【幻】モーニン・ブルーズ 2018/10/06

mb181006

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  10月に入って初めてのアサーです。毎週台風に襲われる日本列島。毎回「これ

までにない大型規模」という呼称で紹介されて25号。しかも農作物の収穫期

を狙ったようにやってくる暴風雨。いまいましい事まったく限り無し。せめ

て皆さまどうかご無事で。

楽しい事もまだまだあります。今月20日、21日に行われるライヴ・マジックも

そのひとつ。そこでの演奏に期待の集まるジョン・クリアリーの新譜、来日記念盤で

すね。そこから、

「ダイナ-マイト」。

 

M01.Dyna-Mite(4’21”)John Cleary

-unknown-  BSMF-2623

 

N  いい感じ、です。ジョン・栗蟻「ダイナ-マイト」。今月のライヴ・マジックでわたしはソロ

のステイジを楽しみにしています。

次も、ジョンの実に秀逸な感覚が光ります。スロウ・ソングですよ。

「『わたしのあの人』を唄う21世紀の放浪者」

 

M02.21st Century Gypsy Singing Lover Man(6’24”)John Cleary

-T.Mahal-  BSMF-2623

 

N  ライヴ・マヂックが楽しみですね、ジョン・クリアリ。「トゥエンティファースト・センチュリ・ジプシ・

シンギング・ラヴァ・マン」、いい唄でした。

 

M03.Hey Mr. Pinetop Perkins(3’29)Pinetop Perkins feat. Angela Strehll

-unknown-  BSMF  7023 9

 

N  今のは「ヘイ、ミスタ・パイントップ・パーキンズ」、先月に再発されたパイントップ・パーキ

ンズ2004年発表のアルバム『レイディーズ・マン』からです。ここでは各曲にそれぞれ

大勢の女性歌手を据えて唄わせています。それぞれがパイントップへの尊敬があ

るからでしょうか、コミュニケイションがとてもうまく行っている感じです。今のヴォー

カルはアンジェラ・ストリールでした。

次はマデリーン・ペルーです。2004年ですと、彼女がまだそんなに知られていな

かった頃ですね。ベッシー・スミスの持ち歌だった「ヒーズ・ガット・ミー・ゴーイン」。

 

M04.He’s Got Me Goin(3’38”)Pinetop Perkins feat.Madeliene Peyroux

-Gray-  BSMF  7023

 

N  「ヒーズ・ガット・ミー・ゴーイン」、パイントップ・パーキンズ、唄はマデーリン・ペルーでした。

パイントップ・パーキンズは1913年の生まれで、2011年に亡くなっています。60

年代後半にオーティス・スパンの後釜でマディ・ヲーターズのバンドに居た事で知られてい

ますが、有名な生演奏ラジオ番組「キング・ビスケット・タイム」にレギュラー出演していた

他の豊かな経歴を持っているブルーズ第一世代のひとりです。サム・フィリップスのサ

ン・レコーズでパイントップ・スミスの「パイントップ・ブーギー」を録音して以来「パイントップ」

と呼ばれるようになり、パイントップ・パーキンズと名乗るようになったそうです。

初代の許諾を貰っていたかどうかは分かりません。

では2004年版の「パイントップ・ブーギー」を聞いて下さい。

 

M05.Pinetop’s New Boogie Woogie(4’30”)Pinetop Perkins feat. Marcia Ball

-P.Perkins-  BSMF  7023

 

N  「パイントップズ・ヌウ・ブーギー・ウーギー」、パイントップ・パーキンズでした。これには

マーシャ・ボウルが参加していますが、唄ではなくてピアノ、それも二台の連弾です

ね。冒頭でパーキンズに話しかけて、最後のコーラスに入るところで「これで終わり

よ」と声を上げているのが彼女です。

わたしは彼女が2003年にアリゲイタから出したアルバム『ソウ・メニ・リヴァーズ』がと

ても好きで、一時期こればかり聞いていました。今回このパイントップのアルバムで

名前を目にして、久しぶりにそのアルバムを聞きました。やっぱり良かったです。

あまり、というかほとんど知られていないマーシャ・ボウル、少なくともわたしは

他所で名前を聞いた事がありませんが、彼女の事ご存知でしたか。

ではその『ソウ・メニ・リヴァーズ』からお聞き下さい。

「フォアクローズ・オン・ザ・ハウス・オヴ・ラーヴ」、マーシャ・ボウルです。

 

M06.Foreclose On The House Of Love(4’46”)Marcia Ball

-J.L.Sanders-  Alligator  ALCD 4891

 

N  鰐が踊り出しそうなヌー・オーリンズ調で「フォアクローズ・オン・ザ・ハウス・オヴ・ラーヴ」、

マーシャ・ボウルでした。テキサス州オレンヂ郡出身という正しい血統の彼女はずっとオーステ

ィンに住み音楽活動を続けています。その容貌も含め、わたしにはとても素敵

な女性に映ります。今の「フォアクローズ・オン・ザ・ハウス・オヴ・ラーヴ」、その前の「パ

イントップズ・ヌウ・ブーギー・ウーギー」で分かるように、明るくて元気でね。こんな

人が当たり前のように演奏しているテキサスという土地は羨ましいですね。

もう1曲マーシャ・ボウルを聞いて下さい。

今度はスロウ・ソングです「ザ・ストーム」。

 

M07.The Storm(4’46”)Marcia Ball

-M.Bell-  Alligator  ALCD 4891

 

N  「幻」モーニン・ブルーズ2018年10月の第一回放送、今朝はなぜかピアノ弾きの

音楽でここまで来ました。ならば、先週もお届けしたプリンスのピアノ・アルバムか

らお届けしましょう。最後に収められているこの一曲です。

「ワイ・ザ・バタフライズ」。

 

M08.Why The Butterflies(6’27”)Prince

-Prince- Warner Bros. 603497861293

 

N  「ワイ・ザ・バタフライズ」、プリンスのピアノ・アルバムからでした。張り詰めた空気感

が実にプリンスらしい。ただ、ずっとこんな雰囲気の中にいたら神経が切れてし

まいそうです。わたしには無理だなあ。今の6分半だって、ひとりで悶えて

集中し続けるのは並大抵の事ではないでしょう。このピアノ作品集は、このアルバ

ムために改めて録音された、という話を耳にしました。ならば尚更だ。プリンス

はこういうところが違ったのですね。

今の「ワイ・ザ・バタフライズ」、先週お届けしようとしたのですが、時間の都合

で今朝のご紹介となりました。本来は「バタフライズ」で、次の音楽に繋げよう

としていたのです。

 

M09.バタフライズ / アイ・リメンバー(2’09”)ニッキ・ジヨバンニ

-N.Giovanni, A.Mardin-  WPCR-27520

 

N  ニキ・ジヨバンニで「バタフライズ / アイ・リメンバー」、後にスタッフとなるコーネル・デュープリー、

リチ・ティー、ゴードン・エドワーズらのゆったりとした演奏が素晴らしかったですね。

二匹の蝶々がわたしの体に授けてくれた歓びの周りを舞っている・・・詩

人の言う事は難解です。このアルバム『ザ・ウェイ・アイ・フィール』で詠まれている詞

のすべては和訳本に掲載されているそうです。読んでみたい。手に入るかな。

ラジオ朗読のお話をしたら、ち冷えさんが松平定知の「徳川慶喜」を聞いた、

と伝えてくれました。わたしも先週末、台風情報を知るためにラジオを点けっ

放しにして寝ていたら宿敵「深夜便」の冒頭で朗読をやってました。村上春

樹が書きそうな、過剰な神経戦を展開する同棲生活者たちの物語だったので、

わたしには面白くなくてすぐに切りましたがね。

先週の「ヒップホップ前夜」では、北米政治における演説の重要性などにも触

れました。そんな折、自分の本棚に「ニガーよ、死ね」というまだ読んでいな

い古い一冊を発見。著者はラップ・ブラウン。手に取って読んでみました。

 

M10.Violence Is As American As Cherry Pie(0’31”)Rap Brown

– R.Brown –  Shout! D2K 37398

 

N  今のは「ニガーよ、死ね」の著者ラップ・ブラウンの「暴力はアメリカ人にとってチェリー・

パイみたいなものだ」という有名な演説の一部です。ラップ・ブラウンの「ラップ」

はヒップホップのラップ、喋りまくるという単語のラップです。古くから路上で行な

われていたダズンと呼ばれる罵り合いの言葉喧嘩が別格的に強かった彼に付

けられた愛称です。

ラップ・ブラウンは1960年代にNAG(非暴力行動グループ)の議長、SNCC(非暴力

学生委員会)の委員長を務めていました。70年に日本で訳本として出された

この「ニガーよ、死ね」は、「政治的自伝」と副題がついていて、彼の闘争史が

語られています。

彼の論理の基本は、北米の黒人は白人のために尽くし働いて生きる「ニグロ」

と自分たちで勝手にやる「ニガー」に大別される、という処にあります。「ニグロ」

は無意識のうちに人種差別を肯定しその中で一生を白人社会に捧げますが、

結局は搾取され続けて終わるのです。これは人種差別社会に限らず見られる

現象で、例えば先日の沖縄県知事選で敗れた佐喜眞淳候補は時の権力安倍晋

三に勘違いして擦り寄って利用され、最後には銃弾尽き刀折れ見捨てられま

した。初入閣なんて言ってはしゃいでるギーンさんたちも同じ様なもんだぜ。

世界中でこのような例は枚挙にいとまがありません。北米では肌の色と言う

分かり易い理由が差別の根拠ですから、余計に露わです。ラップ・ブラウンはそう

いった主体性を持たない惨めな存在を「ニグロ」と呼んでいます。

一方「ニガー」は白人社会に対するに報われない献身をせずに、自分たちの

流儀で権利も主張して生きる黒人たちですから、当然ながら最後は白人にな

ぶり殺されて終わります。「ニガーよ、死ね」と言うこの著作の題名は白人の誰

もが持っている意識を言葉にしたものですが、逆説的に自分たちの存在をも

否定する意味合いが感じ取れます。

全編かなり激しい口調で語られていまして、それが60年代に彼が生きてき

た北米の人種差別をはっきりと縁取ります。読むのがつらくなる程に酷い部

分も沢山あります。実際に今も特に警察官による暴力、発砲事件などを見聞

きすれば、この「差別」は根絶されていない事がお分かりでしょう。

先に紹介したラップ・ブラウンの語りは『ブラック・パワー』と言う2004年に出た

2 枚組CDからのトラックです。そこに録音詳細はないものの、これはこの著作

「ニガーよ、死ね」の最終章に収められている「デトロイトでの演説」からの抜粋

のようです。

ここでは

この国は暴力から生まれたのである。

暴力はチェリー・パイと同じようにアメリカ的である。

と綴られているのです。ほとんど同じ内容でしょう。彼は非暴力学生委員

会の代表を務めながら、「暴力は革命的な闘争の必要な部分である」と、それ

を否定せず、自身も銃を帯同していた事を語っています。革命のために暴力

を行使したかどうかは不明。

ここで「チェリー・パイ」と言う単語が用いられているのが、わたしは気になっ

ていました。辞書で調べると北米社会では「あって当たり前の物」の比喩で

 

使われるのだそうです。なるほど、合点が行きます。「アメリカでは暴力はあって

当然」 なのです。ただしこの「チェリー・パイ」、「シュガ」「ハネ」などと同じよう

に、愛しい人を例えて表現する場合にも用いられるのは、勿論で御坐います。

 

M11.Nothing Can Change This Love(2’36”)Sam Cooke

-S.Cooke-  RCA  PD87127

 

N  サビで「君はリンゴ、チェリー・パイ」と唄われるサム・クックの「ナッシング・キャン・チェインヂ・

ディス・ラーヴ」でした。ここでの「チェリー・パイ」がわたしの頭に引っ掛かってい

たのであります。

さてここからは、「ヒップホップ前夜」に引き続き「森岡賢一郎 編曲のツボ」の

復讐戦を行います。

まずはこれから。西田佐知子「涙のかわくまで」。

 

M12. 涙のかわくまで (2’39”)西田佐知子 

-S.Tsukada, H.Miyagawa-   ユニバーサル UICZ-6041

 

N  「涙のかわくまで」、西田佐知子でした。若干ブガルーを意識したリズムが心地

よく、弦と管のあしらい方はモロに森岡賢一郎流。中村晃子「虹色の湖」にも

通ずるこの手のエレキ歌謡でも彼の才能は冴えてます。いや、素晴らしい。

次は1960年後半に「作曲者不詳」のまま競作となってそれぞれが固有の詞、

編曲で競い合った「夢は夜ひらく」です。これは70年に発表された藤圭子の

その名も「圭子の夢は夜ひらく」が圧倒的ですが、初出は園まりの66年版で、

この編曲を森岡賢一郎が担当していました。トレモロの効いたエレキとヴォックス・オルガ

ン、そこに絡むヴァイブラフォーンが、「来ない貴方は罪な人」の寂しい情感を醸し出

しています。

 

M13.夢は夜ひらく(4’05”)園まり

-T.Nakamura, S.Tomita, K.Sone-  ユニバーサル UPCY 9286

 

M14.夢酒場(3’23”)内山田洋とクール・ファイブ 

-T.Araki, K.Suzuki-  コロムビア  COCP-35453/4

 

N  「夢は夜ひらく」園まりに続きましては、内山田洋とクール・ファイブ「夢酒場」

でした。前川清は、本当に唄が上手いね。しかも気持ち良く唄ってるのが伝

わって来ます。こういうオーソドックスな汎歌謡曲をきちんと仕上げられるのは、

音楽の基礎がしっかりしている証拠です。彼は特に楽器の特性、楽音の効果

を理解しているなあ。若干遊び風なサビ導入部のベイスの動きがいいですね。

さて、戦後の日本にはありとあらゆる西洋大衆音楽が流布して、制作陣も

それらに振り回されていた感があります。職業音楽家なら、一年を通してハワイ

アン、マムボー、ロカビリー、シャンソーン、サーフィンなどなどを上手に扱えなきゃなりません。

タンゴも一部から熱烈な支持を受けていました。「これがタンゴだ」というラジオ番

組がありましたね。何回か聞いた事があります。

森岡賢一郎も仕事の中で「タンゴ」を料理しています。奥村チヨの「思い出の

タンゴ」がそれですが、「なぜこれがタンゴ何だろう」と疑問が湧くほど、全くタン

ゴでないのが何とも言えません。

 

M15.思い出のタンゴ(2’32”)奥村チヨ  

-K.Katagiri, J.DeShannon-  ユニバーサル TYCN-60010/11

 

N  「思い出のタンゴ」奥村チヨでした。声量、パンチに溢れたこの頃の彼女、とても

素敵です。

さて、次は「予想屋」ムジ日野さんが上げてくれた1曲。わたしは知らなか

ったな。この盤は幡ヶ谷のツタヤかどこかで中古を手に入れたもので、冊子の表

1と表4以外が抜け落ちていました。ですので録音楽曲詳細が分かりません。

「予想屋」ムジ日野さんの情報を信用してお届けしましょう。

森岡賢一郎編曲、「ドリフのパイのパイのパイ」。

 

M16.ドリフのパイのパイのパイ(2’40”)ザ・ドリフターズ

-S.Soeda, Y.Mori, H.C.Work-  TOCT-6352

 

N ザ・ドリフターズで「ドリフのパイのパイのパイ」スマップ並みに5人で斉唱、随所に薬

味を効かせたディスコ調のアレンヂが光ります。「ドゥ・ザ・ハッソー」という掛け声が何

度も聞かれますから、ヴァン・マッコイ「ザ・ハッスル」のヒット後1976年くらいの発表でしょ

うか。

さて「森岡賢一郎 編曲のツボ」今朝も、作者本人による原曲、そして森岡

賢一郎の編曲を経た完成形を較べてみましょう。

マナイタ曲は、これです。加山雄三「蒼い星くず」。

まずはランチャーズとの気楽な器楽演奏、そしてシングル曲として岩谷時子、森岡

賢一郎らによって整えられた完成版です。

 

M17.Three Blue Stars (2’37”)加山雄三

-K.Dan-  東芝  ドリーミュージック MUCD-1005

 

M18.蒼い星くず(2’21”)加山雄三

-T.Iwatani, K.Dan-  ドリーミュージック MUCD-1002/3

 

N  如何でしょう。全体構成は殆ど変わりません。それでもこの仕上がり。人気

街道爆進中のスターが繰り出すシングル曲に相応しい出来映えと言えます。間奏も

原曲仕様と変わりがないように聞こえますが、節目で旋律を低い主音に戻す

所がミソ。ここにも冴え渡る森岡賢一郎手法が窺えます。

加山雄三を始めとして彼は東芝音楽工業の作品で沢山の傑作を生み出して

来ました。初期のワイルド・ワンズのヒット曲も彼の手で美しく仕上げられています。

その代表は「思い出の渚」でしょうが、全曲メムバのオリヂナルという意欲作品、

一枚目の『ザ・ワイルド・ワンズ・アルバム』の最後を飾った、「小さな倖せ」を聞い

て下さい。流れるような弦の旋律にご注意を。

 

M19.小さな倖せ(2’41”)ザ・ワイルド・ワンズ   

-The Wild Ones, K.Kase-  東芝 TOCT-8703

 

M20.Looking Back(2’22”)Joe Simon

 

N  「森岡賢一郎 編曲のツボ」の復讐戦は如何でしたでしょうか。「予想屋」ムジ

日野さんの一覧表を見ますと、わたしの知らない、かつ興味深い楽曲が沢山

あります。残りの人生で、このうちのいくつに出逢えるでしょうか。それも

大きな楽しみです。それらがまとまったら、また「森岡賢一郎 編曲のツボ」

第二集をお届けしましょう。ここまでお付き合い頂き、どうもありがとうご

ざいます。

さて秀逸なカントリー・バラッドは「ルッキング・バック」今度2枚組のベスト盤が出る

ジョー・サイモンです。このアルバムは来週もお聞き頂く予定です。お楽しみに。

 

M21.I Can’t Help My Self(6’10”)Bobby Broom 

-S.Wonder-

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  今朝の最後はボビー・ブルームとオーガニゼイションでスティーヴィー・ワンダー作品の「アイ・キ

ャント・ヘルプ・マイ・セルフ」、最新盤『ソウル・フィンガーズ』からです。

9月29日にオーティス・ラッシュが亡くなりました。10月1日にはシャルル・アズナヴール

も。今年は実に沢山の音楽関係者が他界しています。わたしの周りでも同じ

で、これまで毎月お葬式に出ています。先月は静岡ロックンロール組合時代の仲間、

ギタリストの岩崎孝弘が亡くなって、とうとう残りは3人だけになってしまいま

した。既に過半数がこの世にはいません。これも時の流れなのでしょう。乗

り越えて生きてやるぞ。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/93f7e72474f69f85df3b480cc52adb24cf66ed20

ダウンロードパスワードは、1c437qseです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ

    • リスリス子
    • 2018 10/6 3:18am

    プリンスのピアノの
    イーネー

    ワッシーいつもありがとう

    • リスリス子
    • 2018 10/6 3:35am

    わーすごい
    Twitterに飛べる様になってるー
    大家さんお疲れ様

    • 川崎の五大洋光ハギリョウロケンロー
    • 2018 10/6 8:05am

    どんどん身近になってゆく別離。
    〝乗り越えて生きてやるぞ〝、と
    僕もここ何日か毎秒、自身に言い聞かせるように、生かされてる身として感じてました。

    未練たらしくなく、変わらず、迷惑かける訳もなく、気遣い、静かに穏やかに安らかに眠りについた、初めてご挨拶に伺った時、幼い頃ビング・クロスビーの映画の中で出会ったサッチモを想い出させてくれたお義父さま。

    この素晴らしき世界

    乗り越えて生きてやるぞ。
    このコトバと更新とお義父さまに感謝。
    (超個人的な内容ですみません(〃ω〃))

    ハギリョウ。

    • 月曜日のグリ子
    • 2018 10/8 6:39pm

    イワシと梅干しを醤油で煮る。
    赤いワインを飲みながら、トマトとキノコのオムレツを焼く。
    栗蟻さんのヌーオリンズピアノでまた始まり。
    かっこいいですね。
    鷲巣さん澤田さん
    ありがとう。

    • フェス ロンゲ
    • 2018 10/12 9:29pm

    ピアノ ))Cherry Pie(( 編曲家
    鷲巣功様 澤田修様
    こんばんは。
    前半のパイントップパーキンズ、マーシャボウよかったです。
    中でもM04のマデーリンペルーの線が固くて細い感じの声。
    好きです。
    明日の幻楽しみにしております。

  1. トラックバックはまだありません。