に、、、”American Beauty / American Psycho”のサンプリングネタがモトリー・クルーの”Too Fast For Love”ってようやく気づいた、私。。。
前作『Save Rock and Roll(全米1位)』にような復活作!!という肩に力が入った作風でもなく、
パンクにカテゴライズされるバンドの中で唯一全米チャートの上位に作品を送り込めるバンドと言ってもいいFALL OUT BOY。この作品を聴けば、その理由がわかる気がします。
いい意味で聴きやすい。多くのリスナーを意識した作品作りができるバンドというのは本当に貴重です。

前半のスムーズな流れにはすぅっと身を任せて聴いていられます。
“Uma Thurman”、シネマティックで斬新な楽曲で好きです。”Jet PAck Blues”のパトリックのソウルフルな声もいい。

メジャーファースト「From Under the Cork Tree」、初の全米1位を獲得したセカンド「Infinity on High」を期待するファンからすると前作以上に生ぬるいアルバムと捉えるかもしれませんが、【行動を起こせば、何かを起こせることだってある。小さなチカラが大きなものを打ち負かすことだってある】”Century”を聴けばわかるようにいまでもFOBは戦ってます。

楽曲のアイデアがとにかく豊富で次々に湧き出てくるぜ!という空気が伝わってきます。バンドがいますごくいい状態にあるんだろうなーと推測できる安定の作品です。

今週の番組で紹介したいとおもっております!

では、寝ます!

追記
アルバム9曲目の”Favorite Record”の歌詞もいいですね。
ランシド、ダンジグといったバンドの名前が出てきます。そして”君の大好きなレコードが回っていたように、僕も回るよ”なんて歌詞も、、、。サビのメロディーも素敵です。

この記事へのコメントは閉じられています。