カテゴリー : 2020年 8月

Real Rocks 【2020/08/30 O.A.】Playlist

ZIP-FM RealRocks PLAYLIST

2020.08.30

番組休止

次回は、2020.09.06 24:30-26:00の通常放送になります!

 

【幻】モーニン・ブルーズ 2020/08/29

mb20829

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年8月29日

を始めましょう。まだまだ暑い。明け方が寝苦しい。あと1ヶ月はこんな状

態でしょうかね。日中暑い中を動き回ると、陽が暮れてから妙に疲れが出て

来ます。それでうたた寝の延長で就寝。これでは疲れが残るだけ。夏こそ規

則正しい生活習慣を・・・、「夏休みの友」からの標語です。

 

M01.In The Summertime(3’31”)Mungo Jerry 

-R.Dorset-  Dawn DNX. 2502

 

N  マンゴー・ジェリーで「イン・ザ・サマタイム」、今朝はこの狂った2020年葉月最後の「幻」

ですが、気候はまだ真夏ですね。もう4月から10月までが「夏」と言って良

いような21世紀この国の四季です。まだまだ「殺人的で危険な」うだる暑い

日が続きます。何もやる気がなくなちゃうからね。どうぞ、お気を付け下さ

い。

外へ出掛けて人に会うことが難しかったこの2ヶ月ほど、わたしは家の中

を片付けていました。そして今週、最後の牙城となる、灼熱地獄の釜の底、

仕事部屋に手を着けました。もう散らかる一方で、日が経つにつれて手がつ

けられなくなって来ます。この辺りが限界だ、と余りやる気のないまま作業

に入りました。

ところが開始早々、不要な物を思い切って処分しようという決意が湧き上

がりまして、テッテ的な片付けになりました。これまでは取り敢えず見えるとこ

ろをスッキリさせるだけでしたが、今回は違います。再生機もないのに残ってい

るVHSヴィディオとか、古い雑誌もひとつひとつしっかり調べて保存/廃棄を

決めるのです。これは非常に手間のかかる作業で、まだ全て終わっていませ

ん。でもこの後も継続してとにかく整理をつけようと考えています。たぶん

秋の半ばまでかかるでしょう。

そんな作業中には「過去に大事だった」不思議な物と出会います。特に手

を焼いたのが、大量の内容不明CD-R。盤面に表題があれば想像がつきますが、

それもなければ再生してみるしかありません。すると「ああ、あの時の・・・」

と、しばらく聞き込んでしまったりしてね。

その中にあったのが表に『70’s Single Hits』と走り書きされた2枚のCD-R

です。中にはMP3に圧縮した音声デイタがなんと125曲分ずつ入っていました。

全部がすんなりと再生出来たのではありませんが、一曲ごと題と演者の書き

込みが付いていまして、何かのデイタを写したとも考えられますが、少なくと

もわたしの焼いた盤じゃない。字も違うし。ひょっとすると、自分のものじ

ゃないかも知れない。結局のところお里の知れない2枚でした。

その中にあったのですよ、今のマンゴー・ジェリー「イン・ザ・サマタイム」が。1970 年

のヒット曲ですね。イギリスから出て来たジャグ・バンドでした。この歌のプロモーション・

フィルムを観た憶えはあります。もみ上げを長く伸ばした男がリード歌手のレイ・ドー

ゼットでしょうか。確か来日もしてますね。このヒット1曲で来ちゃった。お客さ

んは入ったのかな。そしてその舞台は如何なもんだったのでしょうか。

さてこの『70’s Single Hits』に入っていた他の歌で、もうひとつ印象に深

い1曲がありました。

「エインジェル・ベイビー」です。

 

M02.Angel Baby(3’37”)Beau Terry 

-D.McKenna, B.Silva-  RCA AFL1-27771

 

N  「エインジェル・ベイビー」でした。これは1978年夏のヒットです。その頃わたしは

もう既に今のような仕事に就いていて、毎週ビルボード誌のチャートには目を通し

ていました。そこに突然急上昇して来たのがこの歌です。RCAという大手レイ

ベルからの発売なのに国内では何の情報もなく、どんな音楽なのかも分からな

い。

妙に気を惹かれまして、宮益坂の上にあったRVC社まで聞かせてもらいに

出向きました。ちょうどお盆の時期だったのでほとんど人のいない事務所、

本来の担当者もいませんでした。代理の人が輸入盤のシングルを出して来て、「お

持ちになっていいですよ」と面倒くさそうに言ってくれたので、貰って暑い

道を帰りました。全米の大ヒットなのにやる気が全くなかったですね。

そんな事があったからでしょうか、この「エインジェル・ベイビー」には特別な思

い出があります。例のCD-R『70’s Single Hits』には「(45’s Version)」とい

う断わり書き付きで入っていました。ただ「おかしいな」、と思ったのは唄い

手が「Beau Terry」となっていた点です。わたしの記憶では「Toby Beau」

というグループだった筈で、表題も「My Angel Baby」と記憶していました。

似ていますが、違います。少し調べてみたのですが、それぞれの差違に関す

るはっきりとした事実は分かりませんでした。今回はCD-R『70’s Single Hits』

の表記に従います。でもこの歌には間違いがないでしょう。1978年夏のヒット

曲「エインジェル・ベイビー」です。

そしてこのCD-R『70’s Single Hits』に入っていたのですよ、こんな歌が。

 

M03.Julie Julie Julie Do Ya Love Me(2’53”)Bobby Sherman 

-T.Bahler-    コロムビア LL-2400-MD

 

N  「いとしのジュリー」、ボビー・シャーマンです。1970年のヒットで邦題付きで国内発

売されていました。わたしは知らなかったですね。ボビー・シャーマンは「イージー・

カム、イージー・ゴウ」での出逢いがあっただけです。 全米で5位 アダルト・コンテムポ

ラリー番付では 2位を記録しています。日本でも「いとしのジュリー」として出て

いたのですが、不肖ワツシは知らなかったですね。「ジュリー、俺のこと愛してくれ

てんのかな」。

先週突然この国のジュリー、沢田研二が前後の脈絡もなくザ・タイガーズの「スマイ

ル・フォー・ミー」が出て来て、その理由を考えてくれ、と放り投げましたところ、

複数の方々を大いに悩ましてしまったようです。多分本人の周辺も考えてい

ろいろ思い巡らせたことでしょう。申し訳ない。

さてその理由は何でもなくて、ザ・ビージーズの楽曲カヴァ集が出る、という

だけの事だったのです。そこには「スマイル・フォー・ミー」が入っていなかったので、

秘蔵シングルで憂さを晴らしたのです。でも考えてみると「スマイル・フォー・ミー」は、

バリー・ギブとモーリス・ギブの書き下ろしですから、この編集盤に収録される資

格がありませんでした。これでは余計に混乱してしまいます。

ところがちょうど時間となりまして、本編をお届けできずに終了せざるを

得なかったのです。ですから今朝は早めに、このカヴァ集『ワーズ…ア・ビージーズ・

ソングブック』から、お届けしておきましょう。

 

M04.Words(3’00”)Cilla Black 

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

 

N  先ずは沢山のヒット曲の中から表題に選ばれた「ワーズ」です。唄っていたのは、

本名が「ホワイト」という女性歌手、シラ・ブラックでした。確かビートルズと懇意で、

ブライアン・エプスタインが面倒を見ていた筈です。

ビージーズの原曲は1968年に沢山ヒットしていました。ビートルズが弦を導入して

それまでのビートグループから脱出を図ろうとした現象を敏く見抜いた新進気鋭

の仕掛け人ロバート・スティグウッドの発案で大人数の弦楽器団を付けた編曲を施し、

フォーク・ロックとも違う柔らかい感触のロック音楽を次々にヒットさせました。特に日本

では、ビートルズがラリって活動が疎かになった隙に、トップ・グループへと躍り出ま

した。

14歳の頃、近所にひとつ年上の音楽好きがいまして、この人がビージーズを

大好きだったので、よく聞かされましたね。その頃はコリン・ピーターセンがドラムズ で

ヴィンス・メローニをリード・ギターに配した、ヴォーカル・アンド・インストゥル・グループでした。

同じポリドール・レコーズという事で、沢田研二のザ・タイガーズと密接な関係にある

かのように言われています。かの「スマイル・フォー・ミー」も、映画「ハーイ、ロンドン」

のロケで渡英したタイガーズとギブ三兄弟が意気投合して生まれた楽曲とされて

いますが、これは真っ赤なウソでしょう。

ただ奇策とも言える弦楽器編曲に頼らずとも、大衆音楽に新しい風を吹き

込んだのは事実で、それはギブ三兄弟が作った歌に大きな魅力があったから

で、故にこの『ワーズ…ア・ビージーズ・ソングブック』企画も成立するのでしょう。

 

M05.I Started A Joke(2’43”)Lulu

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

 

N   イギリスのダイナマイト娘、ルールが爆発寸前で唄った「ジョーク」です。良いですね。

「ワーズ」の後のシングル盤です。思わせぶりな歌詞、中種的に書かれているよう

です。ギブ三兄弟も少しラリったのかな。ヒットしていた頃、意味するところを理

解出来ていた人はいたのでしょうかね。

ビージーズは、バリーを中心にした印象的な三声、節回しで他では得られない

魅力を武器に世界のトップ・グループとして君臨しました。その後、人気集団に

ありがちな揉め事に巻き込まれ、グループは空中分解寸前まで行きましたが、

再び集まって活動を続けました。この後ですね、世に出した優れた楽曲を、

自分たち以外の唄い手が採り上げるようになるのは。

 

M06.How Can You Mend A Broken Heart(3’50”)Johnny Mathis

-B.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

 

N  「傷心の日々」、名手ジョニー・マティスの唄でした。この歌は、やはりこの人の仕

様が忘れられません。アル・グリーンです。実演では重要なリパトゥワにしていました。

これは、アメリカの「ソウル」というテレビ番組に出演した時の実況録音です。

お聞き下さい。「傷心の日々」、1973年の実演です。

 

M07.How Can You Mend A Broken Heart(6’35”)Al Green  

-B.Gibb, R.Gibb-  Right Stuff / Hi  72438-53033-2-6

 

N  声が異常に近く、決して良いバランスではありませんでしたが、アル・グリーンの唄

の技巧はたっぷりとお楽しみ頂けたでしょう。「傷心の日々」、1973年のテレビ

番組録音からでした。このようにR&B歌手に好んで採り上げられたのもビー

ジーズ作品の大きな特徴です。まず、ごく初期の代表曲をどうぞ。

「トゥ・ラーヴ・サムバディ」、もちろんニーナ・シモンです。

M08.To Love Somebody(2’38”)Nina Simone

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

 

M09.Got To Get A Message(4’06”)Swamp Dogg  

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

 

N  ニーナ・シモンで「トゥ・ラーヴ・サムバディ」、そして、ビージーズの原仕様が1968年に

全英1位を記録した「獄中の手紙」、スワムプ・ドグのカヴァでした。こちらも宜

しいですね。刑の執行を前に死刑囚が宣教師に語る心境を綴ったこの歌は、

今世紀初頭から世界各地で民謡的に唄い継がれる「殺人騒動小唄」とは違っ

て、現代人の胸に迫ります。永遠の傑作でしょう。優しいメロディで流れるよう

に唄われるビージーズのヒット曲の背景にはいつも大きな社会性が見え隠れして

いました。それが彼らの音楽の説得力にも繋がっていたのは明らかです。

 

M10.Touch And Understanding Love(3’36”)Myma March

-M.Gibb, B.Lawrie-  BSMF 7613

 

N  これはちょっと馴染みのない1曲、マイマ・マーチの唄った「タッチ・アンド・アンダスタ

ンディング・ラーヴ」です。72年に彼女のシングル曲として発売されているようです。

それなら「スマイル・フォー・ミー」も収録されてよかったのにねえ。メロディはモロにビー

ジーズ調でした。

さて、ビージーズは1967年に父親の仕事でオーストラリアにいた頃に台頭を表し、

世界進出を果たします。その時の楽曲が「ヌー・ヨーク炭鉱の悲劇」という、落盤

事故に遭遇し地滑りの危険に怯えながら暗闇の中で助けを待つ炭鉱夫の心境

を語った歌でした。「わたしの妻を見かけませんでしたか、ジョーンズさん」と

いう繰り返しが、心に残ります。

これも彼らの大傑作のひとつです。1941年にイギリスで実際に起きた事件を

土台に書かれていますが、過剰な生々しさを避けるために敢えて「ヌー・ヨーク炭

鉱」という架空の場所を設定したそうです。これがビージーズのいわゆる正式

なデビュー曲になりまして、日本でも真剣に音楽と向き合っていた人たちは、

ここからビージーズに注目を始めました。

では「ヌー・ヨーク炭鉱の悲劇」、マーティン・カーシーのギターとヴォーカルです。これも良い。

 

M11,New York Mine Disaster 1941(3’30”)Martin Carthy   

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 7613

http://www.worldfolksong.com/closeup/scarborough/page8.htm

M12.Massachusetts(3’00”)The Seekers  

-B.Gibb, M.Gibb,-  BSMF 7613

 

N  ご存知「マサチューセッツ」、中学校の英語/音楽教材あるいは合唱コンクールの課題曲

としてぴったりな、シーカーズのカヴァでした。

ここでこの『ワーズ…ア・ビージーズ・ソングブック』には入っていませんが、やは

りビージーズ名義で出された楽曲のカヴァをひとつお届けしましょう。ゴスペル・

グループのブラインド・ボーイズ・オヴ・アラバマでずっとギターを弾いていたサム・バトラー

が昨年発表した『レイズ・ヨー・ハンズ』というアルバムに入れていた「ザ・ロード」と

いう1曲です。原仕様はビージーズ空中分解騒ぎの最中に撮られた映画「きゅ

うりのお城」の主題歌のB面でして、このバトラー仕様ほどまで激しい仕上げで

はありませんが、いわゆるこれまでのビージーズ調とは一線を画す楽曲です。

過渡期の産物でしょうかね。

どうしてもわたしは、ギブ兄弟の書く歌には、その背後にキリスト教と「死」

が見えるなあ。ディスコ路線一直線になるまでだけどね。

では「ザ・ロード」、サム・バトラーです。

 

M13.The Lord(2’42”)Sam Butler

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  BSMF 2485

 

M14.How Deep Is Your Love(4’03”)The Bee Gees

-B.Gibb, M.Gibb, R.Gibb-  Polydor 519-453-2

 

N  サム・バトラーの「ザ・ロード」に続けましたのは「愛はときめきの中に」。ご存知

の通り、ビージーズは1975年以降モロなディスコ音楽に路線変更して、二度目の黄

金時代を築きます。世事に疎かったわたしはだいぶ遅れてその姿を知った訳

ですが、身近な友達から「ビージーズは今ディスコだよ」と教えられた時の衝撃は

まだ鮮明です。正直なところ、想像がつかなかった。

映画「サタデイナイト・フィーヴァ」の成功に象徴されるように、この時期のビージーズ

は世界を制覇したかのようでした。ここにもデビュー以来のロバート・スティグウドが

絡んでいるのです。彼はブライアン・エプスタインのプロダクションの丁稚でこの世界に入

って来たのですが、鼻の効き方は大したものですね。

ではビージーズのカヴァ集、アルバム『ワーズ…ア・ビージーズ・ソングブック』の大団円

は、先週の謎、「スマイル・フォー・ミー」、ザ・タイガーズをもう一度。

 

M15.スマイル・フォー・ミー(2’59”)ザ・タイガース

-B.Gibb, M.Gibb-  ポリドール SDP-2044

 

M16.東京流れ者(2’37”)竹腰ひろ子

-H.Nagai-  キング KICX 3566

 

N  何が起こっても驚かない「幻」重度聴取者のみなさん、「東京流れ者」竹腰

ひろ子です。いつ聞いても色褪せない歌のひとつですね。ところで、これが

次にお聞きいただく別の傑作歌謡曲と同じ俗謡歌を基にしていたという事を

ご存知でしたかな。

 

M17.悲しきわがこころ(3’53”)クレイジーキャッツ

-T.Hagiwara- 東芝 TOCT-25568/9

 

N  こちらもご存知クレイジー・キャッツの「悲しきわがこころ」です。今まで全く気づ

かなかったのですが、言われてみれば、確かにおんなじだ。元々は「蔵王の

山男」として庶民の間で親しまれていた旋律なんですが、これに永井ひろし

という人が見事な詞を載せて「東京流れ者」として固定させたらしいのです。

クレイジーのも1965年発表ですから、同時期ですね。こちらは名人萩原哲晶が愉

快な詞を付けています。これはご本人の歩んだ実話ではないか、とも思われ

ます。

こんな歌がなぜ出て来たかと言いますと、渡哲也が8月10日に亡くなった

事で、リクエストを受けたんですよ、代表曲「くちなしの花」ね。それで、今年の

始めにエルスール・レコーズで安く分けてもらった『日活100年101映画』という5

枚組があったなあ、と思い出してワタリを調べていたら、これに当たったのです。

 

M18.東京流れ者(1’32”)渡哲也

-K.Kawauti-  テイチク TECS-10561/5

 

N  1966年の映画「東京流れ者」の主題歌です。もちろん渡哲也の唄です。

今のは映画本編の始まる部分で流れたものです。つまり「本堂哲也:渡哲也」

とか配役の字幕が並んで出て来る場面の音楽でしょう。この5枚組は映画の

オリヂナル・サウンドトラックの音声を編集したもので、いわゆるレコード用の、音声だけ

で完結しているものは入っていません。故に珍しいものばかりです。例えば

坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」はもちろんレコードとは別の吹き込みです

けれど、レコード版にはない「思い出す『冬』の日」の歌詞が唄い込まれていた

りするのです。

映画に全くダメなワツシはおそらく日活映画を1本も見ておりませんのですが、

この5枚を聞きながらスティル写真を眺め、佐藤利明による丁寧な解説を読んで

いると、なんとも不思議な気持ちになります。全てこの世の話ではないみた

いのですよ。映画の全盛期というのは素晴らしかったんだなあ、と。

 

M19.CRAZY DRUMS(2’51”)ハナ肇とクレイジー・キャッツ

-unknown-テイチク TECS-10561/5

 

N  なんとも頼りない楽音ですが、貴重なクレイジー・キャッツの器楽演奏曲です。映画

「竜巻小僧」のサントラからです。彼らは先ほどの「悲しきわがこころ」のよう

なノヴェルティ歌謡曲で一世を風靡しましたが、本来は真面目な演奏集団でした。

権威ジャズ誌スイング・ジャーナルの人気投票でも、植木等や谷啓はギター、トロムボン部

門で上位に付けていたのを見た覚えがわたしにはあります。ただその頃の録

音がほとんどなく、この「クレイジー・ドラムズ」は大変貴重です。

しかし、日活映画のジャズ系のサントラと言えば、これが筆頭に挙げられるでし

ょう。「黒い太陽」の主題曲、演奏はマックス・ローチ・グループです。

 

M20. 黒い太陽(4’45”)マックス・ローチ・グループ  

-T.Mayuzumi-テイチク TECS-10561/5

 

N  調布の日活スタジオで、ひと晩の録音セッションを行って録ったとされる「黒い太陽」

マックス・ローチ・グループでした。パースネルは、ローチの他、クリフォード・ジョーダンがサクス、

ロニー・マシューズがベイス、エディ・カーンがピアノでした。作曲は、右翼の黛敏郎です。

この5枚組には他にもっと面白い録音が満載です。来週以後も後もお楽し

み頂きましょう、と言うかわたしが聞きたい。おっと、そもそもは渡哲也の

訃報が切っ掛けでした。最後に彼の唄う映画主題歌を2種類お聞き下さい。

1969年の作品「前科 仮釈放(カリシャク)」から、

ファズ・ギターが冴え渡る「俺は前科者」、そして「前科者のブルース」。

 

M21.俺は前科者(1’56”)渡哲也   

-K.Miyahara, S.Kaburaki-  テイチク TECS-10561/5

 

M22.前科者のブルース(1’43”)渡哲也  

-K.Miyahara, S.Kaburaki-  テイチク TECS-10561/5

 

M23.「月曜日のユカ」のテーマ(1’08”)

-T.Mayuzumi- テイチク TECS-10561/5

 

M24.Give Life Back to Music(4’34”)Daft Punk 

-Daft Punk-  Amazon Download

 

後TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  活劇映画のサウンド・トラック、最後は「月曜日のユカのテーマ」、この作品の主演女優

は加賀まりこでした。作曲は、これも右翼の黛敏郎。

最後は「現」時代も懐かしや、ダフト・パンクで「ギヴ・ライフ・バック・トゥ・ミュージ

ック」です。どことなく気怠さが漂うこの古いヒット曲は、特に後半のガヤが入っ

て来る辺りで、妙に「通り過ぎる夏」を思い起こさせます。思い出せば、超

ハイブロウ音楽雑誌「エリス」に初めて書いた原稿がダフト・パンクのこの楽曲について

でした。錦糸町の盆踊りの頃に締め切りが重なって、1週間以上も届けるのが

遅れたんじゃないかな。今は昔、2013年のお話です。その頃はちょっと無理

して、この連載では最新の音楽と向き合おうと考えていました。それでダフト・

パンクだったのです。でもすぐに古い音楽についての考察が主体となってしま

いました。

この「ギヴ・ライフ・バック・トゥ・ミュージック」につては、その時の「エリス」で詳し

く解説しています。今回久しぶりに読み直しました。少々恥ずかしかったで

すね。ただ流行っている頃に受けていた印象は変わりませんでした。それで

ほっとした次第です。あなたも聞きながら去りゆく葉月に思いをはせて下さ

い。まだ相当に暑いですけれども。

 

在任期間の記録を伸ばしてから辞めるという最後まで姑息なソーリダイジ

ンでした。その空白期間中もコロナ菌は休まずに活動していましたよ。闇の

取引に加担してるんだから、ギーンも辞めたらどうですか。それとも死ぬま

で嘘をついて主権者を欺くおつもりですか。昨日の午後5時からの会見、実

は楽しみにしていたのですよ。どんな方便を使うのかってね。どうせ役人が

作ったものを悪い滑舌で棒読みだったでしょうけれど。死者には大いに鞭打

つべしです。後はカタカナ好きの雌狸ですね、Aクラス戦犯は。詳しくは、

また来週。

 

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/c116c68ef2ee4b8d1d617643e874e357a89b7e21

ダウンロード・パスワードは、df6n5iy5です。

使用素材の写真はこちらでどうぞ。右上の蜥蜴、分かりますか。

https://firestorage.jp/download/2013d000ed739921a85539905d812ab2460c40ab

ダウンロード・パスワードは、同じくdf6n5iy5になります。

 

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

Real Rocks 【2020/08/23 O.A.】Playlist

ZIP-FM RealRocks PLAYLIST

2020.08.23

【リクエスト大会!】

M01: Hypa Hypa/Eskimo Callboy

M02: You Got Me Wrong/The Lodger

M03: Lyrics Lie/Dance Gavin Dance

<コーナー: RockAroundTheWorld>

M04: Your Love (Deja Vu)/Glass Animals

M05: cardigan/Taylor Swift

<コーナー: RockAroundTheWorld>終わり

<コーナー: RockSteadyGo >

M06: Lyla/oasis

M07: New born/Muse

M08: We Will Rock You (Alternative Version)/QUEEN

M09: Born To Be Wild/Steppenwolf

M10: Cruising California (Bumpin’ In My Trunk)/The Offspring

M11: Island In The Sun/WEEZER

M12: Missionary’s Downfall/Planet Smashers

M13: Are You Ready?/MAD SIN

M14: All Star/SMASH MOUTH

M15: Californication/Red Hot Chili Peppers

<コーナー: RockSteadyGo >終わり

<Ending>

<コーナー:メタルの光>

M16: Heathens (twenty one pilots cover)/Rising Insane

M17: Monday Morning (お別れソング)/Fleetwood Mac

【幻】モーニン・ブルーズ 2020/08/22

mb20822

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年8月22日

を始めましょう。

若い頃は「夏は暑いほどいい、冬は寒いほどいい」などとイキがっていまし

たが、もう違います。だらしないようですが、今では「夏はすずしく、冬あ

たたかく」になってしまいました。何せ子供の頃と10度の気温差があります。

かつては「今日は30度あった」と大騒ぎしていたのですが、16日には41.1

度だって。「殺人的危険な暑さ」という表現が妥当に見えます。

わたしの仕事部屋は真東を向いていまして、午前中からモロに陽射しを受け

ます。夏至の頃は登り方が急ですのでそれほど激しくはないのですが、ちょ

っと傾きだした今頃は、7時から4時間ほどが極端な灼熱地獄です。この場所

に日中いると燻られてる感じです。炙りイワシですね。湿度が上って来る夕方は

不快指数200です。「朝の涼しいうちに学習を」なんて「夏休みの友」に書い

てありましたけど、ここでは余熱がようやく冷める夜明け前しかガクシュー出来

ません。これじゃ宿題が・・・

などと言っていましたら聞こえて来ました、この歌声。

 

M01.River Of Babylon(4’20”)Wingless Angels

-trd.-  Mindless NoNumber

 

N  もう10年以上前になるでしょうか。キングストンで仕事をしていた時、毎朝目

覚める頃に、必ずきまってナイヤビンギが聞こえて来るのです。エチオピア皇帝のハイレ・

セラシエを神の生まれ変わり「ジャー」として奉る、大きく変容したジャメカのキリスト教

ラスタファリズム信徒たちが、日没後に人気のない海岸、山奥などで行う音楽儀式、

ナイヤビンギ。打楽器、と言いますかその辺にある音の出る物ならなんでも使っ

て、多人数の複雑な合唱で奏でられる土俗的な音楽です。ちょうどその頃わ

たしはこの音楽に惹かれていまして、毎朝この上なく心地よく目覚めていま

した。

当初は何処かで夜明けの儀式が行われているんだろうと考えていましたが、

何日かが経つうちに「毎朝これは同じ音楽ではないか」、という疑問が湧い

て来まして、ある朝早くその出所を確かめに出かけました。すぐに判明した

音楽の発信所はホテルの門の脇の小屋、門番の詰所でした。治安の宜しくなかっ

た当時は、主に海外からの旅行者が宿泊するホテルは、どこも高い塀と頑丈な門

構えがありまして警備員が人の出入りを監視しています。彼らがまた如才な

く愉快な人間ばかりで、顔馴染みになれば会う度に冗談を交わす間柄になれ

ますが、この門番は夜勤専門だったので、それまで顔を合わしていなかった

のです。もちろん彼もわたしの宿泊を知りませんでした。

彼が毎晩過ごしている入口脇の詰所兼寝蔵はお世辞にも綺麗とは言えない

散らかり様で、狭い中に万年床が敷かれていましたが、散乱するCDやヴィデ

ィオ・カセットから、「こいつは相当の音楽好きだな」とすぐに分かりました。

「毎朝とても気持ちよくてさあ、どこから聞こえて来るのか気になってた

んだよ」と話しかけたら、「これさ」と、教えてくれたのがこの「ウイングレス・

エインジェルズ」です。その日のうちに下町まで探しに出かけたのですが、手に入

れられたのは帰国後で、渋谷のタワ・レコーズに於いてでした。今朝はその後で発

売された2枚組の豪華仕様からお届けしました。「バビロンの河」、ウイングレス・エイ

ンジェルズです。

ジャメカの音楽は基本的に権力に対する庶民の抵抗精神が大きく支えになっ

ています。パンク的ですね。80年代以降のダンス・ホール・スタイル以降はその傾向が過

激になって、ヤケッパチ的な方向に進んでしまったのが残念ですが、彼の島の多

くの人たちはみな肯定的な音楽好きです。ですからヒップホップとは異なる素朴

で素直な感性を持っていまして、それが甘いラヴァーズ・ロックなどを生みだした

のではないでしょうか。わたしもどちらかと言えば、そっちの方ですね。

 

M02.Goodthing Going(4’53”)Sugar Minott

-The Corporation-  Pヴァイン / Hawkeye  AC 8001

 

N  シュガー・マイノットの「グッシング・ゴーイン」、イギリスのホウクアイ経由で紹介されて、一時

は複数の国内レイベルから発売されていました。おかげでシュガー共々だいぶ有名

になりましたね。原曲はジャクスン・ファイヴの歌で「おしゃれな恋」という邦題が

付いていました。通常オリヂナルを超えるというのはなかなかに難しいのですが、

こればかりはシュガーのカヴァした方に軍配が上がります。世界じゅうの素朴で素

直な肯定的音楽ファンにも異論はない筈です。

 

M03.Give Me That Touch(6’32”)Deborahe Glasgow

-unknown-  Greensleeves GRELCD135

 

M04.Sitting In The Park(3’52”)Flo & Eddie

-B.Stewart-  Epiphany EP30006-2

 

N  デボラ・グラスゴウ、1989年の「ギミ・ザット・タッチ」。そして1981年にフロー・アンド・

エディ名義で出た「シティン・イン・ザ・パーク」でした。彼らは「ハピ・トゥゲザ」の

ヒットを持つポップ・グループのザ・タートルズの創設メムバで、当時はマーク・ヴォルマンとハワ

ード・ケイランと名乗ってました。その後サイケデリック的実験を試みたりフランク・ザッパ

と活動したり、Tレクスにも近づいたりしてしましたが、トータルに帰って来たのが、

この楽天的なラヴァーズ・ロックのスタイルだったのです。

今から40年ほど前の録音ですが、ちっとも古くないですね。敢えて言えば、

「ギミ・ザット・タッチ」とも「グッシン・ゴーイン」とも基本的な部分は変わっていま

せん。ベイス奏者アストン・バレットとドラマー、カールトン・デイヴィスのビートが素晴らしい、

改めてそう感じました。

こういうジャメカのスタイルが形作られたのには、その昔のカリプソ音楽の影響がと

ても大きいようです。強烈なリズムは必須ですが、それを引っ張っていく唄の

力が重要。唄は演奏に合わせる、カラオケに載せるのではないのです。面白い例

がありますのでお聞き頂きましょう。アメリカ国会図書館で働いた民族音楽研究

家アラン・ロマクスが1946年にヌー・ヨークのタウン・ホールで開催したカリプソ・ショウの実況録音

です。ロード・インヴェイダが「ゴド・メイド・アス・オール」を唄いますが、彼のパートは

アカペラ独唱で、その合間を演奏が繋ぐのです。如何に唄が重要か、という証明

にもなるでしょう。

では「ゴド・メイド・アス・オール」、ロード・インヴェイダです。

 

M05. Introduction(0’05”)~God Made Us All(4’38”)Lord Invader  

-trd.-  Rounder 11661-1841-2

 

M06.Groove Master(6’01”)Arrow

-A.Cassel-   Island / Mango CCD 9809

 

N  「趣味で売買、美味倍々」、カリプソの1980年代型「ソカ」、ソウル・カリプソの貴公

子として鮮やかに登場したアロウの「グルーヴ・マスタ」でした。「趣味で売買、美味

倍々」、ソウル・カリプソ、ダンスホール・レゲ、ファンク、ラップとその頃上り調子にあったダ

ンス音楽の醍醐を盛り込んだ際限なく欲張りな内容です。終了部分に入ってく

るリズム・ギターがカッコよかったですね。この頃台頭して来たのがシンセサイザーによる

自動演奏で、黒人たちは飛び付くように争ってこの新機軸を採り入れました。

ソウル・カリプソの貴公子アロウも他者に遅れず積極的に採用して大得意で最前線を

張っています。レストン・ポールという男がドラムズを含めたシンセサイザーの打ち込みを

担当しています。加工されていない剝き出しの音色がなんとも言えない雰囲

気ですね。1988年の発表です。

「官能拍の大御所」として世界に売り出したアロウは、正にこの頃に日本にも

やって来ました。躍動感に溢れたライヴ・ショウが大変面白く、当時わたしはテレビ

の短いコーナーでインタヴュウと共に紹介した事があります。カリプソの芸名には変な流

れがありまして、このアロウという名前は、カリプソの先達マイティ・スパローを撃ち落と

す存在になれ、とスパロー自身から貰ったんだと、本人が語っていました。先ほ

どの「ゴド・メイド・アス・オール」とはテムポーも調子も大きく異なりますが、あれ

が時代と共に変わって来たのが「ソカ」、ソウル・カリプソでした。

 

M07.Blues Why You Worry Me(6’53”)ニュー・ムーン・ジェリー・ロール・フリーダム・ロッカーズ

-unknown- BSMF  6188

 

N  ご機嫌なストレイト・ブルーズ、ニュー・ムーン・ジェリー・ロール・フリーダム・ロッカーズという長

い名前を持つ演奏家集団の「ブルーズ・ワイ・ユー・ヲリー・ミー」です。こういう風に

ハモニカ1本でビートを出してみんなを引っ張っていく形、カッコいいですね。ハーピスト

は皆これをやりたい筈です。昨今セッション的なブルーズと言いますと、予定調和が

お約束になっていまして、そういうのはつまらない。今の「ブルーズ・ワイ・ユー・

ヲリー・ミー」は長い演奏でしたが、その場で次々に新しいリフが生まれ、それに全

員が反応して繋がっていく面白味がありました。といってもこれは2008年の

録音で、2020年新譜ではありますが、ずっとお蔵に入っていたものです。演

奏メムバはルーサー・ディキンスン、コーディ・ディキンスン、そしてジム・ディキンスンの兄弟親子を

 

中心に、アルヴィン・ハート、ジムボ・マシスらが参加しています。この曲にはチャーリー・

マスルホワイトが加わっていて、彼のハモニカを軸に音楽が進みます。彼はポール・バタフィー

ルドらと同時代に登場したアメリカ白人ブルース愛好家でして、チャーリー・マスルホワイト・ブル

ーズ・バンドというのを組織していたんじゃないかな。実のところ無学なわた

しはこのグループの演奏を未だ に聞いた事がない。フラワー・トラヴェリン・バンドが

カヴァしていた楽曲を聞いたことがありますが、ハードロック・バンドのブルーズです

から、オリヂナルがどうだったかも分かりません。ただあちこちで本人の名前と

演奏は聞いていたし、ずっと気になっていた人でもあります。

2013年にスタクスからベン・ハーパーと一緒にスタクスから新譜を出してますね。その

前には暑さに堪え兼ねたか、クーバの音楽を触っていた頃がありまして、1999

年にはポイント・ブランクからアルバムも出していました。ただし、エリアデス・オコア・クアル

テット・パトリアという本場の楽団に助演を受け、自身の興味の対象であるキューバ音

楽に向き合ってもブルーズ後遺症が露骨に出てしまい、非常に変わった味わい

の音楽になっていましした。特にハモニカがどうしてもブルーズ・ハープになってし

まい、そのひと吹きで世界がシカーゴ経由ミシシッピの響きになってしまうのです。

今更のようにこの音楽の強烈さを思い知りました。

ではその中から、最もクーバン的な1曲をどうぞ。

「シボニ」です。

 

M08.Siboney(4’03”)Charlie Musselwhite  

-E.Lecuna-  Pointblank  4713027

 

M09.Money Honey(2’36”)Elvis Presley

-J.Stone-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

N  突然のエルヴィス・プレズリで「マニ、ハニ」でした。16日は彼の命日、もう43年前

の出来事ですか。その事実が遠いんだか近いんだか分からなくなって来てま

すね。

それはともかく、突然プレズリには訳があります。3週間ほど前にチェット・アトキ

ンズのギター演奏をまとめてお送りした時に使ったアルバムはイギリスのジャスミンとい

うレイベルから出ていた廉価2枚組でした。1枚目がチェット名義の録音、2枚目は

彼がギター奏者で参加したり、制作責任者として仕切ったセッションをまとめた物で

す。とても良心的に作られた盤なのですが、なんと2枚目が割れしまってい

ました。今回改めて気づいたのですが、多分前からでしょう。CDを留めてい

る真ん中のホールダーを押さえながら盤を外せば良かったのですが、周りに指を

入れて無理やり斜めに取り出そうとしたので割れてしまったようです。2枚目

にも興味あるトラックが並んでいますが、割れていたんじゃプレイヤに乗せてもエラー

表示で回せません。それで同じものを探したら、ロンドンの小売屋に安く出てい

たので注文しておきました。それが忘れた頃に届いたので、まずはエルヴィスを

聞いて頂いた、という訳です。

 

M10.On The Rebound(2’06”)Floyd Cramer

-F.Camer-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

M11.I Heard The Blue Birds Sing(2’38”)The Browns   

-H.Pharis-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

N  チェット・アトキンズ参加セッション盤から2曲、こちらもエルヴィス関連の音楽家の録音を

ご紹介致しました。初めのは初期のナッシュヴィル録音に付き合っていた腕利きピア

ニスト、フロイド・クレイマーの「オン・ザ・リバウンド」、そしてザ・ブラウンズの「青い鳥が

鳴くのを聞いたよ」です。こちらもエルヴィスとは吹き込み経験のあるグループで

す。わたしはブラウンズをジョーダネアズと勘違いしてまして、「あれ、女がいる」

と不思議に思ったのですが、ブラウンズは女ふたり、男ひとりのトリオでした。間

違いありません。なんとも健全な混声合唱でしたね。

チェットはギターの腕と実直な性格を見込まれRCAレコーズに就職し、制作業務を

行い始めた頃にエルヴィスを任されたのですが、どうもウマが合わなかったようで

プロデューサーを降りたんだそうです。先の「マニ、ハニ」では別に不協和音も聞かれ

ませんでしたが、どんなところにもワイシャツ、ネクタイ、ジャケット姿で現れるチェットには

エルヴィスの傍若無人的新人類然とした振る舞いが許せなかったのかも知れませ

んね。

彼らとはどうだったのでしょう。

エヴァリ・ブラザーズです、

「起きなよ、スージー」。

 

M12.Wake Up Little Suzy(2’02”)Everly Brothers

-F.Bryant, B.Bryant-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

N   「起きなよ、スージー」、エヴァリ・ブラザーズでした。

このギターがチェットだとは知らなかった。几帳面と言って良いほどの律儀さ

で弾いております。

ギャロッピング奏法を完成させ、いつも謙虚に音楽に向き合っていたチェット・

アトキンズ、おそらくどんな仕事でも全力を注いだのでしょう。この2枚組の

立ち合いセッション盤にはそんな「田舎紳士」の実直な姿が浮かび上がります。

 

M13.Cold Cold Heart(2’42”)Hank Williams

-H.Williams-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

M14.(He Said Yeah)Baby You’re The One(2’07”)’Nlla, Rita & Ruby

-B.Sykes-  MCPS / Jasmine JASMCD 3716/7

 

N   スティール・ギターの裏でチェット・アトキンズがえらく控え目にリズムを弾いている、ハンク・

ウイリアムズの「コールド、コールド・ハート」、1951年の録音です。そしてンラ、リタ・アンド・

ルビーの「あんたは特別、絶対よ」、こちらは57年の吹き込みでした。

わたしはチェットの演奏を聞く度に、それが自分名義でも他人のセッションあろうと

も、本人の「責任感」を強く感じます。こういう事はC調でイーカゲンな輩が殆

どの音楽関係者には極めて稀ですね。万全な2枚目が手に入りました。この

偉大な「田舎紳士」とはもう少し親しくなれそうです。

 

M15.スマイル・フォー・ミー(2’59”)ザ・タイガース

-B.Gibb, M.Gibb-  BSMF 7613

 

N  突然のジュリーです。実は今朝チェットに並べてご紹介したいアルバムがありましたが、

もうそんな時間がありません。来週に送ります。それまで7日間、なぜジュリー

なのか考えて下さい。

 

M16.I Remember You(2’29”)Kui Lee

-K.Lee-  Sony / Cord International A28604

 

M17.珊瑚礁の彼方に(3’00”)ミルス・ブラザーズ

-J.Pinton-  ユニバーサル / Dot UCCU-9026

 

N  暑気払いにワイアンを。クイ・リーの「思い出はいつまでも」、そしてミルス・ブラザーズ

で「珊瑚礁の彼方に」、共にモーニン・ブルーズでは毎年この時期にお馴染みですね。

これらを聞いている時には、瞬間的に酷暑を忘れてしまいます。ワイアン、この

効能。

ハワイも火山噴火、山火事、そしてコロナ禍で大きな打撃を受けているようです。

ひょっとしたらアメリカ合衆国との微妙な関係で栄えて来たこの島が楽園だった

時代はもう過ぎたのかも、ふとそんな気になりました。でもそれは緑に輝く

この星全体の事かも知れません。

 

M18.Farewell Melody(4’50”)Gabby “Pops” Pahinui

-trd.-  Hula Records CDHS-567

 

N  暑気払いのワイアン、今度は素朴な、北米の消費経済思想が島を覆ってしまう前

に既にあった土着的な音楽です。

巨人ギャビー・パヒヌイの「フェアウェル・メドリー」。

 

M19.Roll Jordan Roll(3’57”) )Wingless Angels

-trd.-  Mindless NoNumber

 

M20.Band Of Angels(6’12”)Wingless Angels

-trd.-  Mindless NoNumber

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  最後に聞こえて来ましたね、ウイングレス・エインジェルズ。

「ロール、ヨルダン、ロール」、

そしてこの音楽集団の主題歌でしょうか、「バンド・オヴ・エインジェルズ」、

いずれもキース・リチャードが「プロデュースした」、とされるアルバムの2枚組豪華仕様

からお届けしました。

来週はさまざまに狂った今年の葉月の最後の放送です。この狂想曲が最終

楽章を迎えてくれる事を願って、なぜジュリーなのか考えて7日間お過ごし下さ

い。あー、暑さで集中力が持ち堪えられない。やはり「夏はすずしく、冬あ

たたかく」ですね。

先週の中野四季の森公園にお越しいただいたグリ子さん、すれ違ってしまっ

て申し訳ありませんでした。あそこには居たのですが、あの暑さ。木陰の方

で休んでいました。丁度その頃かな、お出頂いたのは。駅からの道、暑かっ

たでしょう、お疲れ様です。この次は確実にお会いできますように。

 

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/8f8a1bcfd3e9dfc8995d7105fce97fd1adab0e00

 ダウンロード・パスワードは、u71vzemqです。水分補給を怠りなく。

使用音楽素材の写真は、こちら。

https://firestorage.jp/download/c8139783b74b05b5c0936b588587d0c9e9e36ba4

ダウンロード・パスワードは、上と違います。7ved28zpです。お間違えなきよう。

 

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

 

Real Rocks 【2020/08/16 O.A.】Playlist

ZIP-FM RealRocks
PLAYLIST 2020.08.16
【史上初30分の短縮バージョン】
M01: Strawberry’s Wake/Dance Gavin Dance
M02: Dirty Funk (Sunshine Reggae Blend) /Steve Appleton
【2分以内の曲しかかけないコーナー】
M03: Potion/CHON (38″)
M04: You Suffer/Napalm Death(2″)
M05: The Kill/Napalm Death(16″)
M06: Twist/Korn(49″)
M07: We’re Fucking Awesome!/The Fuck Off And Dies(54″)
M08: I Don’t Wanna Hear It/Minor Threat(74″)
M09: Prove It/Bad Religion(75″)
M10: Generational Divide/Blink-182(49″)
M11: Classico/Tenacious D(59″)
M12: Arbeit Macht Frei/The Libertines(59″)
M13: Remember Me/Todd Rundgren(51″)
<コーナー:メタルの光>
M14: Derelict/EMMURE(73″)
M15: Can’t Stand You/SLAYER(88″)
M16: Monday Morning (お別れソング) Fleetwood Mac

【幻】モーニン・ブルーズ 2020/08/15

mb20815

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年8月15日

を始めましょう。

いや暑い。2週間前までは「肌寒い」なんて言ってたのが、あっという間に

この酷暑。東北地方のように普段雨の少ない地方でも水害が起きています。

これは明らかに地球全体が変わりつつある事の表れです。それを未だに「50

年に一回あるかないかの・・・」という形容で説明するキショーチョーのナンセンスさ。

ケンポーカイセーに関しては「変われた者が生き延びる」などと都合の良い事を言っ

ている世界の人間たちです。どうもあの連中は自分だけは「絶対安全地帯」

にいると信じているようですね。「民よ、大いに苦しめ」でしょうか。

だったらタミはテッテ的に狂わせて貰いいます。

ヂョーヂア・サテライツです、「ヘペヘペ・シェイク」。

 

M01.Hippie Hipie Shake(1’45”)Georgia Satellites

-C.Romero-  ワーナー / wea  25P2-2301

 

M02.ブーン・ブーン(3’20”)アニマルズ

-J.L.Hooker- 東芝 TOCP-71424

 

N  ヂョーヂア・サテライツで「ヘペヘペ・シェイク」でした。音量レヴォーが低かったですね。

これは1991年の盤かな。まだCDという新しい音声記録媒体が世に出て間も

ない頃の製造物です。当時の整音技師は、みんな慎重でね。アナログ・レコードよ

りもはるかに歪みに対する余裕があるのに、突っ込んだレヴォー設定を控えてい

ました。それがコムプレッサの過剰な使用が一般的になってから、やたらと音圧が

高くなって来たのが2000年前後。ここで音楽のダイナミクスは大いに損なわれ、

表現もそのものも「騒いだ方が勝ち」的価値観で進みました。今現在はやや

落ち着いてきているようです。ヂョーヂア・サテライツの「ヘペヘペ・シェイク」を聞きな

がらそんな事を思い出していました。

無名時代のビートルズもリパトゥワにしていた「ヘペヘペ・シェイク」を2分足らずで仕

上げたヂョーヂア・サテライツをわたしはとても気に入りまして、初来日を観に行き

ました。今はなき新宿厚生年金会館です。2階最後尾からの立ち見だったので

すが、途中から耳が痛くなりました。舞台にはアムペグの高出力アムプが壁のよ

うに並んでいますからギターの高音弦を一本爪弾いただけでその音が突き刺さ

るように響き渡るのです。帰り道は新宿駅まで「キーン」という耳鳴りがしてい

ました。あんな音の中で毎晩過ごしていて大丈夫かな、メムバが難聴になるん

じゃないかと心配にもなりました。余計なお世話でしょうが。

続けたのはアニマルズの「ブーム、ブーム」。エリック・バードン冴えてましたね。ご存知

ジョン・リー・フカーのナムバです。先週お聞き頂いたモップスのリード・シンガー、鈴木ヒロミツ

はエリック・バードンが大好きで、リパトゥワはアニマルズの歌が多かったです。この「ブー

ム、ブーム」もよく採り上げていました。ただヒロミツ自身の個性はエリック・バードンと

は違うところにあったようでして、それは先週の「御意見無用」「月光仮面」

「なんまいだあ」などでお分り頂けた筈です。

次もアニマルズです。モップスも録音を残しています。キャロル・キング作の

「ドント・ブリング・ミー・ダウン」。

 

M03.Don’t Bring Me Down(3’14”)The Animals

-J.Goffin, C.King- Repertore REP 5167

 

N  「ドント・ブリング・ミー・ダウン」、アニマルズでした。こういうのを採り上げるエリック・

バードンはセンスが良かったですね。初めの頃のアルバムには、ブルーズやR&Bがズラ

リと並んでいて、その度合いはローリング・ストーンズより魅力的です。彼らはニュウカソー

出身。リヴァプールと並んでやはり港町、ここの若者たちはロンドン経由の正規盤以

外で、船乗りが町に持ち込んだ北米の黒人音楽に浸っていたのでしょう。ち

ょうど、東京の赤坂より横浜の本牧の方が新しい音楽を聞けた、戦後から1960

年代までと同じ状況です。

アニマルズはメムバー変更を繰り返しながら、空中分解的に散り散りになってしま

いました。日本にも来たのに、出演場所や待遇が酷すぎると公演途中で帰っ

てしまった前科があります。池袋のジャズ喫茶「ドラム」なんかでハコ的に演奏さ

せられたんじゃないかな。その時は後にポリースで活躍するアンディ・サマーズがギター

を弾いていた筈です。この頃は欧米の大物芸能者が「来る」「来る」と言って

実現しないのが普通でしたが、「来ても帰っちゃう」という前例を作ったのは

彼らで、福田一郎がラジオでしきりに喋ってたのを思い出します。

この国で知られているアニマルズのヒット曲は何と言っても「悲しき願い」でしょ

う。これは誰のせいでもありません。「悲しき」という連体形容詞はこの頃の

洋楽カヴァ曲の邦題によく用いられました。「悲しき16才」「悲しき街角」、「悲

しきカンガルー」なんてのもなかったかな。この「悲しき願い」もそれにあやか

って付けられた物でしょうが、大ヒットしました。そして柳の下の2匹目の

どぜうを狙ってその次に出したシングル曲がこれでした。

サム・クックの「ブリンギットン・ホーム」、邦題は「悲しき叫び」でした。

 

M04.悲しき叫び(2’45”)アニマルズ

-S.Cooke- 東芝 TOCP-71425

 

M05.I Love Afternoon(3’04”) Raul Midon

-R.Midon-  Artistry / Mack Avenue  ART7069

 

N  先週もお届けしました、「ラウル」・ミドンの「俺は午後帯が好きさ」です。ヴェン

テンさん他のご指摘の通り、「ポール」ではないですね。「Raul」ですから「ポ」

である訳がありません。どこで混同したんでしょう。ちょうど先週は新聞校

正担当者の著書を読んでいまして、いくつか心当たりのある、陥りそうな間

違いに緊張していたのですが、このような誤りを犯してしまいました。失礼。

やはり他人の目、耳は必要ですね。ご指摘ありがとうございます。

では盲目音楽家ラウル・ミドンの「もし見えたら」をお聞き下さい。

 

M06.If I Could See(1’13”)Raul Midon

-R.Midon-  Artistry / Mack Avenue  ART7069

 

N  ラウル・ミドンの語り、と言った方が相応しいでしょうか、「イフ・アイ・クド・シー」

でした。今の中にもありましたけれど、目の見えない人たちにとって、臭い

は非常に大切だそうです。いま「夜の街」なんて一括りにされて、非難の対

象にされている歓楽街ね、ああいうところは「臭い」で「これはヤバイ場所だ」

と、判別がつくんだそうです。確かにこういう場所は独特の臭いがします。

おそらくわたしたちの数倍の嗅覚で状況を嗅ぎ分けているのでしょう。

わたしは幼い頃から鼻が弱く、14歳から鼻炎アレルギーの花粉症に悩まされて

来ました。社会人に出てから音楽を仕事にした訳ですが、どうも流行り物へ

の勘がトロい。素早く便乗出来ないのです。振り返ってよく考えました。する

とすぐ結論が出ました。嗅覚が弱いのです。そもそもこんなギョーカイにいて、「鼻

が効かない」んじゃ仕方がねえな、と諦めた次第です。

 

M07.The Mirror(3’49”)Raul Midon

-R.Midon-  Artistry / Mack Avenue  ART7069

 

N  ラウル・ミドン最新作の表題曲「ザ・ミラー」でした。非常に思わせぶりですね。「鏡」

を見た事があるのでしょうか、そしてそこに映る物は・・・。

嗅覚と同じく聴覚も盲目者にとっては重要です。いつか渋谷宮益坂の交差

点で、明らかに視覚の不自由な人が信号の変わりで他の人間と同じように歩

き出したので、思わず訪ねた事があります。答えは当たり前のように「音と

気配ですぐ分かるよ」でした。これにはやられましたね。しかもその人は、「

これだからケンジョーシャは面倒臭いな」という気分アリアリの表情で教えてくれたの

です。座頭市に「とかく目開きは不自由なものよ」と言われた思いでした。

 

M08.Light My Fire(3’33”)Jose Faliciano   

-J.Morrison, R.Manzarek, R.Lrieger, J.Densmore-  Sony 8869 795086 2

 

N  偉大なる盲目の唄い手、ホセ・フェリシアーノを世に送り出した「ハートに灯をつけて」、

1968年のヒットです。彼はスペイン系のアメリカ人で、この数年前からRCAで3枚程

のアルバムを発表していました。ただそれらはカントリーやロックンロールの安易なカヴァ集で、

「ヒスパニックで盲目、でもギターも唄もイケる」という差別的なゲテモノ価値観に依存

した作品でした。そこを新進気鋭のプロデューサー、リック・ジャラードはこの「ハートに

灯をつけて」でフェリシアーノをひとりの創造的な音楽家として表舞台に堂々と送り

出したのです。そのあとの成功物語は皆さんご存知の通り。今ではスペイン系北

米人の誇りです。

彼は独特の声、唄い方で間違えようのない存在を築いていますが、ギターの

腕もピカイチ。先の安易なアルバムに収められた安易なカヴァ曲でも、決して手を抜

かず真剣勝負で臨んでいます。その好例とも言える、これをどうぞ。

「アンド・アイ・ラヴ・ハー」。

 

M09.アンド・アイ・ラヴ・ハー(3’59”)ホセ・フェリシアーノ

-J.Lennon, P.McCartney-  BMG BVCM-37022

 

N  「アンド・アイ・ラヴ・ハー」、ホセ・フェリシアーノのギターでした。彼が日本に紹介され始

めた頃、奇しくも同じ盲目の歌い手が日本にも登場します。それが長谷川き

よし。デビュー曲の「別れのサムバ」がヒットして一躍有名になりました。わたしは

その頃、彼が「婦人公論」に寄せた手記の中で「わたしには色が見える。『白』

という色は、わたしの感覚にしっかりとある」と語っていたのが今も印象に

残っています。根っからの音楽好きで、今も着実に活動中です。何年か前に

初台のライヴハウスに出演した時にCDを買ったら「長谷川きよし」としっかりサイ

ンしてくれました。70年代の中頃には新宿のロフトを中心に「サンデー・サムバ・セッシ

ョン」という名前の集まりを開催する程に、でブラジル音楽には純粋な愛情を注

いでいました。

ではその頃の実況録音から聴きましょう。

「カリニョーゾ」、1976年11月の録音です。

 

M10.カリニョーゾ(4’39”)長谷川きよし 

-Pixinguinha, J.d.Barro-  ポリドールMR 3060

 

M11.Dedicated To The One I Love(3’15”)

Steve Cropper with Lucinda Williams & Dan Penn

-L.Pauling, R.Bass-  429records FTN 17832

 

N  先ほど「新聞校正担当者の著書を読んでいた」と申しましたが、書籍関連で

の話題をもうひとつ。皆さんが絶大な信頼を寄せているピーター・バラカンが新し

い著作を発表しました。「テイキング・ストック ぼくがどうしても手放せない21世紀

の愛聴盤」(駒草出版)というもので、21世紀になって発表された「新譜」の

中から彼が厳選した52枚のCDについて解説したものです。この著書が送ら

れて来てすぐに読んだのですが、長い付き合いのある演奏者であるにも関わ

らず、わたしの全く知らない作品がありました。非常に気を惹かれたのです

ぐ調べたら某通販サイトで「残り1枚」。すぐに注文したのは言うまでもありま

せん。それが今の「デディケイテド・トゥ・ザ・ワン・アイ・ラヴ」の入っている、スティー

ヴ・クロッパの『デディケイテド』でした。

副題に「ファイヴ・『ロヤール』ズに捧ぐ」とありまして、メムフィスのギター弾きスティーヴ・

クロッパがオハイオのヴォーカル・グループ、ファイヴ・『ロヤール』ズとの関係を回顧した作品で

すね。彼は唄い手ではないので、15曲の吹き込みには様々なヴォーカリスト配して

います。今の「デディケイテド・トゥ・ザ・ワン・アイ・ラヴ」は、ルーシンダ・ウイリアムズと

ダーン・ペンが唄っていました。次はデルバート・マクリントンが参加しています。

「ライト・アラウンド・ザ・コーナー」。

 

M12.Right Around The Corner(2’36”)Steve Cropper with Delbert McClinton

-C.Singleton,R.Marrie-  429records FTN 17832

 

N  ジョン・レノンにハモニカを教えた男、デルバート・マクリントンが唄った「ライト・アラウンド・ザ・

コーナー」、スティーヴ・クロッパのアルバム『デディケイテド』からでした。クロッパは知人を通

じてファイヴ・「ロヤール」ズを早くから聞いていたようです。彼についてはこれま

でさまざまな文章を読んで来ましたが、このグループとの関わりについては、

わたし自身、全く知りませんでした。クロッパが初めて耳にしたのが次にお届け

する「シンク」で、この一曲で彼はぶっ飛んだそうです。これは歌なしのギター器

楽曲でお聞き下さい。

 

M13.Think(4’01”)Steve Cropper

-L.Pauling-  429records FTN 17832

 

M14,Yes, We Can Can(5’43”)Maceo Parker

-A.Tousaint-  Funk Garage TFG 76092

 

N  スティーヴ・クロッパのアルバム『デディケイテド』から「シンク」、そして続けたのはメイシオ・

パーカーの最新作『ソウル・フード』収録の「イエス、ウイ・キャン・キャン」です。メイシオが本気

で唄ってました。なかなのもんですね。一時は日本に住んでるんじゃないか

と思われるほどしょっちゅう来日公演をしていましたが、ここのところは音

沙汰を聞きません。元気ですね。この録音の時の編成でぜひ聞いみたい。

さてナンサッチからのピアノ・アルバム『アイ・スティル・プレイ』、ピアノの音が素晴らしいの

で、他人の寝静まった晩に大きな方のシステムで聞いています。多分もう少し涼

しくなった頃の方がより快適でしょうが、今でも充分に心地良いですよ。こ

ういう時には、やっぱり音楽を聞くには静かな環境が必要なんだな、という

事です。当たり前ですね。

今朝はミニマル音楽の創始者ジョン・アダムズ作の表題曲「アイ・スティル・プレイ」をジェ

レミー・デンクで、

そしてローリー・アンダスンの「ソング・フォー・ボブ」こちらはブラッド・メルドーです。

 

M15.I Still Play(5’23”)Jeremy Denk 

-J.Adams-  Nonsuch 075597920864

 

M16.For Bob(2’36”)Brad Mehldou

-S.Reich-  Nonsuch 075597920864

 

N  ピアノ・アルバム『アイ・スティル・プレイ』から「アイ・スティル・プレイ」と「ソング・フォー・ボ

ブ」、演奏はジェレミー・デンクとブラッド・メルドーでした。こんなピアノがずっと鳴っ

てる映画があったような気がしますが、まだ思い出せません。何だったかな。

さて今朝もボブの出番です。

「マザー・オヴ・ミュージズ゙」。

 

M17.Mother Of Muses(4’31”)Bob Dylan

-B,Dylan- Sony / Columbia

 

N  歌の中にはマーティン・ルーサー・キングも出て来ましたね「マザー・オヴ・ミュージズ゙」、

ボブ・ディランの新作『ラフ・アンド・ローディ・ウェイズ』からです。彼の近作に共通す

る暗く重たく思わせぶりな唄です。これでも最初の響きが明るい方なんです

よ。妙な説得力があるので通して聞いていられますが、おそらく他の人じゃ

ダメでしょうね。昔のレナード・コーエンに似た響きの物があったような気がします

が、実際に聴き較べてみれば、それとはだいぶ異なっているでしょう。今回、

ボブ・ディランは正確には何をどの様に唄っているのでしょうか。誰か教えてく

れないかな。

トリニ・ロペスが8月11日に亡くなりました。83歳、生涯独身だったそうです。

彼はピート・シーガーの「天使のハマー」のヒットで有名になり、その延長線上でフォーク系

の歌をリパトゥワにしていましたけれど、彼自身は音楽を社会運動につなげるよ

うな体質ではなかった、とわたしは見ています。「天使のハマー」もロペスのは驚

くほどエンタテインメント度が高く、ポップでした。日本ではピーター、ポール、アンド・マリ

ーの美しいコーラス仕様の方がフォーク・ソングとして幅広く受け入れられたようです。

では「エンタテインメント度が高く、ポップ」なトリニ・ロペス版に影響を受けた珍しいカヴ

ァをお聞き下さい。唄は内田裕也です。

 

M18.天使のハンマー(2’50”)内田裕也  

-L.Hays, P.Seeger, K.sazanami-

 

M19ドント・ストップ(3’57”)ブラッドストーン      

-M.Gonzales-  ユニバーサル / モータウン UICY-91329

 

N  2週続きで最後にお届けして来たヴォーカル・グループのブラドストーン、わたしが

彼らをしっかり意識したのは1978年のモータウンからのLP『ドント・ストップ』でし

た。活動の場を北米本土に戻して心機一転でR&B大手のモータウンと契約したの

でしょう。出来は決して悪くなかったのですがそれほど売れなかったからか、

これ1枚が発表されただけでしたが、それが何とCDになっていました。シトロ

ーエンの宇宙船、モデルSMの窓からバタついたハイヒール女性の足が出ているジャケットも

そのままです。そこからまず表題曲「ドント・ストップ」をお聞き頂きました。

そしてもう1曲、これがこのアルバムのザ・ベスト・トラックですね。

お送り致しましょう、「アイム・ジャスト・ドゥイング・マイ・ジャブ」

 

M20. アイム・ジャスト・ドゥイング・マイ・ジャブ(4’46”)ブラッドストーン

-M.L.Smith-  ユニバーサル / モータウン UICY-91329

 

M21.Rise(7’22”)Harb Alpert

-A.Armer, R.B.Alpert-  A&M

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  最終曲はこの時期に相応しい「ライズ」、ハーブ・アルパートでした。この響きから

は、暑い一日が終わりかけた夕方、傾いた西陽を受けて湿っぽい風を受けな

がら、というような情景をいつも連想します。相応しいといっても、夜明け

じゃないな。

今日は8月15日、75年目の敗戦記念日です。皆さんそれぞれにこの75年

間を振り返って下さい。多くは申しません。わたしは午後に中野駅北口の四

季が森広場で開催される中野区民謡連盟主催の盆踊りを冷やかします。野外

の無料区域に出ているアイヌ料理屋台「ハルコロ」の辺りで仲間と待ち合わせしてい

ますが、果たしてたどり着けるかどうか・・・。会場の様子が未だ全く分か

らないのです。

今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。暑い中、どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/159f87ce7955bb018e5447af40fe66811ca6b60e

 ダウンロード・パスワードは、x69sq63wです。

使用音楽素材の写真図絵は、

https://firestorage.jp/download/37454cde544fa71a437e3b6d722fc5945468b533

 ダウンロード・パスワードは、同じくx69sq63wです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。アツー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

Real Rocks 【2020/08/09 O.A.】Playlist

ZIP-FM RealRocks
PLAYLIST 2020.08.09
【REAL ROCKS – FujiRockSpecial】
M01: Lyrics Lie/Dance Gavin Dance
M02: Bad Decisions/The Strokes
M03: Instant Destiny/Tame Impala
M04: All My Life (Live)/Foo Fighters
M05: Hyperballad (Live)/Bjork
<コーナー: RockSteadyGo >
ゲスト:東 雅明さん(FujiRockFestivalホワイトステージ音響担当)
M06: The Show Must Go On [2011 Mix]/Queen
M07: Born Slippy Nuxx (Live)/Underworld
M08: Lust For Life/Iggy Pop
M09: My Dear Life/渡辺貞夫
<コーナー: RockSteadyGo >終わり
<Ending>
<コーナー:メタルの光>
M10: Keep Away/Godsmack
M11: Monday Morning (お別れソング)/Fleetwood Mac

【幻】モーニン・ブルーズ 2020/08/08

mb200808

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年8月8日

を始めましょう。

先週は、皆さん早起きをしてくれてありがとうございます。生放送がなん

とか終わりました。わたしとしましては割と順調に行った手応えでしたが、

そうではない、という直接のご意見も頂きまして、振り返っております。た

だね、ワツシイサヲは最後のドタバタが示す通り、あんな程度ですよ。オーサム先輩みた

いに落ち着いて自在に制御しながら進めては行けません。おそらく次回も同

じでしょう。

という事で、今朝は先週こぼれた1曲からつないで始めます。グリ子さん、

お待たせ致しました。

「君が欠けていた」、ホセー・アントニオ・メンデス。

 

M01.君が欠けていた(2’53”)ホセー・アントニオ・メンデス

J.A.Mendez-  EL SUR Records 006

 

M02.トワイライト・タイム(2’47”)The Platters

-Nevins, Nevins, Ram-  UICY 80014

 

N  ホセー・アントニオ・メンデスの「君が欠けていた」でした。これは渋谷のエルスール・レコー

ズが制作したアルバム『フィーリンの結晶』に収められていた実況録音です。先週の

最後の2曲の次、最終曲がこれです。これら3曲はほとんど間隔なしで唄わ

れており、おそらくはこの店で毎晩ハコ的に行われていたホセー・アントニオ・メンデス・

ショウの大団円となっています。

拍手がとても長かったですね。先週の2曲と続けて聞いていますと、その

気持ちも分かります。合計7分余りですっかり彼の世界に導かれてしまいま

す。先週の生放送中に「真夜中にラテンを」とのリクエストをしてくれたキジマヒロミツ様

にも1週間遅れでお届けしました。「君が欠けていた」、ホセー・アントニオ・メンデスで

す。

続けましたのはご存知ザ・プラターズの「トゥワイライト・タイム〜黄昏時」、ここでの

「トゥワイライト」という言葉は、高校生の頃に初めて出合って辞書を引いたら「夜

明けの薄暗い時間帯」という意味もあったので、当時はトゥワイライト即ち黄昏とい

う感傷的な公式にひとりで抵抗したものです。マンハタン・トランスファの「トゥワイライト・

ゾーン」は夜の手前の「逢魔時」でしょうが、不気味で不安を秘めた夜明けの

意味合いも強いように感じていました。でも世の中や時代を背景にした言葉

の変容に逆らっても無駄です。この「トゥワイライト」は、もうすっかり日本の社会

に「黄昏時」として定着した感があります。

こんなお話をしているのは、ひとことで「夜」と言ってもそれぞれの時間

帯で様々な呼称があるのに、今更ながら気づいたからです。「黄昏」「宵」「甲

夜」「乙夜」、そして危険な「深夜、真夜中〜ミドナイト」になります。

 

M03.Midnight In The Midnight Hour(2’37”)Wilson Pickett

-W.Pickett, S.Cropper-   Atlantic 7 81737-2

 

N  先週8月1日の午前0時にお届けした「ミドナイト・アワ」、ウイルスン・ピキットでお送

りしました。支持者の多いヘヴェメトーの名番組「修ビーツ」が始まるぞ、とばかり

にダイアルを合わせたらこの音楽とワツシイサヲが出てきたので、「オーサムはまた火急の

用事で外出中か」と思われた方もいらしたようです。お騒がせ致しました。

わたしはね、もし午前0時からの番組を持てたら、毎晩の時報のあと、絶

対にこの音楽で始めよう、と心に決めておりました。カッコ良いでしょ。もう40

年以上前からです。

「深夜」と言いますと、この国では午後11時から午前4時くらいまでの幅

広い時間帯を指すようでして、それにはラジオの番組編成が影響しています。

どこの局も放送開始は午前5時。それまでは前日の扱いなんですね。だか

ら番組表も28時まである。そう言えば27時、つまり午前3時に始まるから

「スタジオ・テクノポリス27」なんて題名の番組も、人知れずありました。

それが駐留米軍の極東放送FENでは違います。午前0時の時報の後は「グ

ーッド・モーニン、トウキョウ、ディス・イズ・エフイーエン・ヌウズ」と次の日の朝になるのです。

カッコ良い。これですね、絶対に「ミスター・ロンリー」で「夜間飛行のパイロットは・・・」

じゃないんですよ。

だから「現」モーニン・ブルーズもわたしは「早朝番組」と判断していました。

ただインタ・エフエムの編成上は前の日の深夜番組となるんで、ややこしかった。今

回も「金曜日の夜に集まって、土曜の朝からの放送ですね」と、澤田修プロデ

ューサーに事前確認をしたくらいです。

厳密には「真夜中〜ミドナイト」は午前00時の事です。そしてその後からは「ア

サー」なのですよ。ただピキットのは「アワ〜時間」が付いていますから、午前1時

までの60分を指すのでしょうかね。これも不可解だ。

 

M04.As We Lay(5’56”)Shirley Murdock

-R.Troutman-  Electra 9 60443-2

 

N  It’s In The Morning…で始まるシャーリー・マードックのヒット曲「アズ・ウィ・レイ」でし

た。この「アサー」は「夜明け前〜未明」の頃でしょうか。とてもゆっくりと音

量が大きくなって来る全体クレッシェンドが、明るくなって行く空を表しているよ

うです。

今では「ウシミツドキ」くらいしか使われないようですが、この国にも古くは十

二支を軸にした時間帯の細かな呼び名があったようです。ただ太陰暦が基に

なっていて、季節によって指し示す時間帯にも幅がありました。待ち合わせ

の約束などの時にはどうしたんでしょうかね。とにかく「夜」のひと言で日

没後から夜明けまでを表すのは、少々大雑把すぎるような気がしています。

早朝番組担当者の私見で御座いました。

 

M05.I Love The Afternoon(3’04”)Paul Midon

-P.Midon-  キング / Artistry Music ART7069

 

N  若干の胸騒ぎと共に迎える、安らぎと寛ぎを味わう「夜」は誰もが好きな時

間帯ですが「俺は陽のある午後帯がいいね」と唄うポール・ミドン、新進のシンガ・

ソングライタです。黒人で盲目。新作の表題は『ミラー〜鏡』。同名の収録曲の他に「も

し見えたら」、「もう一度逢いたい」なんて歌もあって、この人にとっての「視

覚」とはどんな概念なんだろう、と想像させられます。アルバムからはまた聞い

てもらう事に致しましょう。

さて先週ほんの少し触っただけのノーラ・ジョーンズの新作『ピック・ミー・アップ・

オフ・ザ・フロア』から、今朝は「ハーツ・トゥ・ビ・アローン」。シムプルな演奏が光ります。

 

M06.Hurts To Be Alone(3’26”)Nora Jones  

-N.Jones-  Blue Note 00602508748844

 

M07.髪を切ったの(3’22”)松平マリ子

-R.Nakanishi, T.Miki-  クラウン / ブリッジ BRIDGE-135

 

N  不敵な甘えん坊ノーラ・ジョーンズの「ハーツ・トゥ・ビ・アローン」に続いては、「髪を切

ったの」、松平マリ子です。これは今回の「現」放送中に現物発売中という情

報を得まして、入手致しました。ありがとね、山奥のヒト。

3週ほど前にこの歌の事をお話しして、その時にかなり本気で探したのです

が、出会えなかったのです。あまり数が出ない原盤専門の、注文すればCD-R

を焼いてくれるクラウン・レコードのサーヴィスが停止になっていて、そちらでも手に入

れられなかった。ところがオリジナル録音20曲入りのベスト盤が、あの「廃盤なし」

のブリッヂから出ていたのです。

唄っていたのは「松平マリ子」という女性で、わたしには記憶がありません

でしたが、この時の生放送の現場では「なんだ、梅木マリじゃないか」なんて

言う人もいまして、俄かにその存在が明らかになりました。確かにこれ以前

は梅木マリの名で唄っていたのですが、わたしはナンシー梅木と間違えちゃってね、

少々混乱しました。

以前この歌を紹介した時には「C調の骨頂」というような表現であまり高

い評価をしていませんでしたが、楽曲自体の造りはともかくとして、しっか

り唄を聞きますと別格的な味わいです。

彼女は児童合唱団出身の正統派で、12歳でレコード・デビューしています。いわ

ゆる唄の上手い子供だったんでしょう。その時の名前が梅木マリでした。その

後、18歳になってから松平マリ子の名で再デビューして、68年に5枚目のシング

ル曲として出したのが「髪を切ったの」でした。

ベスト盤を通して聞きますと、当時の泉アキ、奥村チヨと似た路線で一生懸命に

なって唄っていた彼女の姿が想像されます。小川知子的でもありました。造

りは多分に東芝音工的ですね。松平マリ子の本人の発声、唱法は本格的ですが、

制作ディレクターの現場での演出に応えた結果でしょうか、無理して色気を出して

いる傾向が無きにしも非ず。彼女はそういうタイプではない。ちょっと真面目

過ぎるかな。こういうところにも「唄の上手い子供」的な性格が出ているよ

うに感じます。

わたしが「髪を切ったの」をラジオで耳にしたのが中学2年生の夏。青島幸

男と天地総子の帯番組にゲストで出て来た時です。確か暑い陽の照りつける庭

で昼前に聞いた。この人との出逢いは、それ一回きりです。顔写真すら見た

事なかった。それだけであるのに唄い出しをずっと覚えていたのも不思議で

すね。それ以降、わたしはてっきりイーカゲンなギョーカイジンに「レコード出してあげ

るよ」なんてそそのかされてその気になって吹き込んで、鳴かず飛ばず。そ

の後は身を持ち崩し、今じゃ場末スナックの女将、なんて人生を勝手に描いてい

ましたが、全く違ったようです。何しろ我が国のジャズ・ヴォーカルの祖、水島早

苗門下ですし、歌手を引退した後には黛ジュンのお兄さま三木たかしと結婚し

ていました。髪の毛は髪の毛はずっと短かったみたいです。

しかし実は「髪を切ったの」以前に、わたしは梅木マリ時代に出逢いがあり

ました。猫と鼠が毎回追っかけっこをするアメリカ製テレビ漫画映画「トムとジェリー」

の主題歌を、松平マリ子は14歳の時に唄っていたのです。

 

M08.トムとジェリー(1’16”)梅木マリ

-T.Miki- クラウン / ブリッジ BRIDGE-135

 

N  「鼠だって生き物さ、猫だって生き物さ」、優生思想に凝り固まった前の都

知事に聞かせてやりたいですね。梅木マリで「トムとジェリー」でした。

 

M09.アイム・クライン(5’06”)モップス

-A.Price,E.Burdon-  Pヴァイン / 東芝PCD-72228/9

 

N  「行こうぜ、セニョール」、これは1970年の録音時に流行っていたケーシー高峯のギ

ャグでしょうかね。鈴木ヒロミツの司会進行ぶりが冴えたモップスの実況録音から「ア

イム・クライン」でした。ミッキ・吉野がオルガンで参加してます。B-3を買った直後なん

でしょうか、気持ち良さそうに弾いていますね。

先週の生放送で、埼玉県熊谷市のらいちゃん、根岸徹さんから頂いたモップス

のリクエストにお応えしました。モップスはね、今年の始めにラジオ日本で1週間まと

めてお送りしたのですよ。DJズ・ファイルという番組だったかな。ずーっと前に

彼がDJを務めていた「ラジオ関東」時代の名番組「ミドナイト・ムーヴメント」に敬意

を評しまして、多方面からこのグループ、モップスの魅力をお伝えしました。何の

反響もありませんでしたけどね。

今の「アイム・クライン」は『ロックンロール・ジャム’70』という2枚組LPの冒頭に収録

されていたものです。これはグループ・サウンズ狂走曲の破綻後に迷える4つの演

奏家集団が集まって、狂走曲を主導していた渡辺プロの所有する銀座メイツとい

う生演奏喫茶で行なった音楽会の実況録音です。たぶん発起人は内田裕也さ

んでしょう。ザ・ゴールデン・カップス、ハプニングス・フォー、フラワーズ、そして一番打者

がヒロミツのモップスだったのです。

C調レコード会社と悪徳プロダクションの掌で踊らされていたグループ・サウンズから、

主体性を持ったロック・グループへと脱皮を図ろうともがいたモップスは、本当のオリヂ

ナリティに早くから目覚めていて、幾つかの面白い試みを手掛けていました。

ではその代表的な2曲をお聞き下さい。

まず「御意見無用」そして「なむまいだあ〜河内音頭」です。

 

M10.御意見無用(3’54”)モップス

-H.Suzuki, K.Hoshi-  東芝LTP-9025

 

M11.なむまいだあ(河内音頭)(3’40”)モップス

-T.Matsubara, K.Hoshi-  東芝TOCT-6650

 

N  モップスで「御意見無用」そして「なむまいだあ〜河内音頭」でした。どちら

も過渡期の感触です。これで完成しているとは言い難いですけれど、1969年

当時に、このような形でオリヂナリティを模索していたのは彼らだけでしょう。フラワ

ー・トラヴェリン・バンドの「サトリ第2章」には何らかの刺激を与えた、とわたしは

見ています。

ただし、彼らを一躍有名にしたのは、このヒット曲でした。

 

M12.月光仮面(3’25”)モップス 

-K.Kawauchi,K.Hoshi-  東芝LTP-9025

 

M13.Crossing The Rubicon(7’22”)Bob Dylan

-B.Dylan-  Columbia 19439780982

 

N  先週と同じくボブ・ディランの『ラフ・アンド・ロウディ・ウェイズ』からのブルーズ・ナ

ムバです。先週の東京新聞にかなり大きくこの新作が紹介されていました。た

だあまり的確な文章ではなかったな。誰もがボブ・ディランの真意を測りかねて

いたと同時に、「迂闊な事は言えない」という強迫観念にも似た自粛がかか

っていたように感じました。わたしはひと言、「分かりません」です。全体に

暗い色合いで終始する今回の作品の中では、先週の「さよならジミー・リード」

とこの「ルビコン河を渡って」のブルーズ曲が妙に明るく感じるのも事実です。か

つてのロックンロール坊やチャーリー・セクストンが立派に成長してしっかりと仕事をしている

のが、微笑ましく思えました。

 

M14.Kokomo Blues(3’01”)Scrapper Blackwell    

-F.H.Blackwell –  Rough Guides  RGNET1397CD

 

N  わたしのようなブルーズ未熟若輩男にぴったりなアルバム『ラフ・ガイド・トゥ・ザ・

ルーツ・オヴ・ザ・ブルーズ』は、面白い録音ばかりです。今の「ココモ・ブルーズ」は

日本で一番有名なブルーズ「スウィート・ホーム・シカーゴ」の原曲で、1928年のスクラッパ・

ブラックゥエルの吹き込みが最も古いとされています。彼がリパトゥワにこの歌を入れ

て流していた頃、側にはロバート・ジョンスンがいつも居たそうですから、習わぬお

経のように覚えてしまって、いつの間にか彼の歌になっていた、というのは

充分にあり得る話です。盗作の悪意があったかどうかは別として、ブルーズと

いう音楽はこのような口述伝承で拡がっていったのですから、SPレコードとい

う記録媒体が出てきて、初めて「作者」が特定されるようになったと思われ

ます。それは著作権印税管理というお金になる商売が生まれたからです。

この時代の録音は、半日程度で出来るだけ吹き込んで、全曲全権利買取り

が普通。ギャラは現金取っ払い。特に最下層に位置していた黒人音楽家は皆そ

うだったでしょう。このような背景を考えますと「ココモ・ブルーズ」が「スウィート・

ホーム・シカーゴ」になった過程は極めて自然な流れのように見えてきます。

今「ココモ」と言えばジャメカの海岸で、避暑地として知られた場所を指します。

それとは別に北米のインディアナ、ミズーリ、アーカンソー、コロラド、ハワイ、テキサスに同じ名前

の場所があって、1920年代にはどこもコーヒー豆の産地だったようです、先の避

暑地はこの時代のブルーズメンには全く無縁の別天地だった筈ですが、ひょっと

して彼の地のレストラン・バーのハコに連れて行かれた弾き語りが本土に帰ってから、

如何に美しく、理想的な土地だったかを吹聴した挙句、多くの黒人音楽家た

ちの心の中でその想像が膨らんで行き、誰もがそこに行った経験があるよう

に身近な存在になったのではないか、ともわたしは考えます。その方が面白

いですけれど、ちょっと無理があるかな。

その理想郷「ココモ」は、今もこんな形で皆さんのココロに残っているのではあ

りませんか。

 

M15.ココモ(3’32”)ビーチ・ボーイズ 

-M.Love, T.Melcher, J.Philips, S.McKenzie-  ワーナー / wea  25P2-2301

 

N  ビーチ・ボーイズ22年ぶりの全米第一位獲得曲「ココモ」でした。今でもすぐに

観られるプロモーション・ヴィディオで、この避暑地の様子が分かります。ショッキング・

ピンクのビキニの娘、いいですね。あ、それはともかく、このヒットを生んだ映画「カ

クテル」は、たぶん他愛のない避暑地色恋物語なんでしょうが、サウンド・トラック盤

は興味深かったです。今の「ココモ」の他にヂョーヂア・サテライツの「ヘペヘペ・シェイク」

や、リル・リチャードの「トゥティ・フルティ」も入っていました。そしてハイライトは、やはり

これでしょう。

ボビー・マクファーリンの「ドント・ヲリー、ビ・ハッピ」。

 

M16. ドント・ウォリー、ビー・ハッピー(4’48”) ボビー・マクファーリン  

-B.McFerrin-  ワーナー / wea  25P2-2301

 

M17.Headed Back To Memphis (3’55”)King Solomon Hicks

-F,Vinci-  Provogue PRD 75612

b.Kirk Yano  recorded by Kirk Yano

 

N  無伴奏多重唱曲「ドント・ヲリー、ビ・ハッピ」、ボビー・マクファーリンでした。それに続

けましたのはブルーズ/ R&B界期待の新星キング・ソロモン・ヒクスの「ヘデド・バック・

トゥ・メムフィス」です。2週前にご紹介いたしましたところ好評を得まして、先週

の生放送でもベンチで待機しておりましたが、登板の機会を逸してしまったの

で、ローテイションの繰り下げで今朝お届け致しました。一聴すれば明らかにロック以

降の人間である事は直ぐに分かりますが、安易なブルーズ・ロック的展開を採らな

いところがいいですね。今回のアルバム『ハーレム』では、こんな名曲にも挑戦して

いました。クリームの「クロスローズ」を連想させるリフで全編が支えられていて、新鮮

です。

「エヴェデイ・アイ・ハーヴ・ザ・ブルーズ」。

 

M18.Every Day I Have The Blues(3’16”)King Solomon Hicks

-A.S.Parks, M.Sparks-  Provogue PRD 75612

 

N  「エヴェデイ・アイ・ハーヴ・ザ・ブルーズ」のキング・ソロモン・ヒクス版、如何でしたでし

ょうか。彼がこのアルバム『ハーレム』でカヴァしていた、先々週にお聞き頂きました、

「アイ・ラヴ・ユー・モー・ザン・ユール・エヴァ・ノウ」は、ご存知ブラド、スウェト、アンド・ティ

アーズのデビュー作に収められていた1曲。まだアル・クーパーがメムバだった頃のこの

グループの貴重なヒット曲です。

今朝はその原仕様を聞いてみましょう。スティーヴ・カッツのウーマントーン・ギターが年

代を蘇らせます。声もそこそこだし決して上手くはないですが、アル・クーパーの

ヴォーカルも悪くはないですよ。

では「アイ・ラヴ・ユー・モー・ザン・ユール・エヴァ・ノウ」、ブラド、スウェト、アンド・ティアーズ

です。

 

M19.I Love You More Than You’ll Ever Know(5’57”)Blood Sweat And Tears

-A.Kooper-  Sony / Columbia PC 9619

 

M20.Outside Woman(4’57”)Bloodstone

-Williams-  London / Decca 820 571-2

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N  アル・クーパーの唄う「アイ・ラヴ・ユー・モー・ザン・ユール・エヴァ・ノウ」、悪くないでし

ょ。日本でも当時すこしは聞かれていた筈です。何しろ彼は「ヌウ・ロックの貴公

子」でしたからね。

最後はブラドストーンの「アウトサイド・ヲーマン」、1973年のヒットです。やはりヴォーカル・

グループはいいですね。先々週に「ウイ・ゴー・ロング・ウェイ・バック」を聞いてもら

ったら、お一人様からでしたが望外の反応を頂きまして、調子に乗ってお届

けしました。

今日は8月8日、広島への原爆投下日も過ぎて、明日は長崎への原爆投下

日ですね。地球上で唯一の被爆国(被曝国)であるのに核兵器禁止条約への言及

を逃げ続ける安倍晋三、惨めです。国際会議でも採決から棄権しちゃうんで

す。先の五輪招致委員会と同じく世界中で恥さらしを続けているんですよ、

この男は。にも関わらず、アメリカからのご褒美を期待してでしょうか、「任期中

の憲法改悪を」なんてほざいているらしい。全くお笑いだ。

かつてこのハチハチ日には「8.8ロックデイ」という催しがありました。使い途の無

くなった大阪は千里の万博広場で開催されていた筈です。近畿地方の大きな

音楽催事でね。徳間音工から2枚組の実況盤も出ていました。そこに収めら

れていた、大上留利子がリード・シンガーだったスターキング・デリーシャスという大所帯バ

ンドの「ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラーヴ・イズ」はカッコ良かった。馴染みのレコード

屋で何度もシチョーさせて貰いました。上田正樹の「バッド・ジャンキー・ブルーズ」も

これで聞いたのかな。

「西のハチハチ、東のエイロック」といって、こういう真夏の大きなロック催事は、アメイ

チュアとプロフェショノーの間にいる音楽愛好家連中の檜舞台だったんですよ。ここか

ら世に出た人たちは大勢います。先日古い仲間と会っていたらこの話が出ま

してね、ひとしきり盛り上がりました。どちらもヤマハ、当時の日本楽器製造株

式会社が深く絡んでたみたいですね。「東のエイロック」はエレキ楽器総合卸問屋の神

田商会が仕切ってると思ってたけどな。

さあ、今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。

https://firestorage.jp/download/8a2fd0ad726bf402f6eaf51d96df189724d50f90

ダウンロード・パスワードは、hnr6p39xです。

今朝もちょうど時間となりました。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

新型コロナ菌は、国も地方自治体も頼らずに、わたしたちの力で撲滅しましょ

う、絶対に。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

使用楽曲の画像はコチラです。

 

Real Rocks 【2020/08/02 O.A.】Playlist

ZIP-FM RealRocks PLAYLIST

2020.08.02

M01: The Realest/ISSUES
M02: Lyrics Lie/Dance Gavin Dance
M03: All These Things I Hate (Revolve Around Me) /Bullet For My Valentine
M04: Cannibal/Bury Tomorrow
M05: Quake/Bury Tomorrow
M06: What Makes You Beautiful (Cover) /The 1975
M07: Passionfruit (Cover)/Paramore
<コーナー: RockSteadyGo >
M08: Massacre, The New American Dream/Palaye Royale
M09: Lyrics Lie/Dance Gavin Dance
M10: Antlion/Dance Gavin Dance
M11: Graveyard Feat.Tilian (Halsey Cover) /Bilmuri
M12: Deception/Dance Gavin Dance
M13: Prisoner/Dance Gavin Dance
M14: One In A Million/Dance Gavin Dance
M15: Strawberry’s Wake/Dance Gavin Dance
<コーナー: RockSteadyGo >終わり
M16: In And Out Of Love (恋の切り札) /Bon Jovi
<Ending>
<コーナー:メタルの光>
M17: Open Eye/Orbit Culture
M18: Monday Morning (お別れソング) /Fleetwood Mac

【現実】モーニン・ブルーズ 2020/08/01

mb200801

 

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

 

N  おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブルーズ2020年8月1日

を始めましょう・・・でした。お聞きいただきまして有難うございます。

以下、当朝の使用曲目表を揚げておきます。

 

M01.昭和39年第18回オリンピック東京大会(開会式実況)(2’22”)  

-放送同録-   NHK CD  GES-10106

 

M02.オリンピック開会式(3’24”)タモリ

-Y.Morita-   アルファTAMORI-3

 

M03.メンフィス・ソウル・ステュー(2’59”)キング・カーティス

-K.Ousley-  ワーナー・パイオニア32XD-630

 

M04.This Bitter Earth(2’30”)Dina Washington

-Otis-  Golden Stars GSS5314

 

M05.ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー(2’36”)ダイナ・ワシントン

-Romberg, Hammerstein-   フォノグラム PHCE-10015

 

M06.If I Can’t Have You (2’53”)Yvonne Elliman

-B.Gibb, R.Gibb, M.Gibb-  Universal 556 408 2

 

M07.This Clouds Across The Moon(4’19”)Le Flex

-unknown-  unknown

 

M08.No Roots(3’30”)Alice Merton

-unknown-  unknown

 

M09.Hard Times(3’42”)Maceo Parker

-P.F.Mitchell-  Funk Garage TFG76092

 

M10.Compared To What(4’30”)Maceo Parker

-E.McDaniels-  Funk Garage TFG76092

 

M11.Earth Fear(2’37”)The Prophets Dub King Tubby’s

-unknown-    Presure Sounds / Beat Records  BRPS195

 

M12.Finding Dub(4’25”)Tommy McCook & Friends

-K.Gumble, L.Huff-   Jamaican Recordings JRCD071

 

M13.Recessional(0’54”)Randy Newman

-R.Newman-  Nonsuch 075597920864

 

M14.L.A.Pastorale(3’55”)Brad Mehldau

-B.Mehldau –  Nonsuch 075597920864

 

M15.Goodbye Jimmy Reed(4’14”) Bob  Dylan

-B.Dylan-  Columbia 19439780982

 

M16.To Live(4’28”)Nora Jones

-N.Jones-  Blue Note  00602508748844

 

M17.徳島盆踊り唄(2’58”)お鯉

-trd.- コロムビア  COCJ-41218

 

M18.徳島風景(2’45”) お鯉

-trd.- コロムビア  COCJ-41218

 

M19.夕日よ急げ(2’50”)リンド& リンダース

-M.Kijima, H.Katoh-  テイチク TECH 32412/3

 

M20.戦争は知らない(3’25”)ザ・フォーク・クルセダース

-S.Terayama, H.Katoh-  ユニバーサル EJS-6166

 

M21.花のかおりに(3’01”)ザ・フォーク・クルセダース

-O.Kitayama, K.Katoh-  ユニバーサル EJS-6166

 

M22.ヴァケーション(2’27”)弘田三枝子

-H.Hunter, H.Temkin, K.Sazanami- TOCT-10488

 

M23.寝不足なの(2’27”)弘田三枝子

-R.Ei, H.Nakamura-  TOCT-11145

 

M24.サニー(4’00”)弘田三枝子

-B.Hebb-  コロムビア JPS-5072

 

M25.人形の家(3’13”)弘田三枝子

-R.Nakanishi, M.Kawaguchi-  VICL-63687/8

 

M26.素敵な16(2’37)弘田三枝子 

-H.Greenfield, N.Sedaka, K.Sazanami-TOCT-10488

77年1月杉本喜代志の妻に刺された

 

M27.Need Your Love So Bad(6’20”)Fleetwood Mac  

-L.W.John-  エピック ESCA7826

 

M28.甘いまなざし(1’55”)ホセー・アントニオ・メンデス

-J.A.Mendez-  EL SUR Records 006

 

M29.わたしの腕の中においで(2’31”)ホセー・アントニオ・メンデス

-J.A.Mendez-  EL SUR Records 006

 

TM Born In Chicago 「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

 

N   以上です。29曲ですか。わたしの基準では合格ですね、音楽番組として。

長い曲がなかったからかな。喋りの時間がいまだに読めずに四苦八苦です。

採り上げられなかったお便り、リクウェスト、失礼致しました。全てワツシイサヲ本人

が、しっかり受けとっております。ご安心下さい。

来週からはまた「幻」です。こっちにもご支援をよろしく賜ります。

こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

使用楽曲の画像はコチラからダウンロードしてください。