【幻】モーニン・ブルーズ 2020/07/25

mb200725

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年7月25日

を始めましょう。

恐怖の新型コロナ菌感染は拡大する一方です。それに対する対策として無謀な

「ゴウ・トゥ企画」が実施されました。さあこれから世の中、特にこの国はいっ

たいどうなってしまうんでしょうか。大いに興味があるところです。

今朝は預言者ランキン・タクシーのこの1曲です。

「ただいま診断中」。

 

M01.ただいま診断中(3’34”)ランキン・タクシー

-T.Shirahama, I.Washizu- ワーナー WPC6-8504/5 予言者ランキン・タクシー

 

N  多分1996年の発表だった変則アルバム『ダンスホールから墓場まで』から「ただい

ま診断中」でした。

この歌は当時、世界中を震え上がらせていた別の感染症の拡大に閃いて作

ったのですが、どうですか、現在の新型コロナ菌感染の拡大と全く同じ状況を物

語っているでしょう。「医者が撒き散らす感染症」「こんな時に頼りになるの

か健康保険証」「早く頂戴、特効薬、厚生省」ですってさ。

福島の原発事故を予言したかの如く、鮮やかに詠まれた傑作「誰にも見え

ない、臭いもない」と同じく、素晴らしい。といってもこの歌の存在自体が

全く知られていないので、どうって事はないのかもしれませんが。

さて、徐々に私たちの生活全体を覆い始めた新型コロナ菌感染、何より奇妙な

のはまず政権、そして東京都の対応です。なぜ「二次波」と認めないのでし

ょうかね。何かワケがありそうです。増え続ける「感染者」の数、あれは2日

前の数字なんですってね。わたしも毎日昼過ぎに「今日の」と発表されるの

は不思議に思ってました。だから「今日の感染者」というのは一昨日に判明

した人数なんだそうです。加えて、総数は都庁の関係部署の人間しか知りま

得ません。2日間あれば、いくらでも操作可能です。都知事選後に数量が拡大

したのは、もうどこでも調整出来ないくらいに増えてしまったからではない

か、とわたしは見ています。

2020年初頭にこの新型コロナ菌感染が中国から発表されてしばらく、この国

では何の対策も立てませんでした。こういう細菌感染は本当に恐ろしいんだ、

という認識がソーリダイジン、トチヂには全くなかった。おかげで中国旅行者を中心

に第一次感染が拡がって行きました。あの時点で完全な処置を施していたら、

決して今のようにはならなかった筈です。にも関わらず、予定通りオリムピックを

開催しようとムキになってたなんて、全くお笑いです。そ以前に花形競技マラソン

競技は勝手に他の都市へ持って行かれてます。開催地の主体性などは無に等

しいのに。

絶対安全地帯にいるつもりの人間たちは、明らかに感覚が麻痺している。

挙句の果てに突然浮上した「ゴウ・トゥ」企画の支離滅裂な推移は誰でもご存知

でしょう。ゴリ押しで進めようとした自民党の二階俊博幹事長は一般社団法人

「全国旅行業会」の会長なんです。こんな時にも票田対策を考えている人間

なんです。殆どの媒体がこの点に触れないのも不思議です。

目に見えない恐怖というのは普通の対策では抑えられません。テッテ的な処置

が必要です。少々乱暴ですが、発生時に中国に対し正式に原因、状況の開示

を求め、強制力、罰則制度を伴う規制で病原体を封じ込めるやり方を採るべ

きだった、と考えます。もちろん限定という一定期間です。その間に医療的

な分析を全力で行えば、ワクチン他の開発も少しは進んだでしょう。休業に伴な

うあらゆる補償は、政府や地方自治体の負担です。

このような対策を採っていれば、今はもう少しマシかもしれない。「その内な

んとかなる」とダラダラした様子見を続けて来たツケは大きい。もう取り立てが

迫っているのです。支払わなくてはならないのです。何が「苦渋の決断」だ。

この国は「密」で繁栄して来た事実を知らないわけではないでしょう。それ

を牽引して来たのがあなた達なのですよ。それを棚に上げて「新しい生活様

式」などとんでもない。人間の営みは全て「密」を基本にしています。接触

のないところに快楽は存在しないのです。

中途半端な「非常事態宣言」「マスク配布」や「アラート」には全く意味がなかっ

た。わたしたちは馬鹿にされていたのです。菅カンボーチョーカンがね、「まだ病床に

は余裕があるので非常事態宣言をする段階ではない」と、定例記者会見で答

えていました。このヒトに感染を止める、封じ込める意識はないみたいですね。

それに、医療現場の人たちが、もう精神も体力も尽きかけているゲンジツをご

存知ないようです。

こうやって上手に誤魔化し続けたので、いつの間にか民は、自分たちも絶

対安全地帯にいるつもりになって自由を求め出しました。我慢にも限度があ

りますからね。それ以前にここ半世紀ほど、民の誰もは欲望を満たすのが美

徳だ、とばかりに物質的に耐える経験なく生きて来ました。一旦緩んだこの

状況は、この後に及んでしまっては今更戻せません。わたしたちは、半年前

のあの空気を吸いたい、と望んでいるだけにも関わらず、「手洗い」「マスク着用」

「他人との距離確保」を強制され、「外出の『自粛』」を強要されているので

す。それが現在政府の採っている唯一の対策なのです。

お話が長くなりました。一曲どうぞ。

明るく楽しく「カリプソ・ツイスト」、ランキン・タクシーとトロピカル・キングズです。

  

M02.カリプソ・ツイスト(4’48”)ランキン・タクシーとトロピカル・キングズ

-T.Shirahama, I.Washizu- ワーナー WPC6-8504/5

 

N  これはマイティ・スパローが原曲でしたか。「カリプソ・ツイスト」でした。90年代初頭に

ランキン・タクシーのバックを請け負っていたトロピカル・キングズの唄と演奏です。

さて、先ほどの新型コロナ菌感染対策についてもう少し。昨今「夜の歓楽街」

がしきりと悪者扱いされています。自分たちの無策を誤魔化すためでしょう

か、まるで接客業が新型コロナ菌感染の根源であるかのような言われ方です。言

われる方も多少は後ろめたい部分があるのか、あまり抵抗しませんね。合法

的な業務形態なんだから、もっと文句を言ってもいいでしょう。これこそ露

骨な弱い者虐めです。こういう体質があるんだな、行政府や東京都には。個

人の感情的に「嫌い」というのは容認出来ますが、だからと言ってまるで「夜

の町」を悪場所だと見なして権威を利用して叩くのはおかしいですね、緑の

狸さん。こういう時には得意の横文字も出て来ない。エジプト語でなんて言う

んだろう、「夜の町」とは。

 

M03.In The Night(2’23”)Prosffessor Longhair

-R.Byrd-  Atlantic 7235-2

 

M04. ザ・ナイト・タイム・イズ・ライト・タイム(3’07”) クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル

-Cadena, Herman-  ビクターVICP-62073

 

N   「イン・ザ・ナイト」プロフェッサ・ローングヘア、そして「ザ・ナイト・タイム・イズ・ライト・タ

イム」、ジョン・フォガティのクリーデンス・クリアヲータ・リヴァイヴォーでした。この歌はレイ・チャール

ズでCCRがカヴァする前にこの国でも紹介されていたそうです。その時の放題

がね、なんと「夜はお時間」だったそうです。これは素晴らしい。分かるよ

うなわからないような、聞いた人間の想像力を掻き立てくれます。一説によ

ると命名者はあの厳格な中村とうよう大先生だとか。お見事。

このように「夜」は昔から芸術芸能表現者の心を刺激する時間帯でした。

それを一概に否定しようとする風潮にも、わたしは断固反対です。まあこの

「幻」は、早朝番組ですけれどね。

 

M05.Good Rockin’ Tonight(2’43”)Wynonie Harris

-R.Brown-  Proper POPERBOX 20

 

N  「今夜町で面白い事があるって聞いたぜ」とワイノニー・ハリスが歌う「グッド・ロッ

キン・ トゥナイト」でした。何回聞いてもフェイド・アウトが不自然です。一度消えかけ

て、「あ、もうちょっと引っ張って」と指示が出たような混乱が伺えます。何

かあったのでしょうかね。

ビッグ・バンド・ジャムプ・ブルーズの雄、ワイノニー・ハリスの最高傑作とされるこの

「グッド・ロッキン・トゥナイト」、ナイル・ロジャーズやロバート・プラントのハニー・ドリッパーズがカヴ

ァしたのを聞いた時はわたしも嬉しかったですね。これを書いたのは同時代に

活躍したロイ・ブラウンというベイス奏者です。他にも沢山の楽曲を世に出していま

すが、担当楽器が当時は地味な存在だったので、あまり表立った実績は残し

ていません。けれど今の「グッド・ロッキン・トゥナイト」だけでも充分でしょう。

以前2回ほど紹介した「ホーム・オヴ・ブルーズ」というメムフィスのレイベルのコムピレイシ

ョンに彼名義の吹き込みがいくつかありました。いずれも1960年のもので、ル

ーベン・チェリーというレイベル・オウナーだった男は、全盛期を過ぎたブラウンの後見人的

な立場で、彼を支えていたようです。

ではまず、オーソドクスなリズム・アンド・ブルーズをお聞き下さい。

「ドント・ブレイク・マイ・ハート」、ロイ・ブラウンです。

 

M6.Don’t Break My Haert(2’24”)Roy Brown

-Brown, Cherry-  ウルトラ・ヴァイヴ OTLCD70174

 

N  唄っているのもロイ・ブラウン、「ドント・ブレイク・マイ・ハート」、ホーム・オヴ・ブルーズに

残した1960年の吹き込みです。ヴォーカル・グループ・スタイルでしたね。ハイトーンの声、

柔軟な節回しが特徴的でした。このレイベルでのブラウンのセッションには、トラムペットで

若き日のウイリー・ミッチェルが加わっている他、ベイスがルウィス・スタインバーグ、そしてドラ

ムズがアル・ジャクスンという初期ブカーTとエムジーズの面子だったのも興味深いとこ

ろです。

ではヴォーカリスト、ロイ・ブラウンがのたうち回る

「ア・マン・ウィズ・ザ・ブルーズ」の別録音仕様です。

 

M7.A Man With The Blues Alt. Take(3’40”)Roy Brown

-Brown, Cherry-  ウルトラ・ヴァイヴ OTLCD70174

 

N  凄まじい悶絶ぶりですね。「ア・マン・ウィズ・ザ・ブルーズ」、ロイ・ブラウンでした。

作者クレジットではレイベル・オウナーのルーベン・チェリーとの共作ですが主体はもちろんロイ・

ブラウン自身。この2曲だけでも相当に幅広い感覚を持っているのが分かります。

しかも「グッド・ロッキン・トゥナイト」と同じく、どこかしらポップなのも特徴のひと

つ。地方都市メムフィスのブルーズ愛好家の延長で音楽産業に入り込んだ好人物然と

したルーベン・チェリーがもうすこし適切なアドヴァイスをしてあげたら、大きなヒット曲

を生み出していたかもしれない、と思いました。

そんなポップさを感じさせてくれる1曲です。

「シュガー・ベイビー」。

 

M8.Sugar Baby(2’09”)Roy Brown

-Brown, Cherry-  ウルトラ・ヴァイヴ OTLCD70174

 

M9.Theme From “The Third Man” (2’25”)Chet Atkins 

-A.Karas- Jasmine / MCPS  JASMD 3726/7

 

N  ロイ・ブラウンの「シュガー・ベイビー」に続いては、 2週間前にマーティン・カーシーでお届

けした「第三の男」、今朝はチェット・アトキンズのギターでお届けしました。多分グレッ

チのテネシアンを弾いているのでしょう、トレモロ・アームの微妙な使い方が素晴らしい。

実は先日、ずっと手元にありながら観ていなかったチェット・アトキンズのDVDを、

テレビ番組があまりに面白くなかった晩に回してみました。おそらく北米のテレ

ビ出演時の映像だと思われますが、出演はチェットと彼のギターだけ。記憶に残っ

ている自分の演奏作品を採り上げて、まずは通して弾き、次にまつわる思い

出を語りながら奏法を説明するという内容。

それが自然でね。ギターの腕前は言うに及ばず、ごく当たり前のようにきれ

いに丁寧に弾いてみせる、それを「ここは難しい」なんて何回かやり直して

くれるのです。普通の愛好家からしたら、とんでもない演奏水準なんですけ

どね。話もとても優しくて、とにかく全面的に謙虚な性格が滲み出ていまし

た。2時間以上あったんですが、一気に観てしまいました。息をするのも忘れ

ていたかも知れません、あ、それはないですね。

 

M10.Country Gentleman(2’10”)Chet Atkins 

-Atkins, B.Bryant-  RCA / BMG / Buddha 74465 99672 2

 

N  「田舎紳士」、チェット・アトキンズでした。彼の1953年の録音です。まず軽快な

リズム、可愛らしく奏でられる旋律、そして何よりも甘い音色 、ジョージ・ハリスン

が憧れたのも頷けますね。

超絶的な演奏家がひしめく音楽の都ナッシュヴィルで「ミスタ・ギター」と呼ばれた訳

ですから、その腕前には疑問を挟む余地はありませんが、やはり演奏技術の

更に上の領域、音色の制御が完全に出来た男がチェット・アトキンズなのです。

 

M11.San Antonio Rose(2’29”)Chet Atkins 

-B.Wills-  Jasmine / MCPS  JASMCD 3726/7

 

N  カントリー・スウイングの御大、ボブ・ウィルス作の「サン・アントニオの薔薇」、チェット・アトキンズ

です。このDVDで各楽曲の奏法について語るチェットの口からは、何度かジェリー・

リードの名が出て来ます。わたしからするとチェットの方が遥かに格が上、なんせ

「ミスタ・ギター」と「ギター・マン」ですから、ジェリーはチェットの孫弟子のように感じ

られます。しかし謙虚なチェットは「これはジェリーが教えてくれた和音だよ」など

と、対等のギター弾きのように語るのです。ここにも大変好感を持てました。

ジェリーはナッシュヴィルでテレビ番組を持っていたようで、チェットもそこに何度か出演

していたようです。その模様を収めたCDがありますから、その中から聞い

てみましょう。

ジェリー・リードがギターで参加。女性歌手のスージー・ボーグスとのデューオで、チェット・

アトキンズが唄います。

「ミドナイト」。

 

M12.Midnight(2’57”)Chet Atkins, Jerry Reed And Suzy Bogguss 

-C,Atkins,B.Bryant-  CTS 55565

 

N  「ミドナイト」、レイ・チャールズも唄っていますが、作者のチェット・アトキンズでお送りし

ました。先のDVDでも解説をしながらチェットはしきりに唄います。口ずさむと

いった感じで、決して正規のヴォーカルではありませんが、こういう部分が彼の

爪弾く旋律に反映しているのがよく分かります。やはり歌心なんですね。

彼はギターを始めた当初ジャズに興味があったそうです。その他領域にこだわ

らず幅広く音楽を聞いて来たのは、ソロ作品のリパトゥワを見れば理解出来ます。

後年カントリー界の大御所に君臨した後で1975年に残したアルバムに『チェスター・アンド・

レスター』というのがありまして、主にジャズの領域で活躍した白人ギタリストのレス・

ポールと共演しています。これは名人の顔合わせというだけでなく素晴らしい

内容の1枚で、今は沢山の追加トラック付きのCDで聞く事が出来ます。片やグレ

ッチのチェット・アトキンズ・モデル、もう一方はギブスンのレス・ポール・モデル、共に自らの

名前を冠したギター2台の競演でもあります。

ではそこから、「ラヴァ、カムバック・トゥ・ミー」。

 

M14.Lover Come Back To Me(2’45”)Chet Atkins & Les Paul

-S.Romberg, O.Hammerstein II-  82876 76379 2

 

N  「ラヴァ、カムバック・トゥ・ミー」、チェット・アトキンズとレス・ポールでした。この時チェットは

51歳。なんと素敵な姿でしょう。

先ほど、若きジョージ・ハリスンはチェットに憧れていた、とお話ししましたが、そ

の20年ほど後に出て来たダイア・ストレイツのマーク・ノプラーも同じようにチェット信奉者

のひとりで、1990年にはふたりでアルバム作っています。そこからも聞いてみ

ましょう。

「スウィート・ドリームズ」、ピアノを弾いているのは、フロイド・クレイマーです。

 

M15.Sweet Dreams(3’24”)Chet Atkins & Mark Knopfler

-D.Gibson-  Sonny CK 45307

 

M16.Yellow Bird(1’57”)Chet Atkins 

-N.Luboff, M.Bergman, A.Bergman-  JASMCD 3726/7

 

N  マーク・ノプラーとのアルバム『ネック・アンド・ネック』から「スウィート・ドリームズ」でした。

漂うような音像の中で、寛いで集中したふたりの演奏、口数の少ない会話の

ようでしたね。所々で顔を出すフロイド・クレイマーのピアノも効果的でした。その次

は「イエロー・バード」1962年のシングル曲です。

さて、チェット・アトキンズを思いつくままに紹介して来た今朝の最後は、この美

しいソロ・ギターで取り敢えず幕と致しましょう。

「ミスタ・サンドマン」。

 

M17.Mr. Sandman(2’19”)Chet Atkins, Jerry Reed & Suzy Bo

-P.Ballard-  74321 754082

 

M18.遠く天井桟敷から(4’15”)タモリ

-K.Inoue-  ソニー SRCL 2598

 

M19.戦争は知らない(2’54”)本田路津子

-S.Terayama, H.Katoh-

 

N  チェット・アトキンズに続けましたのは、『寺山修司トリビュート 失われたボールを求めて』

に収録された「遠く天井桟敷から」、タモリでした。お聞きの通りの作品です。

そこに乱入したのは寺山修司作詞の「戦争は知らない」、こちらは 2枚組『寺

山修司 作詞+作詞集』から桜美林大学の本田路津子が唄いました。この歌は

関西の加藤ヒロシという人の作曲で、わたしはてっきり彼の所属していたリンド・

アンド・リンダーズが初出だと信じ込んでいました。しかし彼らにこの吹き込みは

ありませんで、フォーク・クルセダーズがオリヂナルになるんだそうです。加藤ヒロシはリンド・

アンド・リンダーズの創立メムバでしたが、早々にグループを離れ実業家的に生きてい

らしいんです。博打が好きで競馬場で寺山修司に偶然出会い、その場でこの

歌の曲付けを頼まれたと言いますが、本当でしょうか。とにかく出来上がっ

た「戦争は知らない」はリンダーズではなく、フォークルが吹き込む事になったよう

です。知らなかったなあ。

さて、次はあっと驚くお話しです。

その前に「バド・ヲーマン」、スピード・グルー & シンキです。オルガンをワイルド・ワンズ

の5人目のメムバだった、チャピーこと渡辺茂樹が弾いています。

 

M20.Bad Woman(4’35”)スピード・グルー & シンキ  

-M.Hanopol-   ワーナー・パイオニア MHD-25008

 

N  「バド・ヲーマン」、スピード・グルー & シンキでした。この演奏集団は、パワーハウスの

陳信輝がギター、ザ・ゴールデン・カップスの加部正義のベイス、そしてフィリピン国籍の

ジョーイ・スミスがドラムとヴォーカルの三人組ハード・ロック・トリオで、1971年に結成されて

います。LP『前夜』とシングル「ミスタ・ヲーキング・ドラッグストア・マン」で世に出まして、

今の「バド・ヲーマン」は2作目のアルバム収録曲でした。この2枚目はなんと無謀

な2枚組。たぶんアルバムの概念も何もなく結果的に2枚になってしまったので

はないでしょうか。制作担当の折田育造は、相当に振り回された筈です。楽

曲、演奏、その他ジャケットやクレジットなどのセンスが完全に「洋楽」でね、とにかく

カッコ良かったですよ。そもそも唄が完全な英語だしね。ただその頃の日本では

レコードだって売れず、出る場所もなかったでしょうから、それほどの実演もし

てなかった筈です。わたしは「この3人の生を観た」と言う人を知らない。

しっかりしたマネジメントもなくメムバも気まぐれで、自然消滅の形で終焉を迎え

ました。3人共まだ生きているようですが。

彼らのLP第1作は『前夜』と名付けられて、こちらも見事な美術装丁の「洋

楽」でした。カップスよりも全然ロックでしたね。そのオリヂナル盤を近所の中古レコード

店で見つけました。ジャケットを見て「ああ、これだったな」と思い出したんで

すが、そのお値段がなんと\270,000.-。27万円なんです。人差し指で零を数

えて、間違いがない事を確認しました。確かに珍らしいですけれど、この値

段で買う人がいるのかなあ。翌々日再び価格を確認しに行ったほどです。同

じでした。隣にあったのはブルースクリエイションの1枚目で、こちらは\210,000.-、21

万円。かつて静岡ロックンロール組合の『永久保存盤』を10万円で買って行った人

がいるらしいけれど、そんな価値はないですよ。言ってくれたらわたしの私

物を\99,000.-で分けて差し上げたのに。

それはともかく、スピード・グルー & シンキ第1作『前夜』は、今下北沢のディス

クユニオンにて\270,000.-で、ただいま販売中です。

 

M21.朝の雨(3’05”)ピーター、ポール & マリー

-G.Lightfoot-  WPCR-14347

 

M22.キャント・リフューズ(3’05”)J・ラモッタ・すずめ

-J.Lamotta-  Pヴァイン – PCD-24952

 

N  恐怖の高額中古盤のお話の後は「朝の雨」、ピーター、ポール・アンド・マリーでした。

「アサノアメ」じゃなくて「アシタノアメ」ですよ。カナダ人ゴードン・ライトフド作のこの歌が

何故か朝から気になっていた一日がありました。あなたも経験あるでしょ、

ずっと同じ歌が頭の中で鳴り続けている事。その日知人との約束で某音楽バー

に出向いたらば、なんとこの歌が流れたのです。流行ってる訳はないし、そ

れ程有名でもないこの「アシタノアメ」がです。何か霊感を感じた次第。以上。

その次はJ・ラモッタ・すずめの「キャント・リフューズ」、今月発売の新譜です。「すず

め」とひらがなで芸名に付けてくれている彼女、気になっています。

さて次はヌー・ヨークのキング・ソロモン・ヒクスと言うまだ若いギターを弾いて唄う男で

す。コトン・クラブにハコで入っていたらしいのですが、なかなかによろしい。気に

入りました。まずは器楽曲で「ラーヴ・イズ・アライヴ」。

 

M23.Love Is Alive(3’24”)King Solomon Hicks

-G.wright-  Provogue PRD 7561 2

 

N  この手の超オールドスクールR&Bを手がける若手は今や圧倒的に少数で、変わり

者として扱われているかも知れません。ただこのキング・ソロモンは変な力みもな

くごく当たり前のように超オールドスクールR&Bを聞かせてくれます。来週の生で

も聞いてもらおうかな。

ではこのデビュー作の目玉トラックです。

「アイ・ラーヴ・ユー・モー・ザン・ユール・エヴァ・ノウ」、

ブラド、スウェト・アンド・ティアーズのあの歌ですよ。

 

M24.I Love You More Than You’ll Ever Know(3’54”)King Solomon Hicks

-A.Kooper-  Provogue  PRD 7561 2

 

M25.We Go A Long Way Back(5’33”)Blood Stone

-C.Love-  R2 72753

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  さて最後はブラド・ストーンの「ウイ・ゴウ・ア・ロング・ウェイ・バック」、知らない間に

ライノ編集のベスト盤が出ていまして、それに入っていた、わたしにとっての名曲

です。わたしが買った黒人ヴォーカル・グループの最後の新譜にもなりますかね。

先週は、「ゲット・オフ」を知っている人が首都圏の9人の中にいて、わたしも

あっと驚きました。嬉しかったですね。どうもありがとう。

使用音楽素材写真図版表示はなんとか元に戻します。ただ毎回、全てが並

んでいるわけではなくて順番も違っていますので、どうぞご注意下さい。今

朝のもそうです。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/890ab396add0acfbabc19ad7b0657d24dd8a9b49

使用音楽素材写真図版は、

https://firestorage.jp/download/503eee79046b83511208897524776d7234dd0e74

 ともにダウンロード・パスワードは、x9szhn8uです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

さて、来週は生放送、ご期待下さい。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

7月31日の生放送の告知画像はコチラです。。

→ https://15.gigafile.nu/0809-c9f3f033d341944a80f032ccbd3c8dadd

    • フェスロンゲ
    • 2020 7/25 2:58pm

    King Solomon Hicksいいですね。
    31日の生放送も楽しみです。

    • タクシードライバー45979
    • 2020 7/25 5:13pm

    いつも、いつも感謝です。チェット・アトキンス私が若い頃はジャズの人だと思っていた、レス・ポール、ジョー・パス、ケニー・バレル等々そうだ、ウェス・モンゴメリーもかな等とほざいていたら友人曰く「ジャズギターと言ったらチャーリー・クリスチャンだろうが」と言われたこと思い出しました。[笑]
    ラスト3曲ボーカル良かったです。すずめ気になります。来週楽しみに体調を整えておきます。

    • タクシードライバー45979
    • 2020 7/25 5:21pm

    P.S> 足の親指かなぁ❓

    • ペタシ66
    • 2020 7/25 10:48pm

    Roy Brown 3曲、Home of the Blues なんてレーベルも、ウルトラ・ヴァイヴ社ソリッドレコードも遅ればせながら初めて知りました、有難うございます。
    Bad Woman やはり初めて聴きましたが今聴くとやっぱ、Mountain の Mississippi Queen とか聴いてたのかな?などと思えて感慨深いです。生放送楽しみにしてます。

    • 日曜日のグリ子
    • 2020 7/26 7:27pm

    近所のピザ屋さんが2周年でワインのセールやってました。
    白を一本買ったらお惣菜無料のサービスでポテサラを。
    タコとトマトとタマネギと紫蘇をマリネにしてワインでいただきます。

    鷲巣さん澤田さん 今週もありがとう。

    •  ムジ鳥 a.k.a. AMトレイン
    • 2020 7/27 2:50pm

     DJが「現(ウツツ)」の『燃えつきる – キャロル・ラスト・ライヴ!! 1975.4.13.』特集の時の前座で「16」の付く曲小特集の中で、

    「この頃の弘田三枝子はほとんどカヴァーソングが多かったんですけれども、私が感じるところでは、カヴァーのオリジナルより絶対にいいですね、こっちの方がね。今の歌もすごいパンチがあったでしょう。これは勉強したものではないような気がします。何を歌っても、「ヴァケーション」なんか、絶対、弘田三枝子の方がいい。漣健児の訳詞もすばらしいし、これは宝ですね、きっと、この国のポピュラーミュージックの。「すてきな16才」弘田三枝子でした。」

    と紹介してくれた MICO(ミコ)が急に逝ってしまいました。

    弘田三枝子さんが死去 73歳 「ヴァケーション」「悲しきハート」など/芸能/デイリースポーツ online https://www.daily.co.jp/gossip/2020/07/27/0013547695.shtml @Daily_Onlineより

    8月1日のアサーッ にミコの冥福を祈って鷲巣流の追悼特集をお願いします(涙・涙・涙)

      • ワツシイサヲ
      • 2020 7/27 3:48pm

      臨時ヌーズ、有難うございます。確認いたしました。

      • リス子の家
      • 2020 7/27 7:40pm

      カヴァもいいけどやっぱり人形の家もね(涙)

      • フェスロンゲ
      • 2020 7/27 8:46pm

      家は3人兄弟なんですが
      子供の頃レコードプレーヤーが我が家に初めて来た時
      それぞれに買ってもらった(聞いた)レコードが以下3枚のはじレコです。

      夜と朝の間に/ピーター
      人形の家/弘田三枝子
      黒猫のタンゴ/皆川おさむ

    • 類似穴
    • 2020 7/28 2:49pm

    数日前セレブな区でお国の10万円とは別に十数万円給付するとのニューズを見た記憶があるのですが、

     7/28(火) 0:01配信
    東京都足立区は27日、同区竹の塚のフィリピンパブ「サウンド・ステージ・ゲスト」で従業員や利用客ら計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。区はクラスター(感染集団)が発生したとしている。
    発表によると、感染したのは30~50歳代の女性従業員6人と80歳代の男性客1人。

    を見て正直笑ってしまいました。健全に不健全。80歳代の男性は足立区のHPで確認すると発熱(お熱)だけのようです。私は個人的にこの男性にフェニックス(フィーニックス)をあだ名をつけて応援しています。
    ワタクシ、ファンキーなジジイにちょっと憧れが出てくるお年頃のようです。

    幻リクエストは 恋はフェニックス。月末月初の現リクエストは採用されるか否か生で楽しむつもりです。
    コロナを甘くは見ていません。実際感染力は強いのか??
    https://www.covid19-yamanaka.com/ 

    • 日曜日のグリ子
    • 2020 8/2 2:42pm

    番組最後にリクエストに応えていただきました。
    ホセ・アントニオ・メンデスでなんと2曲も。
    フィーリンが中野あたりの焼鳥屋さんでかかってたらイイですね。

    花山椒と八角と唐辛子を燻して乳鉢ですりつぶす。
    今日は麻婆豆腐とレモン酎ハイ。

    聴かなかったもう一曲が幻で聴けるかな?

    中央FMの皆様本当にありがとうございました。

    • フェスロンゲ
    • 2020 8/2 5:33pm

    中央エフエムの生放送本当に楽しく聴かせていただきました。

    澤田さま
    エンリコモリコーネ愛ヒシヒシと感じています。
    ボウイのジギースターダストが深夜にラジオからかかるのは最高でした。

    鷲須さま
    番組冒頭でメンフィスソウルステュー。
    今度はライブで。

    今度は皆様と顔を合わせてお酒でも。
    チャオ!

  1. トラックバックはまだありません。