【幻】モーニン・ブルーズ 2020/10/24

mb201024

 

前TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年10月24日

を始めましょう。

先週は「生現」でお送り致しました。限られた人たちから熱狂的なお便り

を何度も沢山いただきまして、誠に有難うございます。やっぱり生の反応か

らは大きな刺激を貰えますね。その分、宿題もたくさん出ました。モーニン・ブル

ーズ流儀の筒美京平作品集がやはり人気だったようで、当日お届けできなかっ

た名作がいくつも残っています。今朝はまずこれから。

「くれないホテル」、西田佐知子です。

 

M01.くれないホテル(3’20”)西田佐知子

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ユニバーサル UICZ-6041

 

N  西田佐知子「くれないホテル」でした。ワルツですね。いい感じ出ています。この

歌には放送前にオーサム・ビーツの方へリクエストをいただいておりまして、そちらでお

送りするつもりでしたが、あちこち寄り道をしたために時間がなくなってモーニ

ン・ブルーズに降りてきたものの、こちらも時間切れで今朝のお届けになりまし

た。確か本番中にもリクエストが来たな、これには。よくご存知ですね、皆さん。

筒美京平と聞きますと、明るい派手な躍動感が連想されますが、こういう

のも上手に作ってますね。西田佐知子は何よりもまず声、そして唄い方。随

所に「あきらめ」が漂う投げやりな感傷が聞く者の胸に迫ります。今の歌謡

曲界では、このような夜の飲食街のドギツいネオンの陰の裏通りをひとりで歩い

ているような個性は淘汰åされてしまっていて、「どう、わたしの歌唱力」と

ばかりに誰も抵抗出来ない前向きな主張を強要するか、全く唄はダメですが

カマトトを装って「わたしとても切ない」と嘘泣きするムスメモドキしかいないのが現

状で、ちょっと残念だなあ。

次は千葉県市川市の式場病院理事長の妻、欧陽菲菲です。この歌はすぐ分

かりませんでしたが、唄い出しで思い出しました。ギロガエルさんからの当

日リクエストで、「恋の十字路」。

 

M02.恋の十字路(2’54”)欧陽菲菲

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

M03.渚のうわさ(3’09”)弘田三枝子

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

N  弘田三枝子の「涙のドライヴ」にも当日ご希望を頂きました。筒美京平は

彼女に何曲か書き降ろしていまして、リクエストにはこれを「絶対にかけないと駄

目」とありましたが、該当曲が手元にありません。こちらの「渚のうわさ」

でお許し下さい。「『魅せられて』の完成までに生まれた数々のヒット曲の柱」

ともあります。興味が湧いて来ますね。お便りを下さったのは、「雪園ギョーザ

丸」。この名前からは、ある人間を特定出来ました。あいつだ。元気かな。こ

の「渚のうわさ」は橋本淳のことばが本当にいいね。

他の方からは、小川みきの「燃える渚」というリクエストも頂いております。既

に当日のツイターでバラされてもいましたが、その日京橋のステューディオに持ち込んだ

のは、1997年に組まれた『筒美京平:HITSTORY』という作曲家活動30周

年記念の4枚組2作。LP版の特別限定盤です。当時わたしは発売直後に即、

待ってましたとばかりに入手しました。ここで「現」の役に立つとは思わな

かったですね。大抵のヒット曲は網羅していますが、このように「通」の人たち

のお好みには、及ばない部分もあるようです。

 

M04.純潔(3’02”)南 沙織

-M.Aria, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

N  さて、キョーヘー元ネタ探しの最右翼に挙げられる南沙織「純潔」です。ほとんど

の人たちはベルファストのカウボーイを思い浮かべたでしょう。ベルファスト・カウボーイ関連

では浅川マキでも似たような事件がありました。オーサムが指摘してました。

デビュー曲の「17歳」は「ローズ・ガードゥン」だったし、南沙織からは流用の閃

きが降り注ぐのでしょうか。今朝の「幻」ではここまでにしときます。別に

無期限対外試合禁止のような厳罰を望んでいるのではありませんし。

次も「おんなじじゃないか」とあちこちから声が上がった疑惑の1曲です。

が、発売年月日を調べると、キョーヘーの方が先なんです。以前「生現」でもお話

しましたね。

では濡れ衣疑惑曲、「さらば恋人」、堺正章です。

 

M05.さらば恋人(3’19”)堺 正章

-O.Kitayama, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

M06.お世話になりました(2’47”)井上 順

-M.Yamagami, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

N  堺 正章「さらば恋人」、そして「お世話になりました」、井上 順ともに

グループ・サウンズの王様、ザ・スパイダーズのリード・ヴォーカリストのソロ作品でした。奇

しくも朝に町を出て行く歌です。ブルーズみたいですね、状況が違いますが。

1967年から日本列島を襲ったGS狂想曲では新しい作詞作曲者が世に出ま

した。筒美京平もこの時期に台頭して来たひとりです。確かすぎやまこうい

ちのトラで仕事を始めたのがきっかけではなかったかな。作詞橋本淳、作曲す

ぎやまこういちというのがGSヒット曲のお約束だったのですが、作曲が筒美京

平に変わった訳ですね。

 

M07.星空の二人(2’51”)ザ・ジャガーズ

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

M08.マドモアゼル・ブルース(2’55”)ザ・ジャガーズ

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

N  最もGSらしいGS、ザ・ジャガーズの「星空の二人」、「マドモアゼル・ブルース」

でした。ジャガーズは「君に会いたい」で成功した後、全面的に先の黄金コムビ

の作品に切り替えて、ヒット番付の常連になりました。本来はロカビリー時代の古い

体質を持っていた演奏集団なんですが見事にGS時代に開花したのは、岡本

信、沖津ひさゆきという軟硬両方の美形が前面を固めていたのと、頗る絶好

調だった橋本筒美の作品が冴え渡っていたのが大きな理由でしょう。これら

の楽曲でジャガーズは価値混沌時代を存分に踊ったのです。

もうひとつ橋本筒美の黄金コムビ作品で鮮やかに踊ったグループがいます。そ

れは失神オックス。彼らもGSという倒錯世界の中で輝いた存在です。そして橋本

筒美作品とは切り離せない存在でした。

「ダンシング・セブンティーン」、そして「スワンの涙」続けてどうぞ。

ハイ、嬌声どうぞ。「きゃーっ」。

 

M09.ダンシング・セブンティーン(2’10”)オックス

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

M10.スワンの涙(2’49”)オックス

-J.Hashimoto, K.Tsutsumi-  ソニーSRCL 4071/4

 

N  「ダンシング・セヴェンティーン」、サイコーですね、この歌。特に間奏の旋律が素晴らし

い。その頃のポップR&Bのどこかに絶対そっくりな物があるはずですが、わ

たしはまだ出会っていません。

 

M11.Can You Feel The Force(7’41”)Real Thing  リアル・シング

-C.Amoo,A.Amoo-  Sequel Records NEM CD 627

 

N  先週「レッツ・ゴウ・ディスコー」という軽薄極まりない1曲をお送りしたリール・シン

グ、もう少し多角的にこのイギリスの有色ダンス・バンドを分析しなきゃ、と考え

ていましたところ、別のコムピ盤で名前を見つけました。それは『ダメだよ、そ

れ70年代のじゃん Oh No! It’s The Seventies』というイギリスのヒット曲集で、

なんと冒頭が「ホホホ、ホー」のカール・ダグラス「吠えろドラゴン、クンフー・ファイティング」

です。

しかも1979年のヒット曲、今の「Can You Feel The Force」と、もう一曲、’76

年の「You To Me Are Everything」が入っていまして、わたしが知らない人

気グループのリール・シングが居ました。2枚組ベスト盤、聞き直します。「生現」で触

れた「レッツゴー・ディスコ—」作者のビドゥーは、76年当時「ビドゥー・オーケストラ」とい

う演奏家集団を組織していまして、このグループとなんらかの関係があると思

われます。蛇足ながら、夏目雅子が砂浜を走るコマーシャルで知られるティナ・チャールズ

の「Oh! クッキーフェイス」もビドゥー作でした。当時のシングル盤にはニック岡井先生監修

の踊りの解説も付いてます。

さて、その『ダメだよ、それ70年代のじゃん Oh No! It’s The Seventies』

には、なんと既に誰からも忘れられているに決まっている、このダンス曲も入

っていました。

「ディスコでグーッ」。

 

M12.7-6-5-4-3-2-1(Blow Your Whistle)(3’30”)Rimshots

-A.Cook, R.Greenaway-  Sequel Records NEM CD 627

 

N  「シチ、ロク、ゴウ、シ、サン、ニイ、イチ、警笛をならせ」リムショッツでした。確か邦題が

「ディスコでグーッ」、演奏集団も「何とかグレイト・エムパイア」とか言ってたんじゃな

かったかな。「ディスコの名前みたいだ」と思った覚えがあります。でも皆さん

は誰も知らないでしょ。人間が弾き続けるクラヴィネットが途中で疲れて来るのが

分かったりして、いま聞いたら別にどうって事なかったですけども、当時こ

のシングルは響き方が違いました。この曲が鳴り出すとディスコの踊り場の床が波

打つように感じられるのです。ボックス席に座っていた人たちもみんな飛び出し

て来て踊り出す。チョーモリアガリです。これとKCの「ゲット・ダウン、トゥナイト」かな、

鮮烈な印象のまま、映像も心に残っているのは。当時のディスコは明らかに異空

間でした。

さて今回の「現」には限られた方々からの熱烈なお便り、どうも有難うご

ざいます。やはりその場で受け取ると、説得力があります。前半のオーサム・ビー

ツで出た「キッスがクラシック・ロックだ」という意見が妙に印象に残りました。考えて、

みればその通りでしょう、今は2020年なんです。

そこからの連想で「部屋に貼ってあるキッスのポスターを見て父親が『世も末だ』

と嘆いた」という大昔の「生現」時代の投稿が蘇りましてお話ししたところ、

横浜のマキコさんから、「それは私です」と即座にお返事を頂きました。嬉しか

ったですね。有難うございます。この余話はずっとわたしの記憶にありまし

て、以来キッスの写真を見る度に「世も末」か、という概念が浮かんで来ていた

のです。

では「世も末」なキッスに最大限の敬意を払いまして、

「ハード・ラック・ヲーマン〜幸薄い女、改め哀しい女やね」です。

接吻大魔王でお聞き下さい。

 

M13.哀しい女やね(3’25”)接吻大魔王

-P.Stanley, I.Washizu-  イースト・ウエストAMCM-4257

 

M14.The Revolution Will Not Be Televised(3’03”)Gill Scott-Heron

-G.Scott-Heron-  Kent CDKENT 270

 

N   先週の「生現」でオーティス・レディングの「ア・チェインヂ・イズ・ゴナ・カーム」を紹介

したケントからのコムピ盤『チェインヂ・イズ・ゴナ・カーム』から、ギル・スコットヘロンの「変

革はテレヴィじゃ分からない」でした。久しぶりだなあ、これ聞くの。この『チェ

インヂ・イズ・ゴナ・カーム』は各収録曲の妙以上にジャケットで使われている写真が素

晴らしい。軍隊の警備の中を行進する黒人のデモ隊です。銃剣付きの機関銃を

構えて並んだり、戦車から威嚇したり、軍隊の警備は明らかに過剰です。デモ

隊はプラカードを掲げているだけでして何の武器も持っていないのに、です。警

備の兵士は皆白人でデモ参加者を無表情に睨みつけています。これは今も現実

なんでしょう。

ではコムピ盤『チェインヂ・イズ・ゴナ・カーム』の最後に収められている、

「若く、才能に恵まれ、黒人で」、ニーナ・シモンです。

 

M15.Young, Gifted, And Black(2’47”)Nina simone

-N.Simone-  Kent CDKENT 270

 

M16.We Shall Over Come(3’25”)Toots & The Maytaks

-trd-  Trojan / BMG   TJDCD 554

 

N  「ヤング、ギフテド、アンド・ブラック」ニーナ・シモン、そしてトゥーツとメイタルズで「勝利を

我らに」でした。

先週の「生現」では ソフィアン・パマート(Sofiane Pamart)というピアニストを澤田

修から紹介されまして、想像力を掻き立てられました。「奈良」とか「桜」

という題名の楽曲にも興味があります。そもそもわたしはピアノという楽器と

運命的なつながりを感じていますので、余計にピアノ弾きには興味があります。

「生現」が終わり家に帰ってから、以前「幻」でもご紹介したナンサッチの『アイ/ス

ティル/プレイ』というピアノ・アルバムを聞き直しました。そこから2曲、静かなピアノ

曲をお聞き下さい。

ティモ・アンドレス作の「ワイズ・ワーズ」、演奏はジェレミー・アダムズ。

そして作者ランディ・ヌーマンが弾く「リセショノー」です。

 

M17.Wise Words(2’51”)Jeremy Denk

-T.Andes-  Nonesuch / Warner  075597920864

 

M18.Recessionat(0’59”)Randy Newman

-R.Newman-  Nonesuch / Warner  075597920864

 

N  さて先週はペタシ66さんのご希望に添えなかったナット・キング・コール・トリオの演

奏でした。今週は1038年から1941年までのナッキン・トリオの演奏をほぼ完全に

集めた4枚組『ザ・コムプリートリイ・トランスクリプションズ』からお届けしましょう。

まずいかにもナッキン・トリオらしいコーラス・ワークが聞ける「タ・ベ・ア」。

 

M19.Ta-Be-Ah(2’34”)Nat King Cale Trio 

-unknown-  Vintage Jazz Classics VJC-1026

 

N  微妙にずれたピッチのユニゾーンと言いましょうか、ナッキン・トリオのヴォーカル・ワークは特

筆に値します。溢れるほどの知性とユーモアで庶民の日常を唄った、そんな印象

をずっと持っていました。こういう黒人社会のウィットを、ナッキン・トリオは最も強

く持っていたように思われます。ただ3人共、音楽の知識や演奏技術は超一

流で、それを何気なくフツーに無尽蔵に出して来るところが凄いところ。

次のスタンダード曲でもその含蓄の深さを窺い知る事が出来ます。

 

M20.Sweet Lorraine(3’21”)Nat King Cale Trio

-C. Burwell, M.Parrish-  Vintage Jazz Classics VJC-1026

 

N  「スウィート・ロレイン」でした。わたしはオーティス・レディングでこの歌を知ったので、

いわゆる「正調」を聞いた時にはかなり戸惑いました。キング・コールはスタンダード

の持ち味を実に上手に自分たち流に料理していましたね。

さて先ほどもお話ししました通り、この CD4枚組は1938年から41年ま

でのナッキン・トリオの演奏を集めたものです。1930年代末といえば、ブーギー・ウーギ

ー・ピアノの嵐が吹き荒れた後です。キング・コールもその前は安酒場のピアノでブーギ

ー・ウーギー・ビートを打ち鳴らしていたのでしょう。そんな経歴が分かる、器楽

曲です。

「ウィンディ・シティ・ブーギー・ウーギー」。

 

M21.Windy City Boogie Woogie(2’21”)Nat King Cale Trio

-unknown-  Vintage Jazz Classics VJC-1026

 

M22.ふなまち唄(4’57”)やのとあがつま

-trd.- ビクター VICL-65280

 

N  先週の生放送のステューディオでは、ソフィアン・パマートの後ピアノの音の話になりまし

た。ソフィアンの録音された音色はいわゆるオーディオ的にいい音ではありませんで

して、かなり加工されていて、恐らくは狙っているところがあると思われま

す。その話の時に矢野顕子の最新盤のピアノの音が良かった、という意見が出

まして、これにはわたしも納得しました。このアルバムは全てスタインウェイのピアノで

すね。調律もスタインウェイの人間がやってました。その盤から「ふなまち唄」、や

のとあがつまでした。

思い出した話があります。先週のスリー・ディグリーズピアノの「にがい涙」は詞

曲を日本人が書いて日本で録音制作されました。いくら本番フィラデルフィアの唄い

手とは言え、知らない歌ですから吹き込み本番前には、楽曲のデモ・テープを聞

い て日本語のことばや旋律を覚えるわけです。その仮歌を唄ったのが矢野

顕子でね。その時ディグリーたちは「何で子供が唄ってるんだ」と、訝しがった

そうです。以上。 ラッセー、ラッセー、ラッセーラ。

さて、別の話題です。グラディス・ナイトとピップスはソウル音楽の混声合唱団として

超一流ですが、女王グラディスがあまりに偉大なので、男3人のピップスはその他

大勢的に扱われたキライが多々あります。ほとんどの楽曲がグラディスのソロ作品の

ようでしたし。ところが今回出る1961-65年の間のベスト盤には、ピップスだけ

の吹き込みが入っています。興味深かったのは、楽曲の造りが古いドゥー・ワップ

なのですが、唄い方やハーモニーなどがこの時代すでにそこから抜けだして、ソウル・

ヴォーカル・グループのスタイルを試みてる事で、同時期の大御所テムプテイションズと同等、

いや洗練度はピップスの方が上かもしれません。

聞いてみて下さい、ザ・ピップスで「ダーリン」です。

 

M23.Darlig(2’44”)The Pips

-unknown-  BSMF-7616

 

M24.Other Side Of The Pillow(4’50”)Maceo Parker

-P.R.Nelson-  The Funk Garage TFG67092   33 1/3だって。

 

N  最後の1曲はメイシオ・パーカーの最新作から「アザー・サイド・オヴ・ザ・ピロウ」でし

た。これプリンスの作品なんですね。メイシオで聞いたときは古いジャズR&Bだと思

ってました。メイシオもメイシオですが流石プリンス、脱帽でございます。

さて、今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/b133b3b975777eb04259598e22eb4efcb9d80945

ダウンロード・パスワードは、825b5g49です。

使用音楽素材の写真図絵は

https://firestorage.jp/download/6ceee6a46319ff043f3ea72e1fab19eb1b62730c

ダウンロード・パスワードは、同じく825b5g49です。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

 

 

    • 山奥の臆病なキス(わかる人にはわかる)
    • 2020 10/24 6:51am

    【生】『幻』お疲れ様でした!!

    やはり【生】はいいな。
    月イチくらいにあるともっといいな。

    • カワサキのロケンローラーハギリョウ
    • 2020 10/24 8:34pm

    〝人間クラヴィネット〝、を邦楽で初めて意識したのは、つのだ⭐︎ひろ作品、清水健太郎の唄う(失恋レストラン)です。〝まだ恋した事もない〝、男がレストランに居座り、〝詰め込むメシを食べさせ〝られ、時にはお節介にも〝ねえマスター。作ってやってよ〝なんて口出しするという何とも不思議な内容の歌詞をクラヴィネットのファンキーなサウンドと共に当時僕まだ12歳でしたが〝ねえマスター〝の部分を〝ブレーンバスター〝って空耳して覚えた記憶があります。最近になってこの曲でドラムを叩いていたのが作者のつのだ⭐︎ひろではなく高橋幸宏だったと知りました。

    • オーサムロックで
    • 2020 10/24 11:22pm

    くれないホテルはオーサムも番組でかけてくれました( ´ ▽ ` )ノ
    ふふふ

      • 毎度リスです
      • 2020 10/24 11:24pm

      そして、大家さん、
      『サ・ノ・モ・ト・ハ・ル!!』
      ありがとうございました~~~ヽ(*´∀`)ノ•*¨*•.¸¸♬︎

    • 日曜日のグリコ
    • 2020 10/25 5:52pm

    フランスの赤いワインと生ハムとアボガド。
    いとこが堺正章のファンでよく聴いてました。
    スパイダースってとても上品なバンドだと思います。

    • ペタシ66
    • 2020 10/25 10:37pm

    今週も更新有難うございます。
    インターで毎日やってた頃も、ナッキン・トリオをまとめて聴かせてもらい、ちょうど探していた Call The Police が掛かって、さすが鷲巣さんと思ったものでした。

    • 少し食べられるようになったトンちゃん
    • 2020 10/26 3:33pm

    鷲巣さん、大黒氏、現ラジオ、中央fmから有難う御座いました‼️
    流石に途中、気を失ってしまいましたが激烈に楽しみました。
    読みラジオも毎週有り難う御座います。^_^
    今週の最後の方のピアノ曲の一曲目懐かしい感じがしました。ソプラノをのせた曲のような朧げな記憶。

    • フェス ロンゲ
    • 2020 10/30 2:24am

    【生】→【幻】

    私も知ってるくれないホテルありがとうございました。
    明日は今月2度目の満月。
    秋の夜空の綺麗なブルームーンも楽しみです。

    チャオ!

  1. トラックバックはまだありません。