One Direction -Team 1D Japan Party:The 1Derland–

今日、新木場スタジオコーストで開催された
「チーム・ワン・ダイレクション ジャパン・パーティー ザ・ワンダーランド」の司会をやらせていただきました(SONY MUSICさん大感謝)!
ワン・ダイレクションといえば、今世界で一番ビッグなボーイズ・グループ!

ということで、張り切らない訳がありません!



屋台でラーメン屋店主風の睨みを効かせつつ撮影!


ワン・ダイレクションの1Dを形取りしつつ、ファンの方と撮影!(1Pになっとる)

さて、、、今日の個人的確認事項は、

・ハリーは実際にふんわりとした雰囲気なのか!?
・来日後に“メチャイケメンじゃん!”と再評価されているゼインは超イケメンなのか!?
・ナイルはオバマ大統領が好きなのか!?
・リアムは本当にしっかり者なのか!?
・ルイの瞳は本当に涼しげクールなのか!?
その辺りを地味に確認しようと思っていましたが、超スーパー過密スケジュールのボーイズと雑談なんてする時間はなく、サウンドチェックして即本番でした(笑)

実際に会った限り、ナイルがオバマ大統領を好きなのかどうかという項目を除いては(聞くヒマなし)、否定しようがないくらいに素敵な5人でした。
5人それぞれの個性やタイプのバランス加減が絶妙。
そして、言動が全く予期できないという部分は、これまでの作られたアイドルという概念を完全にぶっ壊しているとおもいます(通訳の方たちも大変そうでした)。
そこが魅力のひとつなのでしょう・・・とおもったりしました。サイモン・コーウェルってすごいわ。

この日の流れは、、、
・1D登場
・Q&Aのコーナー
・パフォーマンス(Live While We’re Young, Kiss you, Little Things, What Makes You Beautiful)
・バレンタインのチョコレート贈呈
・ファンと1Dのコラボ振り付け撮影(今後リリースされるチャリティソングのビデオに収められるそうです)
・記念撮影
と、
あっという間に、終わってしまいました。
ボーイズもパフォーマンス後に言っていましたが、ステージ上はドエライ暑さ。ファンの熱気の凄まじさを物語っていました。彼女たちの1D愛を感じたのは彼らのパフォーマンス中、盛り上がるところは凄まじい盛り上がりをみせつつも、バラードを歌うときや聴きどころはちゃんと静かにしていたところです。驚きました。あれはメンバーもうれしいはず。


翌日20日には帰国するOne Direction。
来月からはとんでもない規模のワールド・ツアーが11月まで続きます。
その10ヶ月間で、彼らには大きな成長や変化があるはず、、、
その姿を観られる11月2日、3日の幕張メッセ公演、、、ドエライことになりそうです!

本人たちが登場するまで、実に3回のファンイベントを開催してきました。本人たちが登場しないにも関わらず、スクリーンに映し出される映像に歓喜の声をあげるファンの皆さんの気持ちがこの日のイベントにつながったことは感慨深いものがありました。
1Derlandにかけるスタッフの想いや、1Dとダイレクショナー(1Dのファン)相互の想い、そういった気持ちにあふれたイベントだったとおもいます。
こういう現場に関われたことを光栄におもいます。
貴重な経験させていただきました!

 

追記
イベント中の出来事。ハリーは、ステージに登場するなり手を差し伸べながら「I’m Harry」と自己紹介、超紳士な青年で、惚れるところでした(笑)
このネタ、10年くらい自慢したいと思います。

この記事へのコメントは閉じられています。