【幻】モーニン・ブルーズ 2015/10/24

 

 

mb151024

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。モーニング小僧。ワトゥーシ・アイザヲです。輪投師藍蔵王です。

「ヲーキン・ブルーズ」で始まる「モーニン・ブルーズ」、2ヶ月連続の幕開けお月さん曲、

今朝はかなり年下の女性との古い書簡が発見され、草葉の陰で焦っている

萩原朔太郎が吠えます。

「ハウリン・アット・ザ・ムーン」、ハンク・ウイリアムズ

 

M01.月に吠える(2’45”)ハンク・ウイリアムズ

-H.Williams-  ポリドール  POOP 2901/7

M02.モーニン・アット・ミッドナイト(3’00”)ハウリン・ウルフ

-C.Buenett-  MCA ビクター MVCM-22019

N  月に吠えたハンク・ウイリアムズの次は、これまた満月の夜に遠吠えして、狼に変身

 するハウリン・ヲーフで「真夜中の唸り」でした。

  町、郊外を離れて進んでるうちに、全く灯りのない場所に迷い込んでしま

 う時があります。一筋の光もない本物の暗闇は不気味です。そんな時に頼り

 になるのが、月や星。ハンクもヲーフも真っ暗な中で月向かって吠えていたのでし

 ょう。

  でもね、多少は無責任な陽気さが感じられるハンクのはともかく、ヲーフの唸り

 が闇から聞こえて来たら、恐いね、本当に。

  さて次は可愛らしさもあるブルーズです。ヘザ—・クロッセというブルーズ・ウイミンで

 どうぞ。

  「なぜ女にはベイス・ギターが必要なのか」

M03.Why Does A Woman Need A Bass Guitar (3’54”)ヘザ—・クロッセ

-unknown-  BSMF 2477

N  ヘザ—・クロッセで「何故、女にはベイス・ギターが必要なのか」でした。その答えは

 最後で「ブルーズを歌うのを助けてくれるからだ」、と答えていました。

  彼女はまだ若く、見た目もビッグ・ママ・ソーントンやエタ・ジェイムズといった貫禄充

 分のブルーズ皇后たちとはだいぶ違います。以前ピンク・ペイズリーのテレキャスターをトレイ

 ドマークにしていたスー・フォーリーというブルーズ女子大生がいましたね。あんな雰囲

 気でしょうか。でも今の歌にあったように、彼女は担当楽器がエレキ・ベイスなん

 です。ブルース界のスージー・クアトロ、リリイと言われているとか言われてないとか。あ

 る程度の確実なキャリアも重ねていて、女である事だけをを武器にしている訳で

 はないようです。

  もう一曲聞いて下さい。グエン・マクレーがオリジナルですね。

  「ロキン・チェア」。

 

M04.Rocking Chair(4’13”)ヘザ—・クロッセ  2006,8 1975

-C.Reid, W.Clarke-  BSMF 2477

N  「ロキン・チェア」、ヘザ—・クロッセの最新版からカヴァでお届けしました。

マイアミの、一時期はヂョーヂ・マクレーと夫婦だったグエン・マクレー、なかなかにいい

女でしたね。この「ロキン・チェア」は彼女の代表的なヒットなので、2006年、同8

年と自分自身でもカヴァを出しています。オリジナルは1975年。如何にもマイアミらし

い曲調が心地良いですね。作ったのはクラレンス・リードでした。

ヘザ—・クロッセも快唱。吹っ切れた感じで気持ち良さそうに歌ってます。この

手のR&Bは、簡単なようで結構むつかしいものですが、皆さんも先の「ベイ

ス必須論」でお気づきのように、この娘は歌が上手いね。リズムの取り方が良い。

さて2ヶ月連続の幕開けお月さん曲に戻りましょう。例えば太陽が明るく

力強く、生命の源的存在として肯定的なイメヂしかないのに較べると、月は怪

しく冷たく不気味な性格も持っているようです。「縁起悪い月が昇るぞ」なん

て歌もありましたしね。月の神「ルナ」から派生した「ルーナティック」という言葉の

意味は精神異常者だし。地球からはずっと同じ面しか見えないから、裏側に

は何があるか分らない。ピンク・フロイドのベスト・セラー・アルバム『狂気』も、原題は

「ダ—ク・サイド・オヴ・ザ・ム—ン」だった筈です。

これもそうでしょうか

「バック・オヴ・ザ・ムーン」。

 

M05.Back Of The Moon(3’01”)Miriam Makeba

-T.Mashikiza.P.Williams-  Fremeaux & Associes FA 5496

 

N  「バック・オヴ・ザ/ムーン〜月の裏側」、歌っていたのは、ミリアム・マケーバです。

これは彼女が南アフリカ時代、1950年代の半ばに出演した「キング・コング」とい

うジャズ・オペラの挿入歌です。当時の欧米的洗練に満たされたバース部分の後、

続くホ—ンの響きが南ア風で、ほのぼのとした雰囲気が漂います。

とは言え、当時は人種隔離政策が厳しく音楽活動も自由に行えなかった筈

です。このように英語で歌われたショウ・ナムバ—は、おそらく悪評高きサン・シティの

ような場所で、圧倒的少数の支配階級白人たちの為に披露されていたのでし

ょう。マケーバは当時からプロの歌手でしたから、歌う仕事なら何でもこなさな

ければならなかった状況が伝わって来ます。

ミリアム・マケーバといいますと、社団法人フォーク・ダンス連盟推薦「パタパタ」の大ヒッ

ト以降がよく知られていますが、このようにそこまでのキャリアもとても興味深い

ものです。個性的かつ高品質なコムピ盤で知られるフレミュー・アンド・アソシエイツが出し

ている『ミリアム・マケーバ1955-1962』という3枚組がありまして、これを聞くと

全世界に登場する前の彼女の活動歴が掴めます。

出世作「パタパタ」も、実は1956年に既に南アフリカの黒人の間ではヒットしてい

たものです。ではそのオリジナル・ヴァージョンを聞いてみましょう。

 

M06.Phata Phata(2’36”)Miriam Makeba

-R.Msomi, A.M.Makeba-  Fremeaux & Associes FA 5496

 

N  社団法人関係者は、目を白黒させてるかな。よく知られたヴァージョンとはだい

ぶ違いますね。南アフリカの首都ヨハネスブルグ周辺に伝わっていたダンスのパターンを基

にマケーバ自身が書いたものです。彼女自身はあまり評価していないとか。

このあと、出演した映画の関連でのロンドン滞在中にハリー・ベラフォンテと出逢い、

その後の行動を共にします。1960年に彼と同じRCAレコードからアメリカでアルバム

を発表しました。そのデビュ−・アルバムから1曲どうぞ。

これも南アフリカらしい素朴な表現が何ともタエ。

「サドゥヤ~トュ−ラ・ンディヴィラ」。

 

M07.Saduva(2’30”)Miriam Makeba

-M.Davashe-  Fremeaux & Associes FA 5496

 

カリプソを世界的に知らしめた初代ワールド・ミュージック大使と人種差別国南アフリカの

黒人歌姫の組み合わせは極く当たり前で、誰にも納得出来た筈ですが、南ア当

局にとっては許し難い国家反逆行為で、なんと国外追放、国籍剥奪という仕

打ちを仕掛けて来ました。ただし、これによって彼女の立場は鮮明になった、

とも言えるでしょう。

ベラフォンテと一緒にいる事で、彼女のリパトゥワには、中南米の楽曲も加わって来

ました。こういうのを上手にこなせたのは、その昔ヨハネスブルグで鍛えられた対

応能力が役立っているんでしょう。

わずかな時間で彼女の人生を語る事は決して出来ませんが、『ミリアム・マケーバ

1955-1962』を聞きますと、よく出来た楽しい音楽の裏の、この時期の南アの

出来事を考えさせて貰えます。英文の丁寧な解説をゆっくりと読みながら聴

き返したい。ずっしりと重い手応えのあるアルバムでした。何せ3枚組ですから。

では最後にミリアム・マケーバの歌うカリプソです。

歪みがちなスティール・パンの音が印象的な「わたしは越境行為が出来ない」。

M08.Can’t Cross Over(3’20”)Miriam Makeba

-trd.-  Fremeaux & Associes FA 5496

M09.Haidara George(5’34”)Khaira Arby

-K.Arby-  Clermont Music  CLE001

 

N  半世紀前の南アの歌姫から、現在のアフリカ音楽をリ—ドするマリの大御所、ハイラ・ア

ービイの最新アルバム『ゴシップ』収録の「ハイダラ・ジョージ」でした。ドラムス、ベイス、

2本のギター、全員が異なるパタンを勝手に刻んでいるように聞こえます。それを

引っ張り続ける力強い歌。それら全部が抗い難い流れのように迫って来て、

巻き込まれて行くのは快感です。気持ち良く揃って終る最後も何か不思議。

押し付け感のない、それでいてダイナミックな演奏。こういうのには、全く恐れ入

ります。

次に聞いてもらうのは、ダカールの世襲音楽一族グーリオの名門「カヌーテ」家に生

まれたマミという女性。こちらは抗い難い笑顔のジャケットにやられました。グーリオ

内では男性しか音楽に触れられない、と聞いたような憶えもありますが、部

族などによってそういう決め事も異なるのでしょう。

マミ・カヌーテまずは1曲。これも単純ではないリズム構成にハメられます。

「ファ・シヤ」。

 

M10.Fa Siya(3’33”)Mamy Kanoute

M.Kanoute – homerecords

 

N  「ファ・シヤ」、マミ・カヌーテでした。リズムの魔力、堪能できましたか。

こういうアフリカの音楽を聞いていると、この人たちは、どうやってリズム、テムポ

ーを取るんだろう、という疑問が涌いて来ます。基本に四分音符を叩き込まれ

たわたしたちは「1、2、3、4」と繰り返すのが正しいと考えていますが、時

にそれは大きな誤解でもあるようです。ママドゥ・ドゥムビアの録音制作の時にそ

のカギを盗もうと試みたんですが、不可能でした。ただ少なくとも「1、2、3、

4」と取ってはいないな、と云う確証は得られました。それが「1、1、1、1」

なのか、あるいは「1、2、3、4、5、6・・・・」と最後まで重なって行くの

かも、と未だに解決していません。そもそも数えるというのが違うのではな

いか、これはアフリカに限らず、アメリカ黒人にも共通して言える事でしょう。だー

れも「1、2、3、4、1、2、3、4」なんてやってません。ナッシュヴィルの白人も便

宜上のヘッド・カウントだけなんじゃないかな「1、2、3、4」は、と最近では考え

始めています。

アフリカのビートの核はどうなってるのか、おそらくは解明出来ないでしょうが、

先ほどの、「ハイダラ・ジョージ」、今の「ファ・シヤ」と聞くとますます不思議な思い

に囚われます。

さてマミ・カヌーテ、つぎはゆったりとした、これも気持ちのよい1曲。

「サヤ・ムンディ」をどうぞ。

 

M11.Saya Mandi(5’48”)Mamy Kanoute

– M.Kanoute – homerecords

 

M12.Condo(4’56”)Oliver Mtukudzi

-O.Mtukudi-  Putumayo PUT 199-2

 

N  マミ・カヌーテの「サヤ・ムンディ」に続いては、全体がこんなビートで満たされていた、

オリヴァ・ムトゥクトジ2002年のアルバム『ヴンゼ・モト』から「コンド」をお聞きいただき

ました。

10月3日の転居第一回にお送りしたボニー・レイットの「ヒア・ミー・ロード」を書い

たのが、このオリヴァ・ムトゥクトジです。そこらじゅうにありそうで、なかなか得

られない柔らかななリズム感です。これも不思議。とにかくこのアルバムはとても

よろしい。でも、もう13年も前になるのか。その間、わたしは何をしていた

のでしょう・・・。

さてボニーを紹介した時にライナから引用した彼女の素敵な言葉をこのたび曲

目確認で読み直したら、きちんと写してありませんでした。きっと最後の整

理改行時に操作を誤ったのでしょう。この日一番いいところだったのに、無

惨な形になっていました。誰か気づいてそっと教えて欲しかった。まあこの

程度の瑕疵はモーニン・ブルーズのあらゆるところにあって、ひとつひとつを気に

してられないのかも知れませんね、首都圏の8人様は。

ボニ—にも、天辰保文兄にも申し訳ないので、完全な形でここに紹介いたし

ます。

ロックン・ホール・オヴ・フェイム2000年、殿堂入り、ボニー・レイットさん、どうぞ。

「ロックン・ロール、ブル—ス、R&B、呼び方はいろいろですが、私にとってはどれ

も同じです。そして、その虜になったことのない人、そのせいで両親を心配

させたり、人間関係が壊れて落ち込んだりしたことのない人、そういう人た

ちは、このステ—ジにあがる資格はありません。音楽はこれからも私をもっとも

っと駆り立ててくれるでしょうし、どれほどあっても満足できないものです。

私を支えてくれた友だち、ファン、今夜私がここにこうして居られるように尽く

してくれたみんな有り難う」

拍手・・・。

さあ、朝です。

 

M13.暗号化されたエ—テルのラジオ体操(5’29”)マーク・ヂョーヂズ

Radio Vietnam  SF095

 

M14.マク・マク・ダルキ(5’51”)マーク・ヂョーヂズ

Radio Thailand  SF028

 

N  かつて「ウツツ」モーニン・ブルーズ時代に「O-H-I-O」(オハヨー)体操の時間があった

事を憶えていますか。今朝はヴィエトナム版オハヨー体操をお届けしました。前回の

ヴィエトナムラジオ放送がたった首都圏の8人の内の一人に好評だったので、今朝は

ホ—チミン市、旧サイゴンからエイドリアン・クロナウアの表題啼きと共に「暗号化されたエ—テル

のラジオ体操」をお聞きいただきました。途中、タイからの音声が混線しまして、

そちらに変わってしまった事をお詫びいたします。番組制作者は、共に奇人

マーク・ヂョーヂズでした。

さて、それではその他にも現在放送されている世界の短波放送を聞いてみ

ましょう。

 

M15.世界の短波放送(4’42”)タモリ

-K.Morita, T.Takhira-     ソニーMHCL-1238

 

M16.Wonderful World(2’03”)Sam Cooke

-Cambel-  ユニヴァーサル  602498074466

 

N  「世界の短波放送」でした。こんな楽しい放送がたくさんあるこの世界は、

なんて素晴らしいんでしょう。リクエストにもお応えして「ワンダーフル・ワールド」、サム・

クックでお届けしましたよ、まゆりん。

さて、先週積み残しがあったばかりなんですが、ここへ来て今週も大量の

積み残しが出ました。珍しく少々考えてね構築した組み合わせだったんです

が、既に時間となりました。こんな土壇場で気づいても困るんですよ、何せ

生放送ですから。

まだ時間がありますね、少々。では最近の意外な発見をお聞きいただきま

しょう。1973年にウイルスン・ピケットは、こんなカヴァもやってたんですね。全く知

らなかった。しかも自動リズムを大胆に導入してたなんて、凄いなあ。歌もあ

のピケット節が冴えてます。カッコいい出来です。名ガヴァに入りますね。

チャック・ベリーの傑作、「メムフィス」。

 

M17.Memphis Tennesee(3’57”)Wilson Pickett

-C.Berry-    BSMF 7518

 

M18.So Long(3’58”)Keb’ Mo’

-K.Moore-  Kind Of Blue Music  nonumber

 

M19.Time After Time(4’48”)アリスン・ブラウン

-C.Lauper, R.Hyman-  BSMF  6072

 

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N  ウイルスン・ピケットの「メムフィス」に続いては、ケブ・モの「ソウ・ローング・グッドバイ」、

新しいアルバム『ブルーズアメリカーナ』の最後の1曲です。

そしてお別れはアリスン・ブラウンの「タイム・アフタ・タイム」、ずっと前にヴェンテンさんか

らリクエストを貰っていました。シンディのヴァージョンがご希望だったかな。遅ればせ

ながら、珍しい演奏でお届けいたします。やっぱりいい曲ですね。マイルズ・デ

イヴィスがカヴァするのも納得です。ヴェンテンさん、引っ越し以来ご無沙汰ですが、

新所在地をご存知かな。さて大量の積み残しは、来週をお楽しみに。

来週30日午後9時からはのNHK-BS「プレミアム」の「新日本風土記」で

も河内音頭盆踊りが登場。「BSプレミアム」です。「BS1」じゃないよ。今これ

の受信出来る処を探しています。わたしの家ではBS観られないんです。隣に

観せて貰おうと頼んだら、「ウチもないの」でした。

実は昨晩の教育テレビ観られませんで、どんなだったか知らないのです。少

しでも映されてたかな。誰かに教えて貰います。今日会える人に聞いてみま

しょう。来週は万全で臨まないといけませんが、先ほどのような状況です。

さて今朝の特別付録は、以下の隠し場所にあります。

http://firestorage.jp/download/465a951aaac7c3c038b8f677b05f2f323d984100

ダウンロードパスワード u0uc5bvi

修のところに居候してるからでしょうか、ダウンロ—ドの数がとても増えてい

ます。感謝、ですけど違法行為として挙げられたりしてね。極めて懇意な8

人だけに送ってんですよ。みんな失敗してやり直してるんでしょうか。今週

は期限ギリギリの木曜日午後にたくさん落とされてた。非合法活動をしている

身としては、何かあったか、とすぐに逃亡を考えてしまいます。

ダウンロード時間も話題になっています。先週のレイニー・デイでも話してたなあ。

みんな早い。わたしも予定よりだいぶ遅れましたが、じきに今よりは早く上

げられるようになる筈です。

今日は、ミユージック・マジックの初日。ランキン・タクシ—が心配なので、開演前から行き

ます。あすの楽日は日本橋の祭りが終ってから出向きます。道路使用許可の

関係で15時に終ってしまうので、充分でしょう。

さて、今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com
http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、まだまだ続きます、かな。

鷲巣功でした。来週もあなただけに。

s-mb151024p

    • リス(山奥の)
    • 2015 10/24 3:18am

    昨夜のEテレ、残念ながらDJワツシのデビユとはなりませんでした。来週のBSプレミアムに期待しましょう。

    • ちびえ
    • 2015 10/24 3:30am

    あさーっ
    今週は5分弱かかっちゃった。
    ヴェンテンさん、ちゃんと解ってますよー。
    わっしー、ツイッターやっぱり見てないんだね。。。
    あっちには書き込みありますよ〜。

    • リス(山奥の)
    • 2015 10/24 3:42am

    でも、DJワツシ復活提灯は映っておりましたわよ(一瞬)

    • プロフェッサー ロンゲ
    • 2015 10/24 3:56am

    月 )) おはようございます (( コーヒー

    鷲巣功様 大家澤田修様
    今日も幻楽しんでますよ。
    恵比寿のこづちでコロッケ食べてからミュージックマジック楽しもう。
    今年はチケット忘れないで出掛けます。

    チャオ!
    プロフェッサー ロンゲ

    • ちびえ
    • 2015 10/24 4:06am

    「ヴィエトナム版オハヨー体操」って振りはどんなふうなんだろヨロレイヒ〜

    • ちびえ
    • 2015 10/24 5:06am

    “Haidara George” Khaira Arby
    はいざら はいざ〜ら はいざ〜ら
    これ、おしまいの方が河内音頭っぽいね♪

    • ささきがく
    • 2015 10/24 5:55am

    ゆんべはワッシーが視たくて夜更かししたんだけど、

    今一つなMCその他の構成に邪魔されて錦糸町パラダイスは一瞬だけだった。

    今朝は珍しく朝からテンション高めさ。

    ワッシーがラジオ日本を基地にする日は遠くないと思うぜ!

    85000の皿がワッシーをトリコにするんだぜ! 

    • まゆりん
    • 2015 10/24 6:14am

    ワッシーさん

    サム・クックの「ワンダーフル・ワールド」をかけてくださり
    ありがとうございます!!!

    とても嬉しいです。とても。
    おかげで、おなかの底から力が湧いてきて
    暖まってきましたよp(^-^)q
    今日もヤルわよ!って感じです(笑)

    はやる気持ちが通じたのかな??? (笑)
    1分弱でDLは完了しました。

    25日の日京まつり での河内音頭、楽しみにしていますよ~♪

  1. 今週もありがとうございます。
    LIVE MAGIC!行くんだけど、現時点で遅刻決定…withチビ介。
    ランキンのおしりに着くか着かないか…

  2. 今朝も更新後すぐにDL。3〜4分でした。

    Eテレは最後に錦糸町河内音頭大盆踊りの様子がほんのちょっとだけ流れただけでした(残念)。

    感想は後ほどまた。

    (先週の感想も少し前に書き込んだばかりです。遅れてすみません)

    【幻】感謝です。

    • ヴェンテン
    • 2015 10/24 2:34pm

    昨日は聴けなくていま聴きました。こっちにコメントしないとダメだつたのね( ; ; )。はい、いつも聴いてますよー。タイムアフターぢゃなくてトゥルーカラーズだったような気がしますがリクエスト覚えていてくれてありがとう\(^o^)/。これからはこっちにリクエストしますね。ちひえさんもありがと〜〜(^^)。

    • ヴェンテン
    • 2015 10/24 2:42pm

    あッ、ちひえ→ちびえさんのまつがい(笑)。
    体操といやあ、「 北朝鮮律動体操 」とゆうのがあったけど、
    あれは放送禁止かな( ^ω^ )。

    • LOUIS LOUIS るいじあな
    • 2015 10/26 2:51am

    澤田さんの母校?大阪芸術大学のTVをy酔っぱらいながら超断片的に見ました。
    プロのDJと自称DJの違いは何でしょうか?? お金を稼ぐのはどの業界でも大変ですね。

    • ちびえ
    • 2015 10/26 6:21am

    ちび冷えてます…あさーっ

    • ペタシ66
    • 2015 10/27 12:56am

    今週も楽しく聴かせて頂きました。
    ヘザ— クロッセ 懐かしくも新鮮でした。
    最近は、Sバッパーズの「物件に出物なし2006(物件に偽装あり)」 をどこかで掛けてくれないかななどと思っております。

    • プロフェッサー ロンゲ
    • 2015 10/27 3:51am

    76.1 )) チューニング (( 10/31

    鷲巣功様 澤田修様 ご苦労さまです。

    ミュージックマジック楽しかったです。

    会場でDJのKCさんとお話することができました。
    彼の息子さんが英語の通訳をしていただいたおかげです。本当にありがとう。

    インターエフエムの周波数変更に伴う76.1放送終了のアナウンスはKCのナレーションで10月31日に流れるそうです。
    私はかってに31日の23時59分頃の終了を思い画いていましたが、
    大晦日の除夜の鐘じゃないんだからそこまでやる必要も義務はないんでしょう。いったい何時頃に放送されるんでようね?

    最後の67.1KCのアナウンス。
    私はぜひ聴いておきたいと思います。

    チャオ!

  3. だいぶ遅くなってしまいましたが、10月24日更新分の感想です。すみません。(2015年11月6日・記)

    リサ・ルブラン、ルーシー・フォスター、ヘザー・クロッセ、ミリアム・マケーバ、マミ・カヌーテ、アリスン・ブラウンと最近の選曲は女性ミュージシャンが多い傾向で、うれしくもあり、興味深く拝聴させてもらっています。

    ギュッときたり、
    キューッときたり、
    むら、むら、ムラっときたり(これはいやらしい意味ではなく、聴いた瞬間、感覚的に、むむ、これはと思うような…自分のボキャブラが乏しいのでうまく表現できませんが…)、

    いろいろな感じになります。

    今回の「むら、むら、ムラっと」は、ヘザー・クロッセ でした。

    「Heavy Suga & The SweeTones」も「Girls With Guitars2015」も全く知らなかったので、初聴きだったのですが、DJのおっしゃるように、リズムの取り方が良いと思いました。余裕があるというか、貫禄さえを感じました(言い過ぎかなあ…)。

    しかも、ベイスを弾きながら。

    ベイスを弾きながら歌を歌う
    歌を歌いながらベイスを弾く

    ひとには、昔から、惹かれるんですよね、なぜか。

    もっと聴いてみたい。

    バンジョーの「Time After Time」もとてもいい感じ。なんか潤してくれますね。

    アリスン・ブラウンも初聴きです。

    BSMF Records おそるべし(でもHPやTWITTERでの宣伝がちょっと遅いような…)。

    オーサムさんがオーサムビーツで初めてやった「1000本ノック」も確か「Time After Time」。2013年4月10日のことでしたね。だいぶ前のことのように感じます。

    (プレイリストから)
    24 TIME AFTER TIME / CYNDI LAUPER
    25  TIME AFTER TIME / QUIET DRIVE
    26  TIME AFTER TIME / MILES DAVIS
    27  TIME AFTER TIME / CASSANDRA WILSON
    28  TIME AFTER TIME / INOJ
    29  TIME AFTER TIME (KICK VER.) / BOYZ Ⅱ MEN
    30  TIME AFTER TIME / TUCK & PATTI

    【幻】更新 いつも感謝です。多謝。

  4. Uk cheap http://www.brandssolution.co.uk/uploads/160_120/pharmacy/larona.html buy pills online uk.

  5. Without a doctor prescription australia http://www.brandssolution.co.uk/uploads/160_120/pharmacy/ralista.html to buy in london.

  6. generikus gyógyszertár, http://www.amarasdance.com/v2/wp-content/gyogyszertar/duloxetine.html – kapszulák tabletta ára.

  7. gyógyszer rendelés, http://www.videoexplorers.com/wordpress/wp-content/gyogyszertar/ultracortenol.html – tablettát eladó.

  8. dostupna cena recepty, http://www.milfordcraftshow.com/wp-content/lekarna/actos.html – Koupit za dobre ceny recept.

  9. online patika budapest, http://www.amarasdance.com/v2/wp-content/gyogyszertar/anastrozol.html – természetes budapest.

  10. praha ostrava, http://mindspeakdallas.com/wp-content/lekarna/duac.html – Kde koupit v praze.

  11. genericka praha, http://www.premiumthemesup.com/wp-content/uploads/2017/01/lekarna/trimetabol.html – lekarna online kde.

  12. elad rendelés, http://www.cuttsconsulting.com/blog/wp-content/gyogyszertar/ciprofloxacino.html – tabletta vásárlás.

  13. genericky bez receptu praha, http://dragonize.com/blog/wp-content/lekarna/clopidogrel.html – rodovy recepta.

  14. vásárlás webáruház, http://www.dianahenderson.com/photography/flash/gyogyszertar/plaquenil.html – Generikus tabletta árak.

  15. cena prodej bez predpisu recept, http://www.metrocomputerworks.com/wp-content/wflogs/lekarna/ditropan.html – srovnani cen recepty.

  16. Kapszulák rendelése, http://www.videoexplorers.com/wordpress/wp-content/gyogyszertar/sorine.html – tabletta rendelés.

  17. Cena s receptem brno, http://www.michaeltinsley.com/wp-content/lekarna/trinidazole.html – Koupit v lekarne online za dostupne ceny recept.

  18. vény nélkül magyarországon, http://www.amarasdance.com/v2/wp-content/gyogyszertar/wormex.html – Online gyógyszertár.

  19. Költség számítás, http://www.videoexplorers.com/wordpress/wp-content/gyogyszertar/ketotifen.html – olcsó árfolyamok.

  20. Eladó budapest budapest, http://www.amarasdance.com/v2/wp-content/gyogyszertar/cefalexina.html – on-line árfolyamok.

  21. levne ceny cena, http://mikaylamackaness.com/L/pixelhappy/lekarna/betapace.html – lekarna online recepty.

  22. predpis brno, http://newgoldmanagement.com/old/wp-content/lekarna/lincocin.html – ceska praha.

  23. kde koupit bez predpisu recept, http://www.milfordcraftshow.com/wp-content/lekarna/imipramina.html – prodam recept na brno.

  24. lek brno, http://www.premiumthemesup.com/wp-content/uploads/2017/01/lekarna/betaxolol.html – prodam cena.

  25. ceny liberec, http://dragonize.com/blog/wp-content/lekarna/malarex.html – prodej bez predpisu bez recepty.

  26. kaufen gunstig http://www.motschke.de/blog/wp-includes/ID3/apotheke/aldactazide.html Original kaufen.

  1. トラックバックはまだありません。