【幻】モーニン・ブルーズ 2016/09/24

mb160924

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。

9月になって23日中21日が雨降りだったそうです。洗濯物が乾かないの

と、ただでさえ湿気の貯まり易い私の家の空気は「ドヨーン」と、さっそくオノマトペ。

こういう天候を予想した訳ではないのですが、先月末に入手した雨用耐水スニー

カが大車輪で活躍中。今日から明日は、なんとか晴れて欲しいなあ。

それでは41年前の雨の日に行なわれた実況録音盤からどうぞ。

キャロルです。「ヘイ、タクシー」。

 

M01.ヘイ、タクシー(2’52”)キャロル    45949

-Y.Okura, E.Yazawa-  フォノグラム PHCL-3031

 

N  1975年4月13日の日比谷野外音楽堂での最終公演から、「ヘイ、タクシー」、キャロ

ルでした。この日はずっと曇り空で、キャロルの演奏中、それも最後に近くなって

から降り出して、演出効果としてはそれらしい終り方でした。帰りに傘をさ

した覚えがありませんから、大した降りではなかったのでしょう。

冒頭にこの「ヘイ、タクシー」を持って来たのには訳がありまして、先週のコメント

欄に45949号タクシー・ドライバ−さんからの投稿があったからです。放送終了以来、

ずっとご無沙汰だったので、とても嬉しかった。そうです、盆踊りでもお会

いしてましたね。確か上手側の通路ではなかったですか。覚えていますよ。

正直言うと、この「幻」を続けるのはとても大変で、心情的にも大家に納

めるまではずっと落ち着かない状態です。また画面で残る物なので、生放送

のように「ちょうど時間となりました」では済ませられず、作業的に慎重を

慎重を期さなければなりません。まとめるには、フルで2日以上かかりまして、

毎週ヒイヒイ言っているのが実情です。

それでも、スティーヴン・タイラ—好きの「八王子60オーバ−」さんのように、昔から

の熱心な方とまた触れ合えると、ジーンと来ちゃって感動します。それに支え

られ励まされて続いている部分は、確かにあるのです。皆さん、ありがとう

ございます。

さて生放送時代に何回かメイルを下さった45949号タクシー・ドライヴァさん、思い

出すと最初の時だったかな、わたしが喜んで「45949号、応答せよ、応答せ

よ」と呼びかけた事があります。居合わせた澤田修や、大塚ゆうすけは、半

ば軽蔑して呆れた顔でわたしを見つめていました。

その「応答せよ、応答せよ」の元ネタは、実はこれでした。

 

M02.ス—パ—・ジェッタ—(2’15”)上高田少年合唱団

-I.Kano,T.Yamashita-  コロムビア  COCX-33498/99

 

N  ご存知、ではないかもしれませんね。テレビ漫画「スーパー・ジェッター」の主題歌

です。誘導部分の「流星号応答せよ、流星号」、これが頭に浮かんで45949号

に呼びかけたのであります。1965年の放送ですから、修やゆうすけが知る訳

ありません。知っていたらもっと馬鹿にされたかも知れませんね。

スーパー・ジェッターというのは超能力少年で、彼が暗黒組織と戦う物語。流星号

は彼の自家用機。ゴ—カ—トのような、スク—タ—のような、水陸両用で、もちろん空

を飛び時間を超えて移動出来る乗り物です。これを今で言うアップル・ヲッチみた

いな通信機のアンテナを引き延ばして「流星号応答せよ」と呼び出すのです、当

時の子供たちは何かある度に、左腕にサインペンなどで書き込んだ通信機に向か

って、「流星号応答せよ」と送信していました。もちろん来るはずないのです

けれどもね。

先の投稿を読んでこの元ネタがすぐに閃きまして、大崎図書館まで2000年の

時空を自転車でひとっ飛び、この「ジェッタ−」収録の『テレビまんが主題歌のあ

ゆみ』を借り出して来ました。その説明によれば、なんと脚本は、筒井康隆、

半村良、豊田有恒、眉村卓などが書いていたのですね。凄い顔触れだ。

今の主題歌は脚本担当のひとり、加納一郎が作詞で、作曲は山下毅雄。エレキ・

ギターを効果的に使ったモダーンな響きですね。45049号、応答願います。

 

M03.狼少年ケン(1’41”)西六郷少年合唱団

-S.Tsukioka, A.Kobayashi-    コロムビア  COCX-33498/99    亜星

 

N  続きましては、「狼少年ケン」の主題歌でした。これは森永乳業かなあ、森永

製菓かどっちかが提供していた番組です。キャラクタ—を使った粉末ココアがありまし

たね。

ジャングルの中で狼一族と暮らす少年ケンが主人公。「タ—ザン」やワタルが活躍する

「少年ケニヤ」のアニメ版ですね。今お聞きのように、この主題歌はカッコ良かったで

す。男声バスシンガ—の「ボバンババンバン・・・」が効いてますね。

70年中期に青山学院大学にバット69というロック・バンドがありましてね。当

時ハコ屋の見習いみたいな事をしていたわたしは、何度か仕事場で出会ってま

した。5人編成だったかな、キッスのような衣装とメイクで、猟奇的ロックンロ—ルがリパト

ゥワでした。その彼らが、この「狼少年ケン」を唄うんです。カッコ良かったですよ。

正直「やられたな」という思いでした。今でも「狼少年ケン」からは即座にバッ

ト69を連想します。彼らはその後、どこかの舞台でヴォ—カリストが芸のひとつだ

った、口から火を吹くのに失敗して火傷を負い活動停止、なんて噂も聞いた

なあ。

それはともかく、こうやってテレビ漫画の主題歌には、新進作家の実験的要

素を含んだ作品が採用され易い環境があったようです。今の作曲者は小林亜

星でした。

一方、大抵は正義の味方の物語ですから、昔ながらの行進曲風、軍歌調と

は深い関係にありまして、その頂点が「巨人の星」かなあ。でもわたしは、

あまり好きではないなあ。あの球団も含めてね。その一歩手前、行進曲風、

軍歌調の中で、これならわたしも許せる範囲内です。

克美しげるが唄います。

「エイトマンのうた」。

 

M04.エイトマンのうた(2’27”)克美しげる

-T.Maeda、T.Hagiwara-  東芝 TOCT-8513     前武

 

N  数年前に携帯電話のコマーシャルで使われていた「エイトマンのうた」でした。これ、

クレイジー・キャッツの傑作の数々を書いた萩原哲晶の作曲なんですね。知らなかっ

た。なんでも彼は戦時中に行進曲を嫌というほど書かされていて、いつの間

にかそれが得意領域になってしまったそうです。「ゴマスリ行進曲」や「大冒険

マーチ」などでその専門能力は、素晴らしい形となっています。この「エイトマンの

うた」でも、後半に盛り上がって来る編曲には、彼らしい丁寧さが現れてい

ます。それにしてもここまでの歌、使われている言葉の健全さには恐ろしい

ものがあります。恐れ入りますよ。

今の「エイトマンのうた」を唄っていた克美しげるは、わたしも子供の頃から好

きでした。声が爽やかで清々しかった。元々はのポップスのカヴァを唄ってたん

ですね。それがあの殺人事件以降は転落の一途で哀れでした。支持者もいた

し、立ち直れた筈なのにね。わたしも再吹き込みのCDが付いた再起決意本

を買った覚えがあります。その後で、覚醒剤に手を出していた頃の週刊誌記

事を読んだ時には、この人はもうダメだな、という確信に近いものがありまし

た。結局その通りになりました。

ハコ屋見習いの頃に出入りしていた六本木の事務所がその殺人現場の隣で、

羽田空港で遺体発覚後の家宅捜査で大騒ぎだったようです。土曜日だったか

な、社長が興奮してわたしのところへ電話を掛けて来ました。「犬が吠えても

う大変、大変」なんて、結構喜んでいる風でもありました。克美しげるの想

い出です。

さて、アニメが今ほどメイジャ—になる前のテレビ漫画の主題歌には「新進作家の実

験的要素を含んだ作品が採用され易い環境」があったようでして、次の「ワンダ

ー・スリー」は洒落たジャズ・コーラスが導入されています。かなり成功している例と

言って良いでしょう。子供の頃はヴォ—カル・ハ—モニ—がこんな風に聞こえなかった

のも事実です。

ヴォ—カル・ショップというデッチ上げのグループ名もそれ風ですね。

「ワンダー・スリー」。

 

M05.ワンダー・スリー(3’20”)ヴォーカル・ショップ

-Y.Kitagawa, S.Uno-  東芝 TOCT-8513

 

M06.悟空が好き好き(1’25”)ヤング・フレッシュ

-O.Yoshioka S.Uno-  東芝 TOCT-8513

 

N  三匹の動物が続ける珍道中の物語「ワンダー・スリー」ヴォーカル・ショップに続いては、

最後はわたしの1000曲選に入る「悟空が好き好き」、ヤング・フレッシュでお送りし

ました。これは吉岡治と宇野誠一郎なんですね。これも驚き。さっきの「ワンダ

ー・スリ—」の脚本担当には、「唐十郎」なんて名前も見えました。

新進作家の実験的要素を含んだテレビ漫画の主題歌集、そもそもは、45949

号タクシー・ドライヴァさんの投稿から始まった流れですが、ちょっと脇道に外れて

しまいましたか。ではここで改めてお送りしましょう。

ランキン・「タクシ—」です。「タクシ—わたくし」。

 

M07.タクシーわたくし(4’00”)ランキン・タクシ—

-T.Shirahama-  ワツシ WAZCD-001

 

N  45949号タクシー・ドライヴァさん、どうもありがとうございます。お陰で、ここ

まで話題を繋げる事が出来ました。生放送時代の人たちも、どこかで「幻」

を知っていてくれるのが分って、とても嬉しい。でも、やっぱり電波だな、

と強く感じる秋分を過ぎた夜明けです。

さて、新譜です。正確には新譜のB面ですね。

まずは聞いて下さい。

浅田あつ子の「私の彼は河内男」。

 

M08.私の男は河内男(3’41”)浅田あつこ

-R.Hayato, T.Yano-   徳間 TKCA-90842

 

N  以前、「現」時代に何度も聞いて貰った浅田あつ子の「河内女のバラッド」と

いう歌がありましたね。恋人に、改心するなら「豹柄パンツ」を履いてやる、

というあれです。そのあつ子の最新シングルのB面がこの「私の彼は河内男」。

「カワチモン」ですよ。多分「河内女のバラッド」の続編として企画立案されたので

しょうが、A面にはなりませんでした。それでも出色の出来。堂々とかつて

の大ヒット曲をパロディにしているのが、偉い。

もちろん、原曲はこれです。

 

M09.私の彼は左きき(3’05”)麻丘めぐみ

-K.Senke, K.Tsutsumi-  ソニ—

 

N  麻丘めぐみ1973年の大ヒット曲「私の彼は左きき」でした。麻丘めぐみには、

わたしと同年代の男どもは大抵イカレていましたね。「もしもあの時あなたに逢

わなければ・・・」なんて、「芽ばえ」でしたっけ、みんな唄ってね。ロックンロ—

ルに全てを注ぐわたしにはどこが良いんだか、さっぱり分らなかった。同じアサ

オカでも、わたしはルリ子の方でして、その頃から年増好みだったようです。

この麻丘めぐみのヒット曲で、左ききが脚光を浴びたかというと、実際はそう

ではなかったようですが、野球の投手を始めとして左利きの方が貴重。イチロ

ーだって、左打ちを選んであれだけの安打を重ねている訳です。

そして音楽でも同じ。特に逆持ちが可能なギタ—やベイスは圧倒的にぎっちょ

の方がカッコ良い。その象徴が、この人です。

 

M10.カンサス・シティ(4’01”)ポール・マッカートニー

-J.Leiber, M.Stoller –  東芝 TOCP-6869

 

N  音楽界左利きの雄、ポール・マカートニのロックンロ—ル・アルバム『バック・イン・ザ・U.S.S.R.』

から、「カンザス・シティ」でした。ポールはハムブルグ時代から左利き用のベイスを使っ

ていました。この頃から、カール・ヘフナーは左用を揃えていたのですね。ピアノは左

用がありませんが、彼がドラムを叩く時は逆セッティングをするのかな。考えてみる

と、写真などで見た事がありません。知ってる人いますか。

さてもうひとり左利きの音楽家と言えば、この人の他にはいません。

ジェイムズ・マーシャル・ヘンドリクス、ジミヘンです。

1970年、アトランタ・ポップ・フェスティヴァルのライヴから

「ヴードゥー・チャイル〜スライト・リターン」。

 

M11.Voodoo Child(Slight Return)(7’38”)Jimi Hendrix Experiece

-J.Hendrix- Sony Legacy 88875109222  ビリー・コックス、ミッチ・ミッチェル

 

M12.Red House(8’28”) Jimi Hendrix Experiece

-J.Hendrix- Sony Legacy 88875109222

 

N  ジミ・ヘンドリクス、他界する直前の70年アトランタ・ポップ・フェスティヴァルのライヴから

「ヴードゥー・チャイル〜スライト・リターン」、そして「レッド・ハウス・ブルーズ」でした。この

時は、ベイスがビリー・コックス、ドラムスはミッチ・ミッチェルです。

彼のストラトキャスタ—逆さ持ちほどカッコ良い姿は、今もって存在しませんね。正に

決定的です。フェンダ—のヘッド形状から、弦のテンションにも影響が出てフレイジングに関

係している等とも言われますが、そんな事関係なく、とにかくカッコ良いのです。

逆に付いているトレモロ・ア—ムもよくあれだけ使えるなと思わせる自在振り。「弘

法は筆を選ばず」なのでしょうか。

関係者の話によると、わたしも幼少時は左利きだったようです。親がそれ

を嫌って矯正させられました。左手を出すと、物差しでひっぱかれるのです。

その記憶はあります。なぜ左利きがダメかというと、「将来、英語を書く時に

不自由だから」という説明でした。確かにその通り、と従って右利きとなり

ました。しかし外国人、特に黒人と付き合うとぎっちょの率は日本人と較べ

物にならない程に高く、みんな信じられないような構えで、左から文字をスラス

ラ連ねているのでした。

並んで食事をする時などは邪魔ですが、やっぱ左利きはカッコ良い。かつて水

森亜土が時計のネジが巻き難いとか、鋏が使えないなどの不満を漏らしていま

したが、運動競技や楽器演奏では、あのカッコ良さは別格です。ところで、ギタ—

や電気ベイス以外の弦楽器では逆さ持ちを見た事がないなあ。例えば三味線は

どうなんでしょうか、ヴェンテンさん。澤田修もぎっちょですよ。

さて、麻丘めぐみ1973年の大ヒット曲「私の彼は左きき」をヒントに発想、詞曲、

編曲、演奏と見事なパロディとした「私の彼は河内男」。あつ子もカマトト声出して

ましたね。いや、面白い。こういうのを上手に仕上げるのは、かなりの高度

な感覚と技術が必要で、フツー破綻して終るのが常です。それを考えれば、「私

の彼は河内男」は大成功です。この発売直後に東京へも宣伝で来ていたよう

で、ラジオの「走れ歌謡曲」などに出演していたようです。9月9日には錦糸町

のセキネ楽器前で野外キャムペインで唄ったそうですが、生憎とわたし東京に居ませ

んで、遭遇出来ませんでした。これまでも何回かすれ違ってます。これも縁

と考えて、次の機会を楽しみにしています。

先ほども申し上げましたように、「私の彼は河内男」はB面の扱い。では敬

意を表して、A面曲「雪花」を全員で拝聴致しましょう。

 

M13.雪花(3’57”)浅田あつ子

-T.Kitajo, W.Kiyokawa-  徳間 TKCA-90842

 

N  浅田あつ子の新譜で「雪花」をお送り致しました。マジな歌でしたね。ヒット

して彼女が紅白歌合戦で「河内女のバラッド」を唄ってくれる日が来る事を願

います。

さて、ここのところ続けてお送りして来ましたスティーヴン・タイラ—のカントリ−・アルバ

ム、先週は「心のかけら」をお聞きいただきました。八王子60オ−バ−さんが以

前の投稿でたくさんのカヴァを挙げてくれていました。わたしはピーボ・ブライスン

のカヴァを聞いた事があります。ナタリー・コ—ルとのデューオ前の時代にアルバムの中で採

り上げてましたが、その頃の彼の作品管理をする音楽出版社が同じで、ああ、

そういう事か、と妙にシラケた印象が残っています。

先週のスティーヴン・タイラ—のヴァ—ジョンはジャニスの形からなんとか離れようという

悪戦苦闘振りがわたしには愉快でした。今朝は逆にそれに近づこう近づこう

と悪戦苦闘しているヴァ—ジョンを聞いて下さい。

1970年1月26日、銀座に渡辺プロダクションが持っていたライヴ・スポット、メイツ

で演奏されたものです。

内田裕也とフラワ—ズ、フィーチュアリング麻生レミで

「心のかけら」

 

M14.ピース・オヴ・マイ・ハート(4’25”)フラワーズ

-J.Ragovoy, R.Berns-  Pヴァイン PCD-7228/9

 

N  内田裕也とフラワ—ズ、フィーチュアリング麻生レミで「心のかけら」をお聞き頂きました。

この直後に彼女とスティール・ギターの小林勝彦はアメリカに渡ります。その後ずっと向

こうで唄い続けて、カントリー・バー・クイーンのような存在にまでなったそうです。

あちらで制作したシングル盤が日本で出た事もありました。ヒットしなかったけど

ね。ボビ−・ヲマックが絡んでたなあ。フラワ—ズはこのメイツの後、ジョ—山中が正式に

リード・ヴォーカルで参加して、世界を目指すフラワー・トラヴェリン・バンドになります。

さて、もういちど「夜に近いアサー・・・」。

 

M15.Walking Blues(3’00”)ジョン・ハモンド

-R.Johnson-  BSMF 7526

 

N  かなり荒っぽい「ヲ−キン・ブル—ズ」、誰だと思いますか。ジョン・ハモンド、ロバート・

ジョンスンの楽曲を、本人よりも上手く弾く男です。この頃はまだ「ジュニア」が付

いていました。あの誰からも尊敬されるプロデューサー、ジョン・ハモンドの長男です。

 

初めて日本に来た時にインタヴュウの機会をもらいまして、始めに「あなたのお父

さんの事は本当に尊敬しています」と言ったら、「それはこの会見の邪魔にな

るだろうなあ」と、本当に嫌そうに漏らしたのが忘れられません。

その若き日の彼の未発表テイクを集めたアルバムが出ます。これを聞いて、オールマン

たちや、ジェリ−・ガルシア、エリック・クラプトンたちがリパトゥワに採り入れたという名曲

がズラリ。その頃ジョンは彼らよりもSPレコードを沢山持っていて、しっかり聴い

ていたのでしょう。これはお父さんと無関係ではないですね。

このアルバムは当時ヴァンガードで行なわれたセッションの没テイク集です。今の「アサー」

はアクースティクの弾き語り、その他にはマイク・ブルームフィールド、チャ—リ—・マッセルホワイト、ロビ

ー・ロバートスン、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドスンたちが参加したバンド・スタイルもありま

す。そちらから1曲どうぞ。ひょっとしてこのヴァ—ジョンが、その後超有名曲

になるきっかけだったのかも知れませんよ。

「ストーミー・マンデイ・ブルーズ」。

 

M16.They Call It Stormy Monday(4’07”)ジョン・ハモンド

-Walker-  BSMF 7526

 

M17.Shenandoah(2’41”)Alan Mills

-trd.-  Smithonian Folkways SFW 45080

 

N  67年に録音された、ジョン・ハモンドの「ストーミー・マンデイ・ブルーズ」、これも悪戦

苦闘的演奏ですね。ジョン自身もブルーズのイメヂとその表現の距離に迷っている

ようです。そもそも彼の声はいわゆるブルーズ的ではないですから、オリヂナルの

ような雰囲気にはなり難いですからね。でもこの時点でモーズ・アリスンの曲を採

り上げていたりして、ただ真似をするのとは違う意識が既にあったようです。

それに続けましたのはアルバム『クラシック・フォ—ク・ソングズ・フォ—・キッズ』から「シェ

ナンドゥー」でした。先週は夜汽車の通過で、アルバム紹介の締めが出来ずに終って

しまいましたので、今週はその後始末的にお届けします。これは北アメリカ大陸

先住民のチェロキ—族などの居住区を集団移動させた時に生まれた民間伝承歌で

す。金鉱が見つかったので、インディアンを追い出したのです。酷い事しますね、

ハクジン、ウソバカリツク。

ワールド・ミュ—ジックの祖父、ハリー・ベラフォンテもリパトゥワにしていた有名な「シェナンドゥ

ー」、この夏に出た新しいブルーグラスのアルバムを聞いていたら、「ヌー・シェナンドゥー」

という歌があるのに気付きました。冒頭部分では今のオリジナルをモチ—フに取り込

む編曲が施されています。

聞いて下さい。名手ぞろいのブル—グラス楽団、スペシャル・コンセンサスの演奏です。

「ヌー・シェナンドゥー」。

 

M18.New Shenandoah(4’38”)Special Consensus

-unknown-  BSMF 6087

 

N  「シェナンドゥー」というのは、河の名前とされています。生まれ育った土地から

強制的に別れさせられて行く時の悲しさを、河に呼びかける形で唄っていま

す。このスペシャル・コンセンサスも、河に呼びかけているのは同じでした。もう少し

言葉が瞬間的に分るといいなあ、心の底からそう思いました。

「シェナンドゥー」原曲には「オーシャン」という言葉が出て来ましたが、カントリ—やブル

—グラスの歌には滅多に海が出て来ません。たぶん多くの人は、海を見る事もな

く死んで行くのでしょう。わたしたちのような島国とは違いますね。でもそ

の代わりに大きな河が流れています。スペシャル・コンセンサスでもう1曲、

「ウェア・ザ・ワイルド・リヴァ・ロールズ」。

 

M19.Where The Wild River Rolls(3’17”)Special Consensus

-unknown-  BSMF 6087

 

M20.Jesus Is My Rock(2’17”)Special Consensus

-trd.-  BSMF 6087

 

M21.Biscuits And Gravy(4’43” ロブ・アイクス & トレイ・ヘンスリー

-unknown-  BSMF 6086

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N スペシャル・コンセンサスの「ウェア・ザ・ワイルド・リヴァ・ロールズ」、そしてアカペラで唄って

くれました「ジーザス・イズ・マイ・ロック」、控え目ですが、憎いハ—モニ—でしたね。

最後は以前もお届けしたドブロとスライドのロブ・アイクスとトレイ・ヘンスリーで「ビスケット

と肉汁」、あまり良い取り合わせとは思えませんが、アンサムブルは素敵でした。

ムジ「火の」鳥さん、山陽新聞の露出情報ありがとうございます。コロムビアの

担当者も喜んでました。「カタコト」は息の長い名作として生き延びます、かも

知れません。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/e71fad420f1fefa8fce58997f9b10a6a736b94cf

ダウンロードパスワード e2cg8m98

先週はみんな障害なく落とせたみたいね。何が原因だったのだろうか。

あ、今朝もちょうど時間となりました。

あ、ごめん。ハムブル・パイ、忘れちゃった。ロンゲさん済みません。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週もあなただけに。

s-mb160924%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%9b%b3%e7%89%88

    • 類似穴
    • 2016 9/24 3:43am

    ワタクシも左キキふぇち。左利きの人を見かけるとオオッと反応してしまい、その人がそこそこカッコ良かったりカワイかったりするとちょっと惚れてしまいます。
    左利きネタで書きたいことがあるのですが悶絶長くなるので割愛いたします。

    • まゆりん
    • 2016 9/24 5:07am

    更新、ありがとうございます!
    おかげで今週もゴキゲンな時間を過ごせていますよ(^-^)/
    スペシャル・コンセンサスは、もっと聴いてみたいと思いました。
    いろいろな音を面白がれたり、愉しむ喜びを深められて嬉しいです♪
    不安定なお天気が続いていますので、どうぞご自愛を。

    • ワツシイサヲ
    • 2016 9/24 1:25pm

    隠し場所はここです。為念。

     http://firestorage.jp/download/e71fad420f1fefa8fce58997f9b10a6a736b94cf

      ダウンロードパスワード e2cg8m98 

    • 大橋 康一
    • 2016 9/24 2:09pm

    更新、ありがとうございます。

    45949号タクシー・ドライヴァさんが、幻の存在を知ってくれているのですね、僕も嬉しいです。そう、やはり、
    電波で聴きたいですよ。選曲はもちろん、鷲巣さんのMCが、素晴らしいのですから。

    風邪が流行っているようなので、お互い気をつけましょう!!

    ではまた。

    • プロフェッサー ロンゲ
    • 2016 9/24 4:38pm

    左 ))秋の長雨(( 巻

    鷲巣功様 澤田修様
    こんにちは。

    今年は台風も多いですが毎日の雨が続きますね。
    足元が汚れたり湿ったりはありますが空から無料のシャワーが
    降りてくると思うと決して悪いものではないと思います。
    まあ日本で本当に快適な10月を心待ちに。

    そう。ハンブルパイはいつでもいいんですよ。
    何か気の利いた選曲がありましたらその時にお願いします。
    (四つのお願いの鳥さん。いつもありがとう。)
    チャオ!

    • 45949号 taxi driver
    • 2016 9/24 10:50pm

    鷲巣さんこんばんわ、そして音声放送からのファンの方々 こんばんわ。喋りを文字に起こす作業大変ですね、毎週ありがとうございます。私は1965年にはもう洋楽どっぷりでした、アニメより3・4年前でしょうか実写冒険ドラマ世代でして「少年ジェット」確か「ウーヤーター」なんて掛け声でした。鷲巣さんの引き出しの奥深さに今日も驚いています。近いうちに特番でもいいので公開生放送なんてあったらなどとおもいます。(有料でも行きます)その日を夢見て、来週も楽しみしてます。

    • クリやん
    • 2016 9/24 11:43pm

    毎週ありがとうございます。
    順調にダウンロードさせていただき、今週は久しぶりに全曲を一気に通して聴きました。キャロルからテレビ主題歌そして・・・と、興味深い幅広い選曲を楽しみ、麻生レミの歌声にも相変わらず惹きつけられてしまいました。
    本当にありがとうございます。m(_ _)m

    • 類似穴
    • 2016 9/25 10:20pm

    ボビー・ヲォマックとサム・クックの関係性(があったら)を教えて頂けないでしょうか?
    どちらの方もほんのチョット知ってる程度です。

    • 八王子60オーバー
    • 2016 9/26 12:53am

    鷲巣様、お忙しい中今週も有難うございます。
    45949号taxi driver様、少年ジェット 私も「ウーヤーター」見てました!。
    あの頃、アメリカのドラマ、ショー等もオンエアーされていたような記憶が。。 
    洋楽は雑音混じりのFENとラジオのDJ番組を楽しみに聴いていました。

    ポール、モントセラト島救済コンサートでのバックで揺れる大勢のコーラス隊を伴った「カンザスシテイ」も堪りません
    そうそう、先々週の文化放送プラスチューンは「雪花」でした。 
    スチは大抵あんな感じです(笑)

    思いがけない展開、知らずにいた音楽、土曜の朝はプレゼントの箱を開けるようなドキドキ感。 
    御無理のないよう鷲巣ワールドが緩やかに続きますように。。

    オーサム様、ありがとうございます。

    • ヴェンテン
    • 2016 9/26 2:16am

    Twitterの方に投稿しましたが、シェナンドーが好きなので、河を歌った特集をリクエストしておきます\(^o^)/。ムーンリバーありの、帰らざる河ありの、イムジン河ありの・・・。渋いところですみだ川、都鳥、長良川舟歌なんて邦楽も。松平純子の幻の名曲、両国橋。以前にかけてくれた涙の河、マギーミネンコ( ^ω^ )♪。はるみちゃんの小樽運河もねッ。

    • リス子
    • 2016 9/27 5:19am

    ムーンリバー来たら泣いちゃう。

  1. 相当時差で、いつもありがとうございます。感謝ぁ。

    • 類似穴
    • 2016 9/28 11:43pm

    今日ビートルズの映画を見てきましたがほんの一瞬0.2秒位ポールのドラムの写真が写っていました。

    https://www.youtube.com/watch?v=UlCyGTiqiAE 7分ぐらいが分かりやすいでしょうか?

    あと写真です。 http://www.mtv.com/artists/the-beatles/photos/4108626/

    そもそも私はドラムセットのことが分かりません。スネアとハイハット?? 

    澤田さん、有難うございます。

  1. トラックバックはまだありません。