【幻】モーニン・ブルーズ 2018/12/01

mb181201

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようざいます、ワツシイサヲです。カレンダーもこの1枚でお終いです。1秒、1

秒には違いがないのに12月はなぜか特別です。もっと大きな行事、新年を迎

える1月がすぐに普通の日常に戻ってしまうのに較べて、12月は大晦日の31

日があるからでしょう、最後まで特別ですね。

だからと言って特別に装わず、フツーに「幻」モーニン・ブルーズ2018年12月1

日、今朝も寒い部屋からお送りしましょう。

エリック・ビブの新譜から「ギャザリング・オヴ・ザ・トライブズ」。

 

M01.Gathering Of The Tribes(2’51”)エリック・ビブ   feat. Solo Cisokho

-unknown-  BSMF 26361

 

N    なんて素晴らしい日だ

たくさんの部族が集まっている

音楽伝道師が唄い出す

さあ、澄んだ水を飲もう

 

エリック・ビブの新譜『グローバル・グリオ』から「ギャザリング・オヴ・ザ・トライブズ」

でした。世界の部族集会を目の当たりにしての感動でしょうか。クロズビー、ステ

ィルシュ・アンド・ナッシュの「ウード・ストーク」のようですね。特定の催しを唄ったもの

かどうかは不明ですが、このような異民族、多種部族の集まりはヒッピーたちが

主導していた60年代以降、盛んに行われているようです。日本民族は、こう

いう場所への参加が今ひとつ出遅れているような気もします。「自分たちは既

に土着的な民族ではない」という自惚れと伝承されている文化の乏しさに起

因するところでしょうか。

エリック・ビブの『地球の音楽伝道師』という最新作は2枚組で、かなり手応

えがあります。今お聞きのように西アフリカの民族国家公認の世襲音楽伝道師で

あるグリオ、セネガルのソロ・シソコ、マリのハビブ・コイテらを呼んで一緒に作り上げた、

極めてアフリカ音楽的な出来です。彼らが参加していない楽曲でも、閃きやモチーフ

は非常にアフリカ的です。今朝はそんな象徴的なリパトゥワを続けて聞いて貰いまし

ょう。

「ウェアザ・マニ・アッ」、

そして「スピリット・デイ」。

 

M02.Wherza Money At(4’38”)エリック・ビブ

-unknown-  BSMF 2636

 

M03.Spirit Day(5’51”)エリック・ビブ  

-unknown-  BSMF 2636

 

N   エリック・ビブの最新作2枚組『地球の音楽伝道師』から、「ウェアザ・マニ・アッ」

そして「スピリット・デイ」でした。「スピリット・デイ」には先ほどと同じく、ソロ・シソ

コが参加しています。極めてアフリカ的ですが同時にブルーズ感覚を強く感じます。

これを以って「ブルーズ音楽の発端はアフリカだ」とまで言う気はありませんが、

『地球の音楽伝道師』と言う表題は当を得ていますね。

エリックを知ったのはもう随分と前です。まだサムズ・レコードショップの東京支店が

渋谷警察の裏にあった頃です。20世紀ですね。その頃に火が消えかかってい

たカントリー・ブルーズのスタイルで同時代的な表現を、という姿勢が妙に新しく感じら

れました。スウェーデンに住んでいるのにも興味を惹かれたひとつです。それから

もう20年以上。基本的に同じやり方で質を落とさず続けて来たエリック・ビブ、

今回の作品は、ここまでの集大成と言えるかもしれません。

彼の叔父にはモダン・ジャズ・クヲルテトーのジョン・ルイスがいるなんて事は全く知り

ませんでした。新作には「漕げよマイケル」が入っていて、「おや」と感じたので

す。そうしたら、父親はフォーク・シンガーだったとか。納得です。

 

M04.Michael, Row Da Boat Ashore (4’14”)エリック・ビブ

-unknown-  BSMF 2636

 

M05.Chori Ne Vamwe(4’35”)Oliver Tuku Mtukudzi

– O.Mtukudzi –  Gallo Record Cmpany  SLCD 402

 

 

N  エリック・ビブで「漕げよマイケル」でした。この歌に生きているうちに新譜で出会

うとは思わなかったな。前後のSP盤的仕上げも含めて面白い仕上がりでした。

国内ではこの新譜『グローバル・グリオ』は、今月14日の発売です。その前に

来週もまた何曲か聞いて貰いましょう。

続けたのは、ジムバブウェの音楽家、オリヴァ・ムツークジの2年前のアルバム『エーカ! ナ

ーイ ヤーウェ』から冒頭の1曲「コリ・ネ・ヴァムウェ」でした。彼を大変気に入ってい

た割には新作を追いかけていなかったので、これまでに10作ほどを逃してい

た事になります。これは2016年に、自身が65歳になる年に作ったアルバム

です。なんと65枚目ですって。凄いなあ。全体の手触りはオリヴァならではの

独特な柔らかさ、これは変わりません。そのせいかこれまでと同じようにも

聞こえますが、65作目であることから、それなりの準備対応をしていました。

その一つが、次の「ビーザ・ラ・マムボー」、南アフリカのヒュー・マサケラがフリューゲル・ホーン

で、チネムビリ・コドドがムゴマで参加したセッションです。柔らかな6/8リズムが堪らない

ですね。

尚、ここまでいずれも曲名、演奏者とも読み方は不詳です。

 

M06.Bhiza Ra Manbo(5’48)Oliver Tuku Mtukudzi

feat. Hugh Masekela flugel horn, Chinembiri Chododo Ngoma

-O.Mtukudzi-  Gallo Record Cmpany  SLCD 402

 

N  ジムバブウェの音楽家、オリヴァ・ムツークジで「ビーザ・ラ・マムボー」でした。

次は意外な新譜です。ベン・シドランの未発表実況録音集。1975年から先おと

としの2015年まで40年間の実演の中から選ばれた27曲が収められていま

す。こちらは3枚組。まだ1枚目を聞いただけですが、ベンらしい、クールで知

的な演奏がたっぷりと聞けます。東京や大阪での収録もあります。

今朝は2009年に丸の内のコトン・クラブで録音された「ファンキー恐竜〜ファンカザウルス」。

ボビー・マラックがサクスフォーン、ウィル・バナードがギターを弾いています。

 

M07.Funkasaruus(8’42”)ベン・シドラン  

-unknown-  BSMF 5057

 

N  最後に来るベンのオルガン・ソロがカッコ良かったですね、「ファンカザウルス」でした。

熱狂的でないお客さんの反応も大変宜しい。コトン・クラブはわたしにはよそよそ

しい場所なのですが、皆さん充分に寛いでいますね。3枚組はそれぞれ音楽傾

向でまとめられていまして。1枚目はこういったリズム物、2枚目がビーバップ集、

そして3枚目はポップ・ソング集となっています。来週またお届けしましょう。

お楽しみに。

さて、次もちょっと長い演奏です。『スピリチュアル・ジャズ 第8集ジャパン その1

と2』という輸入盤からです。イギリスで編集された「精神性の高いジャズ演奏」

で組まれているシリーズで、この盤は1960年代、70年代の日本の自主制作に近

い形で出されていた録音からの名演抜粋となっています。

正直なところ、わたしの苦手とする世界ですが、意外や意外、充分な内実

で迫られました。それぞれの演奏家については丁寧な解説で知る事が出来ま

す。英文ですが日本語訳がついていますから、大丈夫。参加している演奏家

は、渡辺貞夫、秋吉敏子、森山威男、杉本喜代志、ギター日本一沢田俊吾先生、

高柳昌行といった超一流どころが揃います。

これらの熱い演奏を現在の感覚から「無理解と誤解」の産物としてしまう

事は簡単ですが、物質的にはおろか、何の情報もなく耳と想像力だけで、「ジ

ャズ」という不可解この上ない音楽に向き合って格闘を続けた姿には、心の底

を打たれます。それを支えた「尊く高き志」に、この2枚組では触れる事が

出来ます。

今朝は1969年録音のフォー・ユニッツというグループの演奏をお聞き下さい。

宮沢昭サクスフォーン、佐藤允彦ピアノ、荒川康男ベイス、 富樫雅彦ドラムズというパー

スネルです。

 

M08.Scaborough Fair(7’47”)Four Units

-P.Simon-  Jazzman Records Limited  JMANCD 096

 

M09.スカボロー・フェア(3’08”)サイモン&ガーファンクル

-P.Simon-  ソニー SRCS 7445

 

N  宮沢昭サクスフォーン、佐藤允彦ピアノ、荒川康男ベイス、 富樫雅彦ドラムズからなるス

ーパー・グループ、フォー・ユニッツで「スカボロフェア」でした。「暗中模索」「手探り」とい

う印象の演奏でしたね。解説ではこの演奏が「素晴らしいパロディーだ」と評さ

れた事について「不当」であると異議を申し立てています。それも充分に頷

ける説得力がありました。

この『スピリチュアル・ジャズ』シリーズは、日頃は器楽曲というとR&Bしか聞かな

いわたしような人間にとって、非常に興味深いものですので、他の編も含め

てこれから何度か紹介したいと思っております。

さて圧倒的に迫られたフォー・ユニッツの「スカボロフェア」に続けては、原曲をサイモンと

ガーファンクルでお届けしました。と言いましてもこれには更なる原曲があります。

皆さんご存知の通り、イギリスの伝統的な旋律をポール・サイモンが編曲しているので

すね。ポール・サイモンは熱心な人で、知らない音楽への興味が人一倍強く、この

原曲もそんな彼の琴線に触れたのでしょう。お聞きのように素晴らしい出来

で、全世界でヒットしました。

ただギター他のアレンヂメントは、イギリス人弦楽器奏者デイヴィ・グレアムの考えた物の

パクリだという説があります。当のデイヴィ・グレアムはサイモンとガーファンクルの「スカボロフ

ェア」を聞いて怒ったとか、サイモンと出くわした時は非常に気まずい雰囲気にな

った、などの余話が語られています。

これが当該曲かどうかは分かりませんが、それらのいきさつを知らないわ

たしでもデイヴィ・グレアムのこの演奏を聞いて、「似てるなあ」と感じたもので

す。

「ネーナ・ナ・エイリーン」、これも曲名の読み方不詳です。

 

M10.Nena Na hEireann(3’32”)Davey Graham

-trd.-  Stefan Grossman’s Guitar Workshop  SGGW122

 

N  「スカボロフェア」に酷似している「ネーナ・ナ・エイリーン」、イギリスの弦楽器奏者デイヴィ・

グレアムでした。

さて、先日レコード屋の店頭でベレス・ハモンドの新譜を見つけまして、その時に

「ああ、今年はレゲの新録音を聞かなかったなあ」という思いが湧きました。

見限ったわけではありませんが、手に入れたくなるような魅力を持った作品

と出会わなかったのです。ベレス・ハモンドのはジャケットからして良さそうだったの

で、すぐにその場で入手しました。聞いてみたところ、突出した楽曲はあり

ませんが、平均して質は高く穏やかにまとめられています。これがベレス調な

んでしょうけれども。

どれもヴォーカルの魅力が最大限に引き出されている、そんな印象を受けまし

た。今朝はこの1曲です。

「アイ・ウィル・テイク・ユー・ゼア」、アルバム『ネヴァ・エンディング』からどうぞ。

 

M11.I Will Take You There(4’05”) Beress Hamond  

-H.Hammond-  Harmony House / VP  VP2564

 

N   アルバム『ネヴァ・エンディング』から「アイ・ウィル・テイク・ユー・ゼア」、ベレス・ハモンド

でした。実に暖かい歌声ですね。このタイトルを見て、即座に連想したのが、こ

れ、ステイプル・シンガーズです。

「アイル・テイク・ユー・ゼア」。

 

M12. I’ll Take You There(3’15”)Staple Singers 

-A.Isbell-  Kent CDKEN2 240

 

M13.状況詩「しはす」(3’57”)ランキン・タクシー       

-T.Shirahama-  ワツシ / ヴィヴィド  WAZCD-002

 

N   「師走のお馴染み、町のあちこち」、ランキン・タクシーで「状況詩『しはす』」

でした。忘年会に名を借りた集まりの多い今月31日間、どうぞお気をつけて

お過ごし下さいませ。

その忘年会に名を借りた、渋谷エルスール・レコーズの21周年記念会、先週日曜日

に行ってまいりました。そして御大津田耕次の音響を務めました。

ただねえ、当日の仕切りが全く杜撰で、あまり上手くやれなかったのが、

本当のところです。まず、当日は18時開場というのに、17時30分まで、同

じ場所で別の貸切り宴会が入っているのです。定刻をすぎて入れ替わったの

ですが、日曜日だから皆さんの足も早くて、準備中にすでに会場は埋まって

しまって、マイクロフォン・ケイブルをお客さんに回してもらう始末。回線確認だけし

か出来ませんでした。当初の計画を覆して、折角ある程度の機材を持ち込ん

だのにねえ。

そんな混乱の中で、ご本人の持ち込んだCDカラオケを回す、という簡単な

オペレイションだったのに1曲間違えて頭を出してしまいました。これは大失態。

申し訳なかったです。その他、御大も空調にやられて喉を痛め、終盤を端折

ったのですが、それでも1時間以上のショウ、聞き応えありました。

 

M14.河内番長(3’24”)津田耕次  

-unknown-

エルスール・レコーズ特製2枚組『Best Of Tsuda Kohji Crown RecordsYears』より

 

N  本番前に初めて本人と話せました。滋賀の生まれと聞いていましたが、愛知

の一宮市出身だそうです。「河内」とは直接の関わりはなく、昭和30 年代後

半の、鉄砲光三郎、今東光らによってもたらされた「河内復興」に作詞家た

ちが便乗した形で「遊侠伝」が作られた、とも語っていました。渋谷のエルスール・

レコーズ特製の2枚組『Best Of Tsuda Kohji Crown Years』を通して聞くと、

この人があらゆる領域に手を抜かず挑戦した歴史が分かります。その舌を巻

く程に「本気」の姿は、この晩の実演からもしっかりと伝わって来ました。

これからも「幻」には突然、津田耕次が出てくるかも知れません。驚かない

で下さい。

 

M15.男と男と男(2’46)津田耕次

-unknown-

エルスール・レコーズ特製2枚組『Best Of Tsuda Kohji Crown RecordsYears』より

 

N  「男と男と男」津田耕次でした。曲目だけが記載されている、この2枚組に

入ってる40曲の録音詳細を調べなきゃいけません。これは結構な作業だなあ。

さて、『ザーップVII』から、今朝はブーチー・コリンズが参加した「メイキット・ファンキー」

です。確かブーチーがロジャーの事をワーナー・ブラザーズに紹介した、というかデビュー・

アルバムの口利きをした、つまりわたしたちがこのファンク集団を知る切っ掛けを作

ってくれた訳です。それをワーナー・パイオニア時代の制作担当者がちょっと混乱し

て『Pファンクってなんだ』という焦点のズレたアルバム邦題になった、これが真相

のはず。

では改めて、ロジャー・アンド・フレンズ、フィーチュアリング・ブーチー・コリンズでお聞き下

さい。

「メイキット・ファンキー」。

 

M16.Make It Funky(4’32”)Roger & Friends feat. Bootsy Collins    

-L.Troutman jr, K.Gillian, W.B.Collins-  Leopard / Delta Music  M 77054 3

 

M17.One Good Man(4’12”)Janis Joplin

-J.Joplin-  Columbia  CK 9913

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N   ロジャー・アンド・フレンズ、フィーチュアリング・ブーチー・コリンズで「メイキット・ファンキー」に

続いて、今朝の最後は「ワン・グーッド・マン」でした。

先週のブラデスト・サキソフォン、フィーチュアリング・クリスタル・トーマスの「ワン・グーッド・マン」

では、作者表記が間違っていました。デイヴ・メイスンではなくてジャニス・ジョプリン

です。彼女のアルバム『コズミック・ブルーズ』に原曲がありましたので、お聞きいた

だきました。このギターはマイケル・ブルームフィールドのように聞こえるのですが、皆さ

ん如何でしょう。愛想のないジャケット記載では、ホールディング・カムパニのサム・アンドル

ーとなっていますが、極めてマイク調です。尤もこの盤は相当に古いので、今出

回っている物には追加訂正録音詳細が付いているかも知れませんね。どこか

で確認出来ないかなあ。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/eed6301545c7561f3a4dd77e5399fb1ed9a09598

     ダウンロードパスワードは、vn2j6cy3です。 

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

【お知らせ】

今年最後の生放送!

AWESOME BEATS + Mornin’ Blues


今年最後の生放送は、

2018年12月26日24時〜29時 (12月27日早朝0時〜早朝5時)】です。

放送局:いつもの中央エフエム
出演:いつもの澤田修&鷲巣功

詳細は後日お伝えします。

 

    • 大家
    • 2018 12/1 5:00am

    【幻】リスナーのみなさま
    更新時間を誤って5:00にしておりました。
    大変失礼いたしました!!

      • ワツシイサヲ
      • 2018 12/1 5:07am

      生放送事故。責任者は始末書を提出する事。 運用技術部主幹

        • ゆうすけ山東ルシア
        • 2018 12/1 5:21am

        ハイ、お呼びですか。書式を教えて下さい。書き慣れている筈ですが・・・。

    • フェス ロンゲ
    • 2018 12/1 2:35pm

    こうして今週も更新していただける。
    ありがたいことです。
    さて、寒い部屋からの放送を楽しみましょう。

    • 3daygrico@r2.dion.ne.jp 日曜日のグリ子
    • 2018 12/2 3:04pm

    今日はキャベツでひき肉を巻く。
    トマトで煮込んでる間に、部屋の中をかたづけよう。
    もう12月になってしまった。
    不要な物は捨て、自分を身軽にしておくことを心がける。
    幻はラストのブルースがいい。
    ギターは「マイクブルームフィールド」でしょう。

    チリパウダーをたっぷりふって赤いワインでいただきます。
    澤田さん鷲巣さんありがとう。

  1. トラックバックはまだありません。