【幻】モーニン・ブルーズ 2016/07/30

mb160730

 

TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。先週「真夏です」なんて言ったの

 ですが、その後、肌寒い程の涼しい日が続きましたね。フジロック対策で早めの

 入稿がバレてしまいましたか。今週はハレて梅雨明け宣言が出ました。木曜日か

 らは陽射しも蘇って、本当に真夏です。湿度を考えるとちょっとウンザリですね。

  そんな気分を吹き飛ばす今朝、2016730日の1曲目です。

  スティーヴィー・ワンダーで

  「ドゥ・アイ・ドゥ」。

 

M01.Do I Do(5’04”)Stevie Wonder

-S.Wonder-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1   

 

「ドゥ・アイ・ドゥ」、ちょっと中途半端な終り方でした。これはベスト盤に収め

 られているシングル・ヴァージョン、の筈ですが、実際にはこれまでシングルで聞いた

 事がないので、詳しくは分りません。『ミュ—ジック・エイリアム』という2枚組の、総

 天然色の熱帯魚が形押しで浮かび上がっている、手の込んだ豪華なジャケットの

 編集盤にフル・ヴァ—ジョンが入っていた筈です。今の短い方を聞いて、無性にそ

 っちを聞きたくなりました。

  『キー・オヴ・ライフ』を持ってない事に気付き、甲府行き直前に急遽、中古盤

 で購入した事もあって、今週は何気なくスティ—ヴィ—・ワンダ—を聞く事が何かあり

 ました。いつぞやの吉岡正晴との一騎打ちでは、危うく「スティ—ヴィ—嫌い」に

 決めつけられそうになりましたが、別に嫌いではないですよ。ただ他の人た

 ち見たく神様と崇めたり、無条件に肯定をしないだけです。

  今の「ドゥ・アイ・ドゥ」もよく口ずさんでいました。彼はキイが高いので、レコ—

 ド回してると、一緒に唄ってる気分になれる事もあるからでしょうか。

  ただ、これは秘密ですが、わたしの本当に好きなスティーヴィーというのは、実

 は『トーキング・ブック』以降に全知全能になる前の、ひとりのR&B歌手時代です。

 成人になって音楽の勉強をやり直すちょっと前、ひとりスタジオに籠ってシンセサイ

 ザ—で多重録音を始める前の彼なんです。

  この期間はごく当たり前のポップスばかりを唄っていて、その後の重量感漂

 う作風で彼を知っている人たちには聞き劣りがするでしょう。でもね、実に

 よく作られた楽曲が多く、アレンヂも的確で、しかも何より彼の唄に説得力が溢

 れています。おそらく昨今では耳に出来ない「リトル」から「ゼウス」に成長して

 行く途中のスティーヴィー・ワンダーを、今朝は少し聞いて下さい。

 

M02.Never Had A Dream Come True(3’13”) Stevie Wonder

-Cosby, Wonder, Moy-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

「ネヴァ・ハド・ア・ドレーム・カム・トゥルー〜叶った夢なんてひとつもないよ」でし

 た。1970年の作品です。これとても好きだなあ。スティーヴィー・ワンダ—、20歳で

 す。青春の迷いがまだ残っているような、絞り上げる唄い方が心に飛び込ん

 できます。「夢の中の君」という邦題は外れていなくもないか・・・。

  次は中学校3年生の偽装受験勉強中によく聞いていた、相良直美と月の家

 円鏡が進行役を務めていたビクタ—音楽産業の自社番組で一時期毎晩のように

 流れていたた思い出の、

  「イエスター・ミー、イエスター・ユー、イエスター・デイ」

 

M03.Yester-Me, Yester-You, Yesterday(3’03”)Stevie Wonder

-Welts, Miller-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

N   「イエスター・ミー、イエスター・ユー、イエスター・デイ」、1969年、スティーヴィー19歳の時の作

 品でした。これもいいでしょう。中央部分の短いブリッヂの後が、たまらなく

 切なく迫って来ます。全知全能のゼウスと化してからは全人類的愛と宇宙的平

 和といった壮大な主題を唄う事が多くなり、庶民の色恋からはちょっと離れ

 てしまったようなスティーヴィー・ワンダー、この時期はまだ俗世にいて、わたしたち

 と同じように失敗を繰り返している感じがしますね。

  次の歌はスタンダードとしても有名です。スティーヴィーのもちょっと未完成感が残

 っていますが、今のところこれ以上の美しい形を知りません。冒頭のギタ—と

 タンバリンの絡みが、すぐあの世界に連れて行ってくれます。

  「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」。

 

M04.For Once In My Life(2’49””)Stevie Wonder

-Murden, Miller-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

「フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」、これも1969年の作品でした。この時期は、そ

 れまでのRBになかった独特の甘美な音空間を創りつつあったようです。

 そしてその流れは『ト—キング・ブック』以降の路線とも重なり、世界中の音楽を

 更新して行きました。

  普段スティーヴィーと言いますと、わたしもすぐに、「悪夢」とか「ブーギー・オン・

 レゲ・ヲーマン」を引き合いに出しますが、今朝はそれらを奥にしまい込んで、成

 長過程のスティーウィー・ワンダーを聞いて貰っています。

  次もスタンダード曲になっていますね。

  「マイ・シェリー・アモール」。

 

M05.My Cherie Amour(2’53”)Stevie Wonder

-Cosby, Wonder, Moy-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

N  1969年のR&Bとしては極めて異色な「マイ・シェリー・アモール」でした。この頃

 の彼は全てを自作曲で固めていたワケではありませんし、ハモニカを吹く他は演奏

 にも参加していません。あ、エレキ・ピアノは弾き始めてるかな。いずれにせよ、

 まだモータウンのひとりの唄い手でした。周囲には何人かの作編曲家が付いていて、

 彼の可能性を様々な角度から引き出そうとしていました。中でもロン・ミラーとい

 う男がこの時期にステーヴィーとした仕事はかなり質の高く、その後の彼自身の栄

 養にもなっています。では彼がステ—ヴィ—に唄って貰って素晴らしい結果となっ

 たこの1曲をどうぞ。

  「ヘヴン・ヘルプ・アス・オール」

 

M06.Heaven Help Us All(3’13”)Stevie Wonder

-Miller-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

如何でしょう、現在のゴスペル音楽にスティーヴィー・ワンダーが及ぼした影響は計り

 知れない程のものがあります。特に『キイ・オヴ・ライフ』以降は、そのままゴスペ

 ル・サウンドを誘導した、と言っても良いでしょう。でもその最初は、今の「ヘヴ

 ン・ヘルプ・アス・オール」のように思えてなりません。

  これもロン・ミラーの作品でした。普段なかなか聞けない『トーキング・ブック』前、 

 70年前後のスティーヴィー・ワンダーの傑作集、いいでしょう。と来て、ふと思いまし

 た。わたしはロン・ミラーが好きなのではないか、と。

 

M07.A Place In The Sun(2’50”)Stevie Wonder

-Wells, Paul, Miller-  ユニバ—サル  UICZ-1070/1

 

M08.How Sweet It Is(3’39”)James Taylor

-E.Holland, L.Dozier, B.Holland-  Warner Bros.

 

N   スティーヴィ−・ワンダ—の「太陽のあたる場所」に続けては、同じモータウン・ヒットとい

 う事で、先週カレン・ダルトンとタイロン・デイヴィスで聞いて貰った「ハウスウィーティーズ〜君

 の愛に包まれて」、ジェイムズ・テイラーでした。これのクレジットには二人のドラマーが記

 載されています。一緒に同じフレイズを叩いているんでしょうか。素晴らしい同

 軌ぶりですね。ラス・カンケルとジム・ケルトナーならその位できるかな。ともあれいつ

 聞いても素晴らしい「ハウスウィーティーズ」でした。

  では。今のジェイムズ・テイラーの新録音です。

  「たっぷりとお祈り」。

 

M09’Pray Enough(3’48”)ロブ・アイクス & トレイ・ヘンスリー

-unknown-  BSMF  6086

 

はい「プレイ・イナーフ」、もちろんジェイムズ・テイラーではありません。ロブ・アイクス &

 トレイ・ヘンスリーというカントリ—のデューオの新譜からでした。

  今唄っていたのはトレイ・ヘンスリーの方です。彼が、特にこの曲ではJ.T.にクリソツ。

 力むところなんかも生き写しのように聞こえませんでしたか。片割れのロブ・

 アイクスは現代ドブロの筆頭に挙げられる名手。今の「プレイ・イナーフ」でもそのバカテ

 クが垣間見えましたが、次のはもっと凄い。聞いて下さい。

  「リーヴ・マイ・ヲーマン・アローン」。

 

M10.Leave My Woman Alone(3’30”)ロブ・アイクス & トレイ・ヘンスリー JTクリソツ 32’10”

-unknown-  BSMF  6086

 

 

舌を巻く、という表現がぴったりのチョ—ゼツ技能を堪能させて貰いました。

 ロブ・アイクス & トレイ・ヘンスリーで「リーヴ・マイ・ヲーマン・アローン」。恐ろしい位です。彼

 等はブルー・グラス界で活動しています。この世界はワザを競うためにありまして、

 それはもう凄まじい楽器演奏能力を持った人間たちが揃っています。その中

 でもこんなに高いレヴェルはいないでしょう。しかも随所にユーモアが光るのが可愛

 い所で、圧倒されて息もつけない、という感じになりません。

  そして、こんなリパトゥワを持っているのにも、ニンマリさせられます。

  ソニー・ボーイ・ウイリアムスンで知られた「ワンウェイ・アウト」。

 

M11.One Way Out(5’08”)ロブ・アイクス & トレイ・ヘンスリー

-A.Miller-  BSMF  6086

 

M12.Sausage Paw(4’43”)レフト・レ—ン・クルーザー

-unknown-  BSMF-2521

 

澄んだ音色から、歪んで汚れた高い音圧へ。レフト・レーン・クルーザーで「ソウセイヂ・

 パウ」でした、この高速車線の巡航車もスライド・ギタ—とドラムスの2人組。お聞き

 の通りの音です。こういう高音圧ブルーズは最近の傾向でもありまして、わた

 しは、ヘヴェメタル、ヒップホップと同じくあまり馴染めない領域です。ただこの2

 組の音楽は要所に救いがあって、聞けますね。ツボのひとつはパーカッションが入っ

 ているのでリズムに遊びが感じられる点と、歌のユ—モアでしょうか。今の「ソウセイヂ・

 パウ」も繰り返されるリフに愛嬌がありました。昨今ドブロ・スライド・ギタ—はル—ツ

 音楽の世界で人気急上昇。彼らも奥の深いこの楽器演奏を極めて行きそうで

 す。

  ところで、彼らの新しいアルバムを聞いていたら、歪んだヴォ—カルの録音からスピ

 ード・グルー&シンキの「ミスタ・ドラッグ・ストアマン」を連想しました。この曲のヴォーカル

 は、キング・クリムズンの「21世紀の精神異常者」みたいに全編に亘って歪んでい

 るのです。初めて聞いた時には衝撃でしたね。今思うと「よくやった、でか

 したぞ」という気持ちですが。

  それでその「ミスタ・ドラッグ・ストアマン」を、と探したのですが、手許には虎ジャ

 ケットの『スピード・グルー&シンキ』しかありませんでした。

  申し訳ない。今朝はそこから「バーッド・ヲーマン」を聞いて下さい。

  ギター、陳信輝、ベイス、加部正義、ドラムスとヴォ—カル、ジョーイ・スミスです。

 

M13.Bad Woman(4’33”)スピード・グルー&シンキ

-M.Hanopol-   ワーナー MHD-25008

 

M14.ウエイヴ(5’26”)サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ

-A.C.Jobim-  El Sur Import 103

 

ヘヴェでハードなロックから心地良い・・・、ちょっと風変わりな「ウェイヴ」へと

 繋がりました「幻」モーニン・ブルーズ。只今の演奏はサッチェル・ステューディオ・オーケストラ

 でした。彼らのニュ—ヨ—クでの悪戦苦闘が描かれた記録映画「ソング・オヴ・ラホール」

 は再来週からの公開です。これは観ておいて損はない映画です。パキスタン・イスラ

 ーム共和国の伝統音楽演奏者たちが、アメリカの保守的なジャズで軋轢を味わう数日

 間。アメリカ側の代表がウイントン・マーサリスでね。彼が出張って仕切り始めるところか

 ら画面は緊張感を増幅させて行きます。正直なところ、わたしには愉快では

 ない場面でしたが、興味深く観ました。世界の民族音楽が直面する危機がこ

 こに描かれている、わたしは断言致します。何故ならば・・・、ちょうど時

 間となりました。

  では同じくサッチャル・ステューディオズ・オーケストラで

  「ブルーロンド・ア・ラ・ターク」。

 

M15.ブルーロンド・ア・ラ・ターク(4’01”)サッチャル・ステューディオズ・オーケストラ

-D.Brubeck-  El Sur Import 103

 

M16.ジャマイカ事情(4’20”)ランキン・タクシー

-T.Shirahama-  ワツシ WAZCD-002

 

先週木曜日に下北沢の音倉で行なわれたランキン・タクシーと藤島晃一のライヴに行っ

 て来ました。昨年のライヴ・マジックで観たノダチンとの形をわたしは気に入ってい

 ます。もう少しじっくり聞きたいな、と思っていましたら下北沢で実演とい

 う話しがあったので、出掛けた次第。想像以上に楽しませてくれましたね。

 ひとつの角を曲がって新しい広い道に出た、そんな感じでした。みなさんも

 機会があったら、ぜひ体験される事をお進め致します。

  さて、26日朝のニュースには、誰もが震え上がった事でしょう。あまりにもむ

 ごい事件です。犯人の決行までの、事件を予想出来た動きが明らかになりつ

 つありますが、突き放して云えば、もう遅い。

  救いだったのは、翌27日に発表された「全国てをつなぐ育成会連合会」の

 主張です。しかし同等の事を訴えた政治家は皆無。ソーリダイジンは、国民全員に

 「安心して堂々と生きて下さい」と言えなかったのです。

  海外で起きている様々な大量殺害事件とも関係なくない。現代に生きる人

 間の短絡な思想の象徴です。自分に必要ない、邪魔となるひと、もの、はこ

 の世から無くせばいい、となるのでしょう。そして自分自身も破滅させる。

 効率や利益だけが美徳とされる社会では、こういう考え方が観念となって浸

 透して行きます。この恐ろしさを認識しました。世界、いや人間ははここま

 で来てしまったのです。

  一方このような大量殺人犯罪が洗い直されています。それらは、大抵1938

 年の「津山事件」から語られますが、その前に1893年の城戸熊太郎、谷弥五

 郎による大騒動が起きています。この事件は今でも「河内十人斬り」として

 派手に語られています。ただ実際には殺された十人の中には生後間もない乳

 児もいたという、忠も孝も義もない猟奇事件である事を、わたしは付け加え

 ておきましょう。

  今日は夕方4時から中野サンプラザ前の広場で盆踊り。山中一平が河内音頭を

 一本詠み上げます。わたしも参加します。皆さん、どうぞお越し下さい。

  昨日初日をちょっと覗いて来ました。とても良い規模、いい雰囲気でした。

  昨年と同じく「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」も824日、25日に開

 催。今年は桑舞会と佐海会の激突です。新境地を開拓した月乃家小菊、そし

 て堺家小利貴丸が顔を揃えるのも、音頭狂の間では大きな話題となっていま

 す。暑さも本番、こちらもお楽しみに。

 

M17.気持ちヨホホイホイ(4’46”)月乃家小菊

-K.Tsukinoya, I Washizu-  歌舞音曲 1001

 

M18.大阪人情町歩き(7’23”)堺家小利貴丸

-S.Sakai-    SRS-001

 

M19.Penguin At The Big Aplle(3’24”)The Trammps

– N.Harris, R.Baker, E.Young, Hanley –  Fever Dream FD-CD-7518

 

TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

「気持ちヨホホイホイ」月乃家小菊、「大阪人情町歩き」堺家小利貴丸と続けまし

 た。小利貴丸は錦糸町でこのスタイルを披露する事になってます。ご期待下さい。

  最後は「ペンギン」でした。この盤、前回の仕事で使ってそのままデッキに入

 れたまま片付けてしまい、しばらく手許にありませんでした。今週無事戻っ

 て来たので「祝帰還」で、インストゥルメンタルをお届けしました。綴りが違うけど、

 話題の「トラムプ」ですね。

  明日は都知事選の投票日。今回は入れたい人間がいない。表層で動いてる3

 人はどれも信用出来ません。嘘が臭って来ます。ひとり好意を持てる候補が

 いるけど、わたしの方が認識不足。一夜漬けに近いけど、勉強してみます。

 あのミーディア関係者は絶対ダメだよ。ここまでと同じ不祥事を繰り返す事になる。

 皆さんも熟考の上、ご投票にお出かけ下さい。

  今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

 http://firestorage.jp/download/0134c804c5260d3ec27d96c795dba529cd7d9b99 

 ダウンロードパスワードは、u4e7j2jdです。

  今朝もちょうど時間となりました。

 こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

 「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週もあなただけに。

s-mb160723写真図版2_01

mb160730写真図版

    • プロフェッサー ロンゲ
    • 2016 7/30 4:13am

    うなぎ )) 夏の元気 (( 盆踊り

    先週の弾けた選曲ありがとうございました。
    夏本番に向けて元気をたくさんたくさん頂きました。
    「デュークに捧げる」に続きもスティービー三昧。

    今日も楽しんでます。
    チャオ

    • 大橋 康一
    • 2016 7/30 6:27am

    鷲巣さん、お久しぶりです。

    元気でいきましょう、の大橋 康一です。
    毎週、ありがとうございます。ちゃんと聴いてますよ。
    鷲巣さんの家は、確かクーラーがないんですよね。
    ご無理をされず、体調に気をつけて下さいませ。

    イサヲ ソニックですね。

    ではまた。

  1. いつもありがとうございます。中野へは行けないけど、草葉の陰から応援しています。本番の #錦糸町河内音頭 も、もうすぐだぁ。
    あと、8/5早朝 #幸せのテネシーワルツ ですよ! #TokyoFM

    • クリやん
    • 2016 7/30 1:20pm

    毎週お世話になり、楽しんでいます。ありがとうございます。
    今週もスティーヴィー・ワンダーから始まり、河内音頭まで、途中に懐かしいスピード・グルー&シンキなどもはさまって、うきうきです。
    昨日、錦糸町の河内音頭大盆踊りのはがきが届きました。無料手荷物預かり所が廃止されたことを知り、少し残念な気がしますが、やはり楽しみにしています。
    本日7/30の中野サンプラザ前の盆踊りにも出かけようと思っています。ではでは...

    • 類似穴
    • 2016 8/4 11:19pm

    リクエスト

    私の音楽最終学歴はヤマハ音楽教室低学年卒業(?)なので音楽的知識は皆無に等しいのですが、たまにある曲を聴いていてコード?とメロディーが思いもしない方向に向かう感覚の曲に出会います。そんな曲がございましたら教えて頂きたいです。
    チナミニこのリクエストのきっかけは”故意におちたら”です。

    この電子ハガキが読まれていない可能性はゼロではないので、同内容を8月の放送のお返事として書くつもりです。

  1. トラックバックはまだありません。