【幻】モーニン・ブルーズ 2018/01/27

mb180127

 

前TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます。アサー、ワツシイサヲです。冷えますね。北国の少女は「リル〜、

リル〜」と元気なようですが、25日朝には家の台所の水道管が凍り付いて断水

となりました。薬缶の水でなんとか凌ぎましたが、ひょっとしたら生まれて

初めての経験かもしれません。翌26日には洗面所でした。残っていた風呂の

水で顔を洗う、これは初めてではないかも。さて今朝は・・・。皆さんのお

宅は如何だったでしょうか。

さて今朝の1曲目は、2週間先送りにして来た、これです。

「愛のランドロ—ド」、グラディス・ナイトとピップス。

 

M01.Landlord(4’29”)Gladys Knight & The Pips

-N.Ashford, V.Simpson-  Columbia 982735 2

 

N  澤田修を歌った「愛の大家さん」、グラディス・ナイトとピップスでした。これは先々

週、先週と使っていたコロムビア時代のベスト盤からです。実はこの収録曲の中で

一番好きなのがこの歌で、ずっとこれを最後に聞いて貰うつもりで用意して

いたのですが、いつも時間調整がうまくいかずに代打を送っていました。そ

れで今朝は先発メムバ、それも一番打者としての起用です。

ニック・アシュフォードとヴァレリー・シムプスンの作ったゴスペル感覚が濃い「ランドロ—ド」、

グラディス・ナイトとピップスでした。

さて今朝は、まず先週の「ラジコ事件」についてお話ししておかなくてはな

りません。これはわたしの全くの勘違いでした。メイル送受信、ウェブサイト閲覧止

まりのコムピュータ通信アレルギー患者が、間違えました。「触った事もない人間が迂

闊な事を言ってはいけません」というのは自分の事です。思わせぶりに「お

楽しみに」としたのも聞ける筈、という思い込みがあったからでした。二重

に迂闊でしたね。混乱させて申し訳ありません。

改めてお伝えします。中央エフエムは、ラジコでは聞く事は出来ません。放送局

に確認もいたしました。2月16日早朝は、地上電波あるいはサイマルラジオでお楽

しみ下さい。

おーたか様、この一週間落ち着かなかったのではないですか。大変失礼致

しました。

今回はこの手のシステムのコミュニケイションのやりとりの難しさを思い知りました。文

章能力があればいい、という訳でもないですね。日頃使い馴れている人たち

の常識が分らないこともありまして、ウヲーサヲーする事も多いここ数日です。パソ

コン塾に行かなくてはなりません。SNS学科試験を担当者に受けさせ、厳重注

意するという処分でお許し下さい。

さて、先週リー・アン・ヲマックでお送りした「テイク・ザ・デヴォ−・アウト・オヴ・ミー」、

今朝はオリヂナルのジョージ・ジョーンズで聞いてもらいましょう。

「気から煩い出しとくれ」。

 

M02.Take The Devil Out Of Me(2’43”)George Jones

-G.Jones-  retro world BLUE178

 

N  先週お送りしたリー・アン・ヲマックのカヴァは単なる女版、と言ってもいい位に直接

的な形だった事が分るジョージ・ジョーンズのオリヂナル「テイク・デヴォ−・アウト・オヴ・

ミー」でした。尤も、アレンヂのしようがなかったのかも知れませんね、こういう

歌は。

もう一昨年前になりますか、安価で手に入れた6枚組のジョージ・ジョーンズ名

句集。こういう時には大変役に立ちます。同じ3枚目に面白いカヴァが入っ

ていました。

聞いて下さい、ハンク・ウイリアムズの名曲をカヴァしています。

「ヘーイ、グッドルキン」。

 

M03.Hey Goodlookin’(2’21”)George Jones

-H.Williams-  retro world BLUE178

 

N  ハンク・ウイリアムズ、1951年の「ヘーイ、グッドルキン」、ジョージ・ジョーンズのカヴァです。

これを1974年にカヴァしていた日本人がいます。残念ながら正規盤には収録さ

れず、「幻」トラックとなったのですが、21世紀のCD化の際にボ—ナスとして世に

出ました。

聞いて下さい、飯田雄一とオレンヂ・カウンティ・ブラザーズです。

「ちょいとそこ行くカワイコちゃーん」

 

M04.Hey Goodlookin’(2’21”)オレンジカウンティ・ブラザーズ

-H.Williams-  ケンロードミュージック AOCD 1006

 

M05.Night Train(3’48”)バーナード・アリソン 

-B.Allison- BSMF 2592

 

N  オレンヂ・カウンティ・ブラザーズで「ヘーイ、グッドルキン」でした。いいでしょう。横浜

は保土ヶ谷の田舎紳士、飯田雄一はとにかくセンスが良くって、この他にも沢山

の名曲をモノにしています、ほとんどはステレオですけど。

それに続けたのはジョニー、ルイス、アンド・チャーではなくて、ルーサー・アリスンの息子の

バナード・アリスンの「ナイト・トレイン」。最新アルバムからです。親父のル—サ—は80年代以

降のブルーズ界で台頭して来た男で、ブルーズをファンキ—に更新しながらこの世を去

りました。その遺志を継いだ息子のバナ—ド、最新作では21世紀のファンキー・ブル

ーズを聞かせてくれます。今の「ナイト・トレイン」は彼のオリヂナル。カッコいいですね。

アルバム全体にこんな感じで、ストレイトな音で時代の深層部を切り裂くような響き

です。

かと思えば、こんなカヴァも聞かせてくれます。

ブルック・ベントンでご存知でしょう、「キディーオ」。

 

M06.Kiddio(4’40”)バーナード・アリソン

-B.Benton, C.Otis- BSMF 2592

 

M07.Tricky Thing(4’30”)ジェシー・マルテンス・アンド・バンド

-unknown- BSMF 2595

 

N  バナード・アリソンの「キディーオ」に続いては、ジェシー・マルテンスというドイツの女性歌手。

先のバナードと一緒にラス・ブルーズ・キャラヴァンのメムバーとして世界を回っています。

ちょっとジャニス・ジョプリン的にも聞こえますが、真似をして悦に入ってるので

はないでしょう。モロにストレイトなブルーズを歌わずに、その感覚を自分なりに咀嚼

して、オリヂナル曲で勝負。今回の新作は特にそうです。表題曲「トリッキ・シング」

でした。英語にも不自然さがないですね。こういう音楽は現地語がなんであ

れ、英語詞で唄うのが当たり前になってます。ヨ—ロッパは大体都市部ならどこ

でも英語が通用しますから、その土壌の上に成立しているのでしょう。しか

し、この国は未だに違います。いくら芸名や音楽の題名をロ—マ字にして本人が

ガイジンのつもりになってもね。

では英語で唄う独逸人ジェシー・マルテンス・アンド・バンドの新作『トリッキ・シング』か

らもう1曲マイナ—・キイのナムバをお聞き下さい。

「アンダカヴァ」。

 

M08.Undercover(3’48”)ジェシー・マルテンス・アンド・バンド

-unknown- BSMF 2595

 

M09.Subway Blues(5’21”)イラナ・カッツ・カッツ

-unknown-  BSMF-2594

 

N  毅然とした男勝りのジェシー・マルテンスに代わってなんとも脱力的な、気の抜けた

ような女性の声が聞こえて来ました。イラナ・カッツ・カッツというアパラチア出のブル—ズ・

ヴォーカリスト / ヴァイオリニストです。写真で見ると、そうだな、まだ若いですよ。アルバ

ムはこれで3枚目ですから。

今回は『サブウェイ・ストーリーズ 地下鉄物語集』という題名で新譜を発表してい

ます。全編こういう唄い方なので、最初は愕然としますが、確かに魅力はあ

ります。別に非力ではありません。ヴァイオリンも何処となく頼りないのですが、

何故か印象に残りますね。

アパラチアというのは山脈の名前で有名な、ヌー・ヨークからミシシッピに下る北米東部

の広大な地域で、ほぼ孤立した山の中。アイルランド人が入植していましたから、

アメリカ合衆国の他の地域とは多少違う文化環境かも知れません。

そこに生まれ育ったイラ−ナ・カッツ・カッツは、地元の音楽文化を吸収しながらも、

ブルーズの魅力に取り憑かれて音楽活動を続けています。新譜が『サブウェイ・ストー

リーズ 地下鉄物語集』と題されていますから、都会へ出たのかな。

「地下鉄ブルーズ」に続いては、ルイジアナ生まれのブル—ズ・マンに捧げた

「トリビュート・トゥ・スリム・ハーポ」。

 

M10.Tribute To Slim Harpo(3’40”)イラナ・カッツ・カッツ

-unknown-  BSMF-2594

 

M11.Rooster Funeral(3’56”)ロン・ウッド・アンド・ロニー・レイン

-unknown-  BSMF 7547

 

N   イラ−ナ・カッツ・カッツ、「ハーポに捧ぐ」いいですね。しわがれ声でバリバリで唄うだ

けがブルーズじゃないのよ、というイラ−ナに耳を傾けましょう。あの音色の魔術

師、ロニー・アールも彼女を気に入っているようです。

今の「ハーポに捧ぐ」では雄鶏が鳴いていました。そしてその次にお届けし

たのは「雌鶏の葬儀」、ロン・ウッドとロニー・レインです。正式公開されなかった映画

「マホニーズ・ラスト・スタンド」のサウンドトラックからですが、その映画を知らないので何

とも言えません。いかにもサントラ的な場繫ぎシ—ケンスが殆どで、歌曲楽曲としての

体裁を整えているトラックは極く少なめです。この頃、1971年前後は、リード・ヴ

ォ—カリストのロッド・ステュアートがソロ活動で大当たりを取っていて、レギュラー・グループ、フェ

イシーズの活動は、特に録音制作で障害がありました。それで当てにならないロッ

ド抜きで、ロンとロニーがサウンドトラックの仕事を引き受けたようです。カチッと決まった

ヒット曲系は皆無ですが、ブリティッシュ・トラッド、ケイジャン、北米南部マウンテンなどの土着

音楽が好きだったロニー・レインの個性がジワーッと滲み出る感じ。ロニ—の憧れていた

憧憬が見えるようです。じっくり聴くと今の「ルースター・フューネラル」は、なかなか

に面白い構造をしていますが、かろうじてしっかりした形を保っている作品

がこれ位なので、他は推して知るべし。捉えどころのない音曲が続きます。

ただ他所の国から北米西部、南部を夢見た、先ほどのオレンヂ・カウンティー・ブサザ

ーズと相通じる部分が無きにしも非ず、です。

ロン・ウッドとロニー・レインによる映画「マホニーズ・ラスト・スタンド」のサウンドトラックから聞

いて頂きました。

 

M12.The Finer Things In Life(3’01”)O.B.McClinton

-J.Wearthrly- Stax / Craft CR00009

 

N  モロのトリカン、ここまで典型に徹したものも少ない、と思いきや、この唄い手は

黒人なんです。曲名は「ザ・ファイナー・シングズ・イン・ライフ」。昨年末に出ていた『ス

タックス・カントリー』という胸が時めいちゃうようなアルバムからです。

70年代の始めにスタックスは当時の経営者アル・ベルの方針で、カントリー市場に進出し

ました。その意図は定かではありませんが、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった

スタックス、何も怖い事はなかったのでしょう。その部門で最初に契約したのが今

のO.B.マクリントンでした。O.B.はR&Bの楽曲作家として、ジェイムズ・カー、クラーレンス・

カーター、アーサー・コンリー、ステイプル・シンガーズ等に作品を提供し、ある程度は売れてい

ました。古くは1965年のオーティス・レディングのLP『ソウル・バラッドを唄う』にも1

曲採用されています。そちらを聞いてみましょう。

「キープ・ヨ・アームズ・アラウンド・ミー」、オーティス・レディング。

 

M13.Keep Your Arms Around Me(2’54”)Otis Redding

-O.B.McClinton- Rhino / Atoco 8122 79827 4

 

N  オーティス・レディングで「キープ・ヨ・アームズ・アラウンド・ミー」でした。オ-ティスにかかっ

ては全てが彼の節で唄われてしまいますから、原曲の魅力を探るのは難しい

ところですが、O.B.マクリントンの書いた「キープ・ヨ・アームズ・アラウンド・ミー」は、南

部のソウル・バラッドとしては合格点です。しかしO.B.は根っからカントリー好きで、

チャーリー・プライドの成功を知り「そろそろ俺の番だろう」と信じていたそうです。

最初に出したシングル「カントリー・ミュ—ジック・ザッツ・マイ・ライフ」以降、5枚もLPを

出しましたが、どれも大成功したとは言えません。なにしろわたしですら、

彼の名前を全く知らなかった位ですから。先ほどの「ザ・ファイナー・シングズ・イン・

ライフ」は、当時売り出し中のカントリ—作曲家ジム・ウィザリーの作品でしたが、発売に

は至りませんでした。

さて『スタックス・カントリー』という素敵な表題のアルバム冒頭曲は、これです。

ベッキ・ブルーフィールドで「スウィート・カントリー・ミュ—ジック」。

 

M14.Sweet Country Music(2’59”)Beki Bluefield

-T.Lordi- Stax / Craft CR00009

 

N  ベッキ・ブルーフィールドで「スウィート・カントリー・ミュ—ジック」でした。もう少しキメて欲し

かったな。アーサー・コンリー位に、とは言いませんがね。

このアルバム『スタックス・カントリー』をレコ—ド店で目にした時は、この盤の上でスタックス

のR&Bとメムフィスのカントリ—が混じり合った、理想的な音楽が展開されているだろ

う、と想像を逞しくしましたが、お聞きのように収録曲のほとんどは、非常

に保守的な規格内カントリー・アンド・ウエスタ—ン音楽でした。制作はほとんどナッシュヴィル

で、外部プロデューサーにお任せだったのもその一因のようです。アル・ベルにとっ

てカントリーは音楽的な興味対象ではなくて、黒人主導で支配出来る筈の大きな白

人市場という商売上の目的でしかなかったようです。

 

M15.My Girl(2’41”)Danny Bryan

-W.Robinson, R.White- Stax / Craft CR00009

 

N  ダニー・ブライアンというメムフィス周辺では音楽関係者との長く深い交遊で知られた

男のカヴァ・ソング「マイ・ガール」でした。このトラックの制作にはサム・フィリップスの息子

も絡んでいますが、これも今イチだなあ。どれも生煮え、これがアルバム『スタックス・

カントリー』を聞いてのわたしの正直な感想であります。

さて、先週「ミスタ・ム—ンライト」で思い出した「ムーン・ドッグ」、今朝は打楽器の

即興アンサムブルを聞きましょう。おそらくヌ—・ヨ—クでの路上録音ですね。

「イナ・ドアウェイ」。

 

M16.In A Doorway(5’19”)Moon Dog     

-L.T.Hardin- ユニバーサル UCCO-5299

 

N  「イナ・ドアウェイ」、名称権闘争でアラン・フリードに勝ったムーン・ドッグ、ルイス・トーマス・

ハーディングの路上録音でした。

都会を歩いていると様々な音声に出会います。そこから想像力を働かせて

自分なりの音で画を描く、こんな事をムーン・ドッグはやったのだと思います。

そこに閃きを感じてレコ—ド制作を決断したプレスティッヂ・レイベルも偉い。だからこ

そ、今こうやって彼の音楽を楽しめるのです。

以前「現」時代も聞いて貰いましたが、ルイス・トーマス・ハーディングの作品をもう

1曲。ジャニス・ジョプリンが採り上げた事で有名な

「オール・イズ・ロンリネス」、今朝は内田裕也とフラワーズ。麻生レミのヴォーカルと石間秀

機のシタールでどうぞ。

 

M17.オール・イズ・ロンリネス(6’09”)フラワ—ズ    

-L.T.Hardin-  Pヴァイン PCD-72228/9

 

M18.Capim(4’58”)Manhattan Transfer

-Djavan-  Atlantic 81803-2

 

N  銀座のライヴ・スポット「メイツ」で収録されたシタールの音色から、一足飛びに地球の

反対側へ飛んで、ブラジルです。マンハタン・トランスファの「カピム」でした。

先週のジョン・ヘンドリクスのジョアン・ジルベルト歌曲集、わたしは大いに気に入って

ます。各楽曲がすぐに終ってしまい、必然的に全体の収録時間も短いのが物

足りないところですが、大したもんだなあ、という印象は変わりません。

寒い時のブラジル音楽も悪くないな、という連想で取り出したのがマンハタン・トラ

ンスファの『ブラジル』です。これはメムバのティム・ハウザーが「ブラジル」をインスピレイション

に制作したアルバムですが、別に全てが現地での録音という訳ではなく、今の

「カピム」もドラムスはジョン・ロビンスン、パカッションはパウリーニョ・ダ・コスタでした。ヴォ—

カルには作者のジャヴァンも入ってました。

ブラジルの土着的なヴォ—カル・ハーモニーは基本的に大人数で合唱の形になる事が普

通で、それを上手くマンハタン・トランスファ的に料理したティム・ハウザーの手腕は見事です。

決してボッサ・ノーヴァの雰囲気に依存していないところがね。と言っても実にティ

ムらしいのは、今の「カピム」でボッサ・ノーヴァの立役者スタン・ゲッツにソロを取らせて

いるところ。年期の入っている音楽ファンならば、ひと唸りでしょう。

では今朝はゲッツの参加したアントニーオ・カルロス・ジョビム作品を最後にお届けしま

しょう。

まずは「夢見る人」。スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト、そしてアントニ−オ・カルロス・

ジョビム。

「真夏のからすみ」ではなく「真冬のボッサ・ノーヴァ」です。

 

M19.夢見る人(2’34”)スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビン

-A.C.Jobim, G.Lees-  ポリドール  POCJ-9520/2

 

M20.ハウ・インセンシチヴ(3’24”)スタン・ゲッツ、ルイス・ボンファ、アントニオ・カルロス・ジョビン

-A.C.Jobim, V.D.Moraes-  ポリドール  POCJ-9520/2

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N   「真冬のボッサ・ノーヴァ」、最後は「ハウ・インセンシチヴ」、ゲッツとジョビムは変わらず

ルイス・ボンファが加わっていました。ゲッツねえ。この人には面白い話があります

が、それはまた暑くなってからお話ししましょうか。

 

さて来る3月17日、18日には、こんな催しがあります。

第49回東京都民俗芸能大会です。

これは「『都民芸術フェスティバル』事業の一環として、都内に伝承されて いる 民俗芸能のうちから、テーマごとに伝承団体を一堂に集めて、一般に公開し、都 の民俗芸能に対する理解と関心を高めるとともに、この大会を通じて民俗文化財の 保護育成、伝承意欲の高揚を図ることを目的とする」のだそうで、公演タイトルが 第49回東京都民俗芸能大会「はなふうりゅう花風流〜うたとおどりの競い」となっています。会場は池袋の東京芸術劇場プレイハウス。

ここになんと錦糸町の河内音頭大盆踊りが招かれたのですよ。「都内に伝承

されて」いるのですね、立派に。とは言え音曲は河内の物ですから、本場か

ら若手バリバリの音頭取り、地方(ぢかた、サイドメン、ウイメン)を呼んで、誇り高

きオリヂナル「錦糸町マムボ」を踊ってもらいます。わたしたち首都圏河内音頭推

進協議会としてはここで、都内の他の地域の民俗芸能を圧倒しようと企てて

います。どうぞ支援も含めお越し下さい。

とは言いましても無料入場整理券の応募受付が今月末の締め切りです。ギリ

ギリになってしまって済みません。https://tomin-fes.com/list/mingei.html

ちらですぐにご応募願います。また「舞台で踊りたい」という人は「幻」ワツシ

までお申し出下さい。優遇いたします。

 

さて、もうひとつ、昨年末に亡くなったブルーズ・ハーモニカ吹き妹尾隆一郎へ

感謝の会を催す事になり、わたしも裏方で働いています。以下ご案内いたし

ます。これについては詳細が決定され次第、ここでも告知いたします。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/6000b0c75a1138470212fcb439e9767476d9de34

   ダウンロードパスワードは、rq4rkgenです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 

    • 日曜日のグリ子
    • 2018 1/28 8:14pm

    ジョニー•ルイス&チャーには笑いました。

    でも、今週のクリビツ目玉のおやじはムーンドック。
    私が20代の頃だから?10年前。
    とても気になってた人なので聞けてよかったです。

    グリーンピースをのせたシュウマイを、
    大好きな世界標準の大きさで作りました。
    酢と醤油にカラシたっぷり。
    ギネスビールでを飲んでます。

    鷲巣さん澤田さん
    また来週。

    • サイマルリスコ
    • 2018 1/28 8:41pm

    あら偶然。
    先日あるイベントでオレンジ・カウンティ・ブラザーズの谷口さんにお目にかかれたばかりだよ。
    いとウレシ。

    • メガネ狸
    • 2018 2/1 4:54pm

    きゃー、。スパムのロシア語コメントだと思われるが読めないからわかりません。スパム報告を。
    あ、鷲巣様、澤田大黒氏いつも更新有難うございます。大黒氏、肉食獣でもあるとのこと。冬場はジビエ肉や羊もビタミンやミネラルが豊富であるからいいようです。私は若い頃頂いたジンギスカンを脂が凄い!という理由でベランダでジュージューして隣人にやんわり注意されました。やんわりな優しい隣人。(^_^)コーヒー缶でスモークマシン作り燻製した時は流石に消防車を呼ばれる所でした。都心部は火や煙は厳禁なのだ。あ、詰まらん話を。
    で、今月の中央fmにての生放送楽しみにしてます!リクエストは募集してますか?
    アパラチア山脈生まれのカッツカッツさんは今ボストンで活動してるらしい。ボストンの地下鉄構内で演奏活動もして、小説を書く、ビジュアルも描くなど多彩な方らしいです。思わず、ジャクソン・ブラウンも「僕の曲がこんな風に唄われるなんてWOW」って言っていたニコの歌い方に似ていて興味が湧きました。カッツカッツさんだから猫2匹T shirt着てる写真見ました。Old Dominion もアパラチアだし。最近興味がある。
    邦題「じゃじゃ馬億万長者」はアパラチア出身家族が石油長者になりハリウッドに引っ越して、素朴な感性と都会の人との鬩ぎ合いのコメディドラマが有りました。また観たいなあ。
    Old Dominion はヴァージニア州のこと。アパラチア山脈のある州。^_^

    • フェス ロンゲ
    • 2018 2/2 8:39pm

    鷲巣功様 澤田修様
    今週も幻ありがとうございました。
    明日は節分ですね。
    豆まいて鬼をはらって、よい運気を取り込みましょう。
    更新楽しみにしています。

  1. Где заказать редкие чаи Китая

    Чай считается одним из 2-х самых востребованных напитков на Земле, день за днём разные виды чая потребляют около семидесяти процентов живущих в наше время людей. Растёт чайное дерево во многих странах планеты, но настоящей столицей этого напитка стоит считать Китай, где придумали сотни видов чая, каждый из которых отличается своей уникальной палитрой вкусов.

    Приобрести и попробовать самые популярные чаи из Китая вы можете в интернет-магазине pervochay.ru, при этом вам будет продан свежий чай, который не хранился на складах много месяцев подряд. Вот вам пара вариантов чая, которые стоит пробовать:

    Пуэр, который чаще всего восхваляется в массовой культуре, является очень терпким и предельно полезным напитком. Благодаря большому содержанию танинов, именно этот чай превосходно бодрит спросонья, не хуже натурального кофе и дает возможность бороться с повышенным давлением или похмельным синдромом.

    Так же мы вам рекомендуем в москве чай пуэр , c ним вы сможете полностью раскрыть вкус указанного чая.

    Помимо описанной немного выше экзотики, вы можете без проблем приобрести простые сорта зелёного и черного чая, которые смогут радовать вас широкой гаммой вкуса. Колоссальное число людей, которые покупают чай в этом магазине Первочай потом становятся постоянными клиентами.

  2. Вы употребляете блюда из мяса? Но попробовать вкусную мясную кухню у вас не получается? Теперь это не проблема!

    Советуем вам попробовать производители снеков в россии , на сайте vkusmyasa.ru вы можете попробовать очень обалденное мясо. Здесь участвуют в работе спецы, которые смогут приготовить вяленое мясо под вино или пиво.

    Если вы желаете гулять в компании коллег, то вы сможете отдохнуть в пятничный день и заказать сеты. Компания занимается активно привлечением клиентов и проводит акции, вы можете овладеть -15% на сеты или попасть на любое разнообразное актуальное предложение.

    Только тут вы имеете вероятность употребить вяленое мясо. Его готовят по вкусным рецептам, вы сможете попробовать и острые варианты, такие как «Говядина острая» или «Говядина с чесноком».

    У нас работает доставка, вам доставят необычные продукты очень быстро. Вы имеете вероятность выбрать при заказе мясные продукты со пряностями или заказать острые мясные закуски под вино, качество мяса очень большое, по этой причине в заведении заказывают мясные продукты со всей МО.

  1. トラックバックはまだありません。