【幻】モーニン・ブルーズ 2020/06/20

mb200620

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年6月20日

を始めましょう。

明日21日は6月の第3日曜日、間違いなく2020年の「父の日」ですね。

先週勘違いして恥をかきましたが、今朝は堂々とお届けしましょう。

ザ・テムプテイションズ、1972年のグラミー受賞曲です。

「俺の親父は流れ者だった~パパ・ヲズ・ア・ローリング・ストーン」。

 

M01.パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン(6’54”)ザ・テンプテーションズ

-N.Whitfield, B.Strong-  Motown / ポリグラム OCD-28002

 

N  「パパ・ヲズ・ア・ローリング・ストーン」、ザ・テムプテイションズでした。これは7分程度

の「短縮仕様」です。確か本編は9分、いやそれ以上あったのではなかった

でしょうか。わたし自身も今の「短縮仕様」では少々物足りなく感じます。

それまで3分程度の尺で全てを解決しなければならなかったシングル・ヒット曲の

革命でした。「夜明け前のチベット山脈を明かりなしで歩いて行くような」イントロ

が、まずカッ コ良い。なかなか唄が出て来ませんが、それが却って期待感を煽

ります。いくつかカヴァがあるようですが、これはこの時代のテムプスでなければ

成立しませんね。久し振りに聞いて、完全に打ちのめされました。キョーレツです。

と言いましても、今朝は大幅に予定を変更してお送ります。「父の日」特集

ではありません。それにはこの人の音楽をまとめて聞いたからです。

 

M02.The Twist(2’35”)Chubby Cheker

-P.D.Glover-  Not Now Music NOT2CD729

 

N   2週ほど前にもトゥイスト関連でお送りしました、チャビー・チェッカー「ザ・トゥイスト」

です。黒人ヴォーカル・グループのハンク・バラードとミドナイターズの持ち歌でしたが、チャビ

ー・ザ・トゥイスト・チェッカーが1959年にカヴァして大ヒット。世界中をこの踊りに巻き込

みました。第二次世界大戦後に肥大して来た白人の若年購買層に受けたのが

成功の源ですね。しかも同じように黒人でありながら、リル・リチャードやチャック・

ベリーみたいに得体の知れない怖さを感じさせない健全さが、一般社会でも好

意的に受け取られたようです。

当時ではなくて、ヒットから20年以上経った頃、「アメリカン・バンドスタンド」の懷

メロ大会だったかな、テレビで動くチャック・チェッカーを見た事があります。「やあ、や

あ」とばかりに司会者と談笑中、突然「ザ・トゥイスト」が流れると即座に反応し

て踊り出す、それを周囲が「ちょ、ちょっと待ってよ」となだめる・・・、

これを繰り返すお約束のコント仕立ての後、通して「ザ・トゥイスト」を1曲、とい

う構成でした。もう体が大分太くなっていましたが、踊りは凄かったな。動

きが早いのよ。32分音符でビートを捕まえているようでした。

その昔、キングから出ていたキャミオ・パークウェイの編集LPを持っていましたから

大抵の吹き込み曲には馴染んでいた筈ですが、先日の聞き直しで大いに興味

が再燃して、廉価な2枚組を手に入れました。すると、ずらりと並んだダンス

曲に圧倒されてしまいました。偉いね、この人は。今朝は大幅に予定を変更

してチャビー・チェッカーのダンス曲を中心にお送りしましょう。

 

M03.マッシュポテトU.S.A.(2’51”)ジェイムズ・ブラウン

-J.Brown-  ユニバーサル  UICY-9285

 

N  はい、お分かりの通りジェイムズ・ブラウン「マッシュド・ポテイトU.S.A.」でした。

この「マッシュド・ポテイト」というのは、J.B.が得意にしていた踊りのひとつです

ね。ジャガイモを薄く切ってそれを棒ですり合わせて作る、肉料理の付け合せ、

なのかな、本来の言葉の意味するところは。そのすり合わせる時の動きを足

で真似する形「らしい」。

J.B.はこの踊りがとても上手です。リズムと同調させるのではなく、ビートを感

じつつも自由にすり動かすのです。ぴったり張り付いような「チキン・スラクス」を

穿いていれば見た目にも効果的ですね。

62年に唄われた弘田三枝子の「V-A-C-A-T-I-O-N」にも出て来ます。「マッシュ

ポテトを水辺であの人と踊るの・・・」ですね。ここを子供のわたしは「マッシュ

ポテトを見つめてあの人と踊るの」と聞いてまして、先の料理を見ながら踊る

のか、きっと高価な食べ物なんだな、きっと。でもそれがロマンチックかなあ・・・

とずっと疑問を抱いていましたが、今はそれも解決しています。

ではチャビー・チェッカーの「マッシュド・ポテイト」です。

「マッシュド・ポテイト・タイム」。

 

M04.Mashed Potato Time(2’34”)Chubby Cheker

-Brainbert, Sheldon-  Not Now Music NOT2CD729

 

N  「トゥイスト」の次は「マッシュド・ポテイト」、チャビー・チェッカーでした。REOスピード・ワ

ゴンの「イン・ヨ・レター」の原曲はこれだなあ。それとは別に、これを聞いてある

歌をすぐに連想しました。これです。

 

M05.Twistin’ Postman・(2’31”)The Marvelettes

-Holland, Bateman, Stevenson-  NotNowMusic  NOT2CD729

 

N  チャビー・チェッカーの「マッシュド・ポテイト・タイム」を耳にした時、すぐにマーヴェレッツのこ

の「トゥイスティン・ポストマン」を連想したのですが、改めて聞いてみると、全然違い

ますね。こんな激しい演奏だったとは・・・何故だろう。わたしの場合によ

くある記憶違いでしょう、きっと。

さて、「トゥイスト」「マッシュド・ポテイト」と来ました。次は・・・そうすです、忘

れちゃいけないこの踊り、「ワ・ツ・シ」です。

 

M06.The Wah Watsusi (2’35”)Chubby Cheker

-Apell, Mann- Not Now Music NOT2CD729

 

N  田辺昭知とザ・スパイダーズの前線3人、堺正章、井上順、かまやつひろしの

十八番だった「ワツシ」、チャビー・チェッカーのは「ザ・ワー・ワツシ」となってました。

掌を額の上にかざして遠くを眺めるような仕草をする踊り「ワツシ」、それをモロ

に題名とした歌もありました。

ザ・ヴァイブレイションです。

「ザ・ワツシ」。

 

M07.The Watsusi(2’40”)The Vivrations 

-Hall, Temple, Johnson-   Shout / RPM  RPMDSH 278

 

M08.The Fly(2’26”)Chubby Cheker

-Madara, White- Not Now Music NOT2CD729

 

N  今度は虫が飛び交う2分26秒、チャビー・チェッカーの「ザ・フライ」、ハエの歌でした。

「両手を空中で振れ」と唄っていましたが、羽の動きを真似するのかなあ。

どんな踊りでしょうか。子供に扮したいい歳の男が「ブーン、ブーン」と走り回

る、殺虫剤のテレビ・コマーシャルにもこういう音楽を使うセンスがあればなあ。

家庭に蔓延る害虫といえば、その王様はゴキブリ。本当に憎らしい奴です。

そのゴキブリの動きを真似した踊りもあったようです。

「ザ・ローチ」、ジーンとウェンドゥーです。

 

M09.The Roach(2’33”)Gene And Wendell

-A.Willis, K.Venetoulis-  MCA  MCAD-6228

 

M10.The Bug(2’15”)Barbra Lynn

-B.Lynn-  MCA  MCAD-6228

 

N  ジーンとウェンドゥーの「ゴキブリ」に続けまして、同じく昆虫踊りで「ザ・バグ」

バーバラ・リンでした。「ムシ」、カ、ハアリ、アブ、ウンカなどは日本特有の虫でしょうか。

そういう踊りは考案されなかったようです。ドジョウスクイが近いところにありま

すか。他に蜂、これはブルーズにはよく出て来ます。多分に性的な意味合いが

強いですけれど、余り悪い存在では無いですね。コルサロフの「熊ん蜂の飛行」は

見事な素描で面白く仕上がってました。

今はムシ自体が周りにいませんし、日常生活での関係も見つけたら殺すだけ

のようになってしまっているので、閃きも貰えなくなっているのでしょうか。

さあ次は鳥類です。チャビー・チェッカーの「ダンス辞典」から、

「ザ・チキン」。チャビー・チェッカーも、江戸家猫八なみに物真似をして聞かせます。

 

M11.The Chiken(2’46”)Chubby Cheker

-Gordon, Josea-  Not Now Music NOT2CD729

 

M12.ファンキー・チキン(3’17”)ルーファス・トーマス

-R.Thomas-  Pヴァイン PVCP-8113

 

N  「ニワトリ」と言えば、この人、ルーファス・トーマスです。チャビー・チェッカーの「ニワトリ」は

1960年生まれでした。ルーファスのは69年、「ファンキー」度が高くなっています。時

代と共に鳥も忙がしくなって来たのでしょうか。この人は「犬」、この「鶏」、

そして「ペンギン」、挙げ句の果てには「ロボット」までを踊りに取り入れていま

した。擬態描写踊りの神様です。

さて、ここまではチャビー・チェッカーの2枚組ベストCDからダンス曲を抽出してお

届けしています。この人、トゥイストだけではないんですね。このように様々な踊

りが百花繚乱だった1960年前後に、殆どの舞踏様式を吹き込んでいます。し

かもその品質が非常に高い。所詮こういったダンスものはノヴェルティ扱いされる類

なのですけれど、今までお届けした各曲は決して安易な造りではありません。

チャビー 自身も、その場限りのはかないダンス曲とは言え、真剣です。まず唄が

上手だね。

さて次は「マディスン」です。わたしはこれがよく分からない。スクール・メイツが大

勢で踏んでいたボックス・ステップのようなものか、と想像していますが、果たし

て・・・。歌の中で踊り方を教えてくれていますから、聞いてみましょう。

 

M13.The Madison(2’37”)Chubby Cheker

-Crombie, Brown- Not Now Music NOT2CD729

 

M14.The Madison Time pt.1(3’07”)Ray Bryant

-E.Morrison, R.Bryant- Sony / Collectables COL-CD-9335

 

N  分かりましたか、「マディスン」。2曲目はのレイ・ブライアントの出世作「ザ・マディスン」

です。彼はゴスペル・タッチの力強い左手を特徴とするジャズ・ピアニストで、シカーゴの

チェスで吹き込んでいましたが、62年に大手コロムビアで出したのがこのダンス・ノヴ

ェルティ「ザ・マディスン」でした。確かジョン・ハモンドも制作には一枚噛んでたんでは

なかったかな。日本でもブライアントは人気が高いのですが、おジャズ・ファンたちは

この種の「低俗な」踊りの音楽をケーベツする傾向にあり、「マディスン」が話題に

なる事はほとんどありません。でも今の「ザ・マディスン」の鋭いビート感覚は、

他で得られないものです。多分シングル盤のB面抱き合わせだったのでしょう、

これには「パートII」もあります。そちらはステップ解説なしで、よりピアノがしっ

かり聞き取れます。どうぞお聞き下さい。

 

M15.The Madison Time pt.2(2’45”)Ray Bryant

-E.Morrison, R.Bryant- Sony / Collectables COL-CD-9335

 

M16.Nothing Takes Place Of You(3’20”)Toussaint McCall

-P.Robinson-  MCA MCAD-6228

 

N  踊り疲れた貴方に、トゥーセイント・マコールの「ナッシング・キャン・テイク・ザ・プレイス・オヴ・

ユー」でした。先ほど、今朝はチャビー・チェッカーの2枚組ベストCDからお届けして

いる、と申し上げましたが、もう一枚、何回も使っている盤があります。

それは映画「ヘア・スプレイ」のサウンド・トラック盤です。わたしは1回観ただけで

すが、今も強く印象に残っています。1962年の時代設定で、北米の田舎町の

子供の日常を描いたものです。主人公は、決して美人ではなく少し太めの泉

山真奈美的少女、14歳くらいかな。彼女は踊りが大好きで、毎日学校から帰

ると飛び付くようにしてテレビの踊り番組に見入っています。その番組はガラン

としたスタジオで、レコードに合わせて地元の素人少年少女が踊るという、日本だ

ったら大橋巨泉、星加ルミ子の「ビート・ポップス」みたいなゴーゴー番組です。

そこで今朝ご紹介して来た様々な踊りが次々に披露されるのです。今回も

う一度見られたら、先の「バグ」や「マディスン」の解説がもっと分かり易く出

来たかも知れません。脚本と監督はジョン・ヲーターズ。公開は1988年でした。

当然そのサントラがまたご機嫌で、収録時間が短いのを除けば文句ありません。

その最後に収められていたのが今の「ナッシング・キャン・テイク・ザ・プレイス・オヴ・

ユー」でした。映画の中では、もう使われていない地下道で唄いながらひとり

の男が去ってゆく場面だったかな。トゥーセイント・マコール自身は出演していなかった

筈です。映画「ヘア・スプレイ」、もう一度観たいですね、

さて今朝の主役、チャビー・チェッカー。彼がトゥイストだけではなく、60年代初頭のダ

ンス音楽全般を凌駕していたのは先ほどお話しした通りです。しかも、これ

からお聞き頂くように、台頭しつつあったカリブ海のリズムにもしっかり対応し

ていたのです。これは今回見つけた大事な事実でしょう。この2枚組に2曲、

その傾向の歌が入っていました。もちろんダンス曲です。

ひとつは「リムボー・ロック」、

そしてレコード・レイベルの同僚、ディー・ディー・シャープとのデューオで

「恋とは不思議なカリプソのようなもの」です。

 

M17.Limbo Rock(2’26”)Chubby Checker

-Strange, Sheldan-   Not Now Music NOT2CD729

 

M18.Love Is Strange Chalypso(2’45”)Chubby Checker

-Smith-   Not Now Music NOT2CD729

 

N  チャビー・チェッカーで「リムボー・ロック」、そして「ラーヴ・イズ・ストレインヂ・カリプソ」、こ

ちらはディー・ディー・シャープとのデューオでした。予定を大幅に変更して、2枚組

の『ザ・ヴェリ・ベスト・オヴ・チャビー・チェッカー』を軸にお送りしてまいりました、

パコ・デ・ルシアもどこかに飛んで行ってしまった今朝の「幻」。最後はやはりトゥ

イストで締めましょう。

永遠の「トゥイスト・アンド・シャウト」。

 

M19.Twist And Shout(2’33”)Chubby Checker  

-Barns, Medley-  Not Now Music  NOT2CD729

 

M20.Let’s Twist Again(2’19”)Chubby Checker

-Apell, Mann- Not Now Music NOT2CD729

 

N   「トゥイストをもう一度」を最後にひと区切りがついた筈の2020年6月20日

付け「幻」でしたが、「トゥイスト」はまだ続きます。

「レッツ・ツイスト・ナムバ・ワン」、ユーヤ・ウチダ。

 

M21.レッツ・ツイストNO.1(2’56”)内田裕也

-J.Ohkura-   ワーナー・パイオニア  K-3A

 

N  先週の「おきなサイ」に説得力溢れるご投稿を2通も貰ったのは、わたしとし

ては驚きでした。「本当ですか」と問いたいくらいです。皆さん、しっかり聞

いていたのですね。桑名晴子が唄ってグド・タイム・ロール・バンドの実演曲目にな

ってたなんて知りませんでした。ありがとうございます。

さて「大きな犀」が入っていたシングル箱から抜いた他の1枚が今の「レッツ・

ツイスト・ナムバ・ワン」だったのですよ。これは昔、見本盤で持っていて覚えてい

ました。唄えます。この歌を書いたのがジョニーちゃん、キャロルのジョニー大倉です。

グループ解散の後、ジョニーは裕也さんの周りにいましたから、その関係かな。

そもそもキャロルのデビューのキッカケとなった劇的な「リヴ・ヤング」出演時には、内田

裕也の1815ロケンロー・バンドと一緒だったそうですね。もちろんその場で裕也さ

んに誘われたそうですが、結局ミッキー・カーティスと契約を結んだので、裕也さんは

例によってひとりで激怒していたそうです。クールスのジェイムズ藤木の自伝を最近

読みまして、その中でウッちゃん、内海利勝が語っていました。両者の因縁は

ここから始まったんでしょうかね。

キャロルの後半から、ジョニーは在日朝鮮人であるという出自を公にして生きまし

た。映画「異邦人の河」に出たのもその行動のひとつでしょう。その主題歌

が今回のシングル箱に入っていました。これは聞いた事なかったなあ。

一緒に聞きましょう。ドラムズつのだひろ、ギターはウッちゃん、内海利勝です。

「いつになったら」。

 

M22.いつになったら(3’12”)ジョニー大倉

-Y.Ohkura-  フィリップス / フォノグラム FS-1836

 

N  そしてもう1枚抜いたのがこれです。

矢沢永吉、「アイ・ラヴ・ユー、オウケイ」。

 

M23.アイ・ラヴ・ユー,OK(3’35”)矢沢 永吉

-Y.Aizawa, E.Yazawa-   CBSソニー SOLB 305

 

M24.Isn’t She Lovely(3’20”)Stevie Wonder

-S.Wonder-  Motown

 

N  エーちゃん、矢沢永吉のデビュー・シングル「アイ・ラヴ・ユー、オウケイ」でした。これ

はいい出来ですね。真ん中のソロにクラリネットを持ってきたのも正解。多分エーちゃ

んはもっとロック的にして欲しかったんじゃないかと思いますが、マイク・メルボーン

の編曲、トム・マックの制作、ツボを抑えています。実はわたし海外録音だったと

いう事を今まで知りませんでした。

そして、父親から見た娘の姿を唄ったスティーヴィー・ワンダの「イズント・シー・ラヴリ

〜可愛いアイシャ」、短尺仕様でお届けしました。

 

M25.パッチズ(6’16”)ジョージ・ジョーンズ・アンド・B.B.キング

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  2020年父の日の前の日の「幻」、最後は名盤『カントリー・リズム・アンド・ブルーズ』

から「パチーズ」、B.B.キングとジョージ・ジョーンズでした。この歌はマスルショールズ・ステ

ューディオの映画「黄金のメロディ」でリック・ホールが熱く語るのを聞いて、そうか、そ

ういう歌だったのか、と気づきました。

死を前にした父親がベッドで息子に向かって告げるのです。

 

家族を頼む。しっかりやってくれ、

全てはお前の両肩にかかっているんだ、と。

 

クラーレンス・カーターで聞いたのはもう40年以上前の事。この仕様だって1994年

の発表ですから30年近く聞いている事になります。何にも分かってないね、

俺は。呆れます。

さて、今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/883041587dceced9df696debdb5a271ca72c43b0

ダウンロード・パスワードは、f7npy9pfです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

OAした作品画像一覧のダウンロードはこちらからよろしくお願いいたします。

→ https://9.gigafile.nu/0719-b59e2435836f8c9d33e09d571861812cb

    • リスター
    • 2020 6/20 11:22am

    なんか・・・懐かしいシスターのお名前が・・・(笑)

  1. ワツシdance、ありがとうございます。

    • ペタシ66
    • 2020 6/20 11:53pm

    チャビーチェッカーがこんなに豊富で楽しいとは、今週も有難うございます。
    Love Is Strange Chalypso は、ギター大タメの一瞬のリフから宮治淳一さん名盤アワーエンディング Rinky Dink が思い浮かびます。あと、Wait,Oh yes,wait a Mashed Potato 字余り、、、
    シングル盤シリーズ面白いのでまだ有りましたら宜しくお願い致します。

      • ペタシ66
      • 2020 6/21 1:49am

      Mashed Potato Time これを聴くとカーペンターズのあれの間奏のSaxは、ちょっとこれをリスペクトしてるのかなとも思います。

    • 日曜日のグリ子
    • 2020 6/21 2:14pm

    今週もツイスト満載ですね。
    茹でたそら豆とビール。
    甘く煮たザクロをのせてピザを焼く。
    赤いワインに変えると裕也さんのNo1。

    鷲巣さん澤田さん 今週もありがとう。

    • たべるトンちゃんは青唐辛子を食べてお腹壊してる。
    • 2020 6/25 5:16pm

    こんにちは!鷲巣功さん、大黒さん、いつも読みラジオ有難う御座います。
    で、danceな音楽ご機嫌です‼️が腰痛になってます。花ちゃんが腰の上に寝てたからなんです。
    踊るは全人類的に平和であるし、身体に良い。と思います。猫らも意味なく走り廻り踊るように興奮しますゆな。踊る阿保に早くなりたいですね。
    因みにボックスの踏み方を父親に習ったのは何歳だったか。

  1. トラックバックはまだありません。