【幻】モーニン・ブルーズ 2017/04/08

mb170408

 

前TM : ヲーキン・ブルーズ(夜に近いアサー仕様)P.B.B.B.

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。ようやく暖かな日が続くようにな

りました。もう8日です。これから先は急に寒くなったりはしないでしょう。

でもね、5月に入っても明け方は冷えて来ます。過去には、こんなにまだ寒い

のか、と再認識させられた事が何度かあります。特にこの時間帯。厚手の上

着はまだ全部しまわない方がいいですよ。今週も風はまだ冷たかったですし、

雨も降りました。雷も落ちた。自然に人間は敵わない。

では今朝も始めましょう、「幻」モーニン・ブルーズ2014年4月8日号です。

 

M01.Love On The Brain(3’44”)Rihanna

-unknown-  ユニバーサル UICD-6212

 

N  今お聞き頂いたのは、「ラーヴ・オン・ザ・ブレイン」という曲で、リアーナの唄です。

わたしは普段の朝はNHKの第一放送を聞いていまして、今週火曜日に「すっ

ぴん」で、1曲目流れたのがこれでした。

常々この国のラジオの形は、どうしたって第一放送には敵わない、と考えて

いるわたしです。実際に聞いていて感心する事が多いのです。ただし、音楽

の取り扱いに関しては、あんまりだなあ、と度々引っ掛かるのも事実。おそ

らくは現場担当者、ディレクターが自身の好みだけで持って来たような、季節、時

間帯、番組の流れと全く無関係な音楽が、唐突に流されます。大抵はすぐに

交通情報が載っかって来たり時間調整で段階的消滅、フェイド・アウトになってい

ます。

この日のこの曲もそのひとつでしたが、妙に心に残ったので、ウェブサイト

で確認して、その足でレコ—ド屋へ行きました。見つからないので店員に聞いた

ら、曲目で検索してくれて「R&B/Soul」の棚まで行ったんですが、収録CD

盤が見つからない。平日の午前中だったからでしょうか、時間をかけて熱心

に探してくれました。

そしてこれしかないだろう、と突き詰めたのが、この『アンチ』というアルバム

でした。ところがこれには曲目クレジットがないのです。手に取ったのは国内盤

ですが、透明シールドの上に「アンチ」「リアーナ」と書かれた紙が貼られているだけ

で、ア−チストの意向により曲目クレジット記載されていません」とあるのです。中を

開けると「ウェブサイトには完璧な詳細があるよ」と案内されます。NHKすっぴ

んディレクターもそうやって曲名を特定したのでしょうか。11曲目「ラーヴ・オン・ザ・

ブレイン」でした。

いろいろと多方面での意表を突くふるまいで注目を集める、今時の唄い手

のひとりですね。そういう世論操作の行き着くところは見えています。音楽

なら音楽で楽しませ、説得して欲しい。芸術には限界がありませんから。

とは言え、この1曲には心を惹かれましたのも事実です。アルバム全体にはプリ

ンス的感覚が濃密に漂い、最前線の女性歌手の典型のような造りですが、素性

はけっこうまっすぐなんじゃないか、周りが過剰な演出をしてんじゃないか、

そんな気もします。一度「すっぴん」で聞いてみたいですね。

さて先週の1曲目のノシズウェは、好評でした。みんなこういうのを聞きたいの

かなあ。「ジェイウェイヴ」的だ、という誠に有り難いお言葉も頂きました。今朝

も聞いて頂きましょう。ワシズがお送りするノシズウェです。

アルバム冒頭曲、「ソング・フォ−・ノシズウェ」。

 

M02.Song For Nosizwe(4’03”)Nosizwe

-N.Baqwa, G.A.Muldrow,A.Tjoe-  Sweet soul records SSri-0128

 

N  「ソング・フォ−・ノシズウェ」でした。こちらも割と素直な出来です。出自、見た

目で充分に特異なので、つい色眼鏡的視線で見てしまいがちですが、先週の

「プーッシュ」や、今の「ソング・フォ−・ノシズウェ」など、音楽だけを聞いていると、

極めてオーソドックスな骨格を持っているのが分ります。

次はどうでしょう。「ザ・レスン」。

 

M03.The Lesson(5’55”)Nosizwe

-N.Baqwa, G.A.Muldrow,A.Tjoe-  Sweet soul records SSri-0128

 

M04.The Angel Laid Him Away(2’33”)Rhiannon Giddens

-Mississippi John Hurt-  nonesuch 558805-2

 

N  「ザ・レスン」、ノシズウェでした。こちらは現代R&Bの上手い唄い手が多用する、

意図的なタイミングずらし技を駆使した唱法でした。ちょっとやり過ぎのように

も聞こえましたが、皆さんは如何でしょうか。

続けたのはこちらも先週お届けして「幻」の「ジェイウェイヴ」化に貢献したリア

ノン・ギデンズの「ディ・エインジェルズ・レイド・ヒム・アウェイ」、ミシシッピ・ジョン・ハートの

「ルイス・コリンズ」という題名でも知られる、息子の死を悲しむ母親の歌です。

生ギタ—一本の伴奏で唄うリアノンの堂々とした態度が美しい。この新譜『フリーダム・

ハイウェイ』は手応えありますね。研ぎ澄まされた数少ない音で構成された演奏も

説得力充分。ぜひ一度お聞き下さい。

さて舞台は変わってポップ・カントリ—になります。こちらはアリスン・クラウスの最新

作のから表題曲をお聞き頂きましょう。

「ウインディ・シティ」、言わずと知れた大都市シカゴの事です。普通はこのように

カントリ—の題材になる事はないでしょう。この町を問えば、日本人からはすぐに

「ブルーズ」という言葉が返って来るかも知れません。でもアリスはここから300km

ほど離れた町の生まれで、田舎から見た大都会シカゴを唄っています。

お聞き下さい。アリスン・クラウスの新譜カヴァ集から、

「ウインディ・シティ」。

 

M05.Windy City(3’15”)Alison Krauss

-P.Gable, B.Osborne-  ユニバーサル UCCQ 2002

 

N  「ウインディ・シティ」、アリスン・クラウスでした。今朝も高品質な女性の声で「幻」は

彩られています。ジェイウェイヴ的に聞こえますか。ぜひまたお褒めの言葉を下さ

い。それでは高品質な女性の声、もうひとり紹介しましょう。

昨年末の「幻」幸薄歌合戦での健闘も記憶に新たなマドリーン・ペルーです。

「傷だらけのタンゴ」。

 

M06.Tang Till They’re Sore(3’25”)Madeleine Peyroux

-T.M.Waits-   Impulse! 0602557014

 

N  「タンゴ、ティル・ゼア・ソ−ア」、マドリーン・ペルーでした。

タンゴの次は、フラメンコです。

 

M07.肉のフラメンコ(1’24”)西小輝彦

-T.Takahira, H.Suzuki- アルファ TAMORI3-A8

 

N  「肉のフラメンコ」西小輝彦でした。ご存知傑作アルバム『タモリ3 -戦後日本歌謡史-』

からお届けしました。

4月16日までですから来週いっぱい、丸の内にある東京ステ−ション・ギャラリーで

「パロディ、二重の声」という展示が行なわれています。その名の通り、「パロ

ディ」をテ—マにした美術展で、狭いギャラリ—には批評批判、悪意や機知に富む引

用精神で創られた作品が並べられています。殆どが絵画、写真、ポスターや塑像、

ヴィディオ作品になりますが、中央の部屋には同類の雑誌、漫画なども置かれて

いました。御大赤瀬川源平、横尾忠則を始めとして、ずらりと並んだ巨匠た

ちの作品には、時を忘れて見入ったり考えさせられたり、実はもう一度観に

行きたいくらいです。

最高裁まで持ち込まれた1970年のマッド・アマノ事件には大きな場所が与えられ

ていて、判決文主に新聞の報道記事を通し、「真相」は別として事件の推移

は克明に知る事が出来ます。この展示自体がパロディのような気もしますけれ

ど、豪華装丁のパンフレットの冒頭を飾る、成相 肇による真面目な概論「オリジナリテ

ィと反復の満腹」からして、極めて高度なパロディになっています。素晴らしい。

わたしは、生涯をかけたとしても自分の出来る事は、誰かの何かのパロディ

でしかないだろうと、遠の昔に悟っておりまして、せめて少しでもその質を

高める事を目標として生きています。そんな脇道野郎が、この展示の作品群

には圧倒され続けました。駄洒落的発想が基本ですから、相当にくだらない。

呆れるほどに情けない作品が全てですが、関わった人たちには頭が下がりま

す。こういう人たちが世の中の誰より偉いのです、わたしの世界では。

音楽作品では赤塚不二夫と全日本満足問題研究会のLP『ライヴ・イン・ハトヤ』

(ビクター SJX-20052)がありましたが、これには反論しましょう。同系の傑作は、

何と言っても『タモリ3 -戦後日本歌謡史-』の他ありません。同業者、権利所有

者へ気を遣い正規の発売遠慮となったいきさつも含めて、この国のパロディ史

観を雄弁に物語るのです。

マッド・アマノの一件の時に井上ひさしが寄せた談話に「許諾を貰っていたらパ

ロディなど出来ない」という意見に、わたしは当時から深く納得していました。

それから11年経って起きた『タモリ3』騒動でも、この国のユ—モア感覚は硬直した

ままだったのです。「パロディを扱う言葉自体を、日本の著作権法は持たない

のである」(前出、パンフレット巻頭の概論より)、という事でもありましょう。

それでは『タモリ3 -戦後日本歌謡史-』、「西小輝彦「肉のフラメンコ」西小輝彦の

続きをお聞き下さい。

 

M08.昭和38 / 映画「大学のバカ大将」から(0’49”)

-T.Takahira, H.Suzuki- アルファ TAMORI3-A8

 

M09.君といくつまでも(0’28”)葉山雄三 

-T.Takahira, H.Suzuki- アルファ TAMORI3-A8

 

M10.恋は紅いバラ (2’54”)加山雄三 

-K.Dan-  ドリーミュージック MUCD 1005

 

N  葉山雄三「君といくつまでも」に続いては加山雄三の「Dedicated」という

英題で発表された「恋は紅いバラ」でした。彼の初めての録音作品は『エキシティン

グ・サウンズ・オヴ・ユーゾー・カヤマ アンド・ザ・ランチャーズ』という、アルファベットで綴ら

れた英文の題名でした。ジャケットが凄くてね。ヨットハ—バ—に並べられた舶来の楽

器群。アムプはすべてフェンダー社のセパレイト型。ベイスはジャズ・ベイスだし、ギタ—は憧

れのモズライトです。これだけで当時250万円以上でしょう。トヨタ2000GTが買えま

す。1ドルは360円です。

収録曲はエレキの器楽曲と英語詞の歌曲によるもので、「ワーズ・アンド・ミュージッ

ク・バイ・ユーゾー・カヤマ」となっています。まだ団伊玖磨、山田耕筰は登場して

いません。後年、岩谷時子詞の「歯の浮くような」セリフには閉口した、という

発言が出ますが、今の自作「恋は紅いバラ」にはちゃーんと英語のセリフが付い

てましたね。嫌いじゃないようですよ。

いずれにせよ俳優の片手間仕事ではなく、彼自身が主体的に取り組んだ当

時の歌謡曲界では画期的な内容でした。自身の書いた解説にもまた一興があ

りまして、音楽に対する真剣な姿勢が貫かれています。

この人の誕生日が4月11日。来週の火曜日です。80歳になるとか。それを記

念したミクス系のアルバムが発売されたそうですが、「幻」はこのデビュ—作から行

きましょう。これはおそらくランチャーズの演奏ではないですね。これも後年岩谷

時子の日本語詞が付けられました。そこにもセリフがありました。聞いてみたか

ったらリクエストを。わたしも大好きな1曲です。

ではその原曲、「ブルー・スカイ・イン・ヨー・アイズ〜君の瞳の蒼空」。

 

M11.君の瞳の蒼空(2’42”)加山雄三

-K.Dan-  ドリーミュージック MUCD 1005

 

N  若大将80歳記念「恋は紅いバラ」、「君の瞳の蒼空」でした。

では再び女性歌手です。バ—ブラ・ストライザンドで「ストーニー・エンド」。

 

M12.ストーニー・エンド(3’11”)バーブラ・ストライザンド

-L.Nyro-  CBSソニー SOPC 57218

 

N  バ—ブラ・ストライザンドで「ストーニー・エンド」、非常にローラ・ニーノらしい作品ですね。

これを表題にした1970年録音のアルバムからお送りしました。レコ—ドを使用して

います。何故かと言いますと、先週の日曜日に行なわれたカメちゃんと告井軍

曹の異種格闘技セッションでは、入場者全員にLPがおみやげとして配られました。

そこでわたしがもらったのがこの『ストーニー・エンド』だったのです。シ—ルド状態、

当時の新品です。どこかの営業をやめたレコ—ド屋の不良在庫かな。

この作品はこれまで聞いた事はありませんでしたが、存在は知ってました。

バ—ブラがシンガー・ソングライターの作品を採り上げた、時代を大いに感じさせるアルバ

ムです。当時のコロムビア制作として、ロ—ラの楽曲が多いのは自然です。他はランディ・

ヌーマンやハリー・ニールスン、ゴードン・ライトフッドが作者として名を連ねています。編曲は

ジーン・ペイヂ、クラウス・オーガーマンなどの大御所、ジ—ンはまだ駆け出しの頃かな。

演奏がアール・パーマー、ハル・ブレイン、マクス・ベネト、ラリー・カールトンたち。ランディ・ヌ—マンは

自曲でピアノを弾いていますね。バック・グラウンド・ヴォーカルにはメアリ・クレイトンも居ま

した。こういう伴奏陣の名前が表記されているのも時代ですね。

ではおみやげLP『ストーニー・エンド』からもう1曲聞きましょう。

「ノー・イージー・ウェイ・ダウン」、キャロル・キングの作品です。

 

M13.ノー・イージー・ウェイ・ダウン(4’08”)バーブラ・ストライザンド

-G.Goffin, C.King-  CBSソニー SOPC 57218

 

M14.Blackbird(2’30”)SGT.Tsugei Only One Band

-J.Lennon, P.McCartney-  PSD-201

 

N  「ノー・イージー・ウェイ・ダウン」、バ—ブラ・ストライザンドでした。

続けたのは告井軍曹のオンリー・ワン・バンドで「ブラックバード」、ビ—トルズ好きが

必ず弾こうとする1曲です。告井軍曹の生演奏を聞くのは、初めての事でした。

いやあ、上手だね。音色も素晴らしく、すっかり聞き惚れてしまいました。

先週の後枠で、ビ—トルズ好きの感情を逆撫でしない、という表現をしていまし

たが、彼の演奏というかギター・アレンジは、いわゆるディジタル・オーディオの圧縮的

概念から行なわれているのではないか、と気付きました。簡単に言えば、各

種の楽器が複雑に絡まっているアンサムブルから、一番よく聞こえる音を拾い出し

てそこをなぞる、という事です。それがヴォ—カルだったり、ベイスだったり、リズ

ム・ギタ—やキック・ドラムの場合もあります。アンコールで「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を

弾いてくれたのですが、あのフル・オ—ケストラアレンヂが彼のギタ—1本でまったく不足

感なく聞けました。

曲の合間の話も納得出来る事ばかり。次の曲はボビ—・ダ—リンの持ち歌が下

敷きになっているんじゃないか、という指摘は初耳でした。わたしはかの傑

作「ディス・ボーイ」の延長で聞いていたので、その原曲を調べたくなりました。

では聞いて下さい。

「イエス、イティーズ」、ザ・ビートルズです。

 

M15.イエス・イット・イズ(2’42”)ザ・ビートルズ

-J.Lennon, P.McCartney-  東芝 TOCP-71041

 

M16.Yes, It Is(3’07”)The Beatles

-J.Lennon, P.McCartney-  Swinging pig TSP-CD-025

 

N  ザ・ビートルズ「イエス、イティーズ」を二つの仕様でお届けしました。後のは海賊盤

のデモ録音です。曲自体はもう殆ど出来上がっています。あとはハーモニーを考え

るだけ。頭のヘッドカウントがうまく決まらずに、ジョンがふざけるのが印象的です。

この歌はいかにも彼らしい切実な粘着的内容ですが、こんな雰囲気でリハーサル

していたんですね。オーティス・レディングの「ドック・オヴ・ザ・ベイ」もあんな深刻

な歌なのに、セッションは冗談まじりでした。オ—ティスが鴨女の真似を何度もしてね。

ちょっと肩透かしを喰らった感じでした。

さて告井軍曹が、一番難しいと言っていたビ—トルズ曲が、この日テ—マになっ

た1964年4月4日付ビルボ—ド・ホット100に入っていました。31位のこの歌です。

 

M17. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア (2’58”) ザ・ビートルズ

-J.Lennon, P.McCartney-   東芝 TOCP-71052

 

N  「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」、ザ・ビートルズでした。ベイスのラインをずっと

追うのがとても難しい、との話でした。ポ—ルの演奏は狂っているほど天才的

ですからね。軍曹の演奏はまたぜひ聞いてみたいですね、生で。

さて1964年4月4日付ビルボ—ド・ホット100でわたしが意外だと感じた97位の「

ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット」B.B.キング、この日は宮治のジュンがシングルで用意し

ていました。進行上は流れませんでしたか、休憩の時に聞かせてもらえまし

た。初めて聞くシングル盤テイク、リーガル劇場での炎上テイクに馴れていると、やはり

物足りなかったのは事実。でもこれは仕方のない事。決して悪い出来ではあ

りません。近いうちに皆さんにも聞いて貰いましょう。

その「ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット」、今週これまで聞いた事のないヴァ—ジョン

を入手しました。1969年のザ・ローリング・ストーンズのアメリカ巡業の前座で演奏され

た時の物です。この時のスト—ンズの分は『ゲット・ヤー・ヤズ・アウト』としてずっと

前に出ていましたが、今は豪華仕様になっていて前座の演奏も聞けるのです。

そこでB.B.が馴れない白人客を前に演奏を行います。日頃の会場とは違い、

言語による交流がとり難いからでしょうか、どちらかと言えばギタ—中心で引

っ張ります。「ザ・ロ—リング・ストーンズのライヴにようこそ。でもあなたたちはB.B.

キングを聞いた事がないでしょ」なんて謙虚に演ってますが、さすがにその演

奏は、徐々にマディスン・スクエア・ガーデンに集まったロック通を虜にして行きます。

では聞いて下さい、「ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット」、1969年のB.B.キングです。

 

M18.How Blue Can You Get(5’27”)B.B.King

-J.Feather-  Abcko 8929-2

 

N  録音状態はよくありません。きっとストーンズ用の設定のままだったのでしょう。

グリン・ジョンズですから、その気になればこんな音じゃない筈です。

そしてこの豪華仕様には、映画「ギミ・シェルター」にも挿入されていたもうひ

とつの前座、アイクとティナ・タ—ナ—の演奏も収められています。登場時の「ギミ・サム・

ラーヴィン」そして「スウィート・ソウル・ミュージック」を続けてどうぞ。

 

M19.Gimmie Some Loving(0’50”)Ike & Tina Turner

-S.Winwood-   Abkco 8929-2

 

M20.Sweet Soul Music(1’17”)Ike & Tina Turner

-S.Cooke, O.Redding, A.Conley- Abkco 8929-2

 

N  凄い迫力ですね、アイクとティナ・ターナー。彼らの方が白人客に馴れている感じです。

ロックのカヴァ−も既に多く採り上げていたし、もう黒人サ—キットから外へ出て実演

する機会も多かったんでしょうか。こういう時にも「女」は強いなあ。

さて、肝心のストーンズは追加収録で面白い楽曲が入っています。『ベガーズ・

バンクェット』からの「放蕩息子」、そして翌年発表する決定的作品『スティッキー・フィ

ンガーズ』からは「ユ・ガッタ・ムーヴ」、いずれもアクースティク・ギタ—で奏でられます。

これが良い出来。ミックも「お前たちの知らないこんなカッコいい音楽があるんだ

ぜ」と、得意そうです。聞いて下さい。

 

M21.Prodigal Son(4’03”)The Rolling Stones

-R.Wilkins-  Abkco 8929-2

 

M22.You Got Move(2’18”)The Rolling Stones

-F.Mcdowell, Rev.G.Davis-  Abkco 8929-2

 

M23.Honky Tonk Woman(3’34”)The Rolling Stones

-M.Jagger, Keith Richard-   Abkco 8929-2

 

M24.Deep Feeling(2’20”)Chuck Berry

-C.Berry- ユニバ—サル UICY-94624

 

N  ザ・ロ—リング・ストーンズで、「放蕩息子」、「ユ・ガッタ・ムーヴ」、そして「ホンキ・

トンク・ウィミン」でした。この時のライヴがわたしは一番好きです。この3年後のホーン

が入っている時のは海賊盤でしか聞けないので、正当な評価は出来ませんが、

メムバ—だけで演ってるこの時が、一番ロックバンドらしい気がします。この「ホンキ・

トンク」は、これまでに何千回聞いたか分りません。

そこに絡んで来たのは、今朝のチャック・ベリー、「ディープ・フィーリング」でした。

ここではチャックがスティール・ギターを弾いています。なかなかのモンでしょ。

野田努が編集している「エレキング」から「チャック追悼を」と短い文章を頼まれ

まして、予想以上に苦闘して収めました。いつ頃読めるようになるのかな。

先々週お話した事がわたしの本心なので、殆どダブった内容ですが、公開さ

れたらお教え致します。

ではチャック・ベリーをもう1曲。非ロックンロ—ル曲では最も有名でしょうか。

「ハバナ・ムーン」。

 

M25.Havana Moon(3’08”)Chuck Berry

-C.Berry- ユニバ—サル UICY-94624

 

M26.Taboo(2’45”)Larry Clinton

-Lecuona- Rhythm & Blues RANDB036

 

後TM:ボーン・イン・シカゴ(アサー仕様)P.B.B.B.

 

N 最後はご存知、「タブー」です。ラリー・クリントンンの演奏で、件のジュークボクス4枚

組『ミシシッピ・ジュ—ク・ジョイント・ブルーズ』からお届けしました。こういうのも人

気があったんでしょうか。向こうでもストリップ・ショウに使われていたのかなあ。

あるいはミシシッピのジュ—ク・ジョイントでは、毎晩これを流して裸踊りが・・・、安

酒場の唄い手の生まれ変わりのあなた、記憶にないですか。

若大将の誕生日付近が、わたしのもう数えるのも面倒な誕生日です。自分

のこの年齢を想像した事がなかった。先立って2日の異種格闘技セッションでお会

い出来たムジヒノトリさんから、お祝いをいただきました。ありがとうございます。

俺の酒、イサヲ・ワツシ・ハーパー、のいい奴です。かたじけない。毎回ココロの字を切

って呑みます。あ、運転免許の更新にも行って来なきゃね。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所にあります。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/d62276aa1d74a6d0496259151bfd3d0e60d80602

ダウンロードパスワードは3xi7dv8w

さあ、ちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週もあなただけに。

    • 澤田
    • 2017 4/8 10:18am

    更新が遅くなりました。
    管理人の初歩的ミスでございます。
    申し訳ありません!

      • ちびえ
      • 2017 4/8 10:27am

      いいってことよ(←なぜ上から)
      いつもありがとうございます。感謝してますのよ。❤️

    • 管理人様、いつもありがとうございます!Hug(笑)

    • フェス ロンゲ
    • 2017 4/8 12:54pm

    雨 )) 桜 (( 暖

    鷲巣さん 澤田さん
    こんにちは。

    パソコン立ち上げて一安心。
    今週も更新本当にありがとうございます。
    これからファイルいただきますネ。

    • ヴェンテン
    • 2017 4/8 2:29pm

    オーサムちゃま、お気になさらないで!大家さんには皆々感謝ばかりですm(._.)m。
    ところで私のお誕生日が11月4日なので、わっしーのお誕がいちんちずれていれば「裏誕」だったのに〜と思っていたら、若大将と「裏誕」だったワタシ(>_<)!とにかくどちらさんもおめでとうございます㊗️。
    うーむ、前世の酒場では、タブーでショウタイム、はなかったようですぜ。何たって「帰らざる河」もどきの姐さんですから、ハイヒールで殿方をノックアウトくらいのとこで( ^ω^ )。これからDLいただきます♪。

    • ハギリョウ
    • 2017 4/9 12:16am

    いつも有難う御座います。感謝ッ。礼ッ。

    • 大橋 康一
    • 2017 4/11 4:24pm

    鷲巣さん、お誕生日おめでとうございます。今週はやっと今から幻を聴きます!!

    • ワツシイサヲ
    • 2017 4/13 11:01pm

    ムジさま
    4月13日に何気なく覗いたら、あの日エーゾーではありませんか。観ました。確かにあの辺にいて、赤いスウィング・トップを着てました。でも分らなかったなあ。ショーネンの顔、識別出来ましたか。この一曲で、
    実に沢山の事を思い出しました。どうもありがとうございます。

  1. トラックバックはまだありません。