【幻】モーニン・ブルーズ 2019/03/02

mb190302

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

N  おはようざいます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2019年03月02日を  

 始めましょう。

  ちひえー、もう3月だ。まだ正月気分が抜けていないのに・・・あ、それ

 はないですね。日毎に暖かくなって来ています。コートや手袋、もっと使っ

 とけばよかったな。なんとなく淋しい気分です。でも皆さんの投稿を拝見す

 ると、春の訪れ大歓迎のようですね。もちろんその想い、よく分かります。

  1500メートル 「ヨオイ」春だ「ドン」、これは偶然手にした俳句雑誌に載っていた

 一句です。作者は何と、昔一緒に謹慎処分を喰らった同朋でした。「ヨオイ、ドン

 春だ」としないところが、捻りでしょう。気に入ってます。

  さあ今朝も始めます。まずはリクエストにお応えして、この名曲から。

  「グッド・ナイト・ベイビー」、ザ・キングトーンズです。

M01.グッド・ナイト・ベイビー(3’16”)ザ・キングトーンズ

-M.Hiro, H.Mutsu-  ユニバーサル UPCY-7508

N  1968年夏のヒット曲、「グッド・ナイト・ベイビー」、ザ・キングトーンズでした。3連と

 エイトビートが交差する微妙なアレンヂです。エイトビートのところは、スケート・ダンスがピッタ

 リですね。

  このグループのリーダーでリード・ヴォーカルを担当していた内田正人が、2月15日

 に亡くなっていました。魅力的なハイトーンの持ち主、音楽にも詳しく「昔の名前

 で」的になりがちなグループに、いつも刺激を与えていました。

  わたしは20代の始め頃、杉並区の方南町にあったソウル・バーに出入りしてま

 した。そこは中古のレコードも扱っていたのです。そのそばに内田正人さんは住

 んでいるらしく、時折りこの店にやって来ていたようです。一度わたしがい

 る時にご本人からレコードの問い合わせか何かで電話がかかって来た事があり

 ます。

  それからしばらくして、あるパーティの仕事をした時にご一緒しました。その

 後は大瀧詠一の行った「トゥナイト」モノーラル・ダイレクト・カッティング・セッションを覗いたり、

 横須賀の米軍基地で行った独立記念日実演を観に行ったりと、ある程度の接

 触は続きました。もちろんアカの他人ですけど。

  今回の訃報で、「そういえばCD持ってないな」と気づき、例によって愛情

 の感じられない造りのベスト盤を入手して聞いたら、ほとんど一緒に唄えたの

 で結構な曲数を知っていた自分に驚きました。

  わたしは昔からこれが好きだったなあ。

  「君だけが」。

M02.君だけが(3’05”)ザ・キングトーンズ

-S.Kasho, H.Mutsu-  ユニバーサル UPCY-7508 

N  ザ・キングトーンズで「君だけが」でした。1970年のシングル曲です。メムバの加生

 すみおと当時所属していたポリドール・レコードのディレクターだった村松孝司の書いた

 曲です。シムプルなフレイズを反復する演奏も面白い。特にベイス・ラインは特筆に値す

 る。隠れた名曲でしょうか。

  健全さが売りのダーク・ダックス、民族音楽を得意とするボニージャックス、そしてジ

 ャズの要素も取り入れていたデューク・エイシーズなどが、K塾やW大などのグリークラ

 ブ活動を基にした正統派であるのに対して、キントンはもっと世俗的で音楽好き

 の延長で組まれたグループです。リパトゥワもポップな楽曲が多く、内田正人のハイトー

 ンを活かした「ライオンは寝ている」は有名でした。

  一方オリヂナルはデビュー曲の「グッド・ナイト・ベイビー」の影響か、割と苦しい恋

 に悩み悶える歌が多かったですね。

  その代表です。「愛のノクターン」。

N03.愛のノクターン(3’03”)ザ・キングトーンズ  

-S.Kasho- ユニバーサル UPCY-7508  

N  「愛のノクターン」でした。内田正人の熱唱が生々しいですね。こういう線でも

 っと唄って欲しかったな。

  次も絶望的な愛の歌です。「月光のノクターン」。

M04.月光のノクターン(3’15”)ザ・キングトーンズ 

-G.Maigoni, T.Iwatani- ユニバーサル UPCY-7508  

M05.今宵の君は(2’21”)ザ・ジャガーズ  

-J.Kern, D.Fields-  東芝 CP-5817

N  「月光のノクターン」、その他大勢的なコーラスを聞いていると、モロにムード歌謡ですが、

 これ外国曲なんですね。原曲を聞いてみたいなあ。弦の鳴りが冴え渡ってい

 ました。

  続けましたのは、同じくベイトーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」をモチーフにしたザ・

 ジャガーズで「今宵の君は」、1956年にヒットし損なったシングルです。1988年の映

 画「熱き愛に時は流れて」のサウンド・トラックからお送りしました。

  リードシンガー内田正人の訃報でお届けしたザ・キングトーンズ回想、皆様からもご

 投稿を頂いておりました。最後にもう一度あの名曲です。

  「グッド・ナイト・ベイビー」。

M06.グッド・ナイト・ベイビー(3’18”)ザ・キングトーンズ 

-M.Hiro, H.Mutsu-  ユニバーサル UPCY-7508  

M07.Goodnight, Sweetheart, Goodnight(2’50”)The Spaniels

-Hudson, Carter-  Not Now Music DAY2CD274

N  ザ・キングトーンズ、「グッド・ナイト・ベイビー」。1981年発表の英語仕様でお送りし

 ました。オリヂナルの日本語版はアトコからシングルとして発売され、R&Bチャートで37

 位に入ったらしいです。たぶん冒頭で述べた変則的な構成が彼の地でも興味

 を惹いたのではないでしょうか。いずれにせよ立派な功績ですね。

  その「グッド・ナイト・ベイビー」の元歌とも言える、「「グッド・ナイト、スウィートハート、 

 グッド・ナイト」、こちらはスパニエルズ1953年のヒット曲。デイトの帰りにガール・フレンド

 を送り届けて理解のない相手の両親をボヤく普遍的テーマ、永遠の純愛少年の

 歌ですが、これ「アサー」の3時ですよ、この家に門限はないのか。

  「グッド・ナイト、スウィートハート、グッド・ナイト」、スパニエルズでした。最後のドラムズの

 「締め」普通は省略される事が多いですが、今朝はしっかりお聞きいただき

 ました。

M08.Wiase Nsem Dooso(2’43”)Onyina’s Guiter Band  

-pd.-   エルスール008

N  先週お届けしたエルスール・レコーズが選曲編集した「身体のコリ」をほぐす効能があ

 ると噂される2枚組『ガーナの椰子酒音楽』から「ウィアセ・ンセム・ドゥソ」、オニイナズ・

 ギター・バンドでした。非常にポップですね。 楽曲の構成が完璧で、ヴォーカル・

 ハーモニーも魅力です。1960年の録音。

  これは、同アルバムの2枚目からです。こちらの盤は、ほぼ全編がウッド・ブロッ

 クのクラーベ・ビートに支配されていまして、それがまた心地良いですね。ヌー・オーリ

 ーンズのビートが逆輸入されたのかも知れません。

  次もアメリカ音楽の影響が感じられます。エレキギターのコードがブルーズの進行なので

 す。単弦のソロもどこかブルース的、いや「ロック・アラウンド・ザ・クロック」的です。

   ボアテンズ・ギター・バンドで、「ンニ・アウェレコー」。

M09.Nni Awerekone(2’59”)Boateng’s Guitar Band  

-pd.-   エルスール008

M10.Anti Susana(3’08”)K.Gyasi Band

-pd.-   エルスール008

N  ボアテンズ・ギター・バンドで、「ンニ・アウェレコー」、そしてクラーベのツー・スリー、スリー・ツー

 が交互に現れる「アンティ・スザーナ」、ケイ・ジャシズ・バンドでした。春が来てこれか

 ら暖かくなる時期、ガーナの椰子酒音楽はますます気持ち良く響きます。また

 折りを見てご紹介致しましょう。

  さて先週の「保守的な」スタンダード音楽集、総スカンを食うんじゃないかという

 恐怖がありましたが、皆さんに抵抗なく受け止められたようでホッとしていま

 す。こういうのが嫌いって言うんじゃ話にならない、とまでは申しませんが、

 それなりの良さは感じてもらえたようです。

  その中でサム・クックの「センチメンタル・リーズンズ」をほぼ完璧な造りだ、と紹介しま

 した。実際このスタジオ吹き込みは寸分の隙もなく出来上がっています。特にサム

 の唄が素晴らしいのですが、ゴリガンR&Bファンはこういうのを認めたがらない。

 わたしに言わせれば「だからダメ」なんです。

  でもねオクラ入りとなっていた実況盤で最も熱く唄われていたのが、この「セン

 チメンタル・リーズンズ」だったのです。これには「ザマアミロ」でしたね。それに応え

 る熱狂的な聴衆も一緒に聞いて下さい、1963年1月12日、フロリダはマイアミのハー

 レム・スクエア・クラブです。

M11.It’s AlL right~(I Love You)For Sentimental Reasonns (4’56”)Sam Cooke

-S.Cooke, D.Watson, W.Best-  RCA Legacy 82876 69552 2

N  この暴動寸前の興奮、凄まじいですね。63年と言えば盛り上がる公民権運

 動に白人たちは神経質になっていましたから、こんな危険な録音を公にする

 事は出来ない、と倉庫の奥にしまい込んでしまったのは、当時の正当な理由
 でしょう。ジェイムズ・ブラウンのアパロ実況第1作はそれより前の62年ですが、こ

 ちらは黒人たちだけのものとして、白人からは無視されたと言って良いので

 はないでしょうか。なんせサム・クックは白人経営の大手レイベルに所属する影響力

 絶大なるスタンダード歌手でしたから。

  そのサム・クックは白人市場進出の足掛かりとしてヌー・ヨークの一流クラブであるコパ

 カバーナに出演します。一回めは1958年3月、コメディアン、マイロン・コーエンの前座でし

 た。準備不足もあって、この時は芳しい成果を上げられなかったので、その6

 年後に満を持して再度コパカバーナに挑みます。その時に録音されたのが『サム・

 クック・アット・ザ・コパ』、これもR&Bファンはあまり評価しない名盤。白人を意識

 した選曲に多少不満はありますが、サムの全力投球は変わりません。以前「現」

 時代にお届けして、「ハーレム・スクエアと同じく、サムはどこも手を抜いたりしていな

 い。ここにはいつもの歌の神様が降りて来ている」などと興奮気味に喋った

 ら、即座に「全面的に同感です」というメイルを頂きました。嬉しかったな。

  では『サム・クック・アット・ザ・コパ』から、メドリーで

  「トライ・ア・リトル・テンダネス~センチメンタル・リーズンズ~ユー・センド・ミー」をどうぞ。

M12.Try A Little Tenderness~(I Love You)For Sentimental Reasonns~

 You Send Me(4’56”)Sam Cooke  

-Campbell, Connelly, I.Watson, S.Cooke-   ユニバーサル UIGY-7042

N   「全面的に同感」して頂けましたでしょうか、『サム・クック・アット・ザ・コパ』

 から、「トライ・ア・リトル・テンダネス~センチメンタル・リーズンズ~ユー・センド・ミー」3曲メドリーで

 お送りしました。

  ヌー・ヨークのコパカバーナは名門ナイトクラブとして有名で、ここでショウを持てるのは一

 流エンタテイナとしての証明でした。サムが 2回挑戦したのも分かります。ここで収

 録された実況盤には、他にジャッキー・ウイルスンのものがあります。こちらはサムのよ

 りもっと芸能界的。長い喋りで繋ぎ、時にミュージカル的な展開を観せます。

  ではこれも3曲のメドリー形式ですね、

 「ドギン・アラウンド~トゥ・ビ・ラヴド~ロンリー・ティアドロップス」です。

M13.Doggin’ Around~ To Be Loved~ Lonely Teardrops(10’26”)Jackie Willson

-B.Gordy jr., T.Carlo, A.Tucker, G.Gordy, G.Gordy-  Hall Mark 713372

M14.ザット・オールド・ブラック・マジック(2’13”)グリーン・ブック・コパカバーナ・オーケストラ 

-H.Arien, J.Mercer-  ワーナー WPCR 18181

N  ジャッキー・ロビンスンがノリノリで唄っていたコパカバーナの実況に続きましたのは、「ザ

 ット・オールド・ブラック・マジック」、こちらもサラ・ヴォーンやフランク・シナトラが唄っている立

 派なスタンダード曲ですが、今のは新録。グリーン・ブック・コパカバーナ・オーケストラと言う

 人達の唄と演奏でした。これはつい先だって発表されたアカデミーで作品賞に輝

 いた映画「グリーン・ブック」のサウンド・トラック盤の1曲目に収められています。

  1962年のアメリカ南部での人種差別を主題としたこの作品は、流石に面白く、

 2時間を超える長さも気になりません。黒人芸術家のドサ周りに付き合うイタリア

 移民運転手の道中記で、題名の「グリーン・ブック」とは南部の黒人を受け入れて

 くれる宿、食堂、給油所を網羅した案内書の事です。

  62年ですから、当然かなり強度な差別がありまして、ふたりは受け入れざ

 るを得ない環境に抵抗しながら旅を続けます。そして最後には「こんな場所

 では演ってられねえよ」と、仕事を蹴っ飛ばして帰ってしまうのです。事実

 を基に脚本は書かれました。差別の現状を再現する場面が何度も出てきます。

 かなり写実的ですが、本当はもっと酷かったはずです。

  この黒人芸術家はピアニスト。素晴らしい腕前と特異な音楽性は田舎の文化人

 達から絶賛されますが、基本的人権は差別されたまま。楽屋は倉庫、便所は

 屋外、高級紳士服店では試着を断られ、飲食も別なのです。イタリア移民運転手

 は芸術家と波長が合い、次第に差別に反発を感じるようになり、最後にそれ

 が爆発する訳です。

  この主人公は用心棒として働いていたナイトクラブが改装で閉鎖されてしまい、

 探した仕事が旅に出た切っ掛けでした。そしてそのナイトクラブというのが、ヌー・

 ヨークのコパカバーナだったのです。試写を観た直後にアカデミー受賞の発表があり、嬉

 しくなってサム・クックとジャッキー・ロビンスンのコパ実況を聞いて貰った次第です。

  ここからはこのサウンドトラック盤を聞いて行きましょう。  

M15.ソー・ロング・ラヴァーズ・アイランド(2’21”)ブルー・ジェイズ 

-L.Peals-  ワーナー WPCR 18181

N  黒白人種混合のヴォーカル・グループ、ブルー・ジェイズで「ソー・ロング・ラヴァーズ・アイ

 ランド」、1961年のヒット曲でした。このサントラ盤には先ほどのような新録、そして

 今のように物語の時代に流行っていた楽曲が収録されています。それも安易

 なオールディーズではなく、かなり渋い選び方がされています。これが映画の印象

 を浮ついた物にしていない要因でしょう。 次の音楽もそのひとつです。

  ティミー・ショウです、「ア・レター・フロム・マイ・ベイビー」。 

M16.ア・レター・フロム・マイ・ベイビー(2’49”)ティミー・ショウ  

-J.Hammonds jr., J.A.Bernett, J.M.Mathews-  ワーナー WPCR 18181

N  「ア・レター・フロム・マイ・ベイビー」、ティミー・ショウでした。移動の車の中ではこんな

 音楽がラジオから流れて来るんです。サントラ盤には入っていませんが、冒頭部分

 でのこの歌も印象的でした。

M17.ワン・ミント・ジュレップ(2’27”)ザ・クローヴァーズ

-R.Toombs-  MMG AMCY-333    1951

N  黒色クローヴァーズで「ワン・ミント・ジュレップ」、1951年のヒット曲でした。公演旅行を 

 続ける黒人ピアニストは芸術領域の人間なので、あまり世俗音楽を知りません。

 ラジオから流れる次の歌を聞いて、「それは誰だ」とイタリア移民運転手に問いかけ

 ます。

M18.ルシール(2’24”)リトル・リチャード

-A.Clins, R.Penniman-  PVCP-8109   1957

N  「これがリトル・リチャードの『ルシヤ』か。確かに個性的だ」、説明を受けて、黒人

 ピアニストはこんな風に呟きます。ここのところ、面白かったですね。

  音楽を担当しているのは、クリス・バワーズ、まだ30歳の若手ながら、音楽歴

 は充分で、既に何本かの映画でも実績を残しています。では彼が実際に弾い

 ている新録トラックからどうぞ。

  「ヲーター・ボーイ」。

M19.ウォーター・ボーイ(4’53”)クリス・バワーズ 

-A.Robinson-  ワーナー WPCR 18181

N  南アフリカ出身のピアニスト、ダラー・ブランドを連想させる「ヲーター・ボーイ」、映画「グ

 リーン・ブック」のサウンド・トラック盤から、クリス・バワーズの演奏でした。なかなかに宜

 しい。

  映画の中で、当初は荘厳な雰囲気で聞く方にも緊張を強いるような調子の

 表現だけだった黒人ピアニストが段々とファンキーになり、しまいにはジューク・ジョイント

 でそこのハコバンとR&Bを演奏するまでに至ります。これも大変宜しい。

  この実在した黒人ピアニストはドン・シャーリーといって、デューク・エリントンに認められ

 た男です。1927年の生まれで、2013年に亡くなるまで、沢山の作品を残し

 ています。先ほどの「ヲーター・ボーイ」も、1961年に自身の演奏でビルボード・ホッ

 ト・チャートで40位を記録していますから、大したものですね。

  ではそのドン・シャーリーの演奏です。サウンドトラック盤の最後に収められている、

  「ロンサム・ロード」。

M20.ザ・ロンサム・ロード(2’23”)ドン・シャーリー  

-G.Austin, N.Shilkret-  ワーナー WPCR 18181

M21.コパカバーナ(5’46”)     

-B.Manilow, B.Sussman, J.Feldman-  BMG BVCM-37654/5

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

N 今朝の最後は、映画「グリーン・ブック」イタリア移民の運転手トニー・リップが勤めてい

 たナイトクラブの名前と同じ「コパカバーナ」、バリー・マニロウでした。こちらはハバナにあ

 ったクラブで起こった愛憎劇が唄われています。1978年夏の大ヒット。わたしが

 新宿二丁目でモテモテだった頃ですね。思い出します。この映画「グリーン・ブック」

 は今月末から大々的に公開されます。アカデミー獲ったから劇場も増えるんじゃ

 ないかな。皆さんも是非ご覧になって下さい。

  いつもおいしそうなお話しのグリコさん、わたしもここのところ自炊生活を

 続けています。家事全般を嫌いではないのですが料理だけは全くダメでして、

 酷いものばかり食べる毎日です。ご投稿を読んで、それを食べたつもりにな

 っています。どうぞしばらく続けてください。

  今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

http://firestorage.jp/download/dd77544246f53fe483abe0b4e3f16ccf5139a0d7

  ダウンロード・パスワードは、47hcsn54です。

  今朝もちょうど時間となりました。

 こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

 「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

   そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

    • ビスコなリス子
    • 2019 3/2 3:26am

    今度、グリコさんとビスコさんで料理しに行きましょうかね(笑)

      • ビスコなグリ子
      • 2019 3/2 6:39pm

      3よろこんで!(笑)

        • ビスコなトンちゃん
        • 2019 3/8 3:35pm

        時間がある時はよろこんで!
        何食べたい?

    • ヴェンテン
    • 2019 3/2 12:58pm

    キントン追悼ありがとうごさいました。いまベストアルバムとか何を買おうか探しています。引き続きスタンダード曲集もLOVEです(^O^)。グリーンブックは観るつもり!お料理おきばりやす〜〜(^O^)。

    • 日曜日のグリ子
    • 2019 3/3 5:38pm

    日曜日のグリ子

    今日は桃の節句。
    昨日スーパーで買った5個入りのはまぐり。
    三つを焼き網で炙り暖めたお酒で。
    残りは野菜とお吸い物にします。

    鷲巣様
    こんな自分勝手で拙いコメントにお応え頂き、
    ありがとうございます。
    モーニングブルースが私の手元に届く限り。

  1. 遅ればせながら感謝〜!

  1. トラックバックはまだありません。