【幻】モーニン・ブルーズ 2020/05/30

mb20200530

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年5月30日

を始めましょう。明後日からはもう6月です。今年は空白の約3月間があり

ましたから、余計に早く感じます。気候も例年の様に徐々に暖かくなって来

て、「夏」というんじゃなかったですね。

さて今朝の1曲目はリアノン・ギデンズ、

「アップ・アバヴ・マイ・ヘッド」。

 

M01.Up Above My Head(3’10”)Rhiannon Giddens

-S.R.Tharpe-  nonesuch 7559-79563-1

 

N 「アップ・アバヴ・マイ・ヘッド、アイ・ヒア・ミュージック・イン・ディ・エア」、リアノン・ギデンズ

でした。わたしは今でも朝起きてからしばらく頭の中で特定の音楽がずっと

鳴り続けている事があります。この歌を聞くと、いつもそんな状況を想像し

ます。実はこれ、先週の最後に「河内ONdoLINE盆踊り」のケーキヅケにお届け

しようと用意していた1曲でした。それが時間の都合で、1週遅れの冒頭曲と

なりました。

「河内ONdoLINE盆踊り」はおかげさまで終了する事が出来ました。ご参

加下さった方々には厚く御礼申し上げます。最新流行のzoom会議システムを使っ

たテレ・フェス、やはり簡易中継の範疇を出ない送信でした。放送基準には敵いま

せん。ただし考えてみれば小型PCだけであそこまで出来るというのは凄い事

でもあります。今はテレビ出演も同じ様なシステムで行われているようです。特別

回線を使うのでしょうか、映像や音声の乱れはありませんね。今回の「河内

ONdoLINE盆踊り」では、途中でほぼシステム・ダウンに近い状況になってしまい

ました。そもそも通信環境のない稽古場ですから、ポケット・ワイファイを持ち込ん

で送信していて、容量不足になったようです。イヤコラセ東京のIT担当者が咄嗟

に携帯電話経由に切り替えてその後は何とかなりましたが、危なかったです。

受信される方も全員が万全ではなかったようで、ずっと音声が届かなかっ

たという状況でお付き合いを続けてくれた方もいらしたようです。それも複

数。課金方式をとったので、余計に面倒だったようですね。これは今後の課

題でもあります。

何人か見覚えのある方とも画面でお会い出来ました。嬉しかったですよ、

元気なお姿を拝見出来て。重ねて御礼申し上げます。

 

M02.Dreams Of A Mechanical Man(5’35”)アーロン・パークス

-unknown- BSMF 5096

 

N  アーロン・パークスという「天才」ピアニストの新譜からです。全12曲入りの新作は

なかなかの意欲作でして、いろいろと思わせぶりな楽曲が並んでいます。そ

の中でも最も印象的だったのが、今の表題曲「ドリームズ・オヴ・ア・メカニカル・マン」

でしょうか。ソロが初期のフュージョン的で、面白く聞けました。如何でしたか。

さて今週はある調べ事がありまして、古い雑誌を引っ張り出しました。そ

れは「ヌー・ミュージック・マガジーン」の1971年12月号です。中村とうよう編集長

のこの雑誌をわたしは1969年の創刊号からずっと読んでいましたから、バッ

クナムバもズラリと揃っていましたが、わたし自身が寄稿しなくなってからしばら

くして、一度それらを処分しました。書き込みや切り取り頁もなくずっと揃

っていたのに1円にもならなくて、なんとか引き取って貰ったのが実情です。

この1971年12月号は古本屋で見つけて買い直した一冊です。

ちょうど創刊3年目で調子が出て来た頃ですね。まだ福田一郎が「輸入盤

紹介」欄を担当していました。この号ではそこにこの盤が筆頭に来ています。

 

M03.New Ways Train Train(5’52”)Jeff Beck Group    

-J.Beck-  Epic PE 30973

 

M04.Reason To Believe(2’24”)Karen Dalton  

-T.Hardin-  ウルトラ・ヴァイヴ / Delmore  OTLCD 1702

 

N  短命に終わった第2期ジェフ・ベック・グループの「ヌー・ウェイズ・トレイン・トレイン」で

す。複雑な構成でしたね。彼らの1枚目が本国で出た直後だったのでしょう。

国内盤ではなく、輸入盤として紹介されています。文章の最後が「ジェフ・ベッ

クのカムバックに乾杯!!」と締め括られているのは、その前の足掛け3年間くらい、

ジェフは演奏活動をしていなかったんからです。ヴァニラ・ファッヂのティム・ボガート、

カーマイン・アピスとトリオを結成する直前に交通事故に遭って入院生活を送るハメにな

ったのが原因です。それでアメリカ人たちとの話は先送りになって、ロンドンで集め

たメムバと組んだのが、この第2期ジェフ・ベック・グループでした。

短命に終わったとは言え、マクス・ミドルトン、コージー・パウウェルなど、後に世界的

な活躍をするプレイヤーを擁していましたし、ジェフとコージーを除く3人はハミング・

バードという先進的なグループを結成するなど、音楽的には大きな可能性を秘め

ていました。何よりもジェフがヤード・バーズ以降のハード・ロックに見切りをつけた

作品として、わたしは見ています。それまで来日した事がなく、生実演が観

られなかったので、本当の彼のギター弾きとしての魅力は充分に伝わっていま

せんでしたが、精悍な容貌に狼カットのジェフは人気者でした。何しろシングルで「監

獄ロック」だからね。こんな背景もあって、福田一郎の「輸入盤紹介」でこの盤

が筆頭に来たのでしょう。

続けてお届けしたのはカレン・ドールトンが唄った「リーズン・トゥ・ビリーヴ」です。

彼女は同じ「ヌー・ミュージック・マガジーン」1971年12月号の「ニュー・スター登場」欄

に登場しています。尤も唄い手としての経歴は1960年からですから「ヌー・ス

ター」でもないでしょうが、本人名義の最初のアルバム『イン・マイ・オウン・タイム』が発

表された事で、ここでの紹介となったようです。

この頃の「ヌー・ミュージック・マガジーン」は明らかに日本の音楽雑誌の中で最先

端を突き進んでいました。まだそれほど偏っていなくて「幅広い」軽音楽の

健全な行き亘りを目指していましたから、彼女のような個性的かつ優れた音

楽家も紹介の範疇にありました。

今の「リーズン・トゥ・ビリーヴ」はご存知のようにティム・ハーディンの作品。カレンの吹

き込みは1966年という事になっていますが、どう考えても正規の録音ではな

いですね。多分デモ的なセッションだったのでしょう。2012年にアルバムの形に組ま

れた中に収録され、発売されました。

わたしもこのページを読んでいた筈ですが、全く記憶にありませんで、カレ

ン・ドールトン を知ったのは21世紀になってから、レコード屋で流れていたこの歌

を聞いた時でした。

 

M05.How Sweet It Is(3’44”)Karen Dalton   

-B.Holland, L.Dozier, E.Holland-   Light In The Attic Records  LITA 022

N  マーヴィン・ゲイでお馴染みの「君の愛に包まれて」、カレン・ドールトンでした。お聞

きのように捉えどころのないスタイルで人の心をしっかり捕まえる唄です。彼女

をビリー・ホリデイと比較するのも分かりますね。自分で作品を書くのではなく、

独特の解釈で既にある歌を新しいオリヂナルのように仕上げてくれるカレン・ドールトン

は、ジャンルを問わない選曲も個性のひとつでした。次は1969年に吹き込まれ

たアルバムの表題曲です。

リロイ・カーのブルーズ・ナムバーで

「イン・ディ・イーヴニング」

長い副題が付いています。

「イッツ・ソウ・ハード・トゥ・テル・フーズ・ゴーイン・トゥ・ラーヴ・ハー・ザ・ベスト」

 

M06.In The Evening(It’s So Hard To Tell Who’s Going To Love You The Best)

(4’31”)Karen Dalton

-L.Carr-  Megaphone CD Mrga 10

 

N  「イン・ディ・イーヴニング~イッツ・ソウ・ハード・トゥ・テル・フーズ・ゴーイン・トゥ・ラーヴ・

ハー・ザ・ベスト」、カレン・ドールトンでした。ロバート・ジョンスンの「ラーヴ・イン・ヴァイン」

と同じ行りがありましたが、お気付きだったでしょうか。

さてこの「ヌー・ミュージック・マガジーン」1971年12月号をわたしが再び手に入

れたのは、実のところ「ソウルの万華鏡~アリサ・アット・フィルモア」というマイケル・ライドン

の書いた、アリサ・フランクリンの、あの感動的なフィルモア・ウエスト出演時のリポート記事が掲

載されていたからなんです。

 

M07.Bridge Over Troubled Water(7’25”)Aretha Franklin

-P.Simon-  Atlantic / Rhino  8122- 77629 2

 

N  「明日に架ける橋」フィルモア・ウエストでのアリサ・フランクリン実況録音でした。これは後

で出た2枚組からで、リミクスされているんでしょうか、客席のガヤが多いように

聞こえます。CDが実用化されてすぐ、この「ライヴ・アット・フィルモア・ウエスト」は市

場に出ました。それもオリヂナルのアトランティックからではなく、アルファ・エンタプライズとい

う聞き慣れない企業からです。CDのように溝がない録音媒体への契約はまだ

未整備だったので、その間隙を縫っての発売だったようです。わたしは飛び

つくようにして買いました。まだ、持ってるかなあ。音質はそれ程でもなく、

あまり価値も付いていないようですがね。

さてこの「ヌー・ミュージック・マガジーン」1971年12月号は特集が「ぼくたちに

とっての伝統の問題」です。この頃のマガジーンは啓蒙主義の権化のような側面

がありまして、時折こういう難しい主題で切り込んできました。この特集は

覚えているな。高等学校2年生のわたしは何度も真面目に読み返したもので

す。それが2020年の5月に何故必要になったか、それは「エリス」次号をお楽

しみに。

それはそうと、調べ事ついでにこの号の頁をめくっていたら、意外な事実

に出会いました。この人です。

 

M08.When I’m Not With You(2’07”)Conway Twitty   

-C. Twitty, R.Nance-  Acrobat ACQCD7068

 

N  コンウェイ・トウィティの「ウェン・アイム・ノット・ウィズ・ユー」でした。ここのところ、何か

につけて引っ掛かって来る4枚組イギリスの1959年のシングル盤のB面集からで

す。A面は「ヘイ、リル・ルーシー」というロケンロー曲だったそうですが、知らないなあ。

この、昨今「幻」で引っ張りダコのロカビリー歌手の名が、「ヌー・ミュージック・マガ

ジーン」1971年12月号に載っていたのには、わたしも驚きました。それも内

田裕也の寄稿文です。ちょうどジーン・ヴィンセントが亡くなった時で、まだ彼が中

村とうようさんに可愛がって貰っていた頃でしたから、ヴィンセントの訃報に寄せ

る記事を裕也さんに頼んだんでしょう。追悼文はいつの間にか奮闘を続ける

日本のロックをアジる内容になっています。そこで「月収はマージャンでしか得られ

ないのだヨ」と事実を語ってしまったりしているのは、ご愛嬌。その冒頭で

「1815 Rock’nRoll Bandのリハーサルでジーン・ヴィンセント、コンウェイ・トゥィッティ、ファッツ・

ドミノ、リトル・リチャード等のボロボロのアルバムを聞いていた俺は、・・・」と彼の名前

が出て来るのです。この文章にはもちろん憶えがありますが、コンウェイ・トゥィッティ

は忘れてました。いや、1971年12月わたしは、まだ彼の名を知らなかった

のでしょう。

これではっきりしましたね。彼はエルヴィス・プレズリらと同じ時代に世に出た

ロカビリー・スターだったのです。裕也さんが知っていて、71年の段階で聞き直し

ているとは、かなりの存在でもあったのでしょう。「思わせぶり」という邦題

付きのシングル曲があるのも頷けます。実情は知らないけどね。

さて、コンウェイ・トウィティではこんな出会いもあったのです。

 

M09.Handy Man(1’59”)Conway Twitty  

-J.Jones-    Reel To Reel / maps RTRCD145

 

N  コンウェイ・トウィティの「ハンディ・マン」でした。「便利な男」でしょうか。これはジェ

イムズ・テイラーがモノクロームのブロマイド写真のようなポートレイトが非常に印象的なアルバム

『J.T.』でカヴァしていた事で有名です。

まずそちらを聞いて貰いましょうか。

 

M10.Handy Man(3’19”)James Taylor

-J.Jones-  Columbia CK85223

 

N  ジェイムズ・テイラーでアルバム『J.T.』から「ハンディ・マン」でした。初めて聞いた時

は終わり頃に出て来る「カマカマカマ・・・」でハッとしました。「嗚呼、あの歌か」

とようやく分かったのです。多分日本人のポップ歌手のカヴァで聞いた事があっ

たのでしょう。この国でもほんの少し流行ったはずです。スリー・ファンキーズだっ

たかな。いやあれは「『ナカナカナカ』見つからない」だったか・・・。

ともかくコンウェイ・トウィティの仕様を知ってから、J.T.の「ハンディ・マン」を無性に

聞きたくなって探したんですが、わたしはコロムビア時代のジェイムズ・テイラーを殆ど

持っていない事が分かりました。日本人の前にジェイムズ・テイラーが登場したのは

1970年だったでしょうか。「君の友達」ですぐに大スターになったようです。「よ

うです」というのは、わたしはその頃ジェイムズ・テイラーのようなシンガソングライタは

全く聞いていませんでしたからね。聞く余裕がなかった、というのが本当の

事実でしょう。

その後、カメちゃんのラジオで「寂しい夜」を聞いて大いに感動して、ワーナー時

代の『グレイテスト・ヒッツ』を代々木の輸入盤店ダンで買いました。憶えています。

でも相当に後です。だから新世代の旗手としてに注目を集めていた頃は、同

時代的には知らないんです。

ですがその後の、大物となってからは同時代的付き合いが多少ありました。

それで、『グレイテスト・ヒッツ』の第2集が出ているのを知り、今回注文しておいた

のですが、配送の手違いで一旦発送元のオランダに戻ってしまって、だいぶ到着

が遅れました。結局、夏も近く5月30日にお聞き頂けたのです。

コロムビア時代のJ.T.は音楽および周辺演奏家が定まっていまして、あまり新

鮮な魅力はなかったかも知れません。既に大御所ですからね。あまりスッキリし

た出来ではないですが、アルバム『フラッグ』はよく聞きました。

そこからどうぞ。キャロル・キング作、ドリフターズのヒット曲です。

「アップ・オン・ザ・ルーフ」。

 

M11.Up On The Roof(4’22”)James Taylor

-C.King, G.Goffin -Columbia CK85223

 

N  「アップ・オン・ザ・ルーフ」、ジェイムズ・テイラーでした。何年か前、J.T.がキャロル・キング

と来日してショウを行った時に、当然この名曲はリパトゥワに入っていて、ふたりで

唄うのですが、紹介の時にJ.T.が「カヴァした時はキャロルの歌だと知らなかった。

ただ好きで唄ってた」と喋っていたのが面白かったですね。

この次のアルバムが『ダッド・ラーヴズ・ヒズワーク』だったかな。溶接工のような

格好をしたJ.T.の写真がジャケットで、もう頭が薄くなってました。でも充分に

カッコ良くてね、「こりゃ敵わない」と思い知らされました。

そこからどうぞ、ジョン・デイヴィド・サウザーとのデューオです。

「想い出の街」。

 

M12.Her Town Too(4’34”)James Taylor

-J.D.Souther, J.Taylor-  Columbia CK85223

 

M13.ニュー・キッド・イン・タウン(5’04”)イーグルス

-G.Frey, J.D.Souther-  ワーナー・パイオニア 20P2-2016

 

N  柄にもなく西海岸調「幻」です。ジェイムズ・テイラーとジョン・デイヴィド・サウザー

の「想い出の街」に続きまして、イーグルズの「ヌー・キド・イン・タウン」でした。

J.D.サウザー調ですね、2曲とも。そこからのダブル・プレイでした。

さてジェイムズ・テイラーはギターの名手としても知られています。「ハンディ・マン」の

実演映像を見ると、大御所とその伴奏者という関係ではなくて、楽団の同じ

メムバという意識で舞台に立っているのが分かります。ちゃんとイントロを自分で

出して、終わりの合図も決めている。立派です。音楽を好きなのがとても伝

わって来ますね。彼がセッション・ギタリストとして参加した録音は数多くありますが、

今朝はこれなど如何でしょうか。

ジョーニ・ミチェルのアルバム『ブルー』から

「キャーフォーニァ」。

 

M14.California(3’48”)Joni Mitchell

-J.Mitchell-  Riprise / Warner  7599-27199-2

 

M15.Danza Riual del Fuego(4’22”)Paco de Lucia

-Manuel de Falla-  Philips / Universal 06007 53979790

 

N  さて、今朝のパコ・デ・ルシアは、1978年の『プレイズ・マヌエル・デ・ファリャ』とい

う同じスペインの作曲家の作品を取り上げたアルバムからです。わたしはここまで

で、これが一番しっくり来ました。何よりも作品が固定されているので、こ

こまでに紹介してきた物のように気まぐれな進行ではなく、きっちりと構成

が出来ている点で、落ち着きがあります。

もちろん恐ろしい程の集中力の演奏は変わらず、アンサムブルもちゃんと考えら

れています。傑作ですね。今お聞きいただいたのは、マヌエル・デ・ファリャ作バレエ

音楽「恋は魔術師」より「火祭りの踊り」でした。魂がつめられた終了部分

は怖かったですね、呪いのような想いが伝わって来ました。

同じアルバムからもう1曲。

やはりバレエ音楽「恋は魔術師」より、

「狐の火踊り」。

 

M16.Cancion del Fuego Fatuo(4’04”)Paco de Lucia

-Manuel de Falla-  Philips / Universal 06007 53979790

 

M17.Teach Me Tonight(2’58”)Brenda Lee 

-De Paul, Cahn-  Not Now Music NOT3CD240

 

M18.Teach Me Tonight(4’31”)Phoebe Snow     

-S.Kahn, G.de Paul-  Sonny SICP 8005

 

N  聞く方にも相当な集中力を要求するパコ・デ・ルシアのマヌエル・デ・ファリャ作バレエ

音楽「恋は魔術師」より「狐の火踊り」でした。

そしてリラクスして聞ける、心地よい、ブレンダ・リーの「ティーチ・ミー・トゥナイト」、更

にフィービ・スノウで同じ歌を聞いて貰いました。フィービは完全なブルーズ・シンガ、い

やブルーズ・シンガレスですね。録音は1976年、制作はデイヴィド・ルービンスンでした。

ここまで来ましたら、最後はこの人しかいません。

ダイナ・ヲッシントンで「ティーチ・ミー・トゥナイト」。

 

M21.Teach Me Tonight(2’46”)Dina Washington 

-Cahn, Depaul- Golden Stas GSS 5287  2-1

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  久しぶりの千本ノック、今朝は「ティーチ・ミー・トゥナイト」を三人の女性に唄って貰い

ました。大家さんのサイトの具合が今ひとつのようです。すんなりとは入れませ

んが、工夫をしてみて下さい。そうすれば「わたしにも入れます」。

あと20日ほどで夏至です。今朝の日の出は4時26分でしたか。もう3時

半頃には明るくなって来てますね。さあ夏だ。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/b1f773c37818d5449ce2c8ca2b89b7f01c4ac393

ダウンロード・パスワードは、rce4isugです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

OAした作品画像一覧のダウンロードはこちらからよろしくお願いいたします。

→ https://2.gigafile.nu/0728-d20b09f0be9655d042e8ed6f70a3fb8f1

 

    • フェスロンゲ
    • 2020 5/30 2:34pm

    ティーチミーツナイトはフィービースノウに一票。
    大好きなんですあの膨みのあるまろやかな声が。
    世界で一番です。

    鷲巣様
    澤田樣
    今週もありがとうございます。

    • 日曜日のグリ子
    • 2020 5/31 5:05pm

    金曜日に東京に飛んだ飛行機は少しの人を元気にした。
    でも、関係のなかった人にはただの無駄使いでしょう。
    人が無駄をしてると批判したくなりますが、
    自分の人生の無駄はたくさがいいようです。

    今日はお家でナポリタン。
    チリの赤いワインと幻と、

    今週もありがとう

  1. いつもありがとうございます。

  1. トラックバックはまだありません。