澤田解説作品紹介(2016年リリース)

解説を担当した作品(2016年リリース)


2016年1月29日発売!英国のメタルコアバンド、Bury Tomorrowの『EARTHBOUND』の解説を担当させていただきました。
カラーの違うツインボーカル、畳み掛けるギターのリフ、説得力のある楽曲構成は必聴です。


2016年3月16日発売!米国フロリダ産、メタルコア~ポストハードコアバンド、ウェイジウォーのデビュー作の解説を担当しています。
新人離れしてます、この人たち。A Day To RememberのJeremyがプロデュース!これぞ米国産メタルコア!


2016年4月20日発売!スコットランドから世界に飛び出す、YASHIN(ヤシン)の3作目にしてワールドワイド・デビュー盤の
解説を担当しています。
METAL meets Pop punk!轟音なのにとてつもなくポップなサウンドはクセになります。Glamour of The Killが好きだった人、即購入してオーケーです!残念ながら2016年内に解散してしまいました。。。


2016年5月11日日本先行発売!DevilDriver『Trust No One』の解説担当しています!説明不要のグルーヴメタル!
インタビューはコチラ Barks / HMV


2016年5月11日日本先行発売!Hatebreed 『The Concrete Confessional』の解説担当しています。ハードコア/メタルという軸はブレずにブラストビートやギターソロを大胆に導入させた意欲作です。
インタビューはコチラ Barks / HMV


2016年6月15日発売!Cage9 『Illuminator』の解説担当しています。日本デビューアルバム『el motivo』が1万枚を超えるセールスを記録したケイジ9。今作はメガデスのデイヴィッド・エレフソンのレーベルからのリリースで大きなチャンスを得ています。内容も彼らの最高傑作と断言できる大名曲”Everything You Love Will Someday Die”ほか充実しています。フロントマンのエヴァンが実父をガンで亡くした影響が作品に色濃くでています。”短い人生、大切なものをみつけてそれを大切にしよう”というメッセージが響きます。


2016年7月20日発売!HUASKA(ウアスカ)『ボサノヴァ・メタル教典』の解説を書きました!
ボサノヴァmeetsメタル!ブラジルでも唯一無二の存在ウアスカの日本独自規格盤!ブラジルでは伝説的なシンガーとして知られるエルザ・ソアレスが客演する楽曲も収録。


祝・グラミー賞ノミネート!
【全米22位!】2016年7月22日発売!PERIPHERY『PERIPHERY III : Select』の解説を担当しました。
プログレッシヴ・メタルの未来と言われるペリフェリー、彼らの現在進行形の音が詰まっています。強烈な重轟音サウンドの中に確かなセンスが光る作品!


【全米15位!】2016年8月10日発売!CROWN THE EMPIRE『Retrograde』の解説を担当しました。
高校生でRISE RECORDSと契約したポストハードコア/メタルコアバンド。映画のようなシアトリカルな世界観とダイナミックでキャッチーなサウンドはこれまで通り。圧倒的なクオリティの高さを誇る名盤です。ボーナストラック付きの日本盤がオススメ!


2016年9月16日!ドイツを代表するメタルコアバンドHeaven Shall Burnの8作目。
これまでと同様に”モノを申す”姿勢は変わらず、獰猛なサウンドも不変!


2016年9月23日発売!In Flames『イン・フレイムス ライヴ・イン・スウェーデン~サウンズ・フロム・ザ・ハート・オブ・ヨーテボリ』
通算3作目となるライヴ作品。高い演奏力とメロディックデスメタル時代とオルタナティヴメタル時代の楽曲をうまく混ぜたパフォーマンスも見応えあり。方向転換をする次作へ区切りとなる作品。


TO THE RATS & WOLVES『DETHRONED』2016年10月14日発売!
完成度の高いデビュー作が日本でも話題を呼び、来日公演も実現させたドイツのメタルバンドのセカンド。
ニューメタルを意識したという作品はメロディとヘヴィネスが見事に融合した良作!


In Flames『Battles』2016年11月11日発売!
ファンの間でも賛否が巻き起こっている最新作。
いま自分たちが良いとおもったものをアルバムにしたという内容。
アンダースのボーカルを前面に出した楽曲をハワード・ベンソンがプロデュース。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。