【幻】モーニン・ブルーズ 2019/11/23

mb191123

TM. Walikin’ Blues「アサー」入り / Paul Butterfield Blues Band

-R.Johnson-  Rhino 8122 798434 0

N  全国9500万人の皆様、おはようございます、ワツシイサヲです。「幻」モーニン・ブル

 ーズ2019年11月23日を始めましょう。

  今日は「勤労感謝の日」です。キンローしてますか、あ、セコムしてましたか。こ

 の日はアメリカの「レイバー・デイ(Labor day)」に準じて作られた戦後の祝日だと、

 わたしは長い事信じ込んでいましたが、古くは皇室の「新嘗祭」だったので

 すね。これは下手をするとコーシツやテンノーにその年の豊穣した五穀を収める儀式

 とされてしまいますが、農耕国である日本ならば、農民、庶民の収穫祭なの

 です。皆様の日頃のキンローを讃え、送りましょう。

  ソニー・ロリンズです、「イズント・シー・ラヴリイ」。

M01.Isn’t She Lovely(6’39”)Sonny Rollins

-S.Wonder- Milestone  OJCD-893-2 

C.I. Johnson gtr.

N  「可愛いアイシャ」、ソニー・ロリンズでした。わたしの「可愛い愛車」はラレーのクラブ・

 スポーツ、もう10年以上乗ってます。今年は前照灯を付け替えました。あ、関

 係なかったですね。

  今の「イズント・シー・ラヴリイ」は、ソニー・ロリンズ1977年の発表『イージー・リヴィング』

 の冒頭曲です。トニー・ウイリアムズのドラムズ、当時新進気鋭のポール・ジャクスンがベイス、

 そしてクセ者ジョージ・デュークの鍵盤という、それぞれが高度な演奏技術を持った

 大物ではありますが、ちょっと音楽的な共通点が見出せない顔ぶれのセッションで

 す。ギターのC.L.ジョンスンというのは、ここでしか知りませんが、なかなかに突

 っ込みのキツい音を出してますね。ブルーズです。この前にロリンズが出したのが

 『ザ・ウェイ・アイ・フィール』という、ソニロリ好きなダンモ・ファンが聞いたら顔をしかめ

 る「フュージョン」的な内容の作品で、パトリース・ラシェンも参加していました。この頃

 ロリンズは新しい事をやりたかったんですよ、きっと。

  確か『イージー・リヴィング』を出す前に来日してます。わたしは新宿厚生年金

 会館での公演に潜り込んで観ました。スタンド・マイクロフォンではなくてテナーの朝顔に 

 つけたピックアップで自分の音を表に出していました。MCもそれで、つまりサクス

 フォンの吹き出し口に顔を突っ込んで喋るのです。それがサーヴィスたっぷりで、シー

 リアスな名盤『サクスフォン・コロサス』で夢想している姿とはかけ離れていて驚きました。

  その時に既にこの「可愛いアイシャ」を採り上げていて、いつも最後はこれで

 終わる構成じゃなかったかな。ダンモ・ファンはあまり肯定的に捉えてはいません

 でした。何しろエレベですからね。それだけでダメなんですよ、あの人たちは。

  多分この録音はそれから後に行われたのでは無いでしょうか。多少その時

 の演奏と手触りが異なっています。リズムの解釈とかがね。

  「イズント・シー・ラヴリイ」、以前「幻」でこの歌の評判が上がった時、「そう言

 えばソニロリも演ってたな」と、思い出して手に入れたアルバム『イージー・リヴィング』

 からでした。

  さて、先週の「50年後のアビー・ロード」は、皆様からの好意的な反響を頂く

 事が出来ました。ありがとうございます。以前のジューシィ・フルーツ騒動でも思い

 知りましたが、やっぱりヒットするのは大事ですね。大向こうウケを甘く見ちゃい

 けない。

  「リミクス、リマスターですよ」と澤田修が教えてくれました。その裏には「あんた、

 そんな事も知らないの」というケーベツがアリアリでした。えろうすんませんです。

  それじゃ、お前はこれを聞いた事あんのか・・・、と問いましょう。

M02.アイル・ゲット・ユー(2’06”)ザ・ビートルズ  

-J.Lennon, P.McCartney-  東芝TOCP-71052

N  ザ・ビートルズで「アイル・ゲット・ユー」です。「シー・ラヴス・ユー」のB面で、ジョニー

 ちゃんが好きだったという以外、なんでもない1曲です。が、この録音には

 決定的な間違いが放置されたまま世に出て、もう56年経ちます。サビの部分

 でジョンとポールの唄う詞が違うのです。ジョンは「When I’m gonna “make” your

 mind」なんですがポールは「When I’m gonna “change” your mind」なんです。

 ここのところは多分オーヴァダビングで吹き込んでいると思いますが、ジョンが間

 違えたのでしょう。ポールがそれに気付いて、一瞬「おっ」とばかりに怯んで

 いるようにも聞こえます。それがとても面白い。遮音ガラスの向こうの調整室

 では制作陣がこの間違いにその場で気づいたようですが、ジョージ・マーチンは「い

 いよ、いいよ」とそのままにした、というのを「ザ・ビートルズ・レコーディング・

 セッションズ」で読んだ事があります。残念ながらこの時のオリヂナル・テイプは紛失と

 いう事になっていて、今それぞれを確認する事は出来ませんので、これから

 もこのままでしょう。『アビイ・ロード』ほどの完璧な作業をした彼らにも、こん

 な誤りがあった、というマメ知識でした。

  さて、先週お話しした3枚組『トゥイスト・アンド・シャウト ~ ビートルズを刺激した

 60曲』、やはりこれは楽しいアルバムです。今までに知らなかった楽曲も多く、

 「そうか、これがアレになったのか」と頷けるネタにも気づかされます。こうい

 うのを喜んでいる自分には多少気も引けますが、今朝もここからお聞き下さ

 い。

  リヴァプール時代のジョンはガール・グループが好きでね、これにはそういうのが沢

 山入ってると思ってましたが、意外と少なく3枚目にチョロチョロとあっただけで

 す。今朝はそのチョロチョロをお届けしましょう。

  まず1チョロは知れるず、シュレルズの「ベイビ、イッツ・ユウ」バート・バカラックの作です。

M03.Baby, It’s You(2’43”)The Shirells   

-B.Bacharach, H.David-  MCPS  BT3145

N  シュレルズの「ベイビ、イッツ・ユウ」でした。

  では『トゥイスト・アンド・シャウト ~ ビートルズを刺激した60曲』からの2チョロ、

  クッキーズで遅延す、「チェインズ」。こちらはキャロル・キング作品です。

M04.Chains(2’33”)The Cookies

-J.Goffin, C.King-   MCPS  BT3145

N  幾分シーリアスな「ベイビ、イッツ・ユウ」シュレルズ、そして愛の拘束に耐えながら、「半

 ば嬉しい」悲鳴をあげている「チェインズ」クッキーズ、いずれもオリヂナル・アーティスツで

 お聞き頂きました。

  ジョンはガール・グループだけじゃなくてヴォーカル・グループ全体が好きだったよう

 で、正規の録音で残されてはいませんが、ノヴェルティ味満載のザ・コースターズなん

 かをよく唄っていたようです。ただ彼らがカヴァして有名になったヴォーカル・グル

 ープの歌といえば、次にお届けする「これ」を置いて他には無いでしょう。

  『トゥイスト・アンド・シャウト ~ ビートルズを刺激した60曲』にも入っている、ミラクー

 ズの「ユーヴ・リリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー」、ゾンビーズがコピーして、それをゴール

 デン・カップスがコピーし損なったモータウン・リヴュウからの実況録音です。

M05.You’ve Really Got Hold On Me(5’45”)The Miracles

-W.Robinson, B.White-  Motown M5 215V1

N  ミラクーズの「ユーヴ・リリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー」でした。途中でサム・クックの「悲

 しき叫び」につながるところで「キャーッ」と湧く嬌声が実にいいですね。1963

 年アポロ劇場での実況録音でした。

  さて「幻」ではかなり優先的なおもてなしをしているギタリストのマイク・ジトが

 やってくれましたよ、チャック・ベリーに捧げた作品集です。それも日頃の付き合

 いのある実力派をゲストに呼んで20曲を仕上げています。今の時代ですから、

 演奏がハードなエレキのソロ主体になってしまうのはやむを得ませんが、その押さえ

 どころが絶妙で、素晴らしい作品に仕上がっています。みんな本当に嬉しそ

 うに演ってる。聞いてると、こっちもニヤニヤしてしまいます。

  まずはこれをどうぞ。

  アンダーズ・オズボーンをフィーチュアした「メムフィース」。

M06.Memphis(3’05”)Mike Zito and Friends feat. Anders Osborne  

-C.Berry-   BSMF 2681

N  マイク・ジト、アンダーズ・オズボーンをフィーチュアして「メムフィース」でした。小気味いい

 リズムが全体を締めていました。これなら無理解な女房に娘と引き離された主

 人公のゲンメツ親父も立ち直れそうです。

  さあマイク・ジトのチャック・ベリーに捧げた作品集から次は、ポール・マカートニの「バック・

 イン・ザ・ソヴィエト社会主義共和国連邦」の閃きに繋がった、「バック・イン・ザ・アメ

 リカ合衆国、ユー・エス・エイ」、エリック・ゲイルズというギター弾きが客演しています。

  アメリカ、バンザーイ。

M07.Back In USA(3’02”)Mike Zito and Friends feat. Eric Gales  

-C.Berry-   BSMF 2681

N  「バック・イン・ザ・ユー・エス・エイ」、これにはややこしい名前の新進ギタリスト、

 エリック・ゲイルズが参加していました。このマイク・ジトのチャック・ベリーに捧げた作品

 集は、正式な題名が『ロケンロー、トリビュート・トゥ・チャック・ベリー』でして今年のクリスマス、

 12月25日の発売です。ロケンロー三太に感謝。

  続けて行きましょう。ロベン・フォードが引っ張り出されてます。若くして弾み

 で結婚すると、何が起こるか分からないよ、それも人生だけど、と唄う

  「ユー・キャン・ネヴァ・テル 〜 セ・ラ・ヴィ」。

M08.You Can Never Tell(4’00”)Mike Zito and Friends feat. Robben Ford 

-C.Berry-   BSMF 2681

N  小出斉が書いた「意味も知らずにロックンロールを歌うな!?」(リットー・ミュージ

 ック刊 2017年)では、「それが人生 ってね 何が起こるかわからない」とキメ

 られている「ユー・キャン・ネヴァ・テル 〜 セ・ラ・ヴィ」でした。ここの空きマスは、

 原書通りです。

  先ほども言いましたように、この『ロケンロー、トリビュート・トゥ・チャック・ベリー』は、

 非常にうまくツボが抑えられていまして、ともすればかつてのハードロック台頭期

 のように安易なブルーズコードの繰り返しになってしまいがちなチャックの作品を、

 それぞれの歌の主題を踏まえた録音に仕上げています。収録作品にもひと捻

 りありますね。その代表的なトラックをどうぞ。

  ティンズリー・エリスをフィーチュアした「約束の地」。  

M09.Promised Land(3’29”)Mike Zito and Friends feat. Tinsley Ellis

-C.Berry-   BSMF 2681

M10.Carol(2’09”)Bill Black’s Combo  

-C.Berry-   MSI 1260

N  ちょっとサウンドが変わって、「キャロル」、映画「ヘイル、ヘイル、ロケンロー」の中で、

 チャックがキース・リチャーズを虐めて苛めてイビリ倒す場面の練習曲です。

  これは今回のマイク・ジト企画制作の『ロケンロー、トリビュート・トゥ・チャック・ベリー』か

 らではなく、今年亡くなった南部のギター名手、レジー・ヤングの参加したセッションを

 集めたアルバム『セッション・ギター・スター』からです。今年になって発売されました。

 一緒に演奏していたのは、ビル・ブラックズ・コムボ。エルヴィス・プレズリの初代バックバ

 ンドのドラムズ担当者が組んだトリオですね。エルヴィスがRCAと契約したために追い

 払われてしまったビルが七光りの消えぬ間にと、この名前で活動していて、レジ

 ー・ヤングはそこに雇われたのです。

  レジー・ヤング、彼は「巧者」という言葉がピッタリ当てはまるギター弾きで、楽曲

 の主題を瞬時に捉えて、気の利いたフレイズ展開をします。でも決して表に出て

 「どうだ」的な弾き方はしない。そこがまた「通」の心をくすぐりました。

  わたしは南部のR&Bセッションでその名前を何度も見ていましたから、てっき

 り黒人だと思っていましたが、れっきとした白人です。チャック・ベリーの楽曲が

 しっくり来るのは、両人種をよく分かっているからかもしれません。レジー・

 ヤングの参加したセッションの傑作を集めた『セッション・ギター・スター』からはまた何曲か

 お届けしましょう。

M11.I’m So Proud(3’35”)The Main Ingredient   

-C.Mayfield-   BSMF 7599

N  はい、日本ではジェフ・ベックとティム・ボガートとカーマイン・アピスのいわゆるBBAが

 カヴァして有名になった「アイム・ソウ・プラウド」、今俳優で売れているクーバ・グディ

 ング・ジュニアのお父さんがいたヴォーカル・トリオ、メイン・イングリーディエントでお送りしま

 した。これは『ムーヴ・オン・アップ~ ザ・ソングズ・オヴ・カーティス・メイフィールド』とい

 うこちらも偉大な庶民音楽家に捧げられたコムピ盤からです。こちらは先のチャッ

 ク・ベリーとは違いまして全てが新規録音ではありませんが、念入りな選曲が為

 された高品質な内容です。

  イムプレッションズで売り出したカーティス・メイフィールドは 1990年代に入って男を上げ

 たアーティストの筆頭でして、ここではその証明に若い世代によるカヴァが沢山収録

 されています。ですが、今朝は彼と同時代にソウル・ミュージックを更新した同志た

 ちの歌をお聞き下さい。新しい唄い手に関しては少々調べが必要でもありま

 すので。

  まずグラディス・ナイトとピップスで「オン・アンド・オン」、ここでのピップスのバックグラウ

 ンド・ヴォーカルはとてもいいですよ。

  そしてステイプル・シンガーズで、「レッツ・ドゥ・イト・アゲイン」、こちらは確か映画の

 サウンド・トラックになっていた筈です。

  二曲続けてどうぞ。

M12.On & On(4’17”)Gladys Knight & The Pips    

-C.Mayfield-   BSMF 7599

M13.Let’s Do It Again(3’28”)The Staple Singers  

-C.Mayfield-   BSMF 7599

M14.オレンジ・ブロッサム・スペシャル(3’36”)ジョニー・キャッシュ

-E.T.Rouses-  Sony SICP 2701/3

N  「オン・アンド・オン」、「レッツ・ドゥ・イト・アゲイン」、ともに『ムーヴ・オン・アップ~ ザ・ 

 ソングズ・オヴ・カーティス・メイフィールド』からお届けしました。それに続いた録音は

 ジョニー・キャッシュのフォルサム刑務所での慰安公演実況でした。カントリーの定番曲「オレンジ・

 ブロッサム・スペシャル」です。囚人たちが熱狂していますね。脱走を煽る「ミドナイト・

 スペシャル」なんかを唄ったらここの刑務所はどうなっていたでしょうか。

  実はここでキャッシュは先週お届けした殺人事件の歌、「ザ・ロング・ブラック・ヴェ

 イル」を唄っているんです。親友の妻との不義密通を隠し続けて死刑になって

 しまった男の歌を囚人の前で、です。すごい神経ですね。それを認める刑務

 所側も大したもんだ、本当に。

  聞いて下さい、キャリフォーニァ州立フォルサム刑務所での実況録音です。

  「ザ・ロング・ブラック・ヴェイル」。

M15.黒く長いヴェール(3’43”)ジョニー・キャッシュ

-M.Milkin, D.Dill-  Sony SICP 2701/3    

N  クライマクスになっていく途中で囚人が喜んで手を叩きます。それにキャッシュは応え

 てひと喋り。その後この歌の主人公は絞首刑にされます。「俺以外誰も知ら

 ない事だ」と言いながら死んでいくのです。囚人を前にしてこれを唄うんで

 すよ。いや、想像するだけで、なんと言いますか、いや表現できない雰囲気

 に包まれますね。

  もっと凄いのはあと25分で死刑執行される死刑囚が唄う「あと25分」を、

 やはりここで披露している事です。見物客の中には死刑囚も必ずいたでしょ

 うが、主人公が24、23、22、とカウントダウンしていくこの歌をですよ、恐ろしい

 としか今のわたしには言えません。しかし囚人たちは別にしんみりと聞いて

 いるわけではありませんで、結構ウケも取ってます。分かんねえなあ、俺には。

M16.あと25(3’53”)ジョニー・キャッシュ

-S,Silverstein-  Sony SICP 2701/3

N  ジョニー・キャッシュ、フォルサム刑務所での実況録音で「あと25分」でした。今朝は

 2009年に完全盤として出たCD2枚組を使ってお送りしました。ここでいろ

 いろと話す事を考えていたんですが、1968年1月の収録現場の状況を思い浮

 かべると、何も言えなくなりました。

  気分直しにはなりませんが、そもそもの発端となった、ザ・バンドの「ザ・

 ロング・ブラック・ヴェイル」を聞き直しましょう。レフティ・フリゼルのオリヂナル・ヒット仕様

 を聞いている時には、こんな事になるとは全く考えていなかったのです。

  では改めて、ザ・バンドです、「ザ・ロング・ブラック・ヴェイル」。

M17.The Long Black Veil(3’05”)The Band

-M.Milkin, D.Dill-  Capital 7243 525390 2 4

M18.It Wasn’t God Who Made Honky Tonk Angel(2’32”)Kitty Wells

-J.D.Miller-  Legacy 19075960422

N  ザ・バンドの「ザ・ロング・ブラック・ヴェイル」、そしてキティ・ウェルズの「居酒屋の

 天使を創造されたのは神様ではないことよ」でした。往年のカントリー女性歌手特

 有の舌足らずカマトト唱法、これで刑務所からは少し離れる事が出来たかな。

  テレビのドキュメント・シリーズ「カントリー・ミュージック」、なんとか観られないものかと

 手を回しましたが、どうやら無理のようです。ただ本国ではDVDになって発

 売されてますね。ブルーレイも出ています。値段が少々お高いのですが、仕方ね

 えな、買うか。

  ただ海外への発注になりますので不安があります。リージョン・コードの問題も

 あるしなあ。いつか買って観られなかった盤もあります。もう何だったか忘

 れちゃいましたけど、まだ観ていないのは確か。

  今のところはこの圧縮版CD2枚組で想像するしかありません。でも観たい。

M19.Streets Of Bakersfield(2’51”)Dwight Yoakam With Buck Owens

-H.Joy-  Legacy 19075960422

N  テレビのドキュメント・シリーズ「カントリー・ミュージック」のサウンド・トラックからドゥワイト・ヨーカム

 とバック・オウエンズ、世代を超えたデューオで「ベイカーズ・フィールドの表通り」でした。

 確かヨーカムはオウエンズと一緒にアルバムを作ってましたね。多分どこかにある筈です

 から、探してみます。

  さてこの「カントリー・ミュージック」のサウンド・トラック圧縮版CD2枚組は同じ楽曲で

 始まり、終わります。演者は違いますが、これまたカントリーの定番。今朝は最後

 にその冒頭曲と最終曲をお届けします。

  死んだ母親を墓場に送りながら親族が唄う、

  「ファミリー・サークル」、ザ・カーター・ファミリー、そしてニティ・グリティ・ダート・バンドです。

M20.Can The Circle Be Broken(3’09”)The Carter Family 

-trd.-  Legacy 19075960422

M21.Will The Circle Be Broken(4’47”)The Nitty Gritty Dirt Band 

-trd.-  Legacy 19075960422

M22.I’ve Got My Love To Keep Me Warm(4’17”)          

Keb’ Mo’ feat.Melissa Manchester

-I.Berlin- Concord 00888072118065

TM Born In Chicago 「アサー入り / Paul Butterfield Blues Band

-N.Gravenites-  Rhino 8122 798434 0

N  今朝も最後はケブ・モのクリスマス・アルバムから、「アイヴ・ガット・マイ・ラヴ・トゥ・キープ・

 ミー・ヲーム」でした。一緒に唄っているのは、メリサ・マンチェスターです。と言っても「幻」

 聴取者の中で、何人が知ってるかなあ。わたしは以前のリビー・タイタスの時と

 同じくらいの驚きがありました。まだ唄ってんだ・・・と。

  先週の「幻」、文章の間違いが沢山ありましたですね。読み直して恥ずかし

 かった。それぞれ細かく直そうと思いましたが、誤字脱字ではちょっと嫌な

 連想がありまして、来週にでも詳しくいたしましょう。後枠の時間も短いし。

   あ、わたしの初の著作、もう良識ある本屋さんには並んでいるようです。

 既にご購入頂いた方たちもいらっしゃいます。ありがとうございます。

  今朝の特別付録は、以下の隠し場所です。どうぞお楽しみ下さい。  

http://firestorage.jp/download/72040fa9ed3648592e0d84af1cf973c4818e9f83

 ダウンロード・パスワードは、sgwwg11iです。

  今朝もちょうど時間となりました。

 こちらは、http://osamusawada.com/category/mornin-blues-by-isaowashizu/

 「幻」モーニン・ブルーズ、鷲巣功でした。来週も首都圏で9人のあなただけに。

   そして全国で9500万人のあなたにも、アサー。

♪♪ Twitter “#blues761″の閲覧はコチラ♪♪

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は s-IMG_4170-500x375.jpg です
AwesomeBeats + Mornin’ Blues 生放送!

AwesomeBeats + Mornin’ Blues 生放送!

AwesomeBeats + Mornin’ Blues 新春特番

2020年(令和二年)1月10日(金曜) 24:00-29:00
※1月11日(土曜)00:00-早朝05:00まで
出演:澤田修、鷲巣功
中央エフエムから生放送!乞うご期待!


    • ワツシイサヲ
    • 2019 11/23 8:54am

    申し訳ありませんでした。人力更新器が臨時メインテナンスに入ってい多様です。困りますね。

      • ちびえ
      • 2019 11/23 9:08am

      困らない困らない。
      更新してくれるだけでもありがたく、ナミダチョチョキレでござんす。

      • 雨のリスリス
      • 2019 11/23 9:11am

      困りませんよ!!

      ただ、今週は一番乗りしようと27時にスタンバってたことはご報告しておきます(笑)

      • グリ子
      • 2019 11/23 8:41pm

      困ってません。
      今おはようございます。
      です。

    • 黒猫
    • 2019 11/23 11:20pm

    私は何度やってもダウンロード出来ないようです。また明日トライしてみます。

    • ペタシ66
    • 2019 11/23 11:59pm

    本、買いました。御茶ノ水駅前のDISK UNIONでは、書籍コーナーに平積みで売られていました。
    只今第六章ですが手書きの譜面が良い感じです。

    • 日曜日のグリ子
    • 2019 11/24 8:56pm

    ししゃもの味噌漬け。
    炙ってお燗と。
    スモーキーのライブといっしょに日曜日。
    ありがとう。

    • フェス ロンゲ
    • 2019 11/29 8:39pm

    「ベイビー•イッツ•ユー」

    エルビス•コステロのが一番大好きな曲。
    明日の放送楽しみにしています。
    夕方にはフォーラムで細野さん。
    幸せな年末の週末になりそうです。
    チャオ!

  1. トラックバックはまだありません。