Punk Spring 2015 @ 幕張メッセ9~11ホール

2015年3月29日(日曜日)、肉の日。

今日はパンクスプリングに行ってきましたっ。

IMG_7961

久々の参戦。

ここ数年、【どこがパンクなのよ!】というバンドがラインナップされていたりして足が遠のいていたのですが、今年は充実しています!

ちなみに、一番の目的は、RISE AGAINST!!

IMG_7962

昼過ぎに幕張メッセに到着!

再入場不可、、、というルールにゲンナリ。途中、休憩がてら蕎麦を食べたかったのに。。。

リストバンドを作りたくないのか、

客を管理するのが面倒なのか、、、

長丁場のフェスにおける再入場不可というルールは是非やめていただきたい。

 

さて、場内に入って、

SiMを観る。フロントマンのMAHさんのMCはいつ聴いても胸が熱くなる。

自分たちが影響を受けたバンド=RANCIDへの敬意の気持ちが表れていてよかった。

IMG_7965

RISE AGAINSTは、

大名曲”Help Is On The Way”が聴けてよかった。中盤の展開を膨らませるアレンジもライブならではのもので鳥肌が止まらなかった。日本仕様なのか、ゆっくりと話すティムのMCは貴重です。曲のメッセージを理解して聴くと500倍カッコいいバンドです、ライズ!

 

もう予想通りすぎる内容だったMarky Ramone’s BLITZKREIG with ANDREW W.KとZEBRAHEADに続いて、RANCIDのステージ。

モヒカンをやめて坊主頭になったラーズに少し驚きましたが、昔の曲も去年の新曲も彼らの生き様が染みこんでいて、引き込まれます。

 

メッセージを伝え続けるRISE AGAINST

生き様を語るRISE AGAINST

 

今年のパンクスプリング、大満足!

 

トリは、Fall out Boy。1曲目のPhoenixは音がぐちゃぐちゃでどうなることかと思いましたが、中盤から安定。

フロントマンのパトリックの存在感が比にならないくらい増していました。

ソロ活動を経て、自信を掴んだ彼の姿は、別人です。

これまで通りの伸びのあるボーカルに加え、ギターを抱えながらステージを縦横無尽に動き回る姿は少し前の彼からは想像できないことでした。

アルバム毎にヒット曲を持っているFOBの凄さを改めて感じたステージでした。

IMG_8189

パンクスプリング、大満足(音響以外は)!

音響を考えると、ZEPP名古屋という音質良好なハコで楽しめるPunk Spring 名古屋も悪くない!とおもったりもしました。

帰りに500gのステーキ喰らい大満足の肉の日でした。

IMG_7976

この記事へのコメントは閉じられています。