【幻】モーニン・ブルーズ 2020/02/29

mb200229

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年2月29日

 を始めましょう。義務教育機関の閉鎖、運動競技の無観客試合や音楽催事の

 中止など、新コロナウイルス感染防止対策が本格化して来ました。ここまでに打つ手

 があった筈、と感じているのはわたしだけではないでしょうが、とにかくこ

 れ以上の拡大は避けたいですね。手洗い、うがい、庶民の出来る事をして防

 ぎましょう。こういう時には家でラジオです。

M01.バーバラ・アン(2’07”)リジェンツ 

-F.Fassert-  ワーナー  WMC5-87/8

M02.Barbra Ann(3’22”)The Beach Boys      

-F.Fassert-  Capital 0602547517630

N  「バーバラ・アン」、リジェンツ1961年のヒット曲です。後半ヲーフマン・ジャックが乱入して

 来たこの仕様は映画「アメリカン・グラフィーティ」のサウンドトラックからです。まだ浅い夜

 に町中を流す車のラジオから聞こえて来ましたね。そしてビーチ・ボーイズの『パー

 ティ』から同じ「バーバラ・アン」、こちらは1966年のカヴァです。シングルにもなって

 います。ラジオのリクエスト番組で上昇しいたのを覚えています。「バー、バー、バー」

 で始まるところが分かり易くて、好きだったな。

  ビーチ・ボーイズの『パーティ』というアルバムは、「出せば何でも売れる」という人

 気沸騰中だったビーチ・ボーイズが、満足な準備も出来ないのに新譜を出さなき

 ゃならなかった事情から、「だったら仲間を集めて宴会を開いて、それを録音

 しちゃえばいいよ」とばかりに、メムバの家に楽器を持って集まって飲食をし

 ながら、気に入った歌をその流れで唄い、演奏。それで制作完了という過程

 で作られた、素晴らしい発想ではあるけれど、安易な1枚、と信じていまし

 たが、今回、全80トラックの2枚組完全盤を聞きまして、5回もセッションが行われ

 て、結構念入りに造られていた事を知りました。メムバも演奏中は半分ラリッてた

 んじゃないかと思っていましたが、そうではなかったですね。

  「バーバラ・アン」は3つのトラックがありまして、歌詞の確認をしながらだんだ

 んと仕上がって行くのが分かります。コーラス・ハーモニーは最初からキマッていまして、

 流石です。ファルセトーが効果的ですね。オリヂナルにはない最後のブルーズ・エンディング

 は殆ど即興のようです。ここもいいセンス。

  実は身近な人間があるところでリジェンツの原曲を耳にして、「ビーチ・ボーイズよ

 り断然カッコ良い」と感動していたものですから、妙に確認してみたくなりまし

 て、『パーティ』の完全盤を手に入れてみた次第です。オリヂナルを知ってからずっ

 とリジェンツで聞いていたので、ビーチ・ボーイズでこの歌を聞いたのは、少なくと

 も40年ぶりですね。意外と良かった。「ビーチ・ボーイズやるじゃないか」と、 

 素直に納得しました。この歌、簡単に出来そうですが結構難しくて、だいぶ

 前にわたしも仲間とやってみたんですが上手く行かなくて、最後は喧嘩にな

 って終わった苦い経験もあります。

  今更ですけどこのリジェンツ、白人の5人組なんですね。萩原健太が書いた「ア

 メリカン・グラフィティから始まった」(2016年エレキング・ブックス)には、この楽曲やグル

 ープ周辺のゴタゴタがかなり詳しく紹介されていて、大変面白いですよ。元々は

 ブロンクスで結成されたイタリア系の青少年ドゥワップグループでした。

  ではヲーフマンが絡んでこないオリヂナル仕様でお楽しみ下さい。

  「バーバラ・アン」、ザ・リジェンツです。

M03.Barbra Ann(2’15!)The Regents

-F.Fassert-   Collectables  COL-CD-9922

N  ザ・リジェンツで「バーバラ・アン」、ザ・リジェンツでした。2番目に出て来る歌詞に

   Danced with Betty Lou

   Tried Peggy Sue

   But…..

   ベティ・ルーと踊って   

   ペギー・スーも試してみた

   だけど・・・、という行りがあります、

  冒頭でWent  to a dance looking for romance

 とあるので、てっきりわたしはずっどンス・パーティで周りの女性に声を掛けて

 は誰からも相手にされないモテないダメ男の哀れな状況を想像していました。た

 だよく考えてみると、そもそも「バーブラ」というのは女性です。健太の本に

 もリジェンツの結成メムバだったフランク・ファサートが妹の事を歌ったらしい、と記されて

 います。引っ込み思案だったのかな、この子は。

  ですから本当は「せっかくダンスに行っても同性の友達とはしゃいでるだけ

 のバーブラ・アン、彼女たちは男の子たちと遊びたがってるんたよ、バーブラ・アン、

 さあ僕の手を取って・・・」と語りかける優しき第三の男の歌なのでした。

 また恥をかくところでしたが、今回この誤った解釈が正されて良かった。 

  一方「バーブラ・アン」の主題を間違って捉えていたおかげで、いつも連想し

 ていた古い歌があります。

M04.What Your Name(3’13”)Dug Sahm 

-Johnson-   ポニー / ヴィレッヂ・グリーン PCCY-00093

N  「ワッチョー・ネイム」、ダグ・サーム1990年の『ジューク・ボックス・ミュージック』からお届

 けしました。

   君、なんて名前だったっけ 

   絶対、前にあってるよね

   メリーじゃないね、スーとも違う 

   思い出せないなあ

  というこの唄い出しからわたしは、辺り構わずナムパをかけるC調男を思い

 描いていました。前の誤解したバーブラ・アンと似た状況です。こういういい加

 減な態度はダメです。恋する相手にはまごころを持って接する事が必要なので

 す。

M05.What Your Name(2’17”)Don & Juan

-Johnson-   Collectables COL-5519

N   「ワッチョー・ネイム」、こちらは1962年に全米7位を記録したオリヂナルです。これ 

 を唄っていたのが、ビルのペンキ塗りをしていた黒人二人組で、その名もドンと

 ホァン、ドンファンです。この芸名も何とC調か。岡田真澄もマッツァオです。ただし唄

 は純でして、いい加減な動機ながら、かなり切実に迫ります。ダグ・サームも

 途中からマジになって本気度が上がってました。何か思い出してんのかなあ。

  冒頭の「バーブラ・アン」から澤田修の「横山千本ノック」風な流れになって来た

 今朝の「幻」、もうひとつ行きましょう。先週ヘンリー・トーマスでお届けした「ジョン・

 ヘンリー」です。これにち冷えさんから「私の知ってるのと違う」、というお便り

 を頂きました。これは古い伝承歌で、たくさんの人たちが唄っています。し

 かも、それぞれが微妙に違っているのが大きな特徴です。

  主人公は黒人の線路工夫。有名なエピソードには蒸気機関と渡り合って勝利す

 る話がありまして、肉体労働階級の英雄的に奉られています。19世紀の人間

 ですから、もう少し史実に基づいた確かな物語があってもいいように思えま

 すが、半ば神話的に語られています。当時の奴隷制度を正当化するために存

 在した、と言えなくもないでしょう。

  最も古い録音は1924年と言われます。先週のヘンリー・トーマスのが29年です

 から、かなり初期のものですね。60年代にフォークの人間たちが挙って採り上げ、

 この国でも知られるようになりました。そこでさらにそれぞれの独自の「

 解釈」が加えられ、諸説が入り乱れる要因となったようです。

  今朝はその「ジョン・ヘンリー」をいくつか聞いて行きましょう。

  まずはピート・シーガー1957年の録音です。

M06.John Henry(4’28”)Peat Seeger

-trd.-  Properbox 184

N  半ば語り物のようなピート・シーガー1957年版「ジョン・ヘンリー」でした。この吹

 き込みの16年前に、ウディ・ガスリーが録音しています。次はそちらをどうぞ。

M07.John Henry(2’46”)Woody Guthrie   

-trd.-  Not Now Music NOT5CD915

N  ウディ・ガスリーの「ジョン・ヘンリー」、1941年の録音でした。

  構成、進行はほぼ同じですが、通常このように広く慕われる歌にありがち

 な覚えやすく愛嬌のあるリフレインがないですね。それがこの歌の決定的な流布を

 阻んだのかな、今聞いていてそんな思いも過ぎりました。

  次はかなり新しくなります。2009年に出たジム・クウェスキンのアルバム『エンジョイ・

 ヨー・セルフ』に収められていた「ジョン・ヘンリー」です。ピート・シーガーやウディ・ガスリー

 の流れを正当に受け継いだ東海岸のインテリ・フォークシンガーであるジム・クウェスキンは以

 前にも吹き込んでいる筈ですが、21世紀になっての新作にこの伝承歌を選び

 ました。  

M08.John Henry(5’23”)Jim Kweskin 

-trd.-  Properbox 184

M09.Mama, Let Me Lay It On You(Baby, Let Me Follow You Down)(4’43”)

Hot Tuna

-B.Dylan-  BSMF 6187     

N  「横山千本ノック」的「幻」、如何でしたでしょうか。ジム・クウェスキンの「ジョン・

 ヘンリー」は、あまり物語に踏み込まず、慣れ親しんだ古い歌を久しぶりに唄っ

 てみた、そんな感じがしました。

  それに続けましたのは、ボブ・ディラン70歳を祝ったアルバムから「ママ、レット・

 ミー・レイ・イト・オン・ユー」、ホット・ツナでした。発売された2011年当時、まだグループ

 として存在したのでしょうかね。フィドルもちゃんと入っていました。

  さて、先々週だったかな、久しぶりにCDを整理した、とお話ししました。

 その後また以前と同じく散らかりつつありますが、その時の動機は、この盤

 が見つからなかったからです。

M10.All Of Me(5’31”)Dina Washington        

-Simons, Marks-  フォノグラム PHCE-10015 

N  「オール・オヴ・ミー」、ダイナ・ヲッシントン, 1958年のヌーポート・ジャズ・フェスティヴァルの実

 況録音です。映画「真夏の夜のジャズ」のチャック・ベリーと並ぶクライマクス場面でお馴

 染みですね。この盤がどこに入ったのか行方不明になってしまいました。こ

 れが直ぐに取り出せないと、わたしは困ります。この時は他のダイナ盤も集団

 でいなくなってました。整理した結果、無事救出されましたので、先ほどお

 送り致した次第です。探しながら思い出していたのが、同じ「オール・オヴ・ミー」

 のこの仕様です。

M11. All Of Me(4’23”)憂歌団

-N.Sakai, G.Marks-    徳間 TKCA-30169    

N  憂歌団1981年のアルバム『夢・憂歌』から「オール・オヴ・ミー」でした。かなり

 飛躍した詞(ことば)が乗っかってますが、当時はまだ「秀勝」だった木村

 の唄が素晴らしい。わたしはとても好きですね、この「オール・オヴ・ミー」。以前

 にもお話ししたと思いますが、某クラブの楽屋で木村秀勝がヲーミング・アップ的に

 これを唄っているのを至近距離で目撃した事があります。例えようもなく良

 かった。それ以来、決定的な「オール・オヴ・ミー」と言えば、ダイナと憂歌団です。

  さて無事救出されたダイナ・ヲッシントン、こちらも聞いて頂きましょう。

  「ティーチ・ミー、トゥナイト」。

M12.Teach Me Tonight(2’47”)Dina Washington  

-Cahn, Depaul-  Golden Stars  GSS 5287

M13.My Blue Heaven(2’06”)Fats Domino    

-Whiting, Donaldson-  Properbox  138

N  ダイナ・ヲッシントンで「ティーチ・ミー、トゥナイト」、そしてファッツ・ドミノーで「わたしの青空」

 でした。これは「夕暮れに・・・」と父親がよく唄っていましたね。それで

 覚えたようなものです。1967年頃だったかな、日立の洗濯機に「青空」とい

 う名前が付いた機種があって、そのコマーシャルにも最後の「私の青空」を「日立

 の青空」と変えた歌が付いていた記憶があります。サンヨー・テレビの「日本」以

 降、やまとことばで家庭電気製品に命名するのが流行っていました。

  さて、このようなスタンダード、定番曲を並べたのには訳があります。鷲巣功

 著の「河内音頭」の書評を読もうと本当に久しぶりに月刊「ミュージック・マガジー

 ン」を読んだら、ジェイムズ・テイラーの新譜紹介記事に出会いました。北中正和大

 先輩が、丁寧に書いています。わたしはその情報を全く知りませんで、すぐ

 に入手しようとしたのですが、何と入荷/発売が2月28日つまり昨日の金曜

 日だったのです。

  以前の「現」時代には、放送局に行く途中に偶然見つけて買って来て、ま

 だ聞いてもいない盤をいきなり回した事もありました。確かナット・キング・コール

 の赤坂コパカバーナでの実況盤だった筈です。「想像を超えて酷かったらそこで止

 める」なんて断りを入れてね。

  生放送なら度胸を決めて、こういう面白い事も出来ますが、今回はちょっ 

 と間に合いません。そこでマガジーンの記事を読みながら、ジェイムズ・テイラーの新

 譜に収録されている各曲の自分の決定盤を並べてみよう、と考えました。流

 石に今回の新譜『アメリカン・スタンダード』にはひねくれ者のワツシイサヲでも知っている

 超有名曲がズラリ。わたしの音楽的変遷、それによって形成された好みもはっ

 きりしました。しばらくお付き合い下さい。

  今の「ティーチ・ミー、トゥナイト」、そして「わたしの青空」ともに新譜の収録曲で

 す。ジェイムズ・テイラーはどんな風に仕上げているか、とても楽しみです。

  来週、一緒に聞いて行きましょう。

M14.Old Man River(4’45”)The Temptations   

-J.Kern, O.Hammerstein-   Motown 314549515-2    

M15.Nearness Of You(3’09”)Norah Jones   

-H.Carmicheal, N.Washington-   Blue Note 7243 5 32088 2 0

M16.God Bless The Child(5’56”)Blood, Sweat and Tears  

-B.Holiday-  Columbia  CK 9720

N  ザ・テムプテイションズで、「オールマン・リヴァ」、ノーラ・ジョーンズで「ニアネス・オヴ・ユー」、そ

 してブラッド、スウェット・アンド・ティアーズの「ガッド・ブレス・ザ・チャイルド」でした。

 流石に名曲ですね。確かな手応えがあります。

  ジェイムズ・テイラーは、数年前にも『カヴァーズ』というアルバムを出していました。

 それと今回の『アメリカン・スタンダード』とどう違うのか、そこにも興味があります。

 数々の斬新なオリヂナル曲で時代を変えたジェイムズ・テイラー。彼自身も「アメリカン・スタン

 ダード」をたくさん書いています。一方で時空を超えて親しまれる名曲を分け

 隔てなく採り上げる彼の姿勢には非常にずっと前から好感を持っていました。

  そんな一例を聞いて下さい。

  スティーヴン・フォスターの「おお、スザンナ」です。

M17.Oh! Susanna(2’02”)James Taylor         

-S.Foster-  Waner 7599-27183-2

M18.Lodi(3’13”)Creedence Clearwater Rivival

-J.Fogerty-  ビクター VICP-62073 

N  ジェイムズ・テイラーの「おお、スザンナ」に続いては、20世紀のスティーヴン・フォスター、

 ジョン・フォガティの「ローダイ」、クリーデンス・クリアヲータ・リヴァイヴァルでした。庶民、労働

 者たちの生活を自身の歌に投影し、一方で大自然を唄ったジョン・フォガティ、昔

 から言っているのに誰からも同意を得られないわたしのスティーヴン・フォスター説、

 皆さんは如何お感じでしょうか。

  さて前半でも出て来たち冷えさんが熱心にリクエストしてくれたアーマド・ジャマル

 の「サタデイ・モーニング」、調べましたら、あちこちで結構なお値段が付いていま

 した。しかし、幸運な事に極めて納得出来る安価で手に入れる事が出来まし

 た。ジェイムズ・テイラーの新譜がらみで今朝は時間もたっぷりあります。ちょっと

 長いですが、お届けしましょう。

  アーマド・ジャマルの「サタデイ・モーニング」です。

M19.Saturday Morning(10’24”)Ahmad Jamal    

-A.Jamal-   Jazz Vilage   JV 570027   

M20.Variations On A Theme By Erik Satie (1st Movement)

Adapted From Tris Gymnopedies(1’38”) Blood, Sweat and Tears

-E.Satie-  Columbia  CK 9720              

TM Born In Chicago 「アサー入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

N  今朝の最後、10分以上あった「サタデイ・モーニング」の後は、ブラッド、スウェット・

 アンド・ティアーズで「エリック・サティ三つのジムノペディ主題による変奏曲第一楽章」で

 した。

  今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/3e031fd23050425a8907c7a5c4160cd497abbec4

  ダウンロード・パスワードは、9r62k1vwです。

  あ、使用音楽素材の写真、ファッツ・ドミノーが抜けていました。済みません。

  今朝もちょうど時間となりました。

 こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

 「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

 そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。



♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

    • リス子
    • 2020 2/29 3:30am

    閏日ですねぇ。
    昨日スーパァやドラグストアの紙製品が売り切れていて
    キョーフをおぼえました。

    • 高橋路夫
    • 2020 2/29 10:56am

    ナット・キング・コールのライブ盤の放送、覚えています(ニュー・ラテン・クォーターのライブかも…)。
    どこまで行くのかなと少しハラハラ聴いていたら、最後まで行ってしまった。
    全曲放送。こんなことをされるとリスナーは、ますます番組に引っ張られてしまいます。

    この放送を聞いた後、赤坂のニュー・ラテン・クォーター、ムゲン、ビブロスを思い出して調べたり
    (入口を見ただけで中に入ったことはありませんが)、図書館で借りた本で
    ナット・キング・コールと永島達司さんとの関係を知ったりと、いろいろ知るきっかけになりました。

    (個人的な話ですが、先週のコメントありがとうございました。嬉しかったです。)

    • タクシードライバー45979
    • 2020 2/29 2:26pm

    ダイナ・ワシントンのティーチ・ミー・トゥナイ、とても良かった❗ミス・ダイナマイトが今までのベストでしたが、このおしゃれな感じすごい認識を改めます、ありがとうございます。ヘレン・メリルのあれが聞きなくなったけどレコードが見当たらない、ジャズボーカルも良いなぁ

    • 何時もお家でグリ子
    • 2020 3/1 9:13pm

    抗菌作用があるかエチオピアのレトルトカレーを
    37・6度のウオッカをオレンジジュースで。
    菌がおさまったら神田へ行う。

    • フェスロンゲ
    • 2020 3/7 2:17am

    鷲巣さん澤田さん
    こんばんは。

    こんな時こそお家でラジオ。
    明日の放送を楽しみにしております。

  1. トラックバックはまだありません。