【幻】モーニン・ブルーズ 2018/10/20

mb181020

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  お早うございます。アサー、ワツシイサヲです。寒いね、実感です。窓を開けている

と、はっきりと外気の冷たさが感じられます。普段家にいる時の短パンから、

いきなり冬用の厚手長ズボンに衣替えです。本来ならば、間に薄手長ズボンの

時期がもう少しあるのに。こういう時に風邪をひくと、厄介ですよ。お気を

つけ下さいな。

さて勿体つけたように小出しにして来たジョー・サイモン、お待たせしました。

私が欲しかったのは、これです。

世界中の、今朝お誕生日を迎えた方にお送りします。

「ハピー・バースデイ、ベイビー」。

 

M01.Happy Birthday、Baby(5’10”)Joe Simon

-J.Simon, V..Pike-  South Bound / ACE  CDSEWD 131

 

N  ジョー・サイモン1979年のヒット「ハピー・バースデイ、ベイビー」でした。あまり、と言

いますか殆ど知られていませんね、この歌は。今回紹介している『ステップ・バ

イ・ステップ~ザ・コムプリート・ポップ・ヒッツ』にも入っていません。尤もこの2枚組

はポップ・チャートに入った歌だけが選ばれているので、そのせいでしょう。この

歌は発売当時、新宿二丁目にあったR&Bバーの「勝手チャート」で長い間第1位

にありまして、その影響でよく聞いていました。「Baby, You’re Everything

To Me」だってさ。

当時は世界中がこの種のディスコ・ビートで回ってまして、ジョー・サイモンとの相性

も悪くなく、同傾向のヒット曲をいくつか出しています。

こちらなら皆さんもご存知でしょう。

75年の大ヒット「ゲット・ダウン、ゲット・ダウン」。

 

M02.Get Down Get Down(Get On The Floor)(3’44”)ジョー・サイモン

-Gerald, Simon-  BSMF 7570

 

N  具体的には思い出せないけれど、いつかどこかで聞いた事があるでしょう。

「ゲット・ダウン、ゲット・ダウン、ゲット・オン・ザ・フロア」でした。

ジョー・サイモンはルイジアナ州の生まれ。ご多聞に漏れずゴスペル音楽で育った後、R&B

歌手として世に出ました。スーパー・スターの座には着けませんでしたが、64年か

ら76年までの間に35曲もヒットさせているのは、並大抵の業績ではありません。

先週お届けした69年の「チョーキン・カインド」ではグラミーも受賞しています。今は

基督司教としてゴスペル界に戻っています。

わたしは彼を思うと必ず連想するのがアル・グリーンです。簡単に語った略歴が

似ているだけでなく、声、歌い方などに非常に近い物を感じます。アル・グリーン

には、ウイリー・ミッチェル、ハイ・リズム、つまりハイ・レコーズという強力なレイベルによって

育てられた幸運があり、プロデューサー、ミュージシャン、ステューディオを変えて活動を続け

たジョー・サイモンとは環境が全く違いますが、わたしは両者の音楽の質にも近い物

を感じ続けています。

 

M03.My Spacial Prayer(2’44”)ジョー・サイモン

-Scott-  BSMF 7570

 

N  ジョー・サイモンで「マイ・スペシャル・プレイヤー」、1966年に発表したシングル曲です。確か

フレディ・フェンダーも唄っていたような気もします。ジョー・サイモンはアーサー・プライソニック

の影響も受けているようで、この歌は彼をお手本に唄われているようですね。

どことなくカントリー調を滲ませる点でもアル・グリーンとの類似性を感じる訳です。

ふたり共クリス・クリストファスンをカヴァしてるしね。

通してもわずか6曲、ジョー・サイモンの極く一部ではありましたが、なぜか気

になるこの歌い手がぼんやりとは見えて来ましたでしょうか。

最後もカントリー調です。「ハンギン・オン」、ジョー・サイモンは1968年にヒットさせていま

す。

 

M04.(You Keep Me) Hangin’ On(2’44”)ジョー・サイモン

-Mize, Allen-  BSMF 7570

 

M05.Chains Are Broken(3’16”)The Devil Makes Three

-P.Bernhard-  New West Records NW6425

 

N  ジョー・サイモンの「ハンギン・オン」、ポップ・ヒットを集めた2枚組からお届けしました。

それに続けましたのはザ・デヴォー・メイクス・スリーの新譜表題曲「鎖が切れた」。

この歌ではコーラス部分で紅一点ルシア・トゥリーノの声がはっきりと聞こえました。や

っぱり女だった。

妙にイギリス人たちのグループダ、イアストレイツ風ですが、そこの中心人物マーク・ノプラ

ーはカントリー通で、本当はこういう音楽を演りたかったんじゃないかな、と思い

当たりました。彼のギターの音色は明らかにカントリー音楽のそれでして、ナシュヴィル

の穏やかさとは違って、地平線の向こうに竜巻が起こりそうな、限りなく拡

がった南部の大地が浮かんで来ます。ザ・デヴォー・メイクス・スリーの奏で出す響き

も同じような光景を連想させますね。「チェインズ・アー・ブロークン」、ありふれたよ

うな歌の旋律、ギターのリフが何故か新鮮です。

さて次も三人組、先週紹介したデルグレスです。カリブ産フランス語ブルーズ、今朝も

聞いて下さい。

「ミスタ・プレジデント」。

 

M06.Mr.President(3’27”)デルグレス

-P.Danae-  PIAS / ホステス JV570160J

 

N    俺はあんたに投票したんだ

だけど何もしてくれなかった

苦しさだけが続いている・・・

 

デルグレスの『モー・ジョディ』から「ミスタ・プレジデント」でした。プリンスのピアノ・

アルバムとは別の緊張感が漂いますね。主題からの連想でしょうか、返答を迫

られているような気にさせられます。真面目に返事しろ、安倍晋三、ボーっと

生きてんじゃねえよ。

デルグレスのアルバムを聞いていて、別の1枚が浮かびました。去年買った数少

ないアナログ盤のひとつ、75 Dollar Billです。その後の音沙汰が無いのか、わ

たしが知らないのか、現状近影は不詳。当時ブルックリンに居た二人組で、演り方

はミニマル的ですが豊かな音楽を奏でます。わたしの頭の中では打楽器の響きが

このふたつを結びつけたようです。

長い演奏時間ですが、久しぶりに聞きましょう。ロンドンの音楽雑誌「アンカット」

の2017新年号特別付録CDの最後に入っていた、

「ベニ・セッド」。

 

M07.Beni Said(12’28”)75 Dollar Bill

-C.Chen, R.Brown-   Thin Wrist Recordings TW-J

 

N  2年経過しても良さに変わりがありませんね。単純なモチーフを繰り返しながら

少しづつ変化させ、大きくしていく過程がそのまま描写されます。効果機器

を使いながらも一貫したエンヤコラ精神で通す潔さ。12分以上の長さは正当です。

聞き入ってしまいました。75ダラーズ・ビルで「ベニ・セッド」でした。

さて先週ご紹介したリオン・トーマス、彼はジョー・ウイリアムズの後にカウント・ベイシー楽団

にヴォーカリストとして加入したんだそうで、そういう縁を知っていて繋げた訳で

はなかったのです。そうか、あのヨーデル唱法はジョー譲りか・・・、と短絡的に

は考えませんで、これについては後日改めます。八王子60オーヴァさん、来週

楽しみにしててね。

それとは別に今朝はリオン・トーマス本来の創作を聞いて行きましょう。これも長

い演奏時間ですが、お付き合い下さい。

ファラオ・サンダーズの書いた「マルコムズ・ゴーン」、

暗殺されたマルコムXを唄っています。1969年ヌー・ヨークでの実況録音です。

 

M08.Malcom’s Gone(8’45”)Leon Thomas

-P.Sanders-  BMG BVCJ-37317

 

N  「マルコムズ・ゴーン」、リオン・トーマスでした。感動的な仕上がりですね。終了部分で

客席から自然に拍手、歓声が沸き起こる醍醐味、感じて貰えたかな。哲学的

鍵盤奏者ロニー・リストン・スミスが参加しているのもこの雰囲気には寄与してるので

しょう。作者ファラオ・サンダーズの代わりにサキソフォーンを吹いて居るのはジェイムズ・

スポルディングで、サン・ラーの処にも居たそうです。クセ者が集まってますね。

 

M09.Um, Um, Um(1’42”) Leon Thomas

-L.Thomas-    BMG BVCJ-37317

 

N  前作と変わって2分足らずの短尺で「有無、有無、有無」。同じくリオン・トーマ

スでした。

この「ウム、ウム、ウム」は、カーナビーツもカヴァしたカーティス・メイフィールド作のダンス曲と

は別の歌です。異様に短いのも収録後に摘ままれているからで、本編はもっ

と長い筈。

リオン・トーマスは先々週お話ししたH.ラップ・ブラウンと共同名義で1枚アルバムを出し

ています。学生非暴力調整委員会(Student Nonviolent Codinating Committee)

での演説が殆どで、これまた各トラックが非常に長い。更にはマイクロフォーン設定が不

完全だったり、アナログ・テイプの転写があったりして聞き辛い録音ですが、「アフリ

カ、ラテンアメリカだって自由にしなければならない」と強固に主張するラップ・ブラウン

には迫力があります。この頃はストークリー・カーマイケルに代わってSNCCの委員長だっ

たのでは無いでしょうか。その長い演説の途中、そろそろ飽きが来る後半に、

先の「ウム、ウム、ウム」の断片が差し込まれて来て、ちょっと面食らうのです。

多分それなりの意図ある編集なのでしょうが、わたしにはその理由までは分

かりません。

これはアマゾンの配信で購入した物で、ジャケットがありません。同サーヴィスは「10

月からアイ・チューンズへの対応を停止した」とかで、ファイルを探し出すのに苦労し

まして、こうやってお届けするまでに結構な手間がかかったのです。詳しい

人間のとこにPCを持って行ってね。そしたら30秒で解決してしまって、恥

ずかしかったな。でももう大丈夫。とは言え、わたしはやっぱり盤の現物が

いいな。録音詳細も付いているし。

ではまた長尺ですが、覚悟して聞いて下さい。

ラップ・ブラウンで「SNCCでの演説 第四章」。

 

M10.H. Rap Brown Part IV SNCC’s Rap(10’10” )H. Rap Brown Leon Thomas

-H.R.Brown, L.Thomas-  Flying Dutchman / Amazon

 

M11.ウー・シュー・ヒィ゙・ドゥ・ビィ(2’33”)ジョー・キャロル 

-J.Carroll, B.Graham-   エピック / ソニー ESCA 7766

 

N  はい、ラップ・ブラウンで「SNCCでの演説 第四章」、お疲れさまでした。耳休め

にお届けしたのはジャイヴ歌手ジョー・キャロルで「ウーシュビドゥビ(ドゥ、ウ)」。彼の自作

曲です。リオン・トーマスは子供の頃にジョー・キャロルの唄から閃きを貰ったと言います。

ジョー・キャロルはやはりジャイヴ好きなトラムペッター、ディジ・ガレスピのバンドでヴォーカ

リストを務めた男。一時はジョー・ビバップ・キャロルとも呼ばれ、器楽奏者が自由に

旋律を解体していく様を見て「俺は同じ事を唄でやってやる」と挑んだ勇気

ある者です。リオン・トーマスが感じた閃き、分かりますね。

では1956年にレイ・ブライアントと吹き込んだアルバムから、

ジュリー・ロンドンの旦那だったボビー・トゥループの作品で「ルート66」。

 

M12.ルート66!(4’03”)ジョー・キャロル

-B.Troup-  エピック / ソニー ESCA 7766

 

M13.We All Gotta Stick Together(3’50”)フォー・トップス

-L.Payton, R.Knight, F.Bridges, R.Beasley-  BSMF-7569

 

N  ジョー・ビバップ・キャロルの「ルート66」に続きましては、こちらも連続企画で

ダンヒル時代のフォー・トップスです。今の1曲は1975年の「ウィ・オール・ガッタ・スティック・

トゥゲザー」でした。

モータウンでは常にリーヴァイ・スタブスの泣き節を前面に出して、後はH-D-Hの「ザ・

サウンド・オヴ・ヤング・アメリカ」。女性のバック・グラウンド・ヴォーカルが加えられる事も

普通でしたから後の3人のメムバは「その他大勢」的存在でしたが、ダンヒルに移

籍してからはリードを持ち回ったりして、4人のヴォーカル・グループである事を強調

していました。今の「ウィ・オール・ガッタ・スティック・トゥゲザー」も、リーヴァイの声では

なかったですね。

R&Bがソウル・ミュージックへと変わっていくこの時代、フォー・トップスは思い切った

脱皮を図る事が出来ませんでした。かつての競合者テムプテイションズが時代感覚を

上手く反映した企画で常に先頭を走っていたのと対照的です。それでも、大

きな事を言わずに個人的な身近な出来事を歌い続けた4人のヴォーカル・グループ

は、今回紹介しているダンヒル時代も含めて不滅でしょう。

 

N14.Look At My Baby(3’44”)フォー・トップス  

-R.&V.Benson-  BSMF-7569

 

N  1976年のアルバム『キャットフィッシュ』から「ルック・アット・マイ・ベイビイ」でした。ジョー・

サイモンと同じく僅か数曲でおさらいしたダンヒル時代のフォー・トップス、少しでもこの

ヴォーカル・グループの、モータウン時代とは違う魅力を感じていただければ、嬉しいと

ころです。

とは言え、やはりリーヴァイの泣き節は余人をもって代え難し。正直なところ

改めてそう感じました。これ言っちゃダメかな。最後は元々ジャズ系のヴォーカル・

グループだった事を証明するかのように気持ちの良いスウィング感を聞かせてくれ

ます。

1975年のヒット曲で「セヴェン・ロンリー・ナイツ」。

 

M15.Seven Lonely Nights(2’56”)フォー・トップス    

-J.R.Bailey, K.Williams, R.Clark-  BSMF-7569

 

M16.Tonight I’m Gonna Love You All Over(4’37”)Four Tops

-M.Williams, R.Ferguson-  Motown / Universal 80000488-02

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  フォー・トップスは、1981年にカサブランカ・レイベルから「ウェン・シー・ヲズ・マイ・ガール」

で鮮やかに復活します。これは嬉しかったですね。同時に芸能の世界で長く

第一線に留まる事の厳しさを痛感も致しました。その時のアルバムから2枚目の

シングルとして切られた「トゥナイト、アイム・ゴナ・ラーヴ・ユー・オーヴァ」です。これも

素晴らしく良かったな。

新聞記事で見た知らせ。

『キャッチ・ウェイヴ』の小杉武久が10月12日に亡くなりました。享年八十。

わたしは彼の音楽をそれ程知っていた訳ではありませんが、70年代初頭の

全てが釣り合いを失なっていたこの国の最前線で狂奏したタージ・マハル旅行団の

首謀者、小杉武久には一目を置いております。その思想は現代の渋さ知ラズに

受け継がれている部分もあるでしょう、と想像します。彼の作品から紹介を、

とも考えましたが、手元にある『キャッチ・ウェイヴ』は、これまたLPの片面1枚

が1曲になっていてとてつもなく長い。KCの番組に侵入しちゃいます。特に

今朝は長尺物が多かったんで、遠慮しました。改めて合掌です。

あー、手を合わせる事が多いなあ。

さて今日と明日は「ライヴ・マヂック」です。わたしも出かけます。目当ては・・・。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所にあります。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/8f6cc3155dac63b42d21f67ddc1c91d72d5bcf5a

   ダウンロードパスワードは、gjg0rku7

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

 Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ

 

    • ウムウムリスリス
    • 2018 10/20 5:02am

    うわぁーん
    墓場シフトからの早朝
    オーサムワッシーケーシー
    また聴けないのかなぁ

  1. コメント忘れ多々ですが、毎週チェックしています。LIVEMAGIC会場でお会いできたら嬉しいです。

      • たべるトンちゃん
      • 2018 10/23 11:40am

      ちびちゃんに会えたけど、って言うか、倍くらい大きくなっていてちびちゃんって呼ぶのは変だね。
      酋長さんには会えませんでしたね。またまた。

    • 類似穴
    • 2018 10/22 10:25pm

    突然すみませんがウヰスキーを割るのはちょっともったいない感じがします。
    リクエストはウヰスキーでお願いします。

    • フェス ロンゲ
    • 2018 10/25 2:13am

    鷲巣功様 澤田修様
    こんばんは

    恵比寿ライブマジック。
    今年は民謡クルセイダーズ、中村まりさん、アートリンゼイ。
    個人的にとてもよかったです。
    楽しすぎたのか、未だ魔法が解けません。
    チャオ!

    • 八王子60オーバー
    • 2018 10/25 6:53pm

    鷲巣様、
    今週は5曲目解説にマーク・ノップラーの名が(ミーハーとしてはポール、クラプトン他大勢と共演しても静かな佇まい・知的セクシーな魅力があります)。
    (ダイアー・ストレイツ風と思ってたら、ちょっとTAMIKREST風だったり(IMANIN BASが何故が好きで。。)不思議な魅力の曲ですね)。

    来週、ワクワク楽しみにしています♪。

    TEMPS派でしたが、フォー・トップスもやっぱり良いですね~。
    途切れず更新、本当に有難うございます。

  1. トラックバックはまだありません。