Caro Emerald @赤坂ブリッツ

caro

5月18日@赤坂ブリッツ

オランダの歌姫、エレクトロ・スウィングの立役者=カロ・エメラルド(Caro Emerald)の初来日公演に行ってきました。

夢にまでみたカロのライブ…、初来日公演は東京のみの計3公演。

5/18 赤坂ブリッツ、5/19.20 Blue Note TOKYO

 

ジャス・ボーカリストをスタンディングで観られるのは貴重かもしれないという理由でブリッツ公演をチョイス。整理番号が130番台で「大丈夫?」と不安になりましたが、会場は程よく埋まっていました。

 

20時35分に客電が落ちて、21時40分くらいに通常セットが終了。アンコールを含めると22時までの90分のステージ。

こんなに満足できるとはおもっていませんでした!!

カロの圧倒的な歌唱力とカリスマ性、観客を煽るテクニックに関しても素晴らしい、、、さすが、昨年のグラントンベリーに出演を果たしているだけのことはあります。

そして、センターにラップトップPC2台を操りながら、パーカッションを叩くマニピュレーターのリモンさんをはじめ、総勢6名の演奏隊。

この演奏隊の面々がすごい、ほぼ全員マルチプレイヤーで曲ごとに楽器を変える、踊る、着こなしもオサレで魅了しまくりで視覚的にも楽しめました。

 

カロの人柄の良さもステージから伝わります。

「日本に来られたことを本当に誇りに思うわ!」「今夜は忘れることのできないショウだわ!」などリップサービス?も適度に挟みつつ、日本人でもわかりやすい英語のMCで盛り上げまくります。選曲もファースト、セカンドから綺麗な流れでした。

気づいたら、ここ数日ピリピリきている坐骨神経痛のこともすっかり忘れてしまった大歓声に包まれた90分でした。

 

明日、明後日、ブルーノートのソールドアウト・ショウに行かれる方、あなたはラッキーですよ!


決定的名盤!

この記事へのコメントは閉じられています。